アレンジするな!







★P110(115)〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
たまに「マインドマップは、どう思います?」こと訊かれることもあります。「使ったほうが良いと思うか?」という意味だと思います。
私は、どちらでも良いと答えています。自分流の手法を開発するにはうある程度時間がかかりますから、これから始めるなら、すでに普及した手法を、まずは導入するのが良いと思うからです。
そうしながら、少しずつ自分流に、自由にアレンジしていけば良いと思います。その結果、やがてオリりンナルな手法ができあがるのではないでしょうか。

藤井孝一 著  『投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術
――――――――――――――――――――――――――――★


マインドマップという思考記述方法は非常に便利で効果的なので、私は多用してます。

部門内の打ち合わせなどにもよく表示しながら書いたり、プレゼンに使ったりしてますので、私の部下はほぼ全員が使います。使いこなしている人は少数ですが。

このマインドマップに上達する人と、いつまでたっても使いこなせない人がいるのですが、そのポイント(分岐点)のひとつだとおもうのが、この

 自己流カスタマイズをいつしたか

という点です。もともと使う気もないし、使いこなそうとも思わない人は除外して。




■マニュアルを読め


別の記事で

 マニュアルを熟読する

書きましたが、その製品にしろアプリケーションにしろ、正しく理解しないと本当の実力は発揮できません。最初から自分に合うようにしてしまうと、自分の知識範囲でしか処理できないので、使うようになるのは早いのですが、そこから先にいけません。

それに関して膨大な知識や膨大な実践結果をもとにつくられたものが、個人という非常に狭い範囲でしか使えなくなるんですよ。

■正しい使い方を学べ


こうした思考プロセスに関するものも同様で、正しい使い方ができるようになってはじめて、自分なりのカスタマイズがあります。

 守破離

ですよ。やっぱり。

歌舞伎をテレビで見ただけで、「歌舞伎役者」になることはできなくて、師匠について師匠の言われるとおりのことができるようになって、そこから自分なりの流派をつくらないとできないのは当然。

ビジネスでも過去の人達が蓄積してきた知識を吸収して、まずその通りやってみて、そこから改善や修正を経て自分のスタイルができるようになるんですね。
なんにしてもすべて素直に学ぶところから始めないと、

 上手にはなれない

ということです。

たとえ何歳だろうが、100年間も一つのことをやり続けることはできません。
先人の膨大な蓄積を使わなければ、先には進めません。





■参考図書 『投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術





立ち読みできます立ち読み可
●1冊の本を使い倒す読書術

スキルアップのためには、読書が必要と多くの人が感じています。
しかし、多くの本でいわれるのは、
速読や多読といった普段読書に慣れ親しんでいない人にとっては
非常にハードルが高いものとなっています。
しかし、本書はちがいます。
本書で紹介するのは、奇をてらったものではなく、
1冊の本をいかに活かし、味わいつくすかを解説した実用的な読書法。
本書によってあなたの読書生活ががらりと変わります。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術
著者 :藤井孝一

投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術
検索 :最安値検索

投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術
検索 :商品検索する



●関連 Web
 Amazon.co.jp ベストセラー: ビジネス・経済 の中で最も人気のある商品
 ビジネス書の書評・要約まとめサイト bookvinegar-ブックビネガー
 ビジネス書大賞
 Amazon.co.jp ベストセラー: ビジネス・経済 の中で最も人気のある商品

●本書を引用した記事
 読書ジャンルごとにアプリを用意する
 本のカバーは捨てなさい
 本は肥やし。本で成果が出ることはない
 アレンジするな!
 投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術
 投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書

●このテーマの関連図書


読書は「アウトプット」が99%:その1冊にもっと「付加価値」をつける読…

読んだら忘れない読書術

死ぬほど読書(幻冬舎新書)





■同じテーマの記事

やりたいことを書き出す習慣を作る

「あなたのやりたいことは何でしょうか?」いきなりそんなことを聞かれると、答えがすぐに言えない方も見えるのではないでしょうか。やりたいことを書き出す習慣なにかの拍子にこれを書き出すようにしておくと、自分の本当にやりたいことが見つかるかもしれません。毎日の習慣にしたいことのひとつに「やりたいことの棚卸」があります。放っておいても日々積み上がっていく「これをやりたい」「あれもやってみたい」という気持ちをを時間を取って洗いざらい吐きだします。アイディアの5分間..

気持ちだけ論理的5段階評価

GTD(Getting Things Done)にはタスクの優先順位決定のための4つの基準モデルが示されています。ところが、実際にこれをどのようにして優先順位を決めればいいのかは記載がありません。4つのタスク優先順位決定の指標最初に、その優先順位決定のための指標をご紹介します。・状況・使える時間・注げるエネルギー・優先事項それぞれについて考えてみたいと思います。状況場所的な制約を考えること。今この場で何ができるか?ということです。また、現在トラブルが発..

会議のタイムマネジメント

仕事の進捗を遅らせる最も大きな要因は、他の人との調整です。もちろん、意見を集約すること自体も大変なことなのですが、打ち合わせの時間設定が最も無駄なのです。仕事の遅延の最大の要因は会議の調整例えば、ある打ち合わせをして何かを決定しようとしているとき、会議の予定時間が過ぎてしまうということは、多くの方が経験していると思います。後30分も打ち合わせをすれば決定できるのに、「次の会議があるから」ということでもう一度打ち合わせを開催しないといけません。次に関係者の..

面接質問「どんな貢献ができますか?」

面接の質問の流れですが、ウチの会社では、昇進面接、中途面接ともに同じような内容です。調べてみると、どこの会社でもほぼ似たようなものですね。1.自己紹介をしてください2.過去×年のなかで、特に成果の高かった業務を2つ上げてください3.なぜその成果が高かったのですか?4.その活動の中で、どのような困難があり、どのように乗り越えましたか?5.あなたの強み、弱みを教えてください。6.あなたの強み、弱みをどのように活用していま..

大勢の前でプレゼンするときはZ目線が有効

大勢の前で何か話そうとするとかなり緊張します。1対1で話すときでも多少は緊張していますが、ちょっと大きな会議で発表をしたり、そこで何かコメントしようとしたりすると、もうドキドキが止まりません。だんだん職位が上がってくると、こういう場面が多くなるのですが、やっぱり苦手っていう感覚は否めません。もちろん、昔と比べると多少は良くなりましたが…。Z目線のテクニックそういうときには、いろいろなテクニックをあれこれ思い出しなが..

業務改革の教科書2

あなたがもし、何かのプロジェクトのリーダーをやっていたり、組織を率いる管理職なのであれば、この本は絶対に読んでおいて欲しい本です。私は、この本の目次をマインドマップに書き出して、時々見返しています。管理職やリーダーに要求されることは、すごく簡単に言ってしまえば、組織力を使って会社に直接貢献できる成果を出すことです。そして、組織を改革して、常に効率を改善し続けることです。本書は、社内の結構大きな業務改革をするときに、必要なことが過不足なくリストアップされていますので..




posted by 管理人 at 05:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。