「やる」と決めることで仕事は面白くなる








■仕事が面白く無いのはなぜ?



あなたの仕事、面白いですか?

仕事ができない人は、

 「いまの仕事はたまたまやっているだけで、自分が積極的に望んだものではない。」
 「自分が夢中になれる仕事をまだ見つけられない。だから、いまの仕事には本気になれないし、結果が出ない」

などといった弁解をしたりします。

 自分にとってはつまらない仕事、本意ではない仕事、天職ではない仕事だから、夢中になれないんだ、うまくいかないんだ

というわけですね。

やれないことのイイワケです

なにも仕事に「夢中」になる必要などありません。

仕事で大切なのは「集中すること」です。

 「オレにはこの仕事しかないんだ

と思うことです。

そうすると、もっとこうしたらいいのでは?という「アイデア」が湧いてきます。

このアイディアこそが「仮説」という名の創意工夫のモトなのです。仮説が生まれたら、その仮説を検証してみようという具体的なトライアルに入ります。そのトライアルに成功すると仮説は正しかったと判明して、自分の仕事に達成感を覚えるのです。




■Plan-Do-Check−Action


ただ単にいわれたことをやっているだけの働きは「作業」です。PDCAのD、DOですね。

自分で仮説を立てて実証し、改善、進化、進歩させる働きが「仕事」です。

作業には単なる「Do」しかありません。

しかし仕事には「PLAN」「DO」「CHECK」「ACTION」の 4 つがあるのです。

すなわち、「(アイデアを)考える」「やってみる」「検証する」「実践する」という 4 つの働きが「仕事」になるのです。

ただし、仕事ができる人も、しよっちゅう、その「仕事」をしているわけではありません。しかし、「ここぞ」というときには「作業モード」から「仕事モード」に又イッチが切り替わるのです。

■集中こそが問題を発見し、結果を生む


「ここぞ」という瞬間は、「集中」していなければ発見できませんし、遭遇できません。

夢中になっていては「DO」だけです。

集中していれば「PLAN」と「CHECK」が思い浮かびます。

だから、仕事は集中することが重要なのです。

おもちゃを前にした子どもは「夢中」になって遊びます。自分の世界に没頭していますから、はたからいくら声をかけても聞こえません。

これは「われを忘れている」状態です。遊びは「夢中」であっていいのですが、仕事は「夢中」であってはなりません。しなければいけないのは「集中」なのです。

集中していれば、仕事の問題点とか改善点など、さまざまなことに必ず気がつくようになります。

いままで「他人事」にすぎなかった仕事も、「当事者」としてグイっと自分のほうに引き寄せられます。仕事は集中すれば、必ず結果がついてきます。結果がついてくれば、仕事が面白くなります。仕事が面白くなれば、さらにいい結果がついてきます。この好循環をつくろことが大切です。



■同じテーマの記事

振り返りのコツは「予行結差学改」

人が成長するのに必要な最も大切なのは、経験です。どんなに本を読んでも、どんなに講習会に出たとしても、成長できるわけではなく、やっぱり経験しないと成長しません。しかし、じゃぁ経験年数の長い人が優秀かというと、そういうわけでもありません。何が違うかというと、振り返り学習をしたかにあるようです。さて、会議がある程度進んできたら、適度に振り返ることも大切です。「今までの..

図解のコツ5:配置を試行錯誤する

前回の記事で、カタマリを置くのにルールはない、ということを書きましたが、パターンはあります。ただ、どれを使うと一番いいのか、あるいは自分で考え出さないといけないのか、が経験値に依存しているということです。カタマリを置くパターン前回、カタマリを置くパターンとして、PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネージメント)分析をご紹介しました。その他のパターンですがこんなものがあります。・マトリクス系・SWOT・重要度・緊急度・バブルチャート・サイク..

図解トレーニングで反射神経が鍛えられる

ちょっと想像してみてください。あなたの会社の社長が、今年度の経営計画について説明をしています。「社会環境が〜〜」「会社の業績が〜〜」「競合他社の動向が〜〜」::(中略):「だから、我々はをしなくてはいけないんだ!頑張ろう!」たぶん、毎年繰り返される光景ですよね。でも、たいてい覚えてません。唯一、覚えているのは、社長が「をするぞ!」と言ったという部分だけ。※下手をすると、そこす..

二人の責任者をつたてる

ソフトウエア開発の世界で言うと、プログラムを作る人と作られたプログラムを評価(仕様通り動作するかどうかを確認)する人は別の人であることが当たり前です。これを第三者評価と呼びます。もちろん、数人の会社ではそういうわけには行きませんが、今の部署を立ち上げた時は、この第三者評価が絶対必要だから「プログラマを削ってでも」と訴えて、プログラマ2人、評価者1人でスタートしました。ところが、ソフトウエア開発以外の現場だと、第三者評価はあまり一..

タスクには結果を書く

タスクリスト、使ってますか?本日は、すでにタスクリストが仕事(生活?)の中に組み込まれてしまった人向けの、もう一歩進んだタスクリストの使い方。スケジュールは2段で書くスケジュール帳は2段に分ける第一章の「目標を設定し、優先順位をつける」では、もっとも重要な中期目標や短期目標につながる行動リストを作る手順を紹介した。だが、そうした目標に毎日確実に近づいていくにはどうすればい..

要約と結論(約起承転結)

以前の記事結起承転結: サラヒン 〜 サラリーマンの仕事のヒントで書いた報告のしかたでちょっと私が誤解していたことが判明しました。お詫びして訂正させていただきます。要約と結論要約と結論を使いこなす要約とはなにか、また、よい結論とはなにかを勘違いしている人は多い。要約と..




posted by 管理人 at 05:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。