問題を隠すな、素早く処置せよ





仕事にはミスや失敗がつきものです。

「ミスも失敗もしたことがない」という人がもしいるならば、きっと超人なのでしょう。
こんな記事を読む必要はありません。




■ミスは当然


ミスや失敗はあって当たり前です。

大切なことは、ミスや失敗をしたあとの行動なのです。まわりがミスや失敗に気づかないうちにさっさとリカバーしてしまえば、ミスも失敗も「なかった」ことと同じです。

それなのに、たいていは、ミスや失敗をすると、とことん落ち込んでしまったり、中にはそのミスや失敗を隠蔽したり、パニックになったりして「二次災害」を引き起こしてしまうケースも少なくありません。

ミスや失敗をすれば、「しまった!!」と思うし、それによって緊張します。

 なんとかしなくちゃ

これはミスや失敗が人間にとって命取りだった頃の名残だそうです。

しかし、その人の真価は、「ミスや失敗のあと」にどういう行動をするかでわかります。




■ミスのあとの行動


では、仕事ができる人はミスや失敗をしたときに、どう対処しているのでしょうか。

 「大火事にならないよう小火(ボヤ)のうちに消せ

これに尽きます。

小さなミスや失敗をきっかけにして大きなミスや失敗へと傷口が深くならないように、傷口が浅いうちにきっちり止血することが大切なのです。

そのために大切なことは「隠蔽しない」「反省しすぎない」ということです。

◆隠蔽してはいけない


「隠蔽」するのは言語道断ですですね。

隠ぺいするためには何らかの嘘をつかないといけなくなります。嘘をつくと、事実との辻褄が合わなくなります。つじつまを合わせるためにさらに嘘をつく必要が出てきます。

結果、隠蔽し通せるなら努力のかいはありますが、バレた時には、あなたは「嘘つき」になれます。

第一、隠蔽しようとする努力は、あなたの成長にとって何も効果がありません。
つまり、

 無駄な努力

でしかありません。

しかし、だからと言って、「ふれて回れ」という訳ではありません。隠すための努力をしないということです。

◆反省しすぎてはいけない


他の記事で、日誌などをおすすめしてます。

ここには、自分の失敗や課題を書くことが重要とも書いてます。

しかし、「反省」という項目はありません。

無論、「反省」するのは大事ですが、いまは反省している場合ではありません。

 リカバーに全力を尽くす

これがもっとも優先してやるべきことです。

自分一人では対処できそうもなければ、上司や先輩、同僚に事情を話してチームで対処して解決する。

反省はあとでいくらでもすればいいのです。

ミスや失敗は最初に解決しなければならないトラブルです。優先順位の筆頭は、このトラブルをリカバーすることです。

こんな当たり前のことをわざわざ指摘しなければならないのは、ミスや失敗をすると反省して、落ち込んでしまい、当事者にもかかわらず、リカバーのための「戦力」にならなくなってしまうことが少なくないからです。

当事者としてミスや失敗をリカバーするために最も働かなければならないのに、使い物にならないようでは話になりません。

■心のスイッチ


仕事ができる人は「心のスイッチ」を切り替える達人です。
ミスや失敗でめげるのは「一瞬」です。少なくとも表面上は。

そして、これからの仕事で必ず取り返してやると「覚悟」を決めることです。
こぼしてしまった牛乳はコップには戻りません。過去は過去。それ以上でもそれ以下でもありません。
もう戻らないことにクヨクヨしたって何も生まれません。

スイッチを未来に向けて切り替えましょう。

しかし、そうはいえ、やっぱり大失敗をした瞬間などは、心に残ります。
夜、寝ようとしてフラッシュバックすることも少なくありません。

でも、表面上は、未来に向けて、「どうするのか」を考えましょう。
自分を責めても、何も変わらないのだらか。

■言ってはいけないセリフ


あなたがもし、誰かを指導・教育する担当だったり、管理職だったりしたら、こんなセリフを言ってはいけません。

 「こんなくだらないミスをどうして起こしたのか?」
 「こんなこともできないなんて」

これは、結果を責めるばかりで、この失敗をどうリカバーするか、次にどう活かすかの視点がありません。
単に、失敗したことに対する傷口に塩を塗ってるだけですね。




■同じテーマの記事

パスワードを作成・管理する方法3:パスワードの管理

最近は個人情報の流出問題がかしましいですね。PCであれ、Webサービスであれ、携帯電話であれ、どれもこれもパスワード、パスワード、パスワード。それぞれ毎に違うパスワードをつけていれば、安全安心と言われますが、そんな10個も20個も憶えられるはずがありません。特に私の会社では、10文字以上で大文字小文字と数字を含むものにした上で3ヶ月毎に変更しなさい、過去に使ったものと似ているものはダメ。とか言われて、自動チェックが入って、この規格に合わないとパスワード変更を受け付けて..

通勤どこでも仕事術:出張・旅行のホテルに会員登録する

海外でやったことはありませんが、国内の場合は、使用する交通機関やホテルに無料会員の制度があれば、ほぼかならず登録しています。無料会員のメリット会社によっていろいろですが、無料会員のメリットは・複数回使用することでポイントが貯まる・ちょっとだけ良いサービスが受けられる・予約時に優先予約ができるなどです。会社で会員登録しているような指定ホテルの場合はどうしようもありませんが、そうでなければ自分の名前で登録すると、..

問題認識の手法3―現状分析

本日は、問題解決の手法の3回目。第2回めで「見える化」についてお送りしましたが、実は問題解決のプロセスを時系列で並べると、こちらが先です。ただ、今回問題認識の手法というテーマで書いていますので、話の流れの都合上、問題を顕在化することを先に持ってきてしまいました。ですので、この記事を読んでもう一度前回の「見える化」に戻って読み返していただけると、この記事の内容が理解しやすいかもしれません。現状分析手法現状分析はパター..

荷造りパーティ

「断捨離」という言葉がもてはやされるようになったのは結構昔の話。それでも、いまだにこうした書籍が発行されていたりするのは、まだそれなりに需要があるからなんでしょうね。自分の持ち物がどれだけあるか、見直してみませんか?物が多いということはその管理に手間がかかるということで、それだけ自分の負担になっているのです。負担はなるべく軽いほうがいいですよね。しかし、せっかく苦労して手に入れたものを捨てるというのは精神的にも結構辛いものがあり..

任意のフォルダに素早くアクセスする方法

過去記事で何度か紹介していますが、私はマイドキュメントフォルダにはちょっとしたショートカットしか入れておらず、普段使うフォルダは別のフォルダにしています。C:\_Usr\jobCドライブの直下に、"_usr" というフォルダを作り、そこに仕事関係、プライベート関係、参考資料(自炊本)などのフォルダを配置しています。この理由は、ひとつの PC を複数のユーザ名で利用しているため。Windows では別のユーザでログインすると基準となるドキュメントフォルダが..

推薦書を作ってみるとその人が見える

仕事の悩みなどで、「役に立たない部下(同僚)」というのが結構あります。自分も時々感じていることで、「仕事がやたら遅い」「毎度毎度同じミスをする」「覚えが悪い(憶える気がない?)」「グチが多い」などというのがやっぱりいちばん苦しいです。当然、イチ・サラリーマンの仕事なので、「その人と一緒に仕事をしない」などということは選択できるわけがなく、もしそうしようとしても結構な手間がかかります。もう、あんたとは仕事がしたくないんだよ!なんて、キレようものなら、ますますお互いやり..




posted by 管理人 at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。