感情知能




この10年ほどだと思いますが、ときどきEQという言葉が採用や昇進の場でよく聞かれるようになりました。

■EQ:心の知能指数

ちょっとネットから拾った開設ですが

★――――――――――――――――――――――――――
EQ(Emotional Intelligence Quotient)理論は、EQグローバルアライアンスの研究開発顧問で現在エール大学エールカレッジ学長を務めるピーター・サロベイ博士とニューハンプシャー大学教授のジョン・メイヤー博士によって提唱されました。

  :
  :

両博士は、この仮説に立って、ビジネスパーソンを対象にした広範な調査研究を行ないました。その結果、明らかになったのが

「ビジネスで成功した人は、ほぼ例外なく対人関係能力に優れている」
というものでした。

それは具体的には、ビジネス社会で成功した人は

 自分の感情の状態を把握し、それを上手に管理調整するだけでなく、他者の感情の状態を知覚する能力に長けている

というものでした。

このため、クライアントなど社外との関係もうまく維持調整することができ、社内的にも多くの協力者を得ることができるため、結果的にハイ・パフォーマーとしての成果を生み出していたのです。

これらの研究結果から、サロベイ、メイヤー両博士が提唱したのが
「感情をうまく管理し、利用できることは、ひとつの能力である」というEQ理論です。

世界的には『EQこころの知能指数』(ダニエル・ゴールマン著、邦訳は講談社刊)がベストセラーになり、世界トップ企業といわれる「フォーチュン500社」のうち、8割の企業が教育などの研修等によって自社になんらかの形でEQを導入しています。

日本でも企業や研修だけでなく、教育現場における人材育成などにおいて各自治体などでも広く取り入れられるようになってきています。

EQとは心の知能指数
――――――――――――――――――――――――――★


サラリーマンにかぎらず、人間の行動のほとんどは他人と関わるものです。
その時に、自分の感情をうまくコントロールし、それを上手に相手とのやりとりに利用してこそ仕事の成果は上がるものだということですね。

全く仰るとおり。

さらに両博士は、この「自分の感情の状態を把握し〜〜〜」の定義を元にEQを4つの能力に分けています。

 ・感情を読み取る能力
 ・感情を統御して思考に役立てる能力
 ・感情を理解する能力
 ・感情を制御して人格的に成長する能力

です。

読んで字の如くでだいたい意味はわかると重いますが、これは

 ポール・スローンの思考力を鍛える30の習慣

をご参照ください。

■感情は制御してこそ

ここで私がいつも注意しているのは、怒りや悲しみなどを始めとする感情は「仕事ではあってはならないもの」ではなく、それをうまく統御して、それを利用してよりうまく仕事を進められるようになることです。

本ブログ記事やサラヒンなどでも時々書いてますが、発生した事象には意味も良い・悪いもありません。
あるのはただ事実だけ。それに色を付けているのは人間の感情です。

ということをちゃんと認識していれば、たとえ起こったとしても実はその後ろの方に、
 「怒っている自分を観察している自分」
を置くことができるようになります。

意味わかりませんよね?

イメージ的には、体から魂が幽体離脱して後ろから自分を眺めているシーンを思い描いてみてください。
いつもそのシーンを思いながら仕事をする感じ。

そうすると、たとえば部下が見るも無残な失敗をして「このクソバカヤロー」と発言していても、「また怒ってら…」「お、こいつちょっとハゲてきたぞ…」などと関係ないことを思っている自分を想像するんですね。
そうすると、その冷静でニヒルな自分が、その怒っているのを部下の成長にどうやって利用してやろうと考えるようになるんですよ。あるいは、「この事態の何かいい利用方法はないものか」などと次のことを考えるようになったり。

いつも感情を「100%特定の事態に向ける」のではなく、「50%は後ろから見ている人に割り当てる」ようにすると、感情の制御や他人への発揮の仕方がイメージしやすいかもしれません。

ご参考まで。


■同じテーマの記事

ステップフォルダ(ステップファイル)で進捗を見える化する

ステップファイルこれは『すべては「単純に!」でうまくいく』という本に書いてあった方法です。あるステップに従って仕事をこなすときに、そのステップごとに独立した色のクリアファイルに書類を入れ、複数の書類で同じステップのものをまとめて処理できるようにすることと、どこまで進んでいるかを簡単にわかるようにする仕掛けです。複数の仕事が平行して走るような場合に、間違が少なく時間にやれるようにするすごくいい方法だと思ってます。ステップファイ..

管理職の唯一の仕事

日本の場合、管理職層になると、会社の将来的な経営戦略を考えたり、人材育成を考えたりなど、経営者の仕事を補佐するような仕事を任されるようになります。これをマネジメントと言ったりするようですが、これは本来のマネジメントとは違います。私が考える本来のマネジメントとは、できない部下をできる部下に成長させることです。切れるハサミも切れないハサミをも一様に必要な場面でれるように使うことです。これは以前サラヒンの記事で、カスな部下の使い方という記事で紹介しましたが、どんな..

感情知能

この10年ほどだと思いますが、ときどきEQという言葉が採用や昇進の場でよく聞かれるようになりました。EQ:心の知能指数ちょっとネットから拾った開設ですがEQ(Emotional Intelligence Quotient)理論は、EQグローバルアライアンスの研究開発顧問で現在エール大学エールカレッジ学長を務めるピーター・サロベイ博士とニューハンプシャー大学教授のジョン・メイヤー博士によって提唱されました。:..

クラウドノートは移動させて使う

以前の記事 OneNoteとEvernoteをOneNoteに集約 に書いたように Evernote を卒業してしまいましたが、この使い方は引き継いで OneNote でも使ってます。ステップファイルを流用するノートの各ページは、紙のノートだとルーズリーフ式のものを使わない限り移動させることはできませんし、ルーズリーフでも取り外したり順番を入れ替えたりするのは結構てます。一方で、クラウド上のノートアプリを使うと、特定のページを..

経験のない業務に素早く習熟する方法

業務が増えた職場が変わったり、人員の入れ替えが合ったりすると、今まで経験のない仕事の担当になったりすることがありますよね。そういう時に困りモノなのは、「どうやったらいいかわからないし、教えてももらえない」ということがちょくちょく。実際の仕事を優先する本来であれば、業務の引き継ぎは、「手順書(業務指示書)」があるのが最善ですし、それが業務を指示する側としての義務なのでしょうけど、普通の会社では結構ない場合があります。だからとい..

ステップファイル

バーバラ・ヘンフィルこの本に面白いことが書いてありました。すべては「単純に!」でうまくいくちょっと引用すると「ステップファイル」のススメ前にも言いましたが、「書類は、一度手にしたらすぐに処理する」と言われても、実際問題として、なかなかできるものではなりませんね。:ではここで、へンフィルの考えた「ステッブファイル」を紹介しましょう。まず、「打ち合わせをする」「電話をする」「資料室に行く」などのような、..

上司のための心理学

本日は、部下を持った人、あるいは部下を持つ直前の人に読んでほしいビジネス書の紹介をします。まだまだ若い人で、部下を持つなんてまだだいぶ先のことだと思っている人も、本書にあげてある程度の言葉は、その概要と実際にどのように応用するのかについて、一つづつ勉強して置くとすごくいいです。というのは、本書に書いてある事柄がすごく網羅的で、それぞれの1節ごとに本が何冊かかけてしまえるくらいのボリュームを持ってます。なので、この本を読んだだけでは、初めての言葉は消化不..

行動科学で人生を変える

「今年は毎日をしよう」と決めたのに、なかなか続かない。多くの人がこういった悩みを抱えているのでしょう。私もその一人ですが。本日は「なかなか行動に移せない」「三日坊主で終わってしまう」といったことをやれるようにするためにどうしたら良いかという点を科学的に解説した本の紹介です。「行動科学」というそうです。本書で続けるということに対して、ABC分析がたしかに有効であることはすごく納得できます。ただ、本書を読みながら今ひとつわからなかったのが「ご褒美」という考え方でした。..

なにかいいことある?

以前の記事「新しくはじめる」で、以下の様なことを書きました。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━自分の知る限り、時間を作り出すためには3つしか方法はありません。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−1.やめる−今やっていることを「やらない」ようにする2.へらす−今やっていることの頻度を減らす3.かえる−やり方を変えてもっと効率的にする−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−..



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック