アイディアマンになる7つの習慣





上司から「今後部門の活動として何をしたらいいと思う?」とか「業務品質を上げる方法は?」とか聞かれた時に、アイディアがポンポン出る人っていません?

あるいは、昇進面接の時に「あなたの所属する組織の課題は?」と聞かれることがあると思いますが、その時にどういう受け答えができるでしょうか。



※そういえば面接の質問で、「このボールペンを10万円で得る方法は?」と聞かれた人がいたそうです(Webで読んだだけなので真偽の程は不明)。

何か言われた時に、アイディアや案がたくさん出る人って羨ましいですね。
でもこれ、性格とか性向とかの個人に依存するものではなくて、技術(スキル)です

技術ならだれでも習得可能なのですが、多くの人がその訓練をしていないので、必要になった時にアイディアが出せないか出せても凡庸なアイディアが一つだけみたいな状態になるんです。

日々のトレーニングが重要。これをやってなくて、必要なときに突然できるようにはなりません。

私のトレーニング方法、「アイディアマンになる7つの習慣」の概要を紹介します。
詳細はまたそのうち。




■アイディアがどんどん出せるようになる7つの習慣



 1.創造性を妨げる要因を排除する
 2.妄想する
 3.問題を探す
 4.前提を覆す
 5.アイディアを出すフレームワークを身に付ける
 6.多様なインプットを持つ
 7.小さなアイディアをたくさん出す

合わせて7つあるので、アイディアマンになる7つの習慣と。

■創造性を妨げる要因を排除する


人間の頭というのはじつはすごく柔軟な思考を持ってます。でも多くの人はそれを使い切ることはできません。邪魔しているものが

 ・常識的思考
 ・同調的思考
 ・権威尊重
 ・効率志向
 ・満足

です。

◆常識的志向


「あたり前」だと思う気持ちですね。たとえば、有名なところでは

 9点問題
 http://blogger10.chalaza.net/list1003.html
  ※勝手にリンクしてます

◆同調的思考


他の人が言っていることが正しいかのように思う心理的ハードルです。
たとえばある実験で、棒の長さがA>B>Cの棒を見せておいて、サクラ5人が「Cが長い」というと結構な確率で被験者も「Cが長い」というそうです。

◆権威尊重


何かの権威が入っていることが正しいと思い込んでしまう心理法則ですね。
サブプライムはクズ債権を集めて、権威者(保険会社)に「トリプルAだ」と言わせたからみんながこぞって買いました。王様は裸だったのにね。

◆効率志向


どうしても人間はモノグサなので楽な方法を無意識に選別してしまいます。だから「効率がいい」というのは「良いこと」という判断になっちゃいますよね。面倒くさくするのも方法のひとつなのですよ。

◆満足


最近は、ある目的専用に作られたものが一杯ありますよね。かつては、十分なものがなかったから色々工夫をしました。精米をするのに精米機なんて使わずに一升瓶にコメを入れて、棒でつつけば精米ができたんですよ。「必要は発明の母」ですね。

■妄想する


「もし世界征服ができたら何をしよう?」「もし自分が織田信長だったらどうやって本能寺を察知しよう?」その空想はいまのあなたの問題の解決のヒントになってます。

「自分も鳥のように空を飛んでみたい」そう思わなかったら飛行機は存在しなかったかも。


■問題を探す


改善は問題を見つけられない限りできません。そして問題がないというのは神の所業であって、人間がやることは問題だらけです。「絶対に問題点はある」そう思って探すことです。

観察力・推察力は探偵だけに必要な能力ではありません。ビジネスマンにこそ必要な能力です。だから面接で必ず聞かれる問題に「あなたの組織の課題は何ですか?」というのがあるんです。

■前提を覆す


ラテラル・シンキングの基本です。
渋滞の急坂で前の車が下がってきたら、前に進んでぶつけることで衝突のショックを弱くすることができます。下がれば、自分が後ろの車にぶつかって止まり、より勢いの付いた前の車に潰されます。

■アイディアを出すフレームワークを身に付ける


アイディアを出すためのフレームワークが幾つもあります。これを使いこなせるように常に使ってみるのです。車の構造や運転方法を知っていても運転ができるわけではありません。教習所で運転してみなくちゃ。

■多様なインプットを持つ


新しいアイディアとは、複数のアイディアの組み合わせか因数分解です。つまり、たくさんのことを知っていればたくさんのアイディアがでます。光は電磁波だと知っていれば、曲げたり強めたりできることに気がつくでしょう。

■小さなアイディアをたくさん出す


いきなりビッグアイディアが出ることはありません。ビッグアイディアは多数の小さなグッドアイディアから生まれ、小さなグッドアイディアはもっと小さくてもっとたくさんのヒントから生まれます。ひとつのアイディアは100倍のアイディアの屍を積み上げましょう。

■8つ目の習慣


最後に、考え続けることが習慣になっていること。必死に考え続けたたから、アルキメデスには

 ユリーカ!!

が降りてきたんですね。
※参考 ユリーカ-Wikipedia



■関連する記事

若いアタマを維持する1

この記事は比較的若い人を対象にしていますので、あまり加齢ということについて触れてきませんでしたが、40台、50台になっても、アイディアや柔軟性というものは必要です(というか、逆にそのくらいの歳になって硬直すれば昇進は止まります)。精神年齢と肉体年齢と実年齢はそれぞれ別者です。実年齢はコントロール出来ないけど、精神年齢や肉体年齢はトレーニングでコントロールできるようになります。若い頃からアタマの柔軟性をトレーニングしていない人はやっぱりある程度の経験を積むと、「過去の経..

アイディアマンになる9つの心構え

どのような仕事であるにしろ、機械的に正確に繰り返すことだけを期待されている仕事というのは多くありません。そのような仕事は機械に任せてしまったほうが、初期投資の問題を除いては、安全だからです。人間に任されている以上、人間がその脳みそを使って何らかの改善や改良を加える事が期待されてます。色々なアイディアを出し、それを実現していけるのは人間だからです。しかし、残念ながらアイディアを豊富に出してそれを実現できる人というのは、私の感覚的には少数派です。アイディアが..

影響の輪1:自分に影響のある問題を外においてはいけない

ちょっと抽象的なお話ですが…「コミュニケーションが悪い」「言ったことが伝わってない」「間違って伝わった」こういった問題は、誰かと協業していく上ではよく起きうる問題です。その時に、「組織体制がだから」「会社の方針が××だから」といってしまうのは簡単です。その瞬間から問題点は自分のモノではなく、他人の問題になります。影響の輪「影響の輪」という図をごぞんじでしょうか。『7つの習慣』で有名になったスティーブン・コヴィーが..

人生に変化を起こす方法

ちょっと本ブログのテーマ、仕事術よりもずいぶん広いテーマなのですが、本を読んでいて人生に変化を起こす方法というところがすごく気に入ったので、ご紹介。人生に変化を起こす方法「変化を起こすのに何が必要か」と聞かれれば、「変化を積み重ねる」しか方法がありません。最初から人生を左右するほどの変化を作るのではなく、もっと小さなことから始めてみてください。通いたかったスクールに通ってみる..

人を動かす:人に好かれる原則2:聞き手にまわる

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ディール・カーネーギー本日のお言葉:聞き手にまわるお言葉の出典:『人を動かす』自分のことばかり話す人間は、自分のことだけしか考えない。長年コロンビア大学の総長をつとめたニコラス・バトラー博士は、それについて、こういっている「自分のことだけしか考えない人間は、教養のない人間である。たとえ、どれほど教育を受けても、教養が身..

「意思」は信用しない

職場で、こういう話題について話をすることはあまりありませんが、実は「自分を変えたい」と思っている人は少なからずいるように思います。自分のことなので24時間、なにをしているかは知っていますし、それに対して、ちょっとでも理想を勉強してしまうと、「理想と違う自分」に腹が立つことも少なからずあると思います。「意志の力」は強いか?よくドラマなどで、「国を変えたい」とか「会社を変えたい」とかいう高邁な理想だけでなく、何かに打ち込むために、..



■同じテーマの記事

ストレッチ―少ないリソースで思わぬ成果を出す方法

先日家の倉庫の整理をしました。まあ、猫の額なみの庭の片隅ににおかれた倉庫なので小さなものですが、でてくるわでてくるわ。よくこんなに詰め込んだものだってくらい。最近買った散水用ホースとか(なんだ、買わなくても良かったじゃん!)、壊れて動かなくなった扇風機だとか。庭中に全部広げて、「これはいる」「これはいらない」って振り分けたらとっても倉庫の半分以上は空きました。捨てに行くのがこれまた人仕事で……。こんなもの後生大事に抱..




posted by 管理人 at 05:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック