昇進は性格で決まる





いろいろな仕事術や時間術を学び、仕事で成果が出るようになると、「昇進」という言葉が現実のものとして捉えられるようになってきます。

でもあなたの上司から推薦を受けないと昇進はできません。

この時、決め手になるのは何でしょうか。

 ・過去の仕事の成果
 ・コンピテンシー
 ・リーダーシップ
 ・マネジメント能力

いろいろあると思いますが、最も確実にあるのは





 人間関係を築く力

です。

■直接・間接の上司からの評価は何で決まるか


昇進を推薦するのは、上司とさらにその上司です。

彼らはどのような基準で推薦するのかというと、

 ・昇進させる空きポストがあること
 ・同僚にしてもいいと思える人であること

が決め手です。決してその人の業績がいいからとか、いろいろな仕事力が高いからという点では決めていません。

空きポストについてはあたり前なのですが、多くの人がこの「候補者の人格」という部分については語りません。

だって今どき、こんな曖昧な評価基準が公式に受け入れられるわけはないのですから。

でも周りの昇進した人をよく観察してみてください。

若くして昇進した人は

 ・役員層に人脈がある人
 ・仕事がダントツに出来る人

かもしれませんが、ある程度の年齢になって昇進した人というのは、仕事力で言ったら実は大したことはなくて、それよりも

 ・対人関係のバランスをとることがうまい人
 ・極端な行動に走らない人

というのが多いのではないでしょうか。少なくともウチの会社ではそうです。




■人事は属人関係で決まる


所詮人間は、自分の好きな人に囲まれていたいと思うものです。

どんなに偉そうな理論理屈を言ったとしても、自分(上司)に突っかかった来たり、自分の「やろう」としていることに正論を吐いて反対する人は好きにはなれません。
そんな人と一緒に仕事をしたいとは思わないんですね。

これは役職が上になればなるほどその比重が高くなります。

役員になれるのは、役員と接点が多くウマが合う人だけなんですよ。

そう考えていれば、どうやったら昇進できるかは、仕事を一生懸命したり、MBAホルダーになることではなく、関係する役員や上司と話を合わせたり、都合よく動く人になることです。

 そんなのプライドが許さない
 仕事としてあるべき姿と違う

と思う人はそのようにすればいいですが、その結果「昇進できない」という可能性も受け入れる必要があるということですね。

「おべんちゃら」も必要だと心得ることです。

豊臣秀吉は、織田信長の草履をふところで温めていたから名前を覚えてもらい、「殿様〜、殿様〜」とお追従(ついしょう)したから、あれだけ引き上げてもらったんですよ。

その地位を維持したのはもちろん能力でしたが。

それは織田家家臣団が本能寺の変後きれいさっぱりいなくなった(歴史の表舞台から消えた)のと同じですね。トップが信長だったから歴史に名を残せたわけです。家康をトップとするその後の歴史にとってはいてもいなくても変わらない程度人物だったんですね。

属人関係だけでのし上がると、属人関係の薄い人がトップになれば不要になる人がいっぱい出ます。
でも、会社で政変がおこることは少なくて(歴史上でもそうですが)、やっぱり上司との関係を良好にしている人だけが次世代を担うことになるんです。

あなたは上司やその上司と人間関係を作っていますか?
あなたは、上下や同僚との人間関係で問題を起こさないようにしているでしょうか?
感情に任せて暴言を吐いたりしてませんか?



■同じテーマの記事

面接質問:なぜ課長になりたいですか?

課長への昇進面接で非常に答えにくい質問の1つに「なぜ課長になりたいですか?」というものがあります。質問者(面接官)としては、その人が、課長という管理職のポジションに付くにあたり、責任と権限をどのくらい覚悟を持って考えているかを聞きたいのですが、意外とハズレな答えをする人が少なくありません。同じように、専門職(一般職)から総合職への職種転換などでも聞きます。「なぜ職種転換がしたいですか?」「なぜ今のポジションではダメなのですか?」課長の責任と権限管理..

面接技術:一言話す

面接官をしていると「この人ちょっと扱いづらい」と思うようなシーンがあります。どういう場合かというと、何か質問をした時に、一言で答える人。たとえば、「最近勉強していることは何ですか?」などと聞いた時に、「マインドマップの勉強をしています」などと答えられるような場合です。後が続かないよく面接技術やプレゼン技術などで、一言で要約して話をするとわかりやすいという事がいわれます。たしかに、だらだらと話しをされるのは聞く側にとっては苦痛でしかありません。まして..

面接官の質問の真意―リーダーシップを問う

「あなたのリーダーシップはどのくらいありますか?」こんな直球な質問はしませんが、採用面接や昇進・昇格面接で面接官が聞きたいことの大きなポイントが、「リーダーシップ」です。これに対して、候補者はいろんな実績を説明して、「この人は採用(昇進・昇格)に値するリーダーシップがある」と判断してもらいたいのですが、これがなかなか難しいです。リーダーの経験がいないとリーダーシップの実績にはならない?特に、派遣の仕事をしていて、..

飲み会はコミュニケーションのツールか?

会社にいると、新年会だの忘年会だの××歓迎会だのといろいろ飲み会がありますよね。どうかすると、上司から「君、今日一杯どう?」と言われたりします。昔はそれなりに楽しんでたような気がしますが、最近はあまり…。飲み会はコミュニケーションになるかこの問題はいろいろ賛否両論ありますね。・仕事なんだから仕事の場で信頼関係を築くべき・その人の生活や考え方を知るためには仕事の場を離れてのコミュニケーションは有効であるまぁ、どちらも正しいのではないかというのが私の..

ザ・プレゼンテーション

今日は、すごいプレゼンテーションの技術の本。プレゼンの小手先のテクニックを書いたビジネス書はたくさんありますが、これはプレゼンの本質に迫る素晴らしい本です。一つ一つの身振り手振りや、目立つようなアニメーションの技術はさておき、プレゼンにおいて、どのように人を感動させ、どのようにプレゼンターの望む行動を起こさせるか、それが過去の素晴らしいプレゼンテーションを例に解説がしてあります。2007年のMacworldで、90分のうちに80..

会議室カレンダー

以前の記事でノートに貼るカレンダーについて書きました。2ヶ月カレンダー本日はその共有版。会議で決まったことが実行されないよく、会議術などで、会議で決まったアクションをちゃんと実行してもらう方法について書かれています。多くのパターンは・実行するアクションを本人に言ってもらう・アクションが実行されたかどうかをチェックスル責任者と決める・タスクリストを共有して、その場でタスクリストに書き込むなどです。私の会社でも色々やってみましたが、どれもうまくい..






posted by 管理人 at 05:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。