魚の捕り方




■授人以魚 不如授人以漁

これ、よく聞く言葉です。

  魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよ

という意味だそうです。

新人教育などのテキストやビジネス書に出てきますよね。

まぁ、意味はご存知の通りなのですが、多くのビジネス書やブログでは、これを推奨したりしてます。でも自分の経験からすると逆、というか、微妙にずれてます。

■釣り方を教えてはいけない

この理論を簡単に要約すれば、

 あなたでないとできないことがあると、あなたはいつまでもその仕事をしなければいけなくなり、部下・後輩も成長・独立しない。結果、あなたはより上の仕事をする余裕がなくなる。

ということですね。

あなたが今自分がやれることを誰かに完璧に教えたとして、あなたの次の仕事は何ですか?

例えば、あなたが10年選手だとして、アルバイト君があなたと同じように仕事が出来るようになったらどうでしょうか?
会社としては、給料の安いアルバイト君の方がありがたいですよね。つまり、私が言いたいのは

  より、上のレベルの仕事がみつかるまでは
  今の仕事を手放してはいけません

■依存させよ

自分の部下だけでなく、同僚・上司に対しても同じ事です。
あなたでなくてはできないこと、あなたでなくてはわからないことがあれば、他の人は、あなたを頼りにします。頼られれば、あなたの発言力は相対的に強化されるということです。

ただ、自分でなければならない状態がいつまでも続くと、その内にその仕事自体が陳腐化します。そうなると、あなたの存在意義はなくなってしまうので、他の人ができるようにして、次の仕事を見つける必要もあります。

順序は

  1.次の仕事のネタを仕込む
  2.今の仕事を他の人でもできるようにする

ことです。
順番を間違えると、悲惨なことになります。

■分散させる

この自分でなければならない仕事を人に譲り渡すときには、一人の人に全て教えてはいけません。

最初の魚の例で言えば、

 魚の捕り方はAさんに
 魚の料理の仕方はBさんに
 魚を取る道具の作り方はCさんに
 
教えるんです。
そうすれば、それぞれの間を取り持つあなたがいなければ、その仕事は成り立たなくなり、かつ、自分は情報を右から左へ移すだけで、成果が出るようになります。その成果は、あなたのおかげという認識は全員が持ちます。

■会社も同じ

例えば、営業マンは製品を設計はできないでしょう。設計者は製造ラインを構築・運営できないでしょう。やっていることは、会社があなたにやっていることと同じです。

つまり、会社自体が、そうやって、専門能力を分散させることによって、社員が会社経営というノウハウを得て、独立してしまわないようにしているんです。
 余談:もう一ついうなら、多くの会社で労使借款にあるアルバイト禁止。
    収入の道が会社しかなくなれば、労働者(サラリーマン)は会社に依存せざるを得なくなる。その結果、会社が多少無理なことを言っても受け入れてくれる、というわけ。

あなたもあなたの専門能力を分散させて、自分の立ち位置を守らなければ、自分よりうまくやれる人が現れた時点でお払い箱です。


◆このテーマのおすすめ図書



MacBook仕事術!2017

デキる人が「当たり前」に身につけている!仕事の基礎力

明日、会社に行くのが楽しみになるお仕事のコツ事典

今森光彦の昆虫教室とりかた・みつけかた

「仕事ができるやつ」になる最短の道

〓魚の釣り方・捕獲法―誰よりもうまく釣り、誰よりも多く獲るために!!



■同じテーマの記事

魚の捕り方

授人以魚 不如授人以漁これ、よく聞く言葉です。 魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよという意味だそうです。新人教育などのテキストやビジネス書に出てきますよね。ネットでググると「老子」に出てくるそうですが、真偽の程は??まぁ、意味はご存知の通りなのですが、多くのビジネス書やブログでは、これが正しいやり方だと書いてあります。自分の経験からすると逆、というか、微妙にずれてます。釣り方を教えてはいけないこの理論を簡単..

後輩を優秀にする

よくドラマなどで、他人の成果を奪うような上司がいますよね。ドラマだとたいてい最後にはその人は足をすくわれてひっくり返るのですが、現実はそうはなりません。うまくやれる人は、結局うまくやるし、他人に搾取される人はどこまでも搾取される人のまま、というのがありがちなパターン。このパターンにどうして陥るのかというと、上司からの部下指導の賜物だとおもっています。部下を殺すな部下が大きな成果を上げた時、会社としては、それは上司の手柄でもあり..

魚の捕り方

授人以魚 不如授人以漁これ、よく聞く言葉です。 魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよという意味だそうです。新人教育などのテキストやビジネス書に出てきますよね。まぁ、意味はご存知の通りなのですが、多くのビジネス書やブログでは、これを推奨したりしてます。でも自分の経験からすると逆、というか、微妙にずれてます。釣り方を教えてはいけないこの理論を簡単に要約すれば、あなたでないとできないことがあると、あなたはいつまでもその仕事をしなければいけなくなり、部下・後輩も成長..

ストレス経験を思い出して、笑い話にする

「ストレス」この言葉の正しい定義はまあ専門化に譲るとして、私はストレスを「自分に影響を与えるすべてのもの」という捉え方をしています。ですので、「楽しいストレス」なんてのもできるわけで…ストレスは徐々に耐性がついてくる過去記事で何度か書いてますが、過労でウツになり会社をしばらくお休みしたことがあります。たしかに楽しい経験ではないですし、何度もやりたいとは思いませんが、これはこれなりに良かったこともあります。ひとつは、ストレスを..

他人任せにする

自分の専門あなたが会社において任されている仕事は何でしょうか?例えばあなたが営業職であれば、お客様の不満ややりたいことを聞いてきて、それを自社の製品を使ってどのように解決するかということを考え、お客様に提案することがあなたの専門でしょう。あるいは、商品を企画したり、その企画がモノになるかをリサーチすることかもしれません。どのような業務をするにしても、その業務を長くやっていれば、知識も豊富になりますし、その業務をスムーズに進め一定の品質の成果が出せるようになります。一..

OhLife

日記、つけてますか?私は「日誌」と呼んでまして、その日の出来事と感想、反省点・課題などをテキストファイルで書き綴ってます。で、これをGmailに送って保存してますが、ローカルのPCにも保管してます。1週間の振り返り、1ヶ月毎の振り返りなどで、ここから次のアクションや改善方法を考えているわけです。ただ、ここには人には見せられないような内容も書かれてます。例えば、::(ないしょの文章):とか。全然わかりませんでした?わかってしまったらないしょにならないんで…そうな..

英語を学ぶより本を読んだほうがいい

英語は使えるに越したことはないいまどき仕事をしていれば、「英語」というのは気になるテーマのひとつではあります。ちなみに私の仕事はというと、一時期はマレーシアや中国にいた期間もあり、そのときは殆どが英語や中国語の時間だったりしましたが、いまは随分減ってきている感じで、英語と中国語を扱っている時間がそれぞれ 1〜5% くらい。会話ではなく、殆どがメールですが。のこりは日本語の時間。ただ、昨今の風潮、会社として TOEIC を推奨してたり、昇進の条件にしたりしている会社も..

生産性を高くするには、専門化と仕組み化

とりあえず、以下の図を見てみてください(別のタブが開きます)。企業規模別労働生産性これは企業規模と労働生産性を比較した統計です。ぱっとみてわかるように、企業規模が大きくなると生産性はあがります。大規模企業と小規模の割合は一時期を除いてだいたい2倍。一人あたり400万ちかく違います。この差はなんにあるでしょうか?まあ、コンサルタントではないので、ちゃんと分析したわけでも、それで会社をどうこうしたいわけでもないですが、基本的には2つあると考えます。専門化と仕組み化です..

所有するよりアクセスルートを持つこと

所有すること「知識労働(ナレッジ・ワーク)」や「知識経済(ナレッジ・エコノミー)」という概念を最初に提唱したのはP.F.ドラッカーみたい(Weblioより)ですが、彼が提唱したことも「知っている」ことより「知っていることを成果に結びつけること」を強調しています。ところが、仕事をする上で、どんどん専門化・細分化が進み「知っているべきこと」が膨大になってくると、人間の頭では全てのことを知っていることができなくなってきます(少なくとも私程度では)。「知識を所有している..



posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック