時間の定期点検

★――――――――――――――――――――――――――
常に、生産的でない仕事がこの確保済みの時間を蚕食してはいないかと目を光らせなければならない。
時間の管理は継続的に行わなければならない。継続的に時間の記録をとり、定期的に仕事の整理をしなければならない。

P.F.ドラッガー 「経営者の条件」
――――――――――――――――――――――――――★


時間の使い方は見えない力によって非生産的な方向に引っ張られます。
どのように努力しようと、どのように習慣化しようと、その引力がなくなることはありません。

時間の使い方が改善され、生産性が向上すればするほど、1年前には生産的だった活動が退化し、足かせとなる場合が少なくありません。

これは望ましい姿でもあります。
それはあなたの進歩を表すものです。

しかし、それに気づかなければ害悪にしかなりません。

気づくためには、定期的に自分の時間の使い方を測定し、それを過去の基準ではなく、未来の基準において評価しなければなりません。

ドラッガー自信は毎年2回、過去の時間を振り返り、次の1年になされるべきことを検討していたそうです。




◆アマゾンで見る



ドラッカー名著集1 経営者の条件

◆楽天で見る


ドラッカー名著集(1)

ドラッカー名著集(1)
著者:ピーター・ファーディナンド・ドラッカー
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



EXCERPT:


posted by 管理人 at 04:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時間マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。