自分をマーケティングする



マーケティングの方法で結果が変わってくるのは、AKB48がすごく良い事例ですね。
最近ではあまり言われなくなりましたが、一時期ビジネス書のネタに使われるほど騒がれました。

AKB48 自体のプロデュースだけでなく、AKB総選挙などに見られるように、個人個人も自分をどのようにファンにアピールしていくのかという個人のマーケティングも上手/下手があるようです。

芸能界に限らず、サラリーマンにとっても非常に参考になることが多いです。

続きを読む
posted by 管理人 at 07:57 | Comment(0) | 交渉・会議・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学習する組織:「4.共有ビジョン」の考え方の基本



学習する組織』から、5つのディシプリン(構成要素)を引用してご紹介します。本日は第4回。

 前年度末に売上目標のため無理をした結果、今年度は期首から大幅な目標未達。
 マネジャーが「自分がやった方が速い」と仕事を抱え込む結果、部下が育たず悪循環。
 会議では有力者の発言ばかりが目立ち、それに疑問を示せる雰囲気ではない。

続きを読む
posted by 管理人 at 07:55 | Comment(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学習する組織:「3.メンタルモデル」の考え方の基本



学習する組織』から、5つのディシプリン(構成要素)を引用してご紹介します。本日は第3回。

 前年度末に売上目標のため無理をした結果、今年度は期首から大幅な目標未達。
 マネジャーが「自分がやった方が速い」と仕事を抱え込む結果、部下が育たず悪循環。
 会議では有力者の発言ばかりが目立ち、それに疑問を示せる雰囲気ではない。

続きを読む
posted by 管理人 at 07:49 | Comment(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学習する組織:「2.自己マスタリー」の考え方の基本



 前年度末に売上目標のため無理をした結果、今年度は期首から大幅な目標未達。
 マネジャーが「自分がやった方が速い」と仕事を抱え込む結果、部下が育たず悪循環。
 会議では有力者の発言ばかりが目立ち、それに疑問を示せる雰囲気ではない。

思い当たるフシがありませんか。

経営者だけでなく、すべての人は何らかの判断を下し続けています。ただその判断は、いま自分が認識できる状況の中で「正しいと思われる判断」に過ぎず、知識や見識が偏っているために、合理的な判断を下したつもりが不合理になっているということも少なくありません。

続きを読む
posted by 管理人 at 07:47 | Comment(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学習する組織:「1.システム思考」の考え方の基本



「学習する組織」とは、MIT(マサチューセッツ工科大学)の経営学者、ピーター・センゲが1990年に出版した「The Fifth Discipline」で提唱した考え方です。

日本では、1995年に邦訳が発行された『最強組織の法則―新時代のチームワークとは何か』を皮切りに何冊もの本が上梓されています。

続きを読む
posted by 管理人 at 07:45 | Comment(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目標は通過点、時間変化率を意識する



ビジネス書でよく「目的」と「目標」の違いについて説明されていますよね。私が気にしているだけなのかもしれませんが、見た目にこだわった説明では

 ・数字があるものが目標
 ・状態を説明したものが目的

みたいな説明がされていることが多いです。
もちろん、定義はこれだけではなく、

 目的=目指す理想の姿、成し遂げたいこと、やる理由

などいろいろありますが。


続きを読む
posted by 管理人 at 08:42 | Comment(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失敗の責任は自責・他責ではなくプロセス責任で考える



何かがうまく行かなかった時、その原因を自分以外のものとして報告するか、自分自身に責任があるのものとして報告するかによって、その人の評価が変わる場合があります。どのように報告するのがいいでしょうか?

これは結構悩ましい問題で、「自分に責任がある」と報告でもしようものなら、「じゃあお前は降格だ」とされてはたまりません。

続きを読む
posted by 管理人 at 08:27 | Comment(0) | 交渉・会議・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信用を失う人の8つの愚行



サラリーマンだけでなく、すべての人に必要なもののひとつが信用という他人からの評価。

これをなくすと、自分にどれほど能力があっても結果にはつながりません。そもそも結果につながる仕事がもらえなくなる。

ところが、この「信用」というやつ、抽象的で目に見えるものでもなく、他人の感覚から生まれるものなので、自分が直接的にコントロールすることができません。

続きを読む
posted by 管理人 at 08:25 | Comment(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上司のスケジュールは常にチェックしておく



いま、上司がどんなことをしているか知っていますか?

実際、上司の業務の一部が部下の業務なのだから、全く知らないということはないとは思いますが、全体像を知っている人は多分少数派。

仕事を部下の始点で見ると、自分の仕事なのだから上司は理解があって当然と思ってしまいますが、上司にとっては興味のあることの一部でしかないわけです。だからその状況を相談しようと思っても、ほかに優先順位の高い(興味のある)タスクがあれば上司は相手をしてくれない時もあります。

続きを読む
posted by 管理人 at 08:24 | Comment(0) | 時間マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先行者利益を保護してはいけない



「特許権」という概念が、ほぼどこの国にもあります。

これは、最初に苦労して何かを発明した人には、その苦労が報われるような利益がもたらされるべき、という概念なのだと考えていますが、仕事のやり方については、あまり認められていないみたいです。
※最近は「プロダクト・バイ・プロセス特許」とか「ビジネスモデル特許」とかも認められる傾向にあるみたいですが

続きを読む
posted by 管理人 at 08:17 | Comment(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする