先延ばしで失敗しないための作業分割法



あるボリュームの大きな仕事があると、それをいつやるかというのは重要な問題です。

 「これは大体4時間くらいかかるから、まとまった時間にやろう」

などと思ってしまうと、そんなまとまった時間は、1週間待っても取れません。

結果、ギリギリまで先延ばしする羽目になって、「もういまやらないと間に合わない」という状態になってから手を付け始めるという羽目になります。

先延ばしグセというのは、私はこういうパターンが多いです。


続きを読む
posted by 管理人 at 11:10 | Comment(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人を動かす:人の身になりなさい



巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。

本日の巨人 : ディール・カーネギー
本日のお言葉: 人の身になりなさい
お言葉の出典: 『人を動かす

自分はあくまでも自分であって、自分以外の人の痛みや立場が完全にわかることはありません。

それでも、人間の特性として他人の感情の動きや立場というものを想像することは出来ます。

続きを読む
posted by 管理人 at 11:09 | Comment(0) | 巨人たちの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分をブランディングする方法



自己啓発の有名な質問に

 「何によって覚えられたいか?」

というものがあります。ようは、自分を説明するときに、「こういう人間です」「こういうことが得意です」というわかりやすいキーワードみたいなものですね。


続きを読む
posted by 管理人 at 11:08 | Comment(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷ったら「やりなさい」



車の運転でいつもモットーにしている言葉があります。

 迷ったら止まれ

です。家族が運転するときにも「迷ったら止まれ」とよく言ってます。

車を運転していて、信号のある交差点で目の前で信号が黄色になったような場合、どうしますか?

私はなんとも思わなければそのままツッコミます。
逆、「あ、黄色になった!行けるかな?」と思ったら、ブレーキを踏むことにしています。

「?」マークが頭のなかに浮かんだ時点で、それは「止まるべき」と変換するようにしています。

続きを読む
posted by 管理人 at 09:11 | Comment(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミッションステートメントを作る



多くの自分磨き関連の書籍やセミナーで推奨されている方法のひとつに、ミッションステートメントと言うものがあります。
それぞれ使っている言葉は違うでしょうけど、ようするに自分が何をしたいのか、自分は何をすべきなのかを明確にしましょう、というやつです。

続きを読む
posted by 管理人 at 09:09 | Comment(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴールはあるけど、たどり着けないのがゴール




個人的な感覚ですが、「ゴール」という言葉にはすごく違和感があります。

仕事において、「ここまでやれば達成」というのは目標管理(MBO)においては大切な考え方なのですが、達成できたから「その話はそれでおしまい」になることはなくて、「その結果を使って次に何をするか」がさらに重要な気がしています。

続きを読む
posted by 管理人 at 09:07 | Comment(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まるでできたかのうように振る舞うと本当にできる



幾つかの書籍で、「難しい課題は、完成した姿を想像せよ」と書かれています。

もちろん、何かの課題に取り組むときには当然完成形をイメージしながら、それを分解したり具体的に言葉にしたりして、その活動プロセスを設計・計画を作るのが良いと考えています。

この方法論は、以下に書いています。

 ピクニックに行く

続きを読む
posted by 管理人 at 09:06 | Comment(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

断片を組み立てても問題は解決しない



なにかの問題に対して、その対策を説明するときなどによく使う方法は、ほとんどが

 扱いやすい大きさにまで分解する

というやり方を基本にしてます。

よく論理思考などで出てくる

 ・MECE
 ・ロジックツリー

などはその典型です。


続きを読む
posted by 管理人 at 06:48 | Comment(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学習する組織:「6.ディシプリン」の考え方の基本



 前年度末に売上目標のため無理をした結果、今年度は期首から大幅な目標未達。
 マネジャーが「自分がやった方が速い」と仕事を抱え込む結果、部下が育たず悪循環。
 会議では有力者の発言ばかりが目立ち、それに疑問を示せる雰囲気ではない。

思い当たるフシがありませんか。「学習する組織」のアプローチが役に立つかもしれません。

続きを読む
posted by 管理人 at 06:47 | Comment(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学習する組織:「5.チーム学習」の考え方の基本



 前年度末に売上目標のため無理をした結果、今年度は期首から大幅な目標未達。
 マネジャーが「自分がやった方が速い」と仕事を抱え込む結果、部下が育たず悪循環。
 会議では有力者の発言ばかりが目立ち、それに疑問を示せる雰囲気ではない。

思い当たるフシがありませんか。「学習する組織」のアプローチが役に立つかもしれません。

続きを読む
posted by 管理人 at 06:47 | Comment(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする