「なぜそう考えるのか?」を考える2



前回は、ちょっと難しい問題に「あっ」と驚く解決策が出せるようになるための考え方のお題

 坂道で渋滞しているときに、前の車がズルズル下ってきたらどうするか?

をお題にして、「内省」と「推論のはしご」についてご紹介しました。

今回はその解決編。


続きを読む
posted by 管理人 at 13:26 | Comment(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロジェクトを任されたら制約条件を探る



あなたが上司からなにかのプロジェクトの遂行を依頼されたとします。

まず何をしますか?

若いころよくやった失敗が、上司に

 「どういう作戦で臨みましょうか?」
 「どう進めますか?」
 「どういう方針で臨みますか?」

とかの聞き方。大体答えは決まってます。

 「それを考えるのがお前の仕事だろうが!」


続きを読む
posted by 管理人 at 09:21 | Comment(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スケジュールがないことが非効率のもと



もし「2週間後の3時から空いてますか?」と聞かれた時、なんと答えますか?

 「大丈夫だと思うよ」

だったらちょっと要注意かも。

作業予定にしろ、業務の計画にしろ、将来やるべきことが決まっていないというのは生産性をおとす原因です。

いまさら言うまでもないかもしれませんが、

 予定を立てて行動する
 その場でやることを考える

の2つでは、生産性が格段に違います。多くの人がそれを認識していながら、「この先の予定は決められない」と考えているということは自己矛盾です。

続きを読む
posted by 管理人 at 09:20 | Comment(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SUCCESsの法則



なにかの提案をしようとしたり、自分のアイディアを聞いてもらおうとするときには、SUCCESsの法則を知っておくと便利です。

たとえば、

 人間は脳の10%しか使っていない
 コーラを飲むと骨が溶ける

だれもが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。


続きを読む
posted by 管理人 at 09:30 | Comment(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先延ばしで失敗しないための作業分割法



あるボリュームの大きな仕事があると、それをいつやるかというのは重要な問題です。

 「これは大体4時間くらいかかるから、まとまった時間にやろう」

などと思ってしまうと、そんなまとまった時間は、1週間待っても取れません。

結果、ギリギリまで先延ばしする羽目になって、「もういまやらないと間に合わない」という状態になってから手を付け始めるという羽目になります。

先延ばしグセというのは、私はこういうパターンが多いです。


続きを読む
posted by 管理人 at 11:10 | Comment(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

断片を組み立てても問題は解決しない



なにかの問題に対して、その対策を説明するときなどによく使う方法は、ほとんどが

 扱いやすい大きさにまで分解する

というやり方を基本にしてます。

よく論理思考などで出てくる

 ・MECE
 ・ロジックツリー

などはその典型です。


続きを読む
posted by 管理人 at 06:48 | Comment(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文章の技術:正しい日本語を使うための8つのコツ



企画書、報告書、議事録などの業務用の文章で妙な日本語が使われていると読むのに苦労します。本来の趣旨に集中してもらうためには、基本的な日本語を正しく使うことです。

過去に、「この点が特筆される」「特筆に値する」とか、「拍車をかける」「拍車がかかる」、「違いは歴然としている」「役不足」などの用語を間違って使っている文章を見せられたことが何度かあります。

続きを読む
posted by 管理人 at 09:34 | Comment(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文章の技術:シンプルに書くための7つのポイント



文章を書くというのは、文盲でない限り当たり前に誰にでもできるのですが、人にわかりやすい文章をかけるかというと、結構技術力に差が出ます。

私の専門のひとつであるプログラミングでも、ひとによりコーディングの作業効率や性能が(文字通り)桁違いなプログラムができます。
過去の経験だと、今まで処理に数時間かかっていたプログラムを別の人が改定したら10分もかからなくなったとか、ザラにあります。

続きを読む
posted by 管理人 at 09:33 | Comment(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バカに見えてもいいから取り組んでみる



たとえば、何かの本を読んで、そこに書いてあったことを仕事で活用できるようになる人というのは、おそらく少数派です。
たいていの人は、実際にやってみて、いろんな失敗を繰り返しながら成長したり、スキルを身に着けてきたのではないでしょうか。

もちろん、失敗しないにこしたことはありません。
ただ普通の人にとっては、失敗は必要なプロセスなんですよね。残念ながら。

続きを読む
posted by 管理人 at 09:33 | Comment(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする