戦略的不機嫌さ




 笑顔は人間関係の潤滑剤

まぁ、この言葉そのものではなくとも、こういうたぐいの話を聞かれた方も多いかと思います。

もちろん、これを否定するようなことはなく、まったく仰るとおりだとは思うのですが、いつも笑顔でいたほうがいいかというと、個人的にはちょっと疑問符。

たとえば、なにかをお願いしようとしてある人のところに行ったところが、

 「やあ、○○さん。今日もいい天気だね!」

って言われた時と、

 (眉間にしわを寄せて)「……(ブスッ)………。何か用?」


続きを読む
posted by 管理人 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポジティブな言葉を選んで使えるようになる



「ポジティブな発言をする人とネガティブな発言をする人、どちらが好ましいと考えるか?」と面と向かって聞かれれば、多分「ポジティブ」を選ぶ人がほとんどでしょう。

でも、「自分がポジティブな発言をしているか」と聞かれると、はなはだ心もとないし、いつもネガティブな発言をする人というのも組織の中には一定割合いることを考えると、「ポジティブ」に発言することの重要性を理解していない、というかそもそも「ポジティブ」であることと、リスクを考えることが区別できていない人も結構いるんじゃないかと思ったりします。

続きを読む
posted by 管理人 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相手から信頼を得る方法




仕事をする上で、どうしても避けて通れないものが、人間関係です。
結局、仕事をやりやすくするのも、会社に行きたくなくなるのも人間関係

この人間関係における相互の信頼感みたいなものを作るにはどうすればいいでしょうか。
実は大したことはなかったりします。


続きを読む
posted by 管理人 at 10:13 | Comment(0) | 心理技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポットライト効果で集中力をあげる



なにかに集中し続けたいときに、ちょっとした道具を使うと集中力が上がります。

その道具は何かというと、カーテンとデスクライトです。


続きを読む
posted by 管理人 at 06:53 | Comment(0) | 心理技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記憶の距離感をコントロールする




嫌なことがあると、一人になったときだったり、寝ようとしてウトウトし始めたときに、ふいにそれがフラッシュバックして、寝付けなくことがよくありました。

おかげで、ウツなどというありがたくないトラブルをもらいまして会社を長期休みしたのですが…。
続きを読む
posted by 管理人 at 07:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

影響力の武器:論理的な判断は冷静な頭脳から


自分の結論と同じ結論になるように他人を誘導する方法に、「相手の感情を揺さぶる」という方法があります。結構よく使われる技法なので覚えておくと引っかからずに済むかも。

続きを読む
posted by 管理人 at 05:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

限定と希少価値の心理法則




人に物を頼むときに、「××やっといて!」で済めばお手軽でいいですが、実際世の中そこまで自分に都合よく動いてくれません。頼みごとは後回しにして希少価値効果を高める方法をとると良い結果が得られます。

■商売のコツ

インターネットの EC サイトにかぎらず、実際の場面でも「限定××個!」とか「今日限り!」「他の人には言わないでくださいね!」とか言う売り文句を見かけますよね。これが購買をあおる心理テクニックとわかっていても、つい「買おうか…」と考えてしまいます。

人に何かを頼むときにもこの心理テクニックは使えます。

■希少価値を訴える

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●希少価値を強調してイエスと言わせる
                 説得の技法「限定・希少価値効果

八百屋さんの店頭で「奥さん、これ、すごくおいしいのに、まだ 4 個も残っちゃってるの。買ってってよ」などとお願いされても、聞き流してしまうでしょう。しかし、「奥さん、このリンゴ、評判よくて、もうあと 4 個限りだよ!」などと呼びかけられると、この際買っておこうかな―となります。

限定されたり、希少性をアピールされると、注目度が増し、心が動かされます。

アーケードを歩いている時に、突然「さあ、ただいまから 10 分間限り! 2000 円のアクセサリーがどれでも 1000 円!」などと呼びかけられると、ついついワゴンに引き寄せられます。

いま買わないと、損するような気にさせられるからです。

衝動買いを呼ぶのに、もってこいのセールストークなのです。チャンスを逃したくないという心理に火をつけます。心理学で「限定テクニック」「希少価値効果」と呼ばれる現象です。

相手を説得する時にはよく使われます。

 「これは、きみにしかできない仕事だ」
 「きみだからこそ頼めることだよ」

「きみならでは」という希少性を持ち出されると、高く評価されていると錯覚して、うっかりイエスと言ってしまいます。

 「行動力のある、きみだから」
 「きみこそ適任」
 「きみだけが頼り]

こんな口説き文句で、拒否されそうな仕事は、どんどん押しつけられるから便利です。
誰だって、おだてられて悪い気はしないからです。たってのお願いと頼られれば弱いのです。

神岡真司(著) 『思い通りに人をあやつる101の心理テクニック
―――――――――――――――――――――★


以前にアニメ(「ヤッターマン」)で

 ブタもおだてりゃ木に登る

なんてことを言ってましたが、まさにその通り。

■仕事の依頼は後回しで

ただ、実際の場面では、上司が「これは、きみにしかできない仕事だ」みたいにいきなり言えば、ちょっとスレた人なら、まず身構えます。まあ上司に「オマエがやれ」と言われた以上、「イヤです」とはいえない場面が多いので、最終的には引き受けざるをえないのですが…。

上司が話しかけてきた時点で、もう勘付かれているかもしれませんね。

私は部下にプラスアルファの仕事を出すときには、その仕事に必要なスキル(全てではなく、キーになりそうな一部だけ)を考えて、そのスキルを持った部下に、

 「あなたの持っている××というスキルは相対優位にある」

ということをまず説明するようにしています。

相対優位については

 褒め方の3パターン

をご参照ください。

その上で、「××のような課題がある」と説明するようにしています。
「これを解決する上で、そのスキルは大切なスキルである」というふうな流れで。

これが有効なのか、単に上司から言われたからなのかはわかりませんが、いきなり「これは君だから頼むんだけど…」と仕事を振るよりはいいかな、と思ってたりします。
結構自己満足の世界かも、ですが。

仕事の依頼だけで済めば簡単なのですが、それは一旦後回しにして、まずはその人の優位性を褒めるというのは、相手に自己重要感を与えるという意味でも、注意して使いたい方法ですね。





■参考図書 『思い通りに人をあやつる101の心理テクニック

▼どうしたら思うように相手を動かすことができるのか? 本書に関心を寄せていただいた読者の方は おおむね次のような不満を抱えているのではないでしょうか? ――どうしたら、部下が自分の思うように仕事をしてくれるのか? ――どうしたら、苦手な上司や取引先をラクラク攻略できるのか? ――どうしたら、気になるあの人に振り向いてもらえるのか? ――どうしたら、営業のクロージングでNOをYESに変えられるのか? などなど・・・ 「いったいどうしたら、相手を動かすことができるのか! ?」 人を自由にあやつることができれば、 私やあなたの毎日は楽になることでしょう。 しかし、そう簡単にはいかないのが現実です。 人生の成功者たちは「コミュニケーションの巧拙」が 地位や年収に結びついていることを、体験的に知っています。 人間同士で構成されるのが人間社会です。 人間心理を制するものが人生を制するのです。 ▼即効性の高い実践心理テクニックを101本収録! 相手を「動かす」「あやつる」という行為は けっして相手を「だます」ということではありません。 自分も相手も、狙った方向に気持ちよく向かわせ、誘導する。 そんな魔法のような心理技術が、この世には存在するのです。 そこで本書は冒頭に掲げたような不満を解消する心理技術を 厳選して計101本取り上げました。 心理学で検証・確立された理論をベースにした きわめて実践的で即効性の高い心理テクニックです。 ※決して悪用しないようにしてください。 ぜひ、ご一読いただき、すぐにでも実践すれば その効果のほどをたちまち実感されることと、保証いたします。 この101のテクニックを駆使しさえすれば 思うようにならないさまざまな人間関係のイライラから解放されます! ↓特設Facebookページへお越しください http://www.facebook.com/shinri101




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック
著者 :神岡真司

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック
検索 :最安値検索
DMMでは見つかりませんでした



●本書を引用した記事
 不意打ちでYESと言わせる方法
 一拍おいてから話し始める
 反発心を利用して他人を操る方法
 褒めるのは難しいけど教えてもらうのは簡単
 ランチョン・テクニックで和やかに議論する
 部下の行動を改めさせる恫喝と一罰百戒
 インパクトのある情報の出し方―認知的不協和を利用する
 決定権限者の趣味・嗜好を検討する
 他人に操られないためのルール
 一貫性を持たないように意識する
 他者と違う行動を恐れてはいけないが慎重にやりなさい
 行動原理を知ると人の行動が読める
 ボディランゲージを聞く
 サインに気をつける
 感情的になる相手に対応する方法
 思い通りに人をあやつる101の心理テクニック
 人間がつくウソの種類
 苦手な人にスムーズにアプローチする方法
 思い通りに人をあやつる101の心理テクニック

●このテーマの関連図書


相手を自在に操るブラック心理術(日文新書) 4894519437





■同じテーマの記事

お世辞も言わねばサラリーマンは務まらない

お世辞やゴマすりが人間組織の歴史からなくならないのは、それが効果があるからです。「お世辞で上司に取り入る」というとなんだか聞こえが悪いですが、上司にうまく取り入っていかないとサラリーマンとしては仕事が続けにくいです。上司に嫌われて、仕事がうまく行かなくなったという例は、枚挙にいとまがないですが、上司に好かれて仕事がしにくくなる、というのはたぶんそうそうありません(よほど持っているスキルとかけ離れた仕事を割り当てられない限り)。..

メモしてみせる

私の会社では、打ち合わせの時にノートPCを持ってくるか何も持ってこない人が 3:2 くらいの割合です。メモ帳や手帳を持ってくる人はごく少数派。だいたい半分強の人がノートPCを持ってきて、打ち合わせ中に何やらマウスでカチカチしていたり、何かを打ち込んでいたり(何をしているかはなるべく気にしないようにしています)。で残り半分弱の人は、ただ発言をして、終わったら帰っていくだけ。何も残さないみたい。※もちろん、会議中一言も発しない人もいます。一..

他者と違う行動を恐れてはいけないが慎重にやりなさい

仕事で使える心理術の3大キーワードが本書『他人を支配する黒すぎる心理術』の短い文章に書かれてます。・返報性の原理・一貫性の原理・社会的証明の原理この3つです。この3つが理解できていれば、よほど難しい交渉でもない限り、交渉を優位に進めることができます。他者と違う行動をすることを恐れない「返報性の原理」「一貫性の原理」のほかに、もうひとつ「いい人と思われたい」という人の意識を..

自分より職位が上の人を驚かせてはいけない

自分の上司だったり、更にその上の人だけでなく、自分より職位が上の人の協力が得られないと仕事は順調に進みません。「協力を得る」ことの前にかならずやっておかないといけないのが、職位が上の人に対する根回しです。驚かせてはいけない何かの会議で、自分の所見を発表したり、プロジェクトの進捗状況を報告したりすることがあると思います。その時に、決済者だけでなく管理職、とくに発表者である自分より職位が上の人が「え!?そうだったの!?」みたいな反..

人を動かす:相手の心のなかに強い欲求を起させること

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ウイリアム・ウインター(デール・カーネギー)本日のお言葉:自己主張は人間の重要な欲求のひとつであるお言葉の出典:『人を動かす』人は自己主張をしたいほぼすべての人には、「自己重要感」という欲求があります。ようは自分が重要人物でありたいという欲求です。そのために人は自己主張をします。ダッチマンという電話技師で、同じくわたしの..

人を動かす:他人の長所を探しなさい2

前回、「お世辞」のカーネギーの定義についてご紹介しました。要点は「相手の自己評価にぴったりな言葉を言ってあげること」です。ちょっとだけ、お世辞についてのイメージが変わったのではないでしょうか。本日は、『人を動かす』の第2章の最後の部分をご紹介します。人間は、何か問題があってそれに心を奪われているとき以外は、たいてい、自分のことばかり考えて暮らしている。そこで、しばらく自..

人を動かす:他人の長所を探しなさい1

ほとんどの人は、「自分が重要人物でありたい」という願望を持っています。『人を動かす』では、「自己重要感」という言葉でかなりのボリュームを使って繰り返し説明しています。前回の人を動かす:チャールズ・シュワップの給料を決めたたったひとつの技術では、シュワップの逸話をご紹介しましたが、今日はその続きで、「お世辞」についてのくだりをご紹介します。もちろん、お世辞は、分別のある人..

人を動かす:チャールズ・シュワップの給料を決めたたったひとつの技術

ディール・カーネギーの『人を動かす』から、チャールズ・シュワップが高給取りになれたたったひとつの特技をお送りします。週給五十ドルが、かなりの高給とされていた時代に、年俸百万ドル以上の給料を取った数少ない実業家のひとりに、チャールズ・シュワップがいる。シュワッブは、1921年に U・S・スチール社が設立されたとき、アンドルー・カーネギーが社長にむか..

人を動かす:人の8つの欲求を満たす

人にはいろいろな欲求があります。人を動かそうとするとき、この欲求を満たして上げる事で、人を動かすことができるようになります。マネージャやリーダーとして、部下やメンバーに気持よく動いてもらうためによく言われる方法は、褒めることだそうですが、実際にほめても「のれんに腕押し」なひともいます。でもそういう人でも同様に欲求は持っているので、その人にあった「欲求の満たし方」をしてあげないといけませんね。過去記事でも「マズローの欲求5段階説..

感情的になる相手に対応する方法

すぐに感情的になる人あなたの職場に、すぐに怒り出したり、愚痴を言い出したりと感情がすぐに出る人っていませんか。こういう人に何かを依頼したり、一緒に何かを検討するのはすごくホネが折れるのですが、それが担当者であったり問題の当事者であったりすれば避けるわけにも行きません。こんな時の対応方法が『思い通りに人をあやつる101の心理テクニック (フォレスト2545新書)』に書いてありました。..

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック

参考図書『思い通りに人をあやつる101の心理テクニック』書名:思い通りに人をあやつる101の心理テクニック (フォレスト2545新書)著者:神岡真司内容を紹介した記事感情的になる相手に対応する方法怒っている人に「冷静になりなさい」といっても多くの場合は無駄です。受け売りですが、心理学的に見れば、その人の自己重要感を満足させてあげることが効果的です。自己重要感を満足させる一言とは……続きを読む…苦手な人にスム..



posted by 管理人 at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

影響力の武器:冷静さを失わせることで自分の意見を通す方法




どうも自分に分がないような流れのときに、一発逆転をする方法として、相手に冷静さを失わせることで、自分に有利な結論を持っていくという方法があります。

まあ、こんなテクニックは使わずに、みんなで冷静に考えて、あるいは積極的に合意が取れるのが一番なのですが、知らないより知っていたほうがいい、ということでご紹介します。


続きを読む
posted by 管理人 at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インパクトのある情報の出し方―認知的不協和を利用する


いろいろな資料を見ていると、「おっ!?」と目にとまる資料があります。
どんな良い提案をしようと、その提案を聞いてもらわなければ、意味がありません。

見た人が多くの提案書やメールの中で、その提案書を読んでみようと思えるためには、インパクトのある表題やメッセージが必要です。

続きを読む
posted by 管理人 at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パーソナルスペースを活用する




心理学で言うところの「パーソナルスペース」というのは、相手との物理的な距離によって、快不快を感じる距離感のことです。

単純に言えば、両手を広げて届く範囲というのは、相手から攻撃されても避けられないわけで、相手を信頼していないと不快(というか恐怖)に感じます。

これを文化人類学者、エドワード・ポールは以下のように分類しています。

★――――――――――――――――――――――――――
・密接距離
 ごく親しい人に許される空間。
 近接相(0〜15cm)
  抱きしめられる距離。
 遠方相(15〜45cm)
  頭や腰、脚が簡単に触れ合うことはないが、手で相手に触れるくらいの距離。

・個体距離
 相手の表情が読み取れる空間。
 近接相(45〜75cm)
  相手を捕まえられる距離。
 遠方相(75〜120cm)
  両方が手を伸ばせば指先が触れあうことができる距離。

・社会距離
 相手に手は届きづらいが、容易に会話ができる空間。
 近接相(1.2〜2m)
  知らない人同士が会話をしたり、商談をする場合に用いられる距離。
 遠方相(2〜3.5m)
  公式な商談で用いられる距離。

・公共距離
 複数の相手が見渡せる空間。
 近接相(3.5〜7m)
  2者の関係が個人的なものではなく、講演者と聴衆と言うような場合の距離。
 遠方相(7m以上)
  一般人が社会的な要職にある人物と面会するような場合におかれる距離。

出典:Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9
――――――――――――――――――――――――――★


また、この距離は真円ではなく、いびつな形をしています。たとえば、利き腕の側はやや距離が眺めになり、反対側は近くなります。これは、人が自分に近づいてきた時にどの程度で圧迫を感じるかで何となく分かるのではないでしょうか。

逆に言うと、この距離感を逆手に取って、相手に安心感を与えたり、圧迫したりできます。

上司と部下が面談をするときに、机を挟んで向かい合うよりも、横に座って話すほうがいいと言われることの理由のひとつです(主な理由は、正面に座られると目線がぶつかって敵対的な心理状態になるから)。

逆に言えば、部下をしかりたい時には、正面に座ったほうが圧迫感があるということです。
一律に横に座ればいいというものではありません。

当然、顔の位置が上にあるか下にあるかによっても変わるので、相手を座らせて自分が立って話をするようなシチュエーションを作ると、影響力が変わります。

どういう距離・どういう位置取りだと、相手に自分の期待する効果が出せるのかについては、ブログ記事程度では説明しきれないので、心理学の本を読んでください。私は、以下の本が大変参考になりました(その他に類似の本も多く読んでますが、特に)。

具体的なシチュエーションがわかりやすく説明してあり、私程度でも現実場面に適用することが出来る程度に噛み砕かれてましたので、多くの人に役に立つと思います。

 内藤誼人(著)      『パワープレイ
 デイブ・ラクハニ(著)  『説得の心理技術―欲しい結果が手に入る「影響力」の作り方

また、詳細については機会があれば(思い出したら)紹介します。





■参考図書 『説得の心理技術―欲しい結果が手に入る「影響力」の作り方

本書はあなたがこれまでに読んできた説得術、営業販売術、交渉術に関する本とは別物で、あらゆる点が大きく異なっています。本書の狙いは、人が決断を下す理由を科学的に分析することではないし、人を変えるための方法論を紹介することでもありません。本書の狙いは唯一「時間をかけずにどうやって説得するか」という一点に絞ってその方法を具体的に解説しています。

ただし、気をつけてください…

それは「説得」か?それとも「操作」か? 決断を下せるのはあなただけです…

 この説得の方程式は彼のセミナーの参加者からは「危険かつ素晴らしい」という評価をされています。説得の方程式は極めてシンプルかつ絶大な効果があり、あなたの日常生活やビジネスの現場ですぐに使うことができます。この点が「素晴らしい」と評価される理由です。

本書は一般のビジネス書と比べるとかなり高価です。それだけ価値がある本です。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

説得の心理技術―欲しい結果が手に入る「影響力」の作り方
著者 :デイブ・ラクハニ
楽天では見つかりませんでしたDMMでは見つかりませんでした



●このテーマの関連図書


クロージングの心理技術21お客を決断させるセールスの化学

顧客心理を動かす11のプレゼン技術

脳科学マーケティング100の心理技術―顧客の購買欲求を生み出す脳と心の科学

現代広告の心理技術101―お客が買わずにいられなくなる心のカラクリとは

自分を高く売る技術〜なぜ「値上げ」をしてもお客さまが離れないのか?

トライブ―人を動かす5つの原則






■参考図書 『パワープレイ

相手を知らぬ間に操れる悪魔的な心理術がある! 欧米ですでに多く活用されている話題の対人テクニック「パワープレイ」を、具体的な利用法とともに解説。ありとあらゆる「交渉」で勝利するためのテクニックを詰め込んだ、イラスト満載の最強心理バイブル。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

パワープレイ
著者 :内藤誼人

パワープレイ
検索 :最安値検索

パワープレイ
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 しぐさで会話をコントロールする方法
 お世辞も言わねばサラリーマンは務まらない
 プレゼンの原稿は作っても読んではいけない
 ビジネス心理術辞典
 ビジネス心理術辞典
 パーソナルスペースを活用する
 話しぶりから相手の心理を判断する方法
 イメージトレーニングで収入アップ?

●このテーマの関連図書


パワーマインド自分を高め交渉に勝つ悪魔の心理術(ソフトバンク文庫)

パワーロジック:論理の鎖で相手をつかむ無敵の説得術(ソフトバンク文庫)

「心理戦」で絶対に負けない本(文庫)敵を見抜く・引き込む・操るテクニック

軽く扱われない話し方(だいわ文庫)

人は暗示で9割動く!(だいわ文庫)

「心理戦」で絶対に負けない本実戦編(文庫)





■同じテーマの記事

宴会の席では上司の隣りに座る

部門やグループで飲みに行くことがありますよね。その時、どこに座りますか?通常は、職場で一番親しい人の近くに席を取るのではないかとおもいますが、ここはひとつちょっと気張って上司の隣りに座るようにしてはいかがでしょうか。『話しかけなくてもいい会話術』に書いてあったのですが、簡単に書くと話しかけられたい人の左隣りがいいそうです。..

パーソナルスペースを活用する

心理学で言うところの「パーソナルスペース」というのは、相手との物理的な距離によって、快不快を感じる距離感のことです。単純に言えば、両手を広げて届く範囲というのは、相手から攻撃されても避けられないわけで、相手を信頼していないと不快(というか恐怖)に感じます。これを文化人類学者、エドワード・ポールは以下のように分類しています。・密接距離ごく親しい人に許される空間。近接相(0〜..

人を動かす:名前を覚える努力をする

私は、人の名前を覚えるのがあまり得意ではありません。なので、過去記事でも書きましたが、初めて合う人の名前を連呼する中途面接の印象を良くするコツ:面接官の名前を覚えなさい忘れた名前のごまかし方など、名前の覚え方には結構関心を持っています。本日は、名著『人を動かす』にかかれていた名前の覚え方に関する記載のご紹介。Pたいていの人は、他人の名前をあまりよく覚えないものだ。いそがしくて、覚え..

イメージトレーニングで収入アップ?

ある調査によると、イメージ力が高い人ほど収入が高いそうです。直接的な相関はないのかもしれませんが、ゴールを具体的に想像することができれば、それを実現できる可能性が高くなり、その結果実績をのこすことにつながって評価が上がり、昇進をして給料が高くなる、ということらしいです。カナダのコンコールディア大学で心理学を教えるダニ工ル・ バーツとブレンタ・マクドナルドは、イメージする能力と収入の関..

しぐさで会話をコントロールする方法

だれかと話しているときに無意識にやった仕草が実は特定の意味を持って相手に伝わっている事があります。「ノンバーバルコミュニケーション」というのですが、これをうまく使うとこちらの都合を相手に気づかせることが出来ます。時計をちらちら見るよくあるパターンが、「時計をちらちら見る」っていうやつ。何か時間を気にしていて、「はやく話を切り上げろ」というメッセージが伝わりますよね。同じような仕草にはこんなものがあるそうです。..

お世辞も言わねばサラリーマンは務まらない

お世辞やゴマすりが人間組織の歴史からなくならないのは、それが効果があるからです。「お世辞で上司に取り入る」というとなんだか聞こえが悪いですが、上司にうまく取り入っていかないとサラリーマンとしては仕事が続けにくいです。上司に嫌われて、仕事がうまく行かなくなったという例は、枚挙にいとまがないですが、上司に好かれて仕事がしにくくなる、というのはたぶんそうそうありません(よほど持っているスキルとかけ離れた仕事を割り当てられない限り)。..



posted by 管理人 at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする