個人と組織のパフォーマンスを上げる「Want」のチカラ




前向きになれない仕事って、まぁ結構ありますよね。でも、「勤め人は辛いよ…」とか言いながらやってませんか?

「仕事なんだから〜」っていうセリフ、勤め人だけではなく自営業の方も言ったり聴いたりしてきた経験が何度もあると思います。でも、いまいち納得感がないんですよね、それ。




■やりたくない仕事で120%の目標ができるか


前向きになれない仕事をどんなにやったとしても、実は大して評価されないんですよ。

仕事は仕事。できて当たり前です。できなければ評価を下げられます。
評価が上がるのは、仕事を出した人の期待を上回る結果を出したときです。

ということは、高く評価してもらうためには、求められる以上の仕事をしないといけないのですが、「やりたくないなぁ」と思っていると、いいアイディアとかもっと良くする方法なんて思い浮かばないです。

よく言われる

 "Have To" ではなく "Want To" で仕事をしろ

と言われますが、どうしても "Want" にならないときもあります。




★P121〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●「have to」で組織力もダウンする
あなたの職場の人たちを思い浮かべてみてくたさい。「やらされ感」と我慢で毎日働いている人が少なくないのではないでしょうか。

その人たちの嘘の中を想像してみてくたさい

 「人生とは我慢の連続た」
 「やりたくないことをやってこそ、幸抱を覚えてこそ・人間は成長できるのた」
 「大人とはそういうものた」

そんな考え方が常識。となっていて、あなたも上司からそんなセリフを言われたことがあるかもしれません。
しかし、本当にそうでしようか?

やリたくないことをやって、人聞は成長できるのでしようか。

「成長」の定義によって答えは異なるところですが、「その人の沿在能力を最大限に発していく過程が成長である」と考えるなら、「やりたくないことをやって成長できる」なんて大ウソです。強制的勦機でパフォーマンスを上げられないのは先ほど見たとおり。

「人間は我慢で成長する」というセリフをあなたに言う人がいたら、その人自身がやリたくないことをやって人生の大半を浪費してきたからです。自分の我慢だらけの人生のモノサシを、あなたに強制しているだけです。

苫米地英人(著) 『「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!
――――――――――――――――――――――――――――★


■それをやらない選択肢


「やりたくないなぁ」と思ったら、まず、「やらなくて済む選択肢」を考えましょう。

単純な手は、「断る」です。
多くの人が、上司から言われた仕事は「やらないといけない」と思い込んでいる人が多いようですが、実は断っても問題にはなりません。その仕事を任されたのは上司なのであって、あなたではないのですから。

自分は、一度何でもかんでも引き受けて、メンタルをやられました。その経験を通じて、「依頼仕事を断る」という選択に気が付きました。頼まれても「できません」と言っても大したことはなかったんです。もちろん、私という環境があったからこそなのかもしれませんが。

ただ、少なくとも上司になるということは複数人の部下を持っていたり、政治力を持っていないと上司という仕事はできません。つまり、単純に部下にやらせるのではなく、それを分割して色んな人にやらせたり、やらなくて済むような交渉をする能力があるということです。その能力を使わずに、単純に部下に投げるのを丸投げと言います。丸投げしかできない上司には、相応の結果が待っているだけです。部下が心配してやるようなことじゃありません。

 「できません」「お断りです」とはっきり言いましょう。

■組織としてパフォーマンスを上げていくには


組織の問題でも同じです。

仕事の指示をする上司が、「やりたくない」と思っている仕事は、顔に出ます。そうすると組織もそういう雰囲気に包まれます。組織全体で「やりたくない」オーラが出るんですよ。

そうすると、本書『「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!』に書いてあるのと同じことが起きます。組織のパフォーマンスが上がらないんです。

パフォーマンスを上げたいなら、組織全体で「やりたい」と思える状況を作ることです。

そのために、「この仕事はこんな未来が待っている」と手を変え品を変えてみんなに話しましょう。

ただし、人によって響く言葉が違うので、同じ説明をするのではなく、仕事を別の言葉で説明してみてください。組織の雰囲気がきっと良くなりますよ。

一つの仕事を以下のような言葉を使って説明してみてください。
きっとそれに響いてくれる部下がいます。全部を使えば、全部の部下に響いてくれるはずです。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●行動にスイッチが入る言葉リスト
惹きつける、魅了する、達成する、実現する、到達する、
追加する、完了する、終了する、やり遂げる、やり終える、
やり抜く、完成する、終了する、叶える、積み重ねる、終わる、
断つ、ゴールする、決定する、決断する、変わる、変化する、
気づく、決める、取る、獲得する、奪う、身につける、
始める、帰る、辞める、やめる、手放す、捨てる、決意する、
覚悟する、実行する、遂行する超える、超越する、ふさわしくなる、
なじむ、試す、選択する、選ぶ、イメージする

谷口貴彦(著) 『ザ・コーチ - 最高の自分に出会える「目標の達人ノート」
――――――――――――――――――――――――――――★


まぁ当然、上司自身が「やりたい」と思うことが最初ですが。

そのためには、上司がやりたい仕事をもらってこれるような活動が必要です。それが実を結べば、組織のパフォーマンスは格段に良くなります。雰囲気もね。

ここらは長くなっちゃったのでまた今度。
過去の記事でもいろいろ紹介したので、そちらも参考に。





■参考図書 『ザ・コーチ - 最高の自分に出会える「目標の達人ノート」





Unlimitedゼロ円Unlimited無料
あなたの中にある無限の可能性は、目覚める時をずっと待っています。

ある日突然、未来の自分が変わり出す!感動のコーチング・サクセスストーリー

主人公の星野(36歳)は住宅メーカー営業部の万年係長。人柄もよくそれなりに人望もあるのだが、肝心の販売成績がなかなかふるわない。ある日、期待を寄せていたお客に逃げられた星野は、むしゃくしゃした気持ちを静めるために、いつもの公園に出かけた。そこに偶然現れたのは、どこか見覚えのある一人の老紳士だった……。

「目標を持ちなさい」
「目標を達成するようにがんばれ」
ビジネスの世界はもちろん、子ども時代に、何かと先生や部活の先輩に言われたこの「目標」という言葉の真の意味を、正確に知っている人は、果たしてどのくらいいるでしょう?
一度立てた目標は必ず達成しなければならない──そういう目標の呪縛から解き放たれた時、主人公の星野の未来は、突然動き出し、うつうつとしていた日常が、わくわくする毎日に変わり始めて行きます。

「ゴールを設定するということは、最高の自分になると決めること」
「夢は、誰かと比較して優劣を決めるものではありません」
「私たちは普段、世界をすべて見ているようで、実は何も見えてはいない」
「選択と決断の時こそ、人の運命が動き出す時」
「私たちは自分の言葉に洗脳される動物なのです。ならば──」
「あなたが本当に心から望んでいる未来は、あなたの手によって必ず叶えられます」

今の仕事やポジションに満足していない人、「今の仕事、本当は自分に向いていないかも」と思っている人、将来の夢と現状の自分にギャップを感じている人、そして、将来の自分の姿が描けなかったり、夢があってもその実現方法がわからないすべての人に贈る、今まで知らなかった自分と出会うための生き方革命の本。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

ザ・コーチ - 最高の自分に出会える「目標の達人ノート」
著者 :谷口貴彦
楽天では見つかりませんでした
ザ・コーチ - 最高の自分に出会える「目標の達人ノート」
検索 :商品検索する



●このテーマの関連図書


神様からのギフト―ザ・コーチ2

目標達成の神業~No.1プロコーチのセッションブック~

この1冊ですべてわかる新版コーチングの基本

セルフコーチング~あなた自身を「最高の自分」へと導くために~

価値ある自分に出会う20の質問「自分ダイヤモンド」の見つけ方

コーチング・バイブル―本質的な変化を呼び起こすコミュニケーション(BESTSOLUTION)






■参考図書 『「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!




頭のゴミの掃除を始めよう。ゴミが出ない頭になって、澄み渡った心境、クリアな一瞬で物事を理解できる頭脳で生きて行こう。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!
著者 :苫米地英人
楽天では見つかりませんでした
「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 楽しさは副産物、目標とは切り分けて考える
 時間は未来から過去に流れている
 「〜ねばならない」は刷り込み

●このテーマの関連図書


苫米地英人コレクション3「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

「言葉」があなたの人生を決める

コンフォートゾーンの作り方聴くだけで目標達成できる!CD付〜図解TPIEプログラム〜

「イヤな気持ち」を消す技術

いい習慣が脳を変える健康・仕事・お金・IQすべて手に入る!

超悟り入門





■同じテーマの記事

筋トレはメンタルバロメータ

一度メンタルをやられると、もうそういうことがないようにかなり防衛的になります。ちょっと忙しいなと思ったら仕事量をセーブしたり、「それはできません」ってはっきり断るようになったり。ただ、気分の波とメンタルの状況ハンダっていうのは正しく見ようとすると結構難しいものです。「メンタル障害に注意しましょう」的なことは多くの会社では注意していることではあると思いますが、一般に会社が見ているのは、残業時間。でも残業時間が多いか少ないかで単純に..

ネットサーフィン記録

よくこの記事でもご紹介するのですが、私はちょっと何か調べ物をするときに、関連する用語や現在の動向を調べるためにインターネットを使用します。おそらく最近は、あなたも辞書をひくとか辞典を開くということが少なくなったのではないでしょうか。同じ調べ物を何度もする先週フリック入力練習で、スマホやタブレットPCの入力練習ソフトをご紹介しましたが、こういうのは意外と時間がかかります。探す→よさげなアプリを見つける→ネットで評判を見る→使ってみる..

スイッチの入る言葉を使う

ちょっと気合が入ることばってありますよね。まぁ、「気合が入る」までいかなくても、自分が気持ち良いと感じる言葉とか、前向きになる言葉とか。それは人によって結構違います。聞くだけでうんざりする言葉でも、他の人にとっては、前向きになれるとか。上司になると、相手がどんな言葉なら反応するのかを様子を見ながら使い分けないといけません。行動にスイッチが入る言葉リストコーチングやマネジメントで、相手の価値観を知るっているのはすごく..

ドラッカー:リーダーシップ力診断

本日は、『まんがと図解でわかるドラッカー リーダーシップ論』から、ドラッカー流リーダー力診断をご紹介します。以下のリストにある項目に、そう思うなら「はい」、そうでないと思うなら「いいえ」で答え、「はい」の数を数えてみてください。・リーダーは、自分の得意分野に優秀な人材を集めることで組織に「強み」を作るべきである・リーダーは意思決定を下したら、あとは全て現場に任せること。役..

長期課題マット

もうすぐ10月ですね。仕事の年度区切りで言うと、1年の半分です。上期・下期で分かれている人は、上期の実績面談が迫っているというばあいも多いと思います。ちなみにウチの会社でも、上期実績面談の季節がやって来ました。計画通り進んでいる人やら、目の前の問題ばかりに気を取られていてまったく進んでない人やら、いろいろ。長期課題というのは、つい後に回されがちですが(結果が出るのが遅いので)、これが社員の評価の基本です。本日は、長期課題を忘れないようにするヒント。明日で..

ポイントは3つあります

認知心理学において、3という数字は人間が理解できる非常にいい数字だそうです。長々とした資料や、数ページにも及ぶリスト。作成者の努力と根性が現れたような資料ですね。でもボツです。私は、人に何か説明するときには、これを最初に言うように意識してます。「ポイント(理由/課題/メリット)は3つあります」3つのポイント要点を少ない数で説明できるというのは、考えが整理されていることを表しています。そして、それを聞く人にとっては、短時間で全体像を聞かせてもらえるとい..




posted by 管理人 at 11:46 | Comment(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: