DIPSとは何か1:概要




私の仕事のやりかたの基本は GTD と DIPS から勉強しました。GTD は多くの情報がありますが、それに比べると DIPS はちょっと情報が少ないみたいです。

DIPS の参考図書としては、

 『知的生産性向上システムDIPS(ディップス)
 『DIPSとは何か―知的生産性向上システムの全ノウハウ

の2冊を読めばわかると思いますが、本記事では『DIPSとは何か―知的生産性向上システムの全ノウハウ』のキーポイントをご紹介します。




■DIPSとは何か


本書は、DIPS の個々のテクニックについてまとめた書籍です。

DIPS について最初に書かれた書籍は『知的生産性向上システムDIPS(ディップス)』でしたが、こちらは全体像や効果について記載されたもので、「具体的にどういうことよ?」みたいな部分がちょっと残りました。この具体例を説明したものが本書になります。

したがって、この2冊

 『知的生産性向上システムDIPS(ディップス)
 『DIPSとは何か―知的生産性向上システムの全ノウハウ

を読めば、DIPSについておおよそのことは理解できると思います。





★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●DIPSとは
「DIPS」とは、「DOUBLE I.P. SYTEM」の略です。ダブルIP、つまり I と P が2つあるシステム。

I と P とは、知的な人々、つまり「INTELLECTUAL PEOPLE」の頭文字であり、また生産性向上「INCREASING PRODUCTIIVITY」の頭文字でもあります。
すなわち「DOUBLE "I.P." SYSTEM」とは「知的な人々の生産性向上を実現するノステム」の略なのです。

一日二+四時間のどの時間帯をどの活動に充て、どのような計画で進めていけば、改善を速やかに、また効果的に、その他の業務や私生活に支障を生じさせないで成し遂げることができるか、という部分は、 TQC のテーマにはもちろん、従来のいかなる手法にも含まれていないのではないでしょうか。
そしてこれこそ、「DIPS」が扱おうとしているテーマなのです。

すなわち、従来の各種手法が経営上の諸問題を見出し解決するための施策を立案するまでのプロセスを対象領域にしているのに対して、 DIPS は、その解決策をいかに能率よく効果的に実践するかという領域までをも対象とした問題解決手法なのです。

この、新しい業務改善手法「DIPS」は、大きく四つの技術から成り立っています。

 ・問題を発見する技術
 ・発見された間題の解決方法を見出す技術
 ・見出された解決方法を能率よく実行するためのスケジューリング技術
 ・スケジューリング技術によって新たに生み出されたゆとりを充実させる技術

小林忠嗣(著) 『DIPSとは何か―知的生産性向上システムの全ノウハウ
―――――――――――――――――――――★


ということです。

では、次回からその具体的内容についてご紹介しますが、今回はここまで。





■参考図書 『DIPSとは何か―知的生産性向上システムの全ノウハウ




ホワイトカラー革命は、この問いから始まる。コミュニケーションがよくなり、組織全体の効率が驚異的にアップする画期的手法を徹底的に解き明かす。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

DIPSとは何か―知的生産性向上システムの全ノウハウ
著者 :小林忠嗣
楽天では見つかりませんでしたDMMでは見つかりませんでした



●本書を引用した記事
 スケジュールがないことが非効率のもと
 先延ばしで失敗しないための作業分割法

●このテーマの関連図書


トップと経営幹部のためのDIPS―企業経営の生産性を高める「知的作業者の…

DIPS(デイップス)運動

DIPS実録レポート曖昧排除・凡事徹底

やり抜く力GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能…

全社員生産性10倍計画1人500円かければ、会社は儲かる!

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの






■参考図書 『知的生産性向上システムDIPS(ディップス)




コミュニケーションがよくなり、組織全体の効率が高まる画期的な手法を展開。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

知的生産性向上システムDIPS(ディップス)
著者 :小林忠嗣

知的生産性向上システムDIPS(ディップス)
検索 :最安値検索
DMMでは見つかりませんでした



●本書を引用した記事
 自分の集中できる時間は限りがある
 集中と弛緩を制御する(マックスIIの原則)
 スケジュールがないことが非効率のもと
 先延ばしで失敗しないための作業分割法
 説得のための6つのポイント
 HARPの法則で、説得の波を作る

●このテーマの関連図書


トップと経営幹部のためのDIPS―企業経営の生産性を高める「知的作業者の…

店長必携!フードサービス攻めの計数

最強の経営を実現する「予材管理」のすべて

やり抜く力GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能…

どんな仕事も楽しくなる3つの物語





■関連する記事

スケジュールがないことが非効率のもと

もし「2週間後の3時から空いてますか?」と聞かれた時、なんと答えますか?「大丈夫だと思うよ」だったらちょっと要注意かも。作業予定にしろ、業務の計画にしろ、将来やるべきことが決まっていないというのは生産性をおとす原因です。いまさら言うまでもないかもしれませんが、予定を立てて行動するその場でやることを考えるの2つでは、生産性が格段に違います。多くの人がそれを認識していながら、「この先の予定は決められない」と考えているということ..

先延ばしで失敗しないための作業分割法

あるボリュームの大きな仕事があると、それをいつやるかというのは重要な問題です。「これは大体4時間くらいかかるから、まとまった時間にやろう」などと思ってしまうと、そんなまとまった時間は、1週間待っても取れません。結果、ギリギリまで先延ばしする羽目になって、「もういまやらないと間に合わない」という状態になってから手を付け始めるという羽目になります。先延ばしグセというのは、私はこういうパターンが多いです。まとまった時間..



■同じテーマの記事

自分の集中できる時間は限りがある

よく締め切りギリギリに追い込まれると、火事場の馬鹿力がでますよね。ただ、それだけでいろんな仕事を乗りきれるほど世の中甘くない。マックスIIの原則マックスIIの原則『マックスIIの原則』 とは、人間が知的作業に集中力を発揮して取り組める最大時間は二時間だから、二時間ごとに解放感と達成感が得られるような仕事の仕方を設計することが大切であるというものです。もちろん二時間以上..

集中と弛緩を制御する(マックスIIの原則)

「マックスIIの原則」なるものをご存知でしょうか?これは以下の本に書いてありました。この考え方は我社では 「マックスIIの原則」と呼ばれ、知的作業生産性向上セオリーの一つなのです。「マックスIIの原則」とは、人間が知的作業に集中力を発揮して取り組める最大時間は二時間だから、二時間ごとに解放感と達成感が得られるような仕事の仕方を設計することが大..

説得のための6つのポイント

交渉事で相手を説得するためには、6つのポイントがあるそうです。それをまとめると「最新メリットで立場が反流したら押しきれ」になるそうです。最新メリットで立場が反流したら押しきれ最新メリットで立場が反流したら押しきれ六つの視点とは、・「最新」は、まだ伝えられていない「最新情報」、・「メリットで」は、説得対象者にとっての「メリット」と「デメリット」・「立場」は、説..

HARPの法則で、説得の波を作る

人を説得するときに、いきなり本題にはいって「××がなので、してください」とやれると、時間が少なくてとってもいいのですが、こういうやり方は大抵うまく生きません。徐々に相手との距離を縮めていき、相手が納得できる状態を作り出して、最後にトドメを出すのが成功確率を高めます。ドラマなんかでも、いきなりラスボスに必殺技をぶつけても成功しませんね(というか、それで終わっちゃったらドラマにならない)。最初は小者とバトルし、徐々に大物と..




posted by 管理人 at 10:08 | Comment(0) | このビジネス書は読んでおけ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: