本気度を示す行動を考える



部下として、このプロジェクトに対して上司がどのくらい本気で「成功したい」「完遂したい」と思っているかが透けて見える時があります。

プロジェクトの進行について相談したときに、上司自身がやるべきことを上司から言い出すような場合です。

 「そうか。じゃあちょっと○○さんにオレがあって話をしてやるよ」
 「次は○○をやろう。オレも呼んでくれ」

こんな発言をされると、「おお、やる気になってるなぁ」と自分(部下)もちょっとモチベーションが上がります。




■本気度はリスクが起きたときにわかる


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

もし抵抗する者が現れた場合には、軍事力をもってしてでも、その信念をつらぬく準備が必要となる

新たなリーダーが占いシステムを改革しようとしているとき、その「本気度」を見きわめるポイントがある。

それは、他人に助けてもらおうとしているか、それとも、自分の力でやろうとしているか、だ。

前者の場合は、必ず失敗する。何一つ、なしとげることはできない。

後者の場合は、危機に陥ることはめったにない。そして、もし抵抗する者が現れた場合には、軍事力をもってしてでも、その信念をつらぬく準備が必要となる。

モーゼ、キュロス、テセウス、ロムルスといった先人でさえ、もし軍事力をそなえていなかったなら、市民に自分たちの政策や制度を、長期間にわたって正当性をもって従わせることはほとんど不可能であったにちがいない。

宗教家のジロラモ・サヴォナローラのケースがある。彼は自分の提案した新制度に対して市民が不信の念を抱き始めると、その制度とともに滅んでしまった。

サヴオナローラの失政の理由は、市民に対して、自分の信念を「信じつづけさせる」方法を考えていなかったことである。

また、もともと彼に壊疑的だった人々に対しても、説得する方法をそなえていなかった。


リーダーは危機が生じた場合、自分の実力によってそれを克服しなければならない。

いったん危機を克服することができれば、もちろん尊敬されるリーダーとなることができる。

そして、リーダーに対して嫉妬する人々をきっちり滅ぼすことができれば、その国の安全は保障されることとなり、賞賛と繁栄に満ちた未来が待っているのである。

●シラクサのヒエロン
さて沃は、シラクサのヒエロンのエピソードを紹介しよう。

彼もまた、私が理想とするリーダーの一人である。ヒエロンは、まだ庶民であったころからたぐいまれな実力を発揮し、「この男こそ、リーダーの器をそなえた男だ。この男にリーダーとして欠けているのは、マネジメントすべき国だけだ」と言われたほど有能な男であった。

彼は旧来の軍制度を廃止し、まったく新しい軍制度を導入した。外交においても、古い同盟関係をきれいに解消し、新興国との新しいパートナーンップを構築した。

そして、そのバートナーンップを基礎にして、新しい仲問たちとさまざまなプロジェクトに着手していった。

このケースからわかるように、ヒエロンは支配権を得るまでは冷飯を食わされていたものの、リーダーになってからは、市民からの信頼を受け、国を安定的にマネジメントすることに成功した。それも、他人の力を借りず、すべて独力でなしとげたからこそなのである。

ニッコロ・マキアヴェリ(渡部昇一(訳))(著) 『「君主論」55の教え
―――――――――――――――――――――★


他人に対して本気度を示したいなら、「絶対に引かない」という決意を行動で見せることが必要になる時があります。
上司やリーダーがこれを示せないと、部下・メンバーのモチベーションは下がります。




■リーダーが行動すると周囲に見せる


自分が行動するという姿勢を見せることで伝わりやすいので、特に問題が起きたときなどは、逃げの手を指示するのではなく、「オレが解決してやる!」と言ってみると良い結果が示せるかもしれません。

私の周りでも尊敬できる人は、トラブルが起きるとガゼン元気になるひとが多いのはそのせいなのかもしれません。
※普段は昼行灯だと言っているわけではないですが…





■参考図書 『「君主論」55の教え





立ち読みできます立ち読み可
ビジネスリーダー必携! 経営者から政治家まで、世界中のリーダーに愛読されてきた不朽の古典名著が、読みやすい「超訳」で甦る。

ニッコロ・マキアヴェリ(Niccolo Machiavelli)
1469年生まれ、1527年没。イタリア、ルネサンス期の政治思想家。
29歳で、フィレンツェ共和国の官僚となり、およそ15年もの間、外交交渉、軍事などの分野で活躍。
その豊かな経験をもとに、『君主論』を執筆した。
性悪説にもとづいた冷徹とも言える内容に、発表当時は賛否が分かれたが、
現実的な歴史把握と、卓越した人間認識によって、政治の鉄則を打ち立てた古典名著として再評価。
現代では世界中のビジネスリーダー、政治家らに、必読書として愛読されている。

目次
第1章 「頭のいいリーダー」が、いつも心がけていること
第2章 成功するリーダーは、こんな「資質」を持っている!
第3章 偉大な先人から、「マネジメントの極意」を学べ
第4章 もっとチームを強くする、「人を動かす」原理原則
第5章 プロフェッショナルなら知っておきたいこのスキル
第6章 「本物リーダー」へと、今まさに進化しているあなたへ





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

「君主論」55の教え
著者 :ニッコロ・マキアヴェリ(渡部昇一(訳))
楽天では見つかりませんでした
「君主論」55の教え
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 本気度を示す行動を考える
 少し高いところを狙って弓を引く
 部下が主催するミーティングに出席する

●このテーマの関連図書


マキアヴェッリ語録(新潮文庫)

社長のためのマキアヴェリ入門(中公文庫)

非情な人ほど成果を上げる―マキャベリ式最強の仕事術(日文PLUS)





■同じテーマの記事

リーダーになれないなら事務局になる

リーダーになりたくてもなれない年齢が30台になってくると、何かと他の人達の取りまとめを頼まれる機会が多くなります。多くの管理職は、次の管理職を育成する義務があるので、管理職候補としてまずはなにかの小さなプロジェクトをやって、マネジメント能力やリーダーシップ能力を見ようとします。その結果、ある程度の年齢になると、取りまとめ役を頂戴する機会が増えるわけです。ところが、少人数のグループだと不幸なことが起きます。若い人が入ってこないの..

年下の上司には最敬礼で接する

まあ、年上の部下の使い方もひとつの難しいテーマですが、ここでは年下の上司のへの接し方に絞って、私なりの対応方法についてご紹介します。実際、子供の頃は年上の人には無条件に敬意を持って接するようにしつけられることが多いです。たとえば、学校などでは、上級生というだけで、下級生に対しては多少ぞんざいな言葉遣いをしても許されました。その逆はたいていは「おまえ生意気」などときつく咎められます。そういう雰囲気で育ちながら、会社に入..

ビジネス心理術辞典

すべてのビジネスマンにすぐに役立つ心理学を基本にした行動のガイドをしてくれる一冊です。心理学はわかったようでわからない難解な用語を連発されてすぐにケムにまかれたり、わかったような気になっても具体的に実際にビジネスの場でどう使えばいいかわからないものが多いですが、この本は心理学の背景を説明するのではなく、どうやったらビジネスをもっとうまくやるかの具体事例を教えてくれる本です。最初は気が付きませんでしたが、本書の表題は「心理術」であって「心理学」ではない。つまり、人間の心..

スマホ読書:ページめくりは右手・左手両対応にする

Android スマホで自炊したりネットで拾ってきた書類を読むのに、私は Perfect Viewer と ComittoNいうソフトを使っています。この2つが気に入っている機能のひとつにタップしたときの動作が決められることがあります。他の画像閲覧ソフトにも、設定が変えられるものが多いですが、左右のどちらをタップしても次のページへ進むという設定ができるのは、私が試した中ではこれだけでした。右手で持つか左手で持つかスマホやタブレットを持つときに、どちら..

時間を無駄に浪費している習慣を塗り替える

「この悪い習慣をやめたい」と思ってもやめられません。それは意志の力がないからではなく、上書きすべき良い習慣がないだけかもしれません。以前の記事「しない」はできないでも書きましたが、人間は基本的に否定文を理解できるようにはできてないみたいです。たとえば、「コップの水をこぼさないように」といわれるとこぼす確率があがるのだそうな。悪い習慣を上書きする「悪い習慣」というのは大抵の人が意識しています。ただ、それを「やめよう」とおも..

時間を無駄に浪費している習慣を塗り替える

「この悪い習慣をやめたい」と思ってもやめられません。それは意志の力がないからではなく、上書きすべき良い習慣がないだけかもしれません。以前の記事「しない」はできないでも書きましたが、人間は基本的に否定文を理解できるようにはできてないみたいです。たとえば、「コップの水をこぼさないように」といわれるとこぼす確率があがるのだそうな。悪い習慣を上書きする「悪い習慣」というのは大抵の人が意識しています。ただ、それを「やめよう..




posted by 管理人 at 05:00 | Comment(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: