何を期待されているか?



ときどき、年初に予定していなかった仕事やプロジェクトのオハチが回ってくることがあります。
まあ、ケースとしてはいろいろなのでしょうけど、会社の状況が変わったり、今のプロジェクトがうまく行かなくて、担当を変えるときとか。

そのときに「これはチャンスだ」と考えるか「また面倒なことを…」と考えるかによって当然結果も変わってきます。
いやいややっていると仕事もやっつけ的な作業しかしませんし、うまくいかなくなると「時間がない」とか逃げ口上だけが出てきて、課題解決に動けません。




■なぜ「君に」と言われたのか


どうして自分にその仕事が振られてきたのでしょうか?

指示する上司にしてみると、これまたいろいろな理由はあるとは思いますが、

 ・彼ならできると考えた
 ・他に振る人がいなかった
 ・たまたま目があった
 ・振ろうとしていた人に断られた
 ・頼みやすいから(多分コイツなら断られないだろう)

なんて感じ。

ただ、計画になかった仕事というのは、振り出す上司からしてもちょっと気詰まりなものです。年間の計画を立てて仕事をさせているんだから、その計画で結構いっぱいなことがある程度わかっているのに、「これをやらないといけない」状態に追い込まれて、やむを得ず振る場合も少なくありません。

もちろん、何も考えてなくて、行き当たりばったりに仕事をやっている上司もいるかもしれませんが。

本日ご紹介する『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方』にはこんなふうに書いてありました。




★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

上司が部下に仕事を振る際、何を基準に担当する部ドを選んでいるのでしょうか?

誰でもいい仕事など、そうそうあるものではありません。仕事を振る以上、成果を期待 L ています。すると、その成果を上げるには誰に頼むのがいいのかという判断基準があるはずです。

私は大きく分けて、 3 つの判断基準があると考えています。

 ・その仕事を任せるには、その人の専門性が最適
 ・その仕事を最も早く(あるいは正確に)行なうには、その人が最適
 ・その仕事をきっかけに、その人に新たなチャンレンジをしてほしい

上司が、それを明確に部下に伝えることができていればいいのですが、それらをはっきりと伝えることができない上司もいます。また、部下が L 司の意図を汲み取れないことがあるかもしれません。

新名史典(著) 『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
―――――――――――――――――――――★


受ける側としても、「君には期待しているんだから…」と言われれば悪い気はしませんが、いろいろ背景を聞いたりしていると、どうも他の人に断られてやむを得ず的な言い方もあったりして、素直に受け取れないときも。

■新しい仕事はチャンスでもある


ただ、少なくとも私は「チャンスだ」と思うようにしています。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

しかし、このようなケースは自分の世界を広げる大きなチャンスです。

そして、そこに上司のひそかな、しかし大きな期待が隠れていることがあるのです。

私の経験ですが、こんなことがありました。私が担当者だった 2 ( }代の頃、食品製造業に関する仕事を多く担当していました。

お客様のほとんどが食品製造業でした。ですから、その仕事に数年問没頭していると、食品製造業のことはある程度わかるようになっていました。

新名史典(著) 『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
―――――――――――――――――――――★


こういう、「いままで知らなかった仕事ができる」という側面でのチャンスもあるでしょうけど、私は

 ・上司に恩を売れる
 ・人間関係が広がる
 ・評価が上がる
 ・自分の仕事の効率が上がる

という点において、チャンスだと考えます。

●上司に恩を売れる⇒評価が上がる
一番大きいのは、「」です。なにしろ上司としてもプラスアルファの仕事をお願いする立場なので、多少なりとも「申し訳ない」とおもっている側面はあります。それを「わかりました。やらせてください」と言えば、上司としても「助かった」と思うわけです。

そして売った恩は、上司のフォローが厚くなるという結果を引き出せます。
ようはその仕事はうまく行きやすくなるんです。結果として、自分の仕事の評価が上がります。

●人間関係が広がる
過去記事でも書きましたが、仕事はひとりで完結することはありません。だれか関係者がいます。
新しい仕事であれば、新しい関係者がいるわけです。

その人とつながりを作るチャンスです。結局、人とのつながりが多い人のほうが仕事がうまくいくんだから、大いにこしたことはありません。それをもらえるチャンスです。

●自分の仕事の効率が上がる
で、私が新しい仕事を引き受けるときの一番の理由がこれです。

「パーキンソンの法則」ってご存知でしょうか?

 パーキンソンの法則-Wikipedia

まあ、単純に言ってしまえば、どれほど効率的に仕事をこなそうとしても、自分の持ち時間以内に終わるようにはなりません
10分かかる作業があったとして、効率化して5分で終われるようになったとき、10分の持ち時間が変わらなければ、残り5分は遊んでしまうわけです。

結果生産性は変わらなくなります。

これについては

 パーキンソンの法則:効率を上げるとムダ時間が増える

に詳しく書きましたので、そちらをどうぞ。

逆に言えば、仕事の効率化をはかりたいなら、持ち時間以上に仕事を抱え込んでしまうことです。
そうすれば、自然と生産性の低い仕事はやらなくなりますし、効率的に仕事を片付けるようになります。

結果、自分の仕事の能率が上がり、その他の仕事もこなせるようになるので、成果は大きくなるわけです。
そのためのトリガとして新しい仕事を引き受けるわけです。

もちろん、効率化では届かないような完全にキャパオーバーの仕事を受けるとハマりますので、何でもかんでもウエルカムという訳にはいきませんが。





■参考図書 『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方





立ち読みできます立ち読み可
常に「上司の考え」を予測しながら動く能力、それが「部下力」。
この「部下力」を身につけることで、上司を上手に動かすことができるようになり、あなたの仕事も効率的に回っていく!

上司は、仕事ができる部下が可愛く思えても、可愛いから仕事を任せるわけではない。また、仕事は一人で進めるものではなく、上司の決裁がないと進まないものがたくさんある。
そこで本書は、一所懸命に実務をこなしていても、なかなか上司に認められない、仕事を任せてもらえない、または、仕事がスムーズに進められないという部下が身につけたい「部下力」を丁寧に解説!






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
著者 :新名史典

上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
検索 :最安値検索

上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる
 上司にお願いする作業は分解してから渡す
 マインドマップソフトでループ図を作成する方法
 上司にもアポイントメントを取る
 上司のモチベーションを上げると仕事がしやすくなる
 分割報告法:報連相の頻度を上げる
 人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい
 上司が部下の相談に乗ってくれないのはなぜ?
 海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい
 事前に上司に電話をしてもらう

●このテーマの関連図書


あなたが上司から求められているシンプルな50のこと

どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術

ザ・フォロワーシップ―上司を動かす賢い部下の教科書

ザ・チームワーク―良質なチームワークを築く24の方法

顧客に必ず“Yes"と言わせるプレゼン(DOBOOKS)

部下がきちんと動くリーダーの伝え方(アスカビジネス)





■同じテーマの記事

考えは伝えられない

「×××を日までにお願い」とお願いしたのに、できたものは全然期待とは別物。それも当日の夜になって出してきて…なんていう経験は仕事をしていれば、当たり前のようにあります。考えていることは伝わらない以前の記事コミュニケーションよりコンバージョンで書いたように、人間が考えていることは、他の人にはテレパシーでもない限り伝わりません。仕事の結果が出るまでには以下の様な..

面接不合格の意味

あっ、これから面接を受けるのに「縁起でもない!!」と思った方、ごめんなさい。でも閉じないで読んでくださいきっと役に立ちますから面接不合格なかなか就職氷河期から抜けなくて、ウチの会社でも中途採用も面接はするものの、合格までは行かない場合が多くあります。本日は、面接不合格になった時にあなたに次は受かる方法の一部をご紹介します。不合格の意味面接で、「不合格」を出すときにはいくつかの意味があります。1.採用基準を大きく下回る2.採用基準にはほぼ達してい..

評価されるコツ

どんな職場にも、周囲から絶対的な信頼を集める「エース」的な人がいる半面、誰からも期待されず、お荷物のように扱われてしまう人もいます。入社当初から、「エース」だったわけでも「お荷物」だったわけでもありません。長い時間をかけて、ゆっくりと「エース」や「お荷物」になってしまったのです。これは一体なぜなのか?本日ご紹介する『「辞められると困る! 」と言われる社員がやっている 評価されるコツ』からその原因を一部紹介します。..

あなたが座っていた椅子を見なさい

私は、席をたつ時いつも自分が座っていた椅子を見るようにしてます。もともとは、私がオッチョコチョイで、すぐに忘れ物をすることから始めた習慣でした。最初は意識してやってましたが、最近は自然に視線が元いた場所に行くようになりました。数秒もかかりませんが、得られるものはすごく多いです。席をたつ時あなたが席をたつ時、何を考えてますか?おそらく大部分の人は、席を立った目的、つまりコーヒーを買いに行くとか会議に出るなどの目的があ..

「自分も賛成です」で終わらせない

「この人、できる」と思わせるコツのひとつに、「知識があると思わせる」「鋭い指摘をする」という方法があります。これに使う知識や見識は別記事で時々書いているように、読書や上司の視点で考えるなどのトレーニングで身についていきますが、どんなにトレーニングをしようとそれを使わなければあるかどうかはわからないんですね。使わなければ、「無能だ」と思われてしまいます。社会人になると、学生時代の実力試験のような評価するための確認がなくなるので、「知識がある」とか「知識がない..

通勤どこでも仕事術:平積みにしておくと読書モチベーションが復活する

ちょっとした読書量を増やすためのハックをご紹介します。読書通勤を習慣化する仕組みづくり毎日一冊は本を読んでいますが、実は通勤中に本を読むことをしなかった時期は、ほとんど本を読むこともありませんでした。月一冊も読めば良いほうだったと思います。そう考えると、ほとんどの本を通勤中に読んでいるわけです。私の読書の習慣が続いている秘訣をここでご紹介します。まず、複数..




posted by 管理人 at 05:02 | Comment(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: