「ティール組織」ってなんだ?



最近、Web で「ティール組織論」なることばを見かけるようになりました。こういうブログを書いていると、ちょっと気になるタイトルですね。

アマゾンのビジネス書ジャンルでも結構なランキング。

 ティール組織―マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

※この記事を書いた時点では、まだ未発売です。




■「ティール」とは


そもそも「ティール」という言葉がわかりません。

これは、ケン・ウィルバーのインテグラル理論の中で提唱される意識のスペクトラムに準拠しているみたいです。
※インテグラル理論については、wikipedia が参考になります。
※読むのが大変ですが…
※ ケン・ウィルバー-Wikipedia

意識のスペクトラムでは、

 Red → Amber(琥珀) → Orange → Green → Teal(青緑)

の順に意識は発展していくそうな。

Teal organization(ティール組織)とは、Teal(青緑)という意識の発展段階の組織、ということになります。

で、それは一体なんぞや?? というと…

ざっくりいうと

・青緑(Teal)
  ・特徴:進化的
  ・価値基準:内なる正当性
  ・長所:セルフマネジメント、全体性、進化的な目的
・緑
  ・特徴:多元的
  ・価値基準:人間的な関係性
  ・長所:エンパワーメント、理念による組織運営
  ・短所:相対主義、非合理性、ヒエラルキー崩壊
・オレンジ
  ・特徴:達成、リーダーシップ
  ・価値基準:成果の追求
  ・長所:合理性、ヒエラルキー、成果拡大
  ・短所:短期的、過剰レバレッジ、関係性希薄化、人間性欠落
・琥珀
  ・特徴:順応
  ・価値基準:集団有線
  ・長所:効率化、スケーラビリティ
  ・短所:社会的仮面、所属意識、従属性
・赤
  ・特徴:衝動的
  ・価値基準:欲求充足
  ・長所:短期的な目標達成
  ・短所:長期視点欠如、再現性がない

ということのようです(勝手な要約なので信じないでね)。

意識のスペクトラムでいうところの「オレンジ」が今の会社っぽいですね。

これらは、ある段階を経て次の段階に進むようなものではなく、ある場面では「赤」の行動を取り、ある場面では「緑」の組織行動を取っているような状態で、全体として「赤っぽい」とか「オレンジっぽい」という状態で表されるのが正しいようです。




■組織運営の理想形は


過去の組織論では、多くは、「緑」「オレンジ」が推奨されてきていますが、ここに来て新しい段階の組織論が出てきた、というところでしょうか。

具体的に言えば、マズローの欲求5段階説の5段階目が組織としてある時の状態のようなものかと考えています。

特徴的に言えば、

 ・上司の指示ではなく、組織の目的に沿って自己決定する
 ・不安や心配ではなく、未来の姿のために動く
 ・自己の内面にある正義を判断基準とする

という状態らしいです。そして最終的には、「上司」という存在はなくなるか極限までその権限範囲を小さくしていく組織になります。

■「組織における意識スペクトラム」という考え方


まあ、説明を書いていても、私が本当に理解しているかというと、言葉だけで、それがリアリティみたいなものを伴っているわけではないので、実際に組織として運営されている状態というのが想像がつかない、というところが本音です。

それは私自身の組織に対する認識が甘いのか、世の中の凡人でわかるような世界が来ていないのかはわかりません。そもそも私が「理解」できているわけでもありませんし。

ただ、意識スペクトラムにおける組織の段階というのは、組織の状態をCMMIやISOなどの基準で分類するよりもより高次な段階が表現できるわけで、将来はそうした基準ができるのかもしれないと思ったりはします。

つまり、下位段階における課題や歪みのようなもの、社会的ストレスなどの解決策として上位段階が提唱されるようになり、先進的企業がそれによって大きな社会的評価を受けて徐々に浸透していくようなイメージが生まれるのかもしれません。

たとえば、「男女格差是正」なども琥珀からオレンジや緑を目指すための運動と捉えることも可能な気がします。

一方、企業下張りの会社は従業員数人の小企業では、最初は「緑」の状態に近く、皆がそれぞれを補完し合いながら、自由闊達に同じ目標に向かって仕事を勧めていても、会社が大きくなって、それにともなって従業員が増えたり、社長のリーダーシップが硬直化して、「琥珀」の状態に移行するという事も考えられます。最悪は「赤」の状態になり、収支自体も「赤」になり、企業解散になるとか…。

これからじっくり勉強していきたいテーマのひとつですね。

■参考記事


こちらの記事も参考になると思いますのでご紹介しておきます。

 経営革新の新潮流
 オランダで急成長を遂げるTeal型組織、Buurtzorgの驚きの組織運営
 永井ギリシャレポート:ティール組織の3要素
 ティールパラダイムを取り入れる




■参考図書 『ティール組織―マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現




次の組織モデルは、これだ。
 
 上下関係も、売上目標も、予算もない! ?
 従来のアプローチの限界を突破し、
 圧倒的な成果をあげる組織が世界中で現れている。
 膨大な事例研究から導かれた新たな経営手法の秘密とは。
 
 原書発売後またたくまに世界中に広がり、12カ国語・20万部を超えるベストセラーに。新しい時代の経営論として支持を集める待望の一冊、ついに日本上陸。
 
 
 「高い次元の組織」とは何か、という問いに答える刺激的な一冊。
 ロバート・キーガン(ハーバード大学教育大学院教授、『なぜ人と組織は変われないのか』著者)
 
 ポスト資本主義時代における新しい組織モデルのバイブルとして、
 21世紀の歴史に刻まれる本になるでしょう。
 佐宗邦威(biotope代表/戦略デザイナー、『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』著者)





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

ティール組織―マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
著者 :フレデリック・ラルー
楽天では見つかりませんでした
ティール組織―マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
検索 :商品検索する



●このテーマの関連図書


物事のなぜ――原因を探る道に正解はあるか

U理論[第二版]――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出…

組織は変われるか――経営トップから始まる「組織開発」

本当の自分を生きる:人生の新しい可能性をひらく8つのキーメッセージ

スピードと成果が劇的に上がる戦略最強の優先順位

信用の新世紀ブロックチェーン後の未来(NextPublishing)





■同じテーマの記事

一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門(要約)

「コールドリーディング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?コールドリーディングとは、占い師や詐欺師がいかにも「あなたの全てを知っている」かのように相手に錯覚させるための技術です。実際、ある程度のトシになれば、それなりにこれに近いことはできるようになりますし、部長・役員級のひとであれば、「誘導質問」みたいな技術として使っていることもあります。コールドリーディングがもたらしてくれるもの・相手のほうから積極的に話してく..

一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門

「コールドリーディング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?コールドリーディングとは、占い師や詐欺師がいかにも「あなたの全てを知っている」かのように相手に錯覚させるための技術です。実際、ある程度のトシになれば、それなりにこれに近いことはできるようになる人も見えますし、部長・役員級のひとであれば、「誘導質問」みたいな技術として使っていることもあります。コールドリーディングがもたらしてくれるもの・相手のほうから積極的に..

能力給と成果給:能力給を重視せよ

能力給と成果給給与には、能力給と成果給という2つの種類があります。これを正確に分けている会社もありますし、渾然一体になっている会社もあります。大手になると徐々にこれが分かれていくようです。能力給というのは、その人の仕事の能力に依存する給与です。上司なり社長なりが、その人に期待する結果を出し続ける能力(いわゆるコンピテンシー)を測定して決めるものです。多くの場合、昇進・昇格はこれによって決まり、その職位によって給与の範囲が決められています。成果給というのは、直近6〜1..

会社で生きることを決めた君へ_3

久しぶりにビジネス書のご紹介。『会社で生きることを決めた君へ』結構有名になった本なのでご存じの方も多いかと。相変わらず長文のコメントなので、また複数回に分けてご紹介します。本日は、要約(というには長文ですが)をお送りします。::と書いてみましたが、長すぎるので、要約を3回にわたって分割してお送りします。本日は要約の第2回目です。要約部下としてそりの合わない上司に対するものはつらいものだ。それでうまくやれる方法がある。具..

最終決定がされたら賛成派に回る

サラリーマンとして、意に沿わない決定が降りることがしばしばあります。たとえば、なにか議論していて、自分としては「こういう方向に行こう」と意見を出したのに、最終決定者(たぶんあなたの上司やプロジェクトリーダー)はそれとは違う決定を下すというような場面です。それを受けて行動を移すとなると、あなたが中間管理職であれば、自分の部下にもその決定を伝えないといけなくなりますし、自分自身でもその決定に従った行動を取らなければいけなくなります。たとえば、野球でワンアウト1塁の場面で、自分..

巨乳バカ一代

本日はちょっとすごいタイトルになってしまいました。タイトルがちょっとリアル書店や図書館では買いにくい本ですが、結構色々考えさせられる1冊でしたので、紹介します。ただし、いつも紹介する本は、何度も読み返したい一冊を紹介していますが、これを何度も読み返すかというと、ちょっと「?」でしたので、手元に持っておきたい本かどうかは微妙。ということで(<どういうことだ?)、いつものビジネス書のご紹介とは違うフォーマットでお送りします。要約と読後感1988年に芸能事務所イエローキャ..




posted by 管理人 at 14:23 | Comment(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: