「目標をもつ」にこだわらない



「目標を持とう」というのは、多くのビジネス書や成功本にかいてあります。

まあ確かに、「ちょっとお散歩に出かけて歩いていたら、エベレストに登頂してしまった」という人はいないでしょうから、その通りなのでしょうが、個人的には「まあ、持たないより持ったほうがいい」くらいに考えてます。




■目標を持つことのデメリット


私が以前、「心の病」で会社に出社できなくなったときに、医師から言われたことは、

 「会社に行ければヨシです」

でした。

会社に行くことではなく、「そこでなにを実現するのか、何かを実現するのに自分がどう貢献するかが重要だ」という洗脳教育を受けてきた身としては結構ショッキングなお話でした。

ただ、現実には、そうして「自分がなんとかしなくちゃ」が高じて今の状態になっていることを考えると、

 目標を明確にして、それに向かって一直線に頑張ることは人生にとってどのくらい重要なんだろうか

と考えさせられる一因にはなりました。

ある高い目標を持ってしまうと、その目標に到達していない事自体がストレスというかプレッシャーになります。

たとえば、目標が100だったとして、90まで来たとすると、

 まだ10足らない

と考えちゃうわけです。

最初がゼロだったとして、90 まで来たのだから、

 90もやれた

という考え方もあるのでしょうけど、目標が100なら、現時点は未達です。どうしても足らないことに目が行ってしまうんですね。

それがデメリットだと考えます。




■ストレスを過度に抱えない方法


本日ご紹介する本『損をしない思考法』では、こんな事が最初に書いてあります。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●ストレスを抱えない範囲で精いっぱい活動すると気持ちよく暮らせる
心にゆとりを持って行動しようと言われると、何もしなくていいとか、サボっていても問題ないと思ってしまう人が出てきます。しかし、生産的な活動を何一つしなければ、最低限必要なお金すら入らなくなるので、困ることになります。

また、毎日だらしない生活をしていれば、そんな暮らしをしている自分自身に嫌気がさしてくるものです。

せっかく幸せな気持ちを手に人れようと思って、ゆとりのある生活を始めたとしても、このようになってしまったら本末転倒です。

最低限の衣食住すら失ってしまう危険性が出てきますし、疎外感や罪悪感まで抱くようになってしまいます。

では、どうすれば毎日気分よく暮らせるのかと言うと、ストレスを抱えない範囲で、精一杯活動するようにすればいいのです。

できることまでサボろうとせずに、自分ができる限界まではきちんと活動したほうが、気分がよくなりますし、金銭的に困ることも少なくなります。

想像してもらえればご理解いただけると思いますが、輝いている人というのは、みんな活動的です。

心や体を壊さない範囲で、エ不ルギッシユに活動しています。

お金持ちでも貧乏でも、有名でも無名でも、友達が多くても少なくても、幸せそうに暮らしている人は、みんな何かしらの活動をしているのです。

そのため、充実した生活を手に入れたいのであれば、自分がストレスを感じずにできる最大限の活動を行ったほうがいいです。

活動すればするほど、生きている実感が湧いてきます。なお、余談になりますが、幸せで充実した人生を送る秘訣というのは、毎日幸せと充実感を感じられるように活動することであって、お金や肩書きを増やすこととは直接関係ありません。

むしろ、お金や肩書きが多い人は、心が満たされないからこそ、お金や肩書きを増やし続けてしまう傾向にあるほどなのです。

野村郁夫(著) 『損をしない思考法
―――――――――――――――――――――★


本書の言う「ストレスを抱えない範囲で」というのが、言うは易く行うは難し

どのくらいのストレスなら問題にならないのかは人それぞれですし、その時の状態によっても異なります。
「ストレスを抱えている状態」というレベルがまちまちなので、どこまでならいいかが明確にできないんですね。

なので、「目標を明確にしない目標を持つ」って禅問答みたいですが、そんなイメージの目標感みたいなものを持って仕事をするようにしています。

当然、上司の管理範囲であるところの部門の方針や目標などは明確に目標値をもたないと承認や業績としての評価をしてもらえません。一方で個人の定常活動などは目標値があるわけではなく、個人管理のところも多いのですよ。そうしたものまで

 目標を持たなければならない

と考えると、私などはストレスでやられてしまうので、「やれることを淡々とやる」だけにしています。

もう一つは、「やれるようになったことを見る」ことです。「コップの水」のたとえは聞いたことがあるかもしれません。

 あと半分しかない
 まだ半分ある

なくなった、足らない部分ではなく、なにがあるのか、なにが出来たかに着目すると、多少はストレスの軽減になります。





■参考図書 『損をしない思考法





立ち読みできます立ち読み可
「一生懸命働いて成果も出しているのに、上司に評価してもらえない...」「仕事を頼まれてばっかりで、自分の時間がぜんぜんない...」こんな、「損な生き方」とは今日でお別れ!お金と時間を自由に使える人になるための88の思考法






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

損をしない思考法
著者 :野村郁夫

損をしない思考法
検索 :最安値検索

損をしない思考法
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 損をしない思考法
 言ってはいけない言葉
 20ドル札オークション(埋没費用と競争の原理)
 魚はミミズで釣りなさい
 必ず人がモチベートされるされる方法

●このテーマの関連図書


なぜ、働かないで年収1億円になれたのか?:仕事、恋愛、健康、…

働かないで年収5160万円稼ぐ方法(王様文庫)

楽して成功できる非常識な勉強法

寝ながら稼ぐ121の方法

図解働かないで年収5160万円稼ぐ方法

秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ





■同じテーマの記事

繰り返しタスクは目標見直し期限を設ける

習慣として繰り返し実行するタスクというのはどのくらいあるでしょうか。自分の環境で言うと、仕事の半分近くがこの繰り返し実行するタスクで占められているようです。仕事だけでなく、勉強についても「毎月10冊はビジネス書を読む」とかいうものもあると思います。極端な話、たとえば「毎食後歯を磨く」みたいなものもありますね。これをどのくらい「タスク」として登録していますか?実は、タスクとして実行するようになると、きちんと達成するとい..

寝るときに部屋は明るすぎず、暗すぎず

私の経験的には、仕事が忙しくなって睡眠時間が取れなくなって、寝るギリギリまでメールをチェックしている時期がありました。当然そういう仕事の仕方は長続きしないわけで、ウツというイベントに落ち込んで、やめざるを得なくなりました。もしあの時期、睡眠時間だけはしっかり取れていたら、どんなに仕事が忙しくても、ストレスフルな状態でも、相応に対応できていたのではないかと思うくらい、仕事に最も悪影響を与えるのは、睡眠なのではないかと考えてます。..

ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:自分の使った時間の記録のやりかた

過去記事でも何度か「日誌を書く」について書いてますが、これは実際いろいろな良い効果があります。ひとつは、忘れ物をしなくなること。もうひとつは、振り返り(いわゆる「レビュー」ですね)のときに、「事実」と「記憶」が結びつくこと。さらに、メモが活かせるようになること。他にもいろいろありますが、代表的な効果はこの3つです。これをさらに一歩進めると、「日」単位ではなく「時」単位の「時誌」になります。これをつけるようになると、日..

ソフトに会話する(作用反作用の法則)

他人を説得して自分のやりたい活動に巻き込んでいくために、気をつけたほうがいいのは断言しないことです。どうしても、自分がやりたいことがあると、「大丈夫です。やりましょう!」みたいにいいたくなるのですが、こういうリーダーに従ってくれるのは、「言われるままやっていればいいや」と思っている人。でも、大抵の人は「そんなことやってもなぁ…」とかいろんな感想を持ってます。自律的に進めてほしいこういう人に強い態度で臨むと、従って..

予定外の仕事を予定するツール

タスク管理をするようになると、今日やるべきタスクがこなしきれないまま1日が終わっちゃうことがあります。見積もり時間が甘すぎて作業中に時間切れになるならまだしも、着手すらできずに1日が終わったときには、なんか「サイテー」な気分になります。予定外の仕事多くの場合、そのタスクの予定必要時間はやれるはずの最小時間です。オーバーするのが普通。こっちにもいろいろ問題はあるのですが、本日のお題は予定外のタスクで消費される時間です。これがどのくらいの割合を占めているか..

多面的交渉術をトレーニングする「ピラミッド交渉力」

おそらく、交渉事が得意という人は少数派なのではないか、という気がしていますが、皆さんどうなのでしょうね?私はと言うと、交渉事は超ニガテです。一方で、過去記事でも何度か交渉モノの記事を「えらそうに」書いていますし、それなりに使えていると自分的には思っている部分もあります。いつまでたっても「得意だ」とは思えないところが救えないですが。本日は、交渉という人間関係のもっとも煩雑な部分にスポットをを当てた本をご紹介。紹介交渉..




posted by 管理人 at 09:43 | Comment(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: