まるでできたかのうように振る舞うと本当にできる



幾つかの書籍で、「難しい課題は、完成した姿を想像せよ」と書かれています。

もちろん、何かの課題に取り組むときには当然完成形をイメージしながら、それを分解したり具体的に言葉にしたりして、その活動プロセスを設計・計画を作るのが良いと考えています。

この方法論は、以下に書いています。

 ピクニックに行く




それでも、困難な状況にぶつかることは多々あります。
それを解決するために、いろいろなアイディアが必要なのですが、基本的なスタンスとして

 「かのように」の哲学

というものがあります。

■「かのように」の哲学


このスタンスの持ち方(方法論ではありません)というのはいくつかの書籍に出てきますので、成功(目標の達成)のためにはおそらく重要なキーになるのではないかと思います。

これらの書籍のうち、いま手元にあった書籍を引用します。




★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●「アズ・イフ」の哲学
「効果がある」ことこそ実践的真理であり、次の行動の基礎となる。

ウィリアム・ジェームズも「思想というものは、それがどのくらいよく媒介機能を発揮したかに応じて真となる」と語っている。

ハンス・フアイフインガーは著書 『 アズ・イフ(かのように)の哲学 』 の中で、こうした考えをより詳細かつ説得力をもって語っている。

だれもが自分の理論をとことん限界まで突き進めていくわけではないが、人間が生きていくうえで、いろいろなことがあたかも真実である"かのように" 行動しなければならないことは明らかである。

例を挙げると、実際上の手順の基盤となっている考えのほとんどを、その現実性、有効性、あるいは蓋然性の観点から証明しようとすれば、実行する時間など残されないに違いない。だから一般的にわれわれは、行動の前提がすぐれた権威に基づいている場合はその前提を受け入れ、経験を通じて、こうした前提を実行することに疑いが出てこない限り、あるいは出てくるまでは、証明済みの真実として活用する。

こうした前提を再検討することもできるし、また、メンターの意見を取り入れて違った結論を引き出すこともあるが、行動規範や価値基準が現実に役立っている限りは、永久にどこででも通用するかのようにだれもが行動するのである。

つまり、逆に、毎日の生活の中で日々の出来事の解決能力がなく仕事の出来もよくないと、あたかも失敗を望んでいるかのように行動していることになる。

この姿勢を 180 度転換して、「アズ・イフ」に基づいた行動を健全で生き生きとしたものにするように、また目標達成に向かうように意識して決めれば、成功を自らの手中におさめることになる。

 「行動すれば力がつく。行動しない人には力がつかない。これが自然法則である

ドロシア・ブランド(著) 『目覚めよ!生きよ!
―――――――――――――――――――――★


さらにもう一冊。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●うまくやり遂げるまではできたふりをしよう
ソフトウエア開発者としてキャリアを重ねていくと、自分は適任ではないような状況に何度もぶつかるだろう。

準備ができていない難問や障害にぷつかることはよくある。

しかし、そのようなときに何をするかは、あなたが成功するかどうかを分ける最大の要因になる。

多くの人々は、逆境にぶつかると、そこから一目散に逃げてしまうものだ。しかし、難題にぶつかったときに顔を上げて正面からぶつかっていく人々もいる。

踏みとどまることを選んだ人々は、全員成功し、問題を乗り越えられるという自信を持っているのだろうか。そんなことはない。

しかし、彼らの多くはある共通点を備える。うまくやり遂げるまではできるふりを装えるのだ

●「やり遂げるまではできたふりをする」の真意
「うまくやり遂げるまではできたふりをする」という表現はよく使われるが、いささか使われ過ぎでもある。

この表現の意味をどのように解釈するかは人によって違うだろう。
そこで、私がこの章で使っている真意を明らかにしておこう。

「うまくやり遂げるまではできたふりをする」と言っても、嘘をついてまだ備えていない知識や能力があるふりをしろというわけではない。

仕事に取り掛かる前から、まるでその仕事や技をやり遂げたかのように行動せよと言っているのである。

私が「うまくやり遂げるまではできたふりをする」と言うときには、次のように行動することを表している。

・まるで、成功のために必要なスキルと能力をすでに持っているかのように
・まるで、すでになりたいと思っているタイプの人間になっているかのように
・試行を重ね続ければいずれ克服できることを深く理解しているため、まるで、戦闘はすでに終わっており、あなたは勝者になっているかのように
・まるで、これから通ろうとしている未知の道をすでに何度も通ったことがあるかのように

このように行動するときに(こでボイントになるのは「行動する」という言葉だ)、あなたはいずれ自ら示すイメージに合うように現実を動かしている。
 :
 :(中略)
 :
「うまくやり遂げるまではできたふりをする」というのは、行動こそが重要で、自分の心身に言い聞かせてその行動を現実のものにするということである。

これは、自信のなさの反対だ。自分自身のなかにあらゆる障害を克服するという崇高な信念があるからこそ、さしあたり難しくて歯が立たない状態でも、自信を持って取り組むのである。

ジョン・ソンメズ(著) 『SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル
――――――――――――――――――――――――――――★


いずれも、行動の重要性を掲げてはいますが、その行動のもとになる部分は

 あたかも目標が達成されるのは当然というように自信満々に振る舞うこと

のようです。

確かにすぐれたリーダーは未来のことがわかっているように自信満々に判断をしますね。そういう人に結果は従うようにできているのかもしれません。




■参考図書 『SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル





立ち読みできます立ち読み可
「より良い人生」を送るためのノウハウ・スキルを網羅した、生き方バイブル本です。

ソフト開発者向けに書いてありますが、そこで言われていることはあらゆるビジネスパーソンに通じることばかり。

良い人生を送るためには、技術習得法やキャリア構築法といったノウハウに加え、対人的な交渉・指導・意思疎通などをうまく行える能力や知恵、すなわち「ソフトスキル」が不可欠です!

本書では、キャリアの築き方、自分の売り込み方、技術習得法、生産性の高め方といった仕事で成功する方法だけでなく、財産の築き方、心身の鍛え方、恋愛で成功する方法など、「人生全般をより良く生きる方法」を具体的に説明します。

●「解説」から抜粋
本書はソフトウェア技術者向けの書籍ではありますが、いわゆるテクノロジーのことはほとんど書いてありません。しかし、「成功者」になるために必要なそれ以外の多くのことが書いてあります。(中略)今こそ私たちがもっと成功に貪欲になれるチャンスなのではないでしょうか。

●「訳者あとがき」から抜粋
全体を読み通して感じたのは、人の弱さを十分に意識して書かれていること、率直であること、上からではなく同じ高さから話しかけてくることでした。
(中略)校正のために読み返してみると、株や栄養や腹筋のことなど、「何かで読んだんだけどさあ」という枕で出てくるような話の多くを本書で覚えたことに気づきました。無意識のうちにいろいろな影響を受けているようです。この本、ただものではないですよ。

●目次
第1部 キャリアを築こう
第2部 自分を売り込め!
第3部 学ぶことを学ぼう
第4部 生産性を高めよう
第5部 お金に強くなろう
第6部 やっぱり、体が大事
第7部 負けない心を鍛えよう

付録A コードを書けるなら金融は理解できる
付録B 株式市場の仕組み
付録C 食事と栄養の基礎:ガラクタを入れればガラクタが出てくる
付録D 健康な食事の方法:ピザは食品群ではない






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル
著者 :ジョン・ソンメズ
楽天では見つかりませんでした
SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 時間の浪費を見つける方法
 繰り返しタスクは目標見直し期限を設ける
 「教える」のではなく「シェアする」意識
 集中力を高める環境の作り方3:アプリを閉じる
 集中力を高める環境の作り方2:机の上にはなにもおいてはいけない
 メールの自動受信はオフにしておきなさい
 Pomodoroテクニック
 新しい知識で遊ぶと知識が身につく
 自分をブランディングする方法
 迷ったら「やりなさい」

●このテーマの関連図書


プリンシプルオブプログラミング3年目までに身につけたい一生役立つ101…

RealWorldHTTP―歴史とコードに学ぶインターネットとウェブ技術

エラスティックリーダーシップ―自己組織化チームの育て方

ZEROBUGSシリコンバレープログラマの教え

新装版達人プログラマー職人から名匠への道

カンバン仕事術






■参考図書 『目覚めよ!生きよ!





立ち読みできます立ち読み可
女流作家ドロシア・ブランドにより1936年に出版されるや瞬く間に全米ミリオンセラーとなり、今も世界中で読み継がれている成功哲学の古典『Wake up and Live!』の初の日本語訳版。この本で語られている最も重要なコンセプトは、人間の心の奥底にひそむ「失敗しようとする意志=破滅願望」の存在である。
「成功の公式」として紹介される内容はシンプルですが、明快な行動基準として示され、実に80年近く前に書かれた内容なので、事例などは少し古さを感じさせるが、根本的にはいまなお通用する原理原則である。また「as if の法則」など近年再び話題となっている考え方も平易に紹介され、多くの方の人生にとって、示唆が多い一冊となるだろう。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

目覚めよ!生きよ!
著者 :ドロシア・ブランド

目覚めよ!生きよ!
検索 :最安値検索

目覚めよ!生きよ!
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 まるでできたかのうように振る舞うと本当にできる
 目覚めよ!生きよ!:さあ、第一歩を踏み出そう
 希望は放置しておくと腐ってしまう
 「同じ轍を踏む」ようにするとうまくいく
 「同じ轍を踏む」ようにするとうまくいく
 その他大勢から抜け出す6つの習慣
 目覚めよ!生きよ!:あまり重要でない才能の芽を伸ばす
 目覚めよ!生きよ!:過去の成功の感触を取り戻す
 目覚めよ!生きよ!:「行動すれば力がつく。行動しない人には力がつかない。
 仕事が完了したらすぐに次の仕事にとりかかる

●このテーマの関連図書


世界最強の商人(角川文庫)

繁栄の法則その二

8つの鍵





■同じテーマの記事

時間の浪費を見つける方法

どう頑張っても1日は24時間しかありません。生産性という意味で時間あたりの生産性を変えることはできますが、物理的な時間を伸ばすことはできません。時間あたりの生産性を改善するために、過去記事でもいろいろなハックをご紹介しましたが、トータルでみると、生産性改善よりもムダに捨てている時間を有効な時間に使うほうが効果があります。単純に言えば、睡眠の時間を削って仕事ややりたいことに当てれば、1日の生産量は向上します。ただし、長続きしないで..

繰り返しタスクは目標見直し期限を設ける

習慣として繰り返し実行するタスクというのはどのくらいあるでしょうか。自分の環境で言うと、仕事の半分近くがこの繰り返し実行するタスクで占められているようです。仕事だけでなく、勉強についても「毎月10冊はビジネス書を読む」とかいうものもあると思います。極端な話、たとえば「毎食後歯を磨く」みたいなものもありますね。これをどのくらい「タスク」として登録していますか?実は、タスクとして実行するようになると、きちんと達成するとい..

「教える」のではなく「シェアする」意識

よく言われることですが、何かに熟達したいと思ったら、だれにでもできる方法があります。他人に教えることです。ただ、どうもこの「教える」というのはハードルが高いです。つい、自分に「他人に教える程の知識があるのか」と疑問に思っちゃいますので。でも、実は誰にでもできることなんです。「教える」こと子供の頃に、「先生が生徒に教える」というイメージがついているので、ある程度熟達した人が、未熟な人に対してやる行為みたいな気がします。..

不意打ちでYESと言わせる方法

あまりしょっちゅうは使えませんし、応用範囲も広くはありませんが、簡単な頼みごとをするときに使える便利な方法があります。不意打ち効果不意打ちの要求や質問でYesと言わせる説得の技法:不意打ち効果と誤前提暗示不意打ちで頼みごとをされると、誰もが一瞬、思考停止に陥り、承諾の返事をしてしまいます。ひとまず受け入れたほうが無難という暗黙知もあるからです。先輩:吉村くん!今からすぐ..

褒めるのは難しいけど教えてもらうのは簡単

「エンハンシング効果」という心理学用語をご存知でしょうか?動機付け人にやる気を起こさせる「動機付け」には、2つあって「内発的動機づけ」と「外発的動機づけ」があります。これは言葉の意味どおりなのですが、自分自身の要因でやる気になる場合と、外的要因によってやる気になる場合です。この「内発的動機づけ」で有名なもので、「アンダーマイニング効果」というものがあります。要するに、内発的動機付けによって頑張っていたものが、外部からの..

確証のワナ

「確証のワナ」というのは、以下の本に紹介されている言い回しです。わたしたちはみんな、世の中の流れや自分の将来、今後の経済の状況、投資先の発展、仕事の成功など、あらゆることを推測しなければならない環境に置かれている。予想せずに生活することはできない。だが、その予想があいまいであればあるほど、「確証のワナ」の影響を強く受ける。「人間はもっとも優れた生物だ」と考えている人は、そ..




posted by 管理人 at 09:06 | Comment(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: