学習する組織:「3.メンタルモデル」の考え方の基本



学習する組織』から、5つのディシプリン(構成要素)を引用してご紹介します。本日は第3回。

 前年度末に売上目標のため無理をした結果、今年度は期首から大幅な目標未達。
 マネジャーが「自分がやった方が速い」と仕事を抱え込む結果、部下が育たず悪循環。
 会議では有力者の発言ばかりが目立ち、それに疑問を示せる雰囲気ではない。




思い当たるフシがありませんか。「学習する組織」のアプローチが役に立つかもしれません。

■メンタルモデル


ドラッカーは、その著書の中で下記のように言っています。

 自らをマネジメントするためには、強みや仕事の仕方とともに、自らの価値観を知っておかなければならない。組織には価値観がある。そこに働く者にも価値観がある。組織において成果を上げるためには、働く者の価値観が組織の価値観になじまなければならない。同一である必要はない。だが、共存できなければならない。さもなければ、心楽しまず、成果も上がらない。

自分自身のメンタルモデル、いわゆる「自分自身の思考のクセ」を認識しない限り、それを克服することはできません。




■エニアグラム


個人的に、このメンタルモデルというのは、幾つかの分類方法があります。その中で「エニアグラム」と言うものがあります。

この「エニアグラム」とは、その人の育ってきた環境や性格などから形成されたその人の「こだわり」に着目した分類方法で、9種類に分類されます。

これは

 (1)完全でありたい人
 (2)人の助けになりたい人
 (3)成功を追い求める人
 (4)特別な存在であろうとする人
 (5)知識を得て観察する人
 (6)安全を求め慎重に行動する人
 (7)楽しさを求め行動する人
 (8)強さを求め自己主張する人
 (9)調和と平和を願う人

の9つで、よく心理学などで「アンカー」などと表現されます。

私は、(5)に相当するみたいなのですが、割と簡単な質問に答えるだけで数字として評価できるそうです。

詳しくは『9つの性格』を参照していただきたいですが、テストは以下のページでも公開されています。

 エニアグラム無料診断
 簡易タイプ診断

ネットで探せば似たようなページはいっぱい出てきます。

■メンタルモデルを理解する


センゲは著書『学習する組織』でメンタルモデルについて以下のように紹介しています。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●メンタル・モデル
メンタルモデルとは、私たちがどのように世界を理解し、どのように行動するかに影響を及ぽす、深く染み込んだ前提、一般概念であり、あるいは想像やイメージでもある。

私たちは自分のメンタルモデルや、それが自分の行動に及ぼす影響に意識的に気づいてはいない場合が非常に多い。

たとえば、ある同僚が上品な服装をしていると感じると、「彼女は上流階級の出身だ」と心の中で思うかもしれない。

みすぼらしい服装の人のことは、「彼は他人からどう思われるかを気にしない人だ」と思うかもしれない。

さまざまな経営環境で何ができ、何ができないかについても、やはりメンタルモデルが深く刻み込まれている。たとえ新しい市場や時代遅れの組織慣行について洞察をもっていてもその多くが実践に移されないのは、強力な潜在的メンタルモデルと刈立するからである。

たとえば、1970 年代前半、ロイヤル・ダッチシェルは、隠れたメンタルモデルの影響がいかに広範囲に及ぶかを最初に理解した大組織の一つとなった。世界の石油ビジネスにおける前例のない変化の時代「石油輸出国機構( OPEC )の設立、原油の価格や供給力の板端な変動、ついに起こったソビエト連邦の崩壊ーにあった 1970 年代から 80 年代にかけてのシェルの成功(七大石油会社の中で最も弱小な企業から、エクソンと並ぶ最大手へと上り詰めた)は、変化の準備をするためのディシプリンとして、マネジャーのメンタルモデルを浮かび上がらせ、それに立ち向かう方法を学習したことに負うところが大きい。

80 年代にシェルのグループ・プランニング・コーディ不ーターであったアリー・デグースは、変化し続けるビジ不ス環境において継続的に適応し成長できるか否かは、組織としての学習にかかっていると言った。

 組織としての学習とは、経営陣が会社や市場、競合企業について自分たちが共有するメンタルモデルを変えるブロセスである。それゆえ、私たちは副画を学習と考え、企業計画を組織としての学習と考えるのだ。

メンタルモデルに働きかけるというデイソプリンの第一歩は、鏡を内面に向けることである。

つまり、私たちの内面の世界観を掘り起こし、それを浮かび上がらせ、厳しく精査できるように保持するのだ。

また、このディンプリンには、探求と主張のバランスがとれた「学習に満ちた」会話を続ける能力も含まれる。そのような会話では、人々は自分自身の考えを効果的に表出させ、その考えが他の人の影響を受け入れるようにする。

ピーター・M・センゲ(著) 『学習する組織
―――――――――――――――――――――★


本書では「メンタルモデルを克服しなさい」とは書いてないですけど、一般にはよく「メンタルモデルを克服する」という言い方がされるみたいです。

どうも「克服」というと、今のメンタルモデルが間違っているような感じを受けてしまうのは私だけでしょうかね?

本書を読んでみると、おそらくメンタルモデルというのは、克服する対象ではなく、自分自身の考え方が「どのように偏っているか」を理解し、その偏りをうまく補正したり利用したりすることなのではないかと思います。

「誰かの行動を見て腹が立った」みたいな経験はあると思います。たとえば、「並んでいる列に割り込まれた」とか。

ちなみに今は割と少なくなったような気がしますが、中国では、割り込みなんて当たり前です。だれもそんなこと気にもしません。

そうしたときに、自分の中のメンタルモデルを知るチャンスなのかもしれません。




■参考図書 『学習する組織




「学習する組織」とは、組織の進化をシステム思考をベースに5つの原則(Five Deciprines)にまとめたもの。組織的学習と組織のあり方の集大成といえる一冊。自分の部下を持ったらまず最初に読むべき本の一冊。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

学習する組織
著者 :ピーター・M・センゲ
楽天では見つかりませんでした
学習する組織
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 努力と成果は比例しない。その1
 社長は君のどこを見て評価を決めているのか2
 学習する組織:マネジメントを学ぶよりも「話す」ことが効果がある
 問題発見力養成講座:システムシンキングの6つのメリット3
 問題発見力養成講座:階層を意識してレバレッジポイントを見つける1
 学習する組織:「学習する組織」に最終目的地や最終的な状態はない
 学習する組織:マネジメントの一般的体系
 目標は自分だけが管理できる
 勉強好きはどのように昇進・昇格に影響する
 昇進・昇格のウラ話

●このテーマの関連図書


「学習する組織」入門――自分・チーム・会社が変わる持続的成長の技術と…

U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術

なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流自己変革の理論と実践

学習する学校――子ども・教員・親・地域で未来の学びを創造する

マンガでやさしくわかる学習する組織

最強組織の法則―新時代のチームワークとは何か






■参考図書 『9つの性格





立ち読みできます立ち読み可
エニアグラムは「性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム」で日本でも知られるようになったが、現在では入手は困難。エニアグラムに関する関連書籍も多数あるが、管理人の独断で本書を紹介。
「人間は、九つの本質の中の一つを与えられて、この世に生を受ける」―世界各国で科学的に検証され、日米の一流企業で人事研修にも採用されている、神秘の人間学“エニアグラム”。自分のタイプを知り、囚われから解放されれば、自らの能力と個性を最大限に生かすことができる。まさに新しい生き方を実現するための“人生の地図”なのだ。日本中で話題となったベストセラー。
過去には一部の人にしか伝えられなかった秘伝だった。







◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

9つの性格
著者 :鈴木秀子

9つの性格
検索 :最安値検索

9つの性格
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 定期的に性格診断をする
 中途採用:SPI「性格診断」の落とし穴
 行動原理を知ると人の行動が読める
 多重人格者になる
 ビジネス書名著目録(必須図書)

●このテーマの関連図書


エニアグラム―あなたを知る9つのタイプ基礎編(海外シリーズ)

自分の「性格説明書」9つのタイプ(講談社 α新書)

人間は9タイプ子どもとあなたの伸ばし方説明書

鈴木秀子のエニアグラム活用術―9つの性格を活かす知恵

子どもをのばす「9つの性格」―エニアグラムと最良の親子関係

究極の性格分析エニアグラムで分かる「本当の自分」と「人づき合いの極…





■関連する記事

努力と成果は比例しない。その1

たとえば、昨日一番頑張ったことは何でしょうか?それに見合う結果が出ましたか?普通、サラリーマンをしていると、短期的に成果が出るものは多くありません。また、営業職でもない限り、具体的な成果として数値が上がるものでもありません。なので、時々話をしていて「あ、この人、成果について考えてないな」と感じる時があります。そういう人は多くの場合、「真面目ないい人」なんですよ。どういう時に気がつくかというと、「『なんでもすごく一生懸命』やる」という行動をしている場合です。すごく一生懸..

社長は君のどこを見て評価を決めているのか2

本日は昨日のの紹介の続き。過去記事でも幾つかネタにしたものがありまして、実際経験としてこういったテクニックは役に立ちます。おそらくサラリーマン経験が長くなると、皮膚感覚としてわかるのでしょうが、なかなか文章にするのは難しいですし、それをこれだけ体系的に取りまとめるのも難しいので、今後会社の中であるレベル以上を目指そうとする方には、若いうちに知っておいて欲しい内容です。さすがに筆者が実際にコンサルタントをして得た会社社長の..

学習する組織:マネジメントを学ぶよりも「話す」ことが効果がある

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ピーター・M・センゲ本日のお言葉:マネジメントを学ぶよりも「話す」ことが効果があるお言葉の出典:『学習する組織』会社がより多く儲かるためには、マネジメント体系をしっかり作り上げることが必要です。それによって、社員一人ひとりの力を特定の方向に集約し、ひとりでは出せない大きな成果を出せるようになります。一言で「マネジメント」と言っても非常に膨大な事柄や、そのひとつひとつの構..

問題発見力養成講座:システムシンキングの6つのメリット3

システムシンキングのメリットについて、『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』を引用しつつ、拙いながら、システムシンキングを学んできて感じたことをちょっと書いてみたいと思います。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、システムシンキングのメリットとして、以下の6つを上げています。1.経営上の課題を大..

問題発見力養成講座:階層を意識してレバレッジポイントを見つける1

たとえば、現場を社長が見回るといろいろな現場の人間では気づかなかった指摘点がでる、ということがあります。過去記事ものの見方の10パターン01:ものの見方の10パターンで書いたように、同じものを見ていても、その見る人によって異なるものが見えるわけです。もちろん、人間の「見るための神経系」には違いはありませんから、物理的には違いがありません。見えたものからなにを読み取るかが違うわけです。ものの見方の4階層このものの見方の10パタ..

学習する組織:「学習する組織」に最終目的地や最終的な状態はない

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ピーター・M・センゲ本日のお言葉:「学習する組織」に最終目的地や最終的な状態はないお言葉の出典:『学習する組織』「学習する組織」とは何か?に先立って、本書『学習する組織』で著者ピーター・M・センゲが強調しているのが、この言葉です。学習する組織を築くうえで、最終目的地や最終的な状態はない。終生旅が続くのみである。「この取り組..



■同じテーマの記事

学習する組織:マネジメントの一般的体系

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ピーター・M・センゲ本日のお言葉:マネジメントの一般的体系は8つに集約できるお言葉の出典:『学習する組織』本日は、お言葉単体では訳の分からない言葉になってしまいましたが、私個人が非常に重要だと思っているので、ちょっと無理やりですが、ご紹介します。教師が目標を設定し、生徒はその目標に応える。教師は答えをもっており、生徒はその..




posted by 管理人 at 07:49 | Comment(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: