判断は神様に委ねる





「やるべきか、やらざるべきか。それが問題だ」なんて悩むことはありませんか?

よく自己啓発書などにもあるように、やってみないとわからないことって多いですよね。頭ではわかっているつもりなんですよ。
でも、いざやろうとすると、もし「この判断は間違いではないだろうか」とか「失敗したら」とか「うまく行かなかったら」と不安になったりします。

よく考えてみると、不安になっている原因は「間違えること」ではなく、「間違った判断をしたと後で後悔すること」ではないかと思い当たります。

最終的には、

 「やってみればわかるさ

と思ってやるしかないのですが、それをちょっとだけ後押しするシステムをご紹介します。



※相変わらず長い前フリですね…

■サイコロ


そのすごいシステムを支えるツールは

 サイコロ

……しょうもないものですみません。m(_"_)m

選択肢が2つなら

 偶数が出たらAをする
 奇数が出たらAをしない

みたいに決めます。

選択肢がそれ以上なら

 1だったらA
 2だったらB
 3だったらC
   :

のように決めます。

ひとつ注意事項。
忘れちゃうかもしれないと思って、

 何かに書いてはいけません

考えるだけにしてください。




■決定する


さて、決まりましたか?

ではサイコロを振りましょう。

手の中で心回しながら、「どっちが出て欲しいかな〜」って思います。で、手をひっくり返して机の上にサイコロを押し付けます。

 まだ見てはいけません

さて、いくつが出ている思いますか?

 「きっと偶数だ」

と思ったら、それでおしまい。
サイコロは見ずに、片づけましょう。

あなたの結論は偶数。「Aをやる」という結論です。
それが

 決定事項

です。

■神様に聞く


どうしても見たい?

わかった。見てもいいですよ。

「あら〜。奇数でした」

ちょっと残念に思いました?
でも神様が決めたんですからね。

 Aをやることにしましょう

あれ?、と思った方、気にしてはいけません。

「残念に思った」ということは、あなたは本当はやりたいんです。だから、最初から「奇数が出たらAをやる」と決めていたことにしましょう。

つまり、結果を見て

 嬉しかった → 最初に決めたルール通り
 残念だった → 最初に決めたルールを勘違いしていた

ということです。

■じゃぁやる


もう神様が決めてくれたんだからやるしかないです。

さっさと初めましょう。

一番勿体ないのは、決断を先延ばしすることです。

先延ばししても何も変わらない。それがあなたの思考を奪った上に、時間を消費させる、スタートするタイミングを逃す、ひとつもいいことはありません。

もしやらないとしても、「神様のお告げだから」。
神様が間違うんだったら仕方がないですよね。



■同じテーマの記事

手書きメモの効用

毎日、1ページはノートに何かを書くことにしています。ノートであって、メモではありません。わたしの知る範囲だと(物理的な)ノートにメモを書いている人が多いですが、私の場合ノートとメモは別物です。ノートはあるテーマに沿って、それについて考えたこと、思いつくことなどを書き出し、いわゆる「ゲシュタルト」を作る作業スペースです。メモは、覚えておきたいこと、大事なことを記憶しておくためのスペースです。これらは全く別物。物理的にも..

神様が決めてくれる

「あれをやるべきか、やらざるべきか。それが問題だ」なんて悩むことはありませんか?やる・やらない問題よく自己啓発書などにもあるように、やってみないとわからないことって多いですよね。でも、いざやろうとすると、もし「失敗したら」「うまく行かなかったら」と不安になったり、「でも難しいしなぁ」と後ろ向きになったりします。私の場合、最近悩んだのがNexus7の購入。「買っただけの効果が出せるんだろうか?」「もし無駄になったら2万円は痛いよなぁ」「きっとすぐに新し..

1440分の使い方

本日は、時間術に関する本のご紹介。署名:『1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣』著者:ケビン・クルーズ概要7人の億万長者、13人のオリンピック選手、29人のオールAの学生、そして239人の起業家の計288人への取材から導き出され、著者自身も活用している、時間管理と生産性向上にまつわる多くの秘訣を紹介しています。本書の特徴は、上記の取材した人たちのコメントつきでいろいろな秘訣を紹介し..

判断は神様に委ねる

「やるべきか、やらざるべきか。それが問題だ」なんて悩むことはありませんか?よく自己啓発書などにもあるように、やってみないとわからないことって多いですよね。頭ではわかっているつもりなんですよ。でも、いざやろうとすると、もし「この判断は間違いではないだろうか」とか「失敗したら」とか「うまく行かなかったら」と不安になったりします。よく考えてみると、不安になっている原因は「間違えること」ではなく、「間違った判断をしたと後で後悔すること」ではないかと思い当たります。最終的には、..

ものの見方の10パターン08:構造

多くの仕事の中で、自分の能力をフルに使わないといけない仕事は、自分の持っている専門知識を使って「ものごと」を分析して、その分析結果に基づいて次の行動につなげていくという作業なのではないでしょうか。「××について検討しなさい」「について調査しなさい」「の課題はどのように対応しようと考えるか?」こんな課題が与えられた時に、上司をうならせる分析手法があります。私はこれをものの見方の定番と呼んでます。このシリーズ(最近多いなぁ)はこれらを一気に紹介..




posted by 管理人 at 05:02 | Comment(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: