成長には環境の変化が最も有効




世の中の成功者と言われる人の経歴を見ると、スタートは普通のサラリーマンだったけど、途中から会社をスピンオフしたり、すごい経験をしたりして、そこから普通のサラリーマンではない道を歩いて見える方がおおいようです。

ある会社に入って、その部署一筋みたいな人はすくなそう。




■自分が成長するために最も必要なことは努力ではない


私は面倒くさがりなので、「楽をする方法」には強い関心があったりしますが、自己実現なんてのはあまり興味がなかったりします。
もちろん、「楽をする」だけでは生活できないので、「高い評価をもらいつつ楽をする」というところが目標

一方でよくセミナーや講習会などに行くと成長や自己実現のために、いろんな勉強をしている人と出会います。すごく物知りな人が多いです。一生懸命勉強しているんだなあと感心したりします。

ただ、世の中の成功者の自伝・他伝などを読むと、「一生懸命勉強した」ではなく「おかれた環境が激変し、結果として成長した」というパターンが多いようですね。

要は、人は自ら脱皮するのではなく、環境によって無理やり脱皮させられるのではないかと。

「成長する」ためには努力することではなく、新しい環境に身を置くことではないかと。
もちろん、その環境で活躍するためには努力が必要なのですが、努力はそのためのツールに過ぎなかったりする、と。

そういえば、「孟母三遷」なんて言葉もありますね。




■環境を変えるために努力する


自分の成長を促したいのであれば、自分の置かれた環境を変えてみることだと思ってます。

成功者は環境を激変させているからと言って、環境を激変させた人がすべて成功者になっているわけではありませんので。
その他大勢は、環境の変化についていけずに…(略)…

もちろん、違う会社・異なる業界に身を置くことでより成長は促されるのでしょうけど、当然それにはリスクも伴います。
リスクを避けつつ環境を変えるためには、部署を変わるだけでも十分良い経験をつめるはず。

まあ、凡人があまり高望みをしてもよくないでしょうから、手近なところからでいいんじゃないかと。

同じ人間、同じ環境にずっと身を置くと間違いなく異なる発想を持たなくなります。

異なる世界に生きている人間のサークル、できれば異なる言語や異なる文化と宗教を持つ人間のサークルに入ってみれば良いです。

全く異なる世界に少数派として身を置くことでものの見方は変わります。
変わったことが認識できれば、複数のものの見方が身につきます。

■気分がすぐれなければ出かけてみる


まあ、「自己実現」なんて大げさな話ではなく、「どうも気が乗らない」「なんだか気分がすぐれない」みたいなときは、自分の環境を変えてみると気分は変わります。

なにか新しいことをやるのはハードルが高いですが、ちょっとお出かけてして違う空気を吸ってみると思わぬ発見ができるかもしれません。

でかけようにも足がないときには、家の中の大掃除や模様替えだけでも。
私は年に1度くらいのペースで、部屋の中の模様替えをしてます。机の位置をちょっと変えるくらいですが。

PC をよく使うのであれば、今まで使っていたアプリをやめて、別の同じような機能のアプリにしてみるだけでも、結構モチベーションは変わるものです。

なるべくなら自分だけでクローズしない、他人と関わるようなことを変えるのが効果は高いですが、最悪、ものが置いてある位置が変わるだけでも、気分は変わるかもしれません。




■同じテーマの記事

リーダーになれないなら事務局になる

リーダーになりたくてもなれない年齢が30台になってくると、何かと他の人達の取りまとめを頼まれる機会が多くなります。多くの管理職は、次の管理職を育成する義務があるので、管理職候補としてまずはなにかの小さなプロジェクトをやって、マネジメント能力やリーダーシップ能力を見ようとします。その結果、ある程度の年齢になると、取りまとめ役を頂戴する機会が増えるわけです。ところが、少人数のグループだと不幸なことが起きます。若い人が入ってこないの..

成行(なりゆき)メモ

以前の記事でAARという方法を書きました。ちょっと引用すると改善/AARは、それをどうやったら改善できるかのアイディアを検討するところです。AARというのは「アフター・アクション・レビュー」という言葉の略で、米国陸軍が開発したやり方です。ビジネス書などを読んでいるとよく出てきます。知りたい方は

アイディア貯金

普段、財布を2つ持ってます。一つは普段使う財布。もうひとつは貯金箱替わりです。それで、1日に終わりに、今日は何かアイディアがでたら、貯金箱替わりの財布に10円移動します。さらに、そのアイディアを評価して、実現可能なものは0円〜200円の間で評価します。いいアイディアで、今日から実際にやり始めたものは100円以上。愚にもつかない様なものなら0点。こうしていると、案外お金がたまります。このお金がたまったら、家族にはないしょで一人であ..

必勝の時間攻略法

古い本ですが、過去記事でも何度も取り上げた本の要約をご紹介します。『脳を活かす!必勝の時間攻略法』は、副題として「1日を26時間に増やす35の鉄則」とされています。その通り、灘高→東大、元NHKアナウンサーにして医師であり、衆議院議員公設第一秘書も務めた「奇跡のマルチ人間」が最新の脳科学に基づいた時間活用法を紹介した本です。過去記事でもプライムタイムを見つける成果が倍になるコマ割り時間術午前・午後の仕事時間の活..

「組織は戦略に従う」が「技術は戦略をくつがえす」

ちょっとビジネス書といえるかどうか微妙ですが、個人的にとっても面白かった本をご紹介します。アルフレッド・D・チャンドラーが『組織は戦略に従う』を発表したのは今から半世紀近く前ですが、これは未だに真理として使われることが多いようです。このほか、「戦略は組織に従う」とかいろいろな派生バージョンがあるようで、この本も「ビジネス書」の分類で、マネジメントの一種としての技術開発についてだと思って読んだら、意外や意外。こ難しい理屈抜きに楽し..

ペンとメモ用紙を持っている人だけがいい情報にたどり着ける

ちょっとペンとメモ帳を出してみてください。3秒以内に用意できた人、すばらしい!あなたには特別な情報が待っています。多分……人間の脳には3秒以上保存ができない人間の脳にはワーキングメモリというメモリがあって、非常に短時間だけ情報を持つことができるそうです。だいたい7つくらいだと言われています。このワーキングメモリのデータの保存期間はすごく短くて、3〜5秒と言われています。つまり、なにかヒントになることに引っかかったと..




posted by 管理人 at 08:58 | Comment(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: