面接試験:「納得してもらう」ことは必達事項ではない




昇進・昇格面接、中途社員面接などで、定番の質問があります。

 「あなたの意見(やろうとしていること)に反対した人をどのように説得しましたか?」

私の経験では、ほぼ100%、こんな答えです。

 「それをやることの意義を粘り強く話し合って、理解していただきました」

私の経験では、「それはダメだ」と言っている人とどんなに話し合っても了解を取り付けることは非常に困難です。なのに、面接に来る人はみんな「ちゃんと説得できた」って言う。




どうも、私がよほどデキがわるいのか……?

■説得ができないことの意味


まず、相手が納得できないことの意味を冷静に、深く考えることが必要です。

双方か、どちらかが、仕事の経験や知識、情報などが足りないか、あるいはそもそも、話し合う意志や考えが何らかの理由で希薄であることなどが考えられます。ここらへんは別記事で書きましたので詳しくは省略。

いずれにしても、こうした相手の事情や考え方をふまえずに、「自分に非があったんじゃないか」「自分の説得力が足らないのではないか」などと自分を追い詰める必要性はないと考えています。

そもそも、問題というのは、2つの事象がひとつのものをコントロールしようとしたときに起きるものです。
詳しくは過去記事

 なぜなぜ分析2:原因は一直線ではない

を参照していただきたいですが、説得について言えば、自分だけが結論を出そうとしていて、あいてがその結論になんら興味・関心が無いときには、合意不成立にはなりません。あいてに何らかのその結論に意思があるから合意ができないんです。

つまり、合意ができないのは、自分だけに問題があるわけではなくて、相手にも問題があって、両方がかち合ったから今の結果があるわけです。

言い換えると、必要以上に相手に気を使ったり、自分を責めたりする必要はないということです。
もともと相手は、あなたと話し合う考えなどないかもしれないのですから。




■あきらめる


世間一般の価値観としては、「相手と粘り強く話し合うことが大切」と思われています。私も、そのことに異論はありません。だからこそ面接などでは、「粘り強く説得した」というわけですから。

ただし、これがあらゆる場においても通用する考えとは言い難いです。
お金やそれに絡む欲などがあるのがビジネスである以上、メリットのない相手と根気よく話し合うことは、その投資対効果を減衰させるものでしかありません。

これは、職場における上司と部下の関係にもいえます。

例えば、自分の意に逆らい続ける部下がいるならば、どこかのタイミングで上司は、その部下を心の中で遠ざけるようになります。

 「あいつはほっとけ」

そういう判断をするということです。そして、会話をしようとする意欲自体もなくなります。

ある程度経験を積んだ人には当たり前のように見えますが、意識が若い人は、どうもこうした「建前としての話し合いや説得」に洗脳(希望)されている場合もあって、「ちゃんと話し合って納得してもらわなくちゃ」と自分を追い込んでしまう人もいるみたいです。

■話し合いは相手を言い負かすこと


説得・話し合いをするということは、部分的にかもしれませんが、相手の考えや意見などを否定することです。それまでその人がやらなかったことを「やれ」というのですから。

それには細心の注意を払うべきなのですが、本当にそれを意識している人はどのくらいいるのでしょうか。

つまり、相手に打ち負かされたという意識を持つ可能性がある行為である以上、逆説的だが「話し合う」「説得する」べきではない相手はいるということです。

タイミングや場所、状況がそぐわない場合もあります。

話し合うことが大切」と何度も教えられている人は、無批判にその教えに従いがちなのですが、本当にそれが大切なのかについて思い致す必要があるのではないかと

私の経験をもとにあえてドライな言い方をすれば、話し合ってはいけない人はいます
広い視野で考えると、そのほうが双方にとってプラスになることもあるわけです。

かなり暴論なのかもしれませんが。

■話し合いは不要


例えば、自分に害意を持っている、あるいは認めようとしない上司や先輩に気を使い、無理に話し合う必要などないということです。敬意を何ら払わない後輩と深く会話をする必要はない、と考えます。

同じ職場にいて口すらきかないのは問題がありますし、仕事が滞るのもダメです。ですが、「この人とは会話ができない」と思うならば、それを心に秘めて、必要最低限度の通達だけしておけば十分なのかもしれません。

ビジネス書やビジネス雑誌などに目を通すと、「上司や周囲の社員との良好な関係づくり」などの記事をよく見かけます。ビジネス関連のWebなどを見ていても、コミュニケーションについて述べた記事は少なからずあります。

それはそれである意味「重要な意識すべきこと」なのかもしれませんが、それを信奉する必要はないと考えます。
建前として「話し合いでちゃんと納得してもらう」ということは重要です。ただ、それ一択というのでは多分、体や心がもちません。

嫌だと感じるような人と一生懸命、誠心誠意会話をする必要もない、ということを表面に出さずに持っていてもいいのではないかと考えたりする今日このごろだったりします。

その人が説得できなければ、それ以外のやり方がたくさんあるのですから。別の道を考えましょう。



■関連する記事

スタートメニューで起動するアプリを自動化する

個人的な好みから言えば、インストーラがなくて、ただフォルダにコピーするだけのアプリが好みなのです。しかし、最近の殆どのアプリはインストーラがついていて、環境を勝手に判断してインストールがされるようです。自分で作った AutoHotKey や UWSC などの自動化ツールのスクリプトでそのアプリを起動させようとすると、そのアプリの実行ファイルのありかを調べて、パスを書かないとちゃんと起動させられません。ところが、ときどき環境やバージョンによってインストール先が変わったり..

昇進申告書はアウトラインが重要

そろそろ今年度の昇進・昇格の季節ですね。ウチの会社では、6月に昇進・昇格対象者が決まり、6月中に昇進申告書と推薦書を人事に提出して、7月から8月にかけて面接試験、9月末に結果発表と進みます。私の部下にも対象者がいるので(いない年があるほうが珍しいですが)、昇進申告書の添削に結構気を使ったりしてます。5段階レポート作成術何かレポートを作ったり、プレゼン資料を作ったり、はたまた昇進申告書を作ったりするときに、意識している作り方があります。・テーマを決める..

引き継ぎをする

サラリーマンは、だいたい期末や期初に業務や担当が変わったり、昇進昇格によって仕事内容が変わったりします。そのときに、以前その業務をやっていた人がいるはずですよね。あらたに仕事を作ったのではない限り。そういうときに、前任者からきちんと引き継ぎをしてもらってますか?実はわたしは引き継ぎをしてもらった経験があまりありません。知らない人が困っても痛くも痒くもない一番仕事で困るのは、「その前がどういう状態だったのか」がわから..

貧乏人の経済学

今週は夏休みにぜひ読んでほしい本を紹介していきます。本日は、この一冊。貧乏人の経済学 - もういちど貧困問題を根っこから考える本書は、仕事のスキルを伝える本ではありませんが、「貧乏人」→「仕事で成功しない人」と置き換えて読んでも全く違和感がありません。おそらく、経済的な貧乏人と仕事をする上での成功しない人はほぼイコールだからでしょう。結局「仕事ができない人」というのは、経済的に貧乏な人と同じく、「投資していない」という事なのか。というのが本を読んだ感想..

昇進面接質問のブレークダウン

本日は昇進・昇格面談を控えた人に向けた使ってほしい実績アピールの技術について。前振りウチの会社では6月〜7月が昇進・昇格のための面接試験の季節です。最近、TOIEC試験も義務化されたため、「今の若い人はたいへんだなぁ」と思わざるを得ません。なにしろ、英語も勉強しなくちゃいけないし、その上面接でどのようなことがきかれるのか、どうやったらうまく受け答えできるのかも学ばなければなりません。新卒で採用される時や転職における面接技術というのは本もいっぱい出てますけ..

目標の階層を分ける

自己啓発書などを読むと、「到底届かないような目標を掲げて、それに邁進することでより大きな達成ができる」とか書いてあります。まあ、それはそれで効果がある人にはあるかもしれませんが(あたりまえか)、平凡なサラリーマンが、「年収1億になる」なんて目標を立てたり、「社長になる」なんて言っても自分へのプレッシャーになるだけでたいして効果はないかもしれません。目標の段階プロジェクトマネジメントの勉強をすると、最終的な目標中..



■同じテーマの記事

長期計画は決めない

業務をする上で、計画(スケジュール)は必須です。ところが、この計画、たてた途端に遅れ始めるのが困りものですね。全く不思議でなりませんが、そうなるものは仕方がない。本日は効率的な計画の建て方。計画の建て方のクセ計画をたてるときに、どんな計画を書くかは、人によってパターンがありそうです。もちろん、会社の社風やそのプロジェクトの重要度にもよって変わってくるでしょうけど、普段の自分自身の計画の建て方が、大勢で計画を立てている時も同じようにクセとして現れます。..




posted by 管理人 at 05:01 | Comment(0) | 交渉・会議・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: