上司があなた「だけ」を叱る理由



上司から叱られやすい人と叱られにくいひとがいますよね。もちろん、よく叱られる人というのはミスが多いとか、上司に目をつけられやすい位置にいるとか色々あるとは思いますが。

ただ、その叱られ安い人が自分だったら結構会社はつらいものになっちゃいますよね。

どうも同じようなミスをしてもあいつは叱られないのに自分には上司がガミガミ・ネチネチ言ってくるみたいな気がする。そんな気がするようになるとますます上司の視線や言葉尻が気になって、萎縮してしまってさらにミスをして叱られる・・・なんて悪循環が起きます。




■叱られやすい人の特徴


私が勝手に分析した上司に叱られやすい人の特徴

 ・上司の欠点と同じような欠点を持っている人
 ・上司に反発・反論しない人
 ・上司の嫌いな特徴(体型、声、態度・・・)のある人
 ・叱られても行動が変わらない人

その叱られる人自身の問題もありますが、上司から見てという視点で言うとこんな感じかもしれません。





■上司の欠点と同じような欠点を持っている人


上司であっても普通のサラリーマンです。

欠点も色々あります。おそらく何十年も人間をやっていれば、自分の欠点くらい気がついてます。
自分の欠点は意識している事が多いので、他人が同じような欠点を持っていると、これがすごく気になったり、イヤというかイラつくんですよ。

それが上司が「おまえは〜」といいたくなる原因の一端ではないかと。
※心理学的には「投影」といいます。

要は鏡に映った自分に腹を立てているのですが、それが上司という立場になると、「部下を指導する」という名目を利用して部下を叱ることができるわけ。

もちろん、その上司が大切にしているポリシーやルールに反することを部下がしたという場合もあります。
でも上司がポリシーにしていること自体が、上司が「それができていない」と意識しているということの証明。

たとえば、事故がない職場で「安全第一」なんて標語を掲げないでしょう。事故が起きるから「安全第一」って言うわけですよ。つまり安全じゃない職場。「整理整頓」なんかも同じ。整理整頓できている人なら、整理整頓をしていること自体を意識していませんよ。

■上司に反発・反論しない人


上司がどれほど論理的に矛盾したことを言ったとしても、「はい」「はい」と返事する人というのも叱りやすいです。
なにしろ反撃される危険がない状態というのは、安心して攻撃できますから。

上司・部下の関係であっても、差が大人と子供みたいな状態ではありません。つまり、物理的(身体能力)にも言語的(論理能力)にもほぼ同等の力があるんですよ。なので、上司としては自分が上であると確実に認識できるのは、地位以外にありません。

その地位を利用して相手をやり込めるわけなので、やり込められるだけの優位がないと突っ込めない。
だから、反発しない人のほうがやりやすい。

反発する可能性がある人に対しては、相応に反発されたときの対応方法を用意しないと怖いですから。

■上司の嫌いな特徴(体型、声、態度・・・)のある人


上司であっても人間なので好き嫌いはあります。これに論理が入り込む余地はありません。
いくら心理分析ができたとしても、嫌いなものはどうやったって嫌いなのですよ。

で、「嫌いだ」「いやだ」と一度思ってしまうと、それが無性に気になる、目につく状態になります。

目に付けば、それが「いつも」みたいに感じてしまいます。気にならないものは記憶してませんから。

で、「お前はいっつも!!」みたいに怒っちゃうわけ。いわゆる「あら捜し」状態ですね。

■叱られても行動が変わらない人


これは叱られる側にも問題があるのですが、「××しちゃダメ」といったことを繰り返す人は上司はすごく嫌がります。

自分が軽視されているように思えるから。ようは自分を尊重してほしいという感情の裏返しです。

もちろん、それが会社のルールに違反しているとか社会人としてマナー違反で、「行動を直して成長してほしい」と思っているという側面もあるでしょうけど、言っても行動を改めないというのは、上司としての自分の権威を軽視されているように感じてしまうということももう一つの側面としてあります。

そうすると最初は論理的に「××はダメ」と言ったとしても、次から「前から何度も言っているだろう!」みたいに感情的になります。
一度感情的になってしまえば、書いたように「気になる」状態になって、余計に目につくようになってさらに怒りがこみ上げてくるという悪循環。

■感情的攻撃は幼児性の現れ


他の人と同じような行動をとっても特定の人だけを攻撃するのは、上記のようにいろいろあるのですが、一言で言ってしまえば、思考が幼稚といえるかもしれません。つまり、感情やその場の勢いだけで物事を判断しているということです。

もちろん、私をはじめすべての人がすべての状態において大人の対応ができるかと言われれば、そんなことはないでしょう。

感情は原初的な情動なので避けることはできません。ただ、それを不用意に現してしまうということは、本来好ましくありませんね。

ただ、それを現すかどうかは相手の問題なので、叱られる側がどうこうできるものではありません。

■回避方法はない


私が過去に読んだ文献・書籍など調べてみましたが、こうした上司からの叱責を回避するうまい方法というのは、あまりありません。
基本的には

 職場から逃げ出す(転職・移籍など)

が最も有効な作戦みたいです。もちろん転職・移籍した先にいる上司がアタリなのかハズレなのかは賭けの要素が強いですが。

同僚や先輩・後輩なら、「距離を置く」という方法もとれますが、上司と距離をおいてしまったら仕事になりませんし、ますます攻撃されるリスクがでてきます。

上司が「気にいらない」と思っているところが、顔かたちや体型みたいにそう簡単に変えられないものならどうしようもありませんが、行動や態度であれば多少は変えられる可能性はあります。

過去記事でもいくつか、上司に気に入られる行動、というのをご紹介しましたが

 会社員は何をもって「優秀」というのか
 メモしてみせる
 上司のモチベーションを上げると仕事がしやすくなる
 決済を素早く貰えば仕事は早くなる1
 成果を出しているのに上司に嫌われている
 上司の嫌いな言葉を探りなさい
 ジョークのなかに本音がある

などで上司をヨイショしてみてはいかがでしょうか。「窮鳥懐に入れば猟師も殺さず」になるかもしれません。




◆このテーマのおすすめ図書



「仕事ができるやつ」になる最短の道

部下を「お客さま」だと思えば9割の仕事はうまくいく

強く生きたいあなたへ

仕事を円滑に進めるには、まず上司が部下に質問しなさい最高の結果を引き出す「質問型コミュニケーション」

教科書に載っていなかった[20代の哲学]

人間を育てる菊池道場流叱る指導



■同じテーマの記事

引き継ぎをする

サラリーマンは、だいたい期末や期初に業務や担当が変わったり、昇進昇格によって仕事内容が変わったりします。そのときに、以前その業務をやっていた人がいるはずですよね。あらたに仕事を作ったのではない限り。そういうときに、前任者からきちんと引き継ぎをしてもらってますか?実はわたしは引き継ぎをしてもらった経験があまりありません。知らない人が困っても痛くも痒くもない一番仕事で困るのは、「その前がどういう状態だったのか」がわから..

期末面談の自己申告を請求書にしてみる

毎年、1年間の業務成果を上司に報告して、上司から業務評価をもらいますよね。いわゆる期末面談。私としてはサラリーマンの最大のイベントだと思っているのですが、どうもぞんざいに扱う人が多いような印象を持ってます。「今やっている仕事が忙しいから」と、当日になって、「エイッ」って書き込んで、誤字脱字のまま提出してくる人もいたりする…。今やっているプロジェクトや仕事は当然大切なのですが、その結果自身で給料が決まっているわけではなく、期末面談で書かれた上司の評価で給料が決まっている..

議論が進まないときの4つの対応方法

何かを提案した会議のファシリテーションや議事進行をしていると、議論がなかなか進まない状態に陥る時があります。大抵の場合は、公式には「やるべき」なんだろうけど、「やりたくない」とか「そんな工数はない」とかの問題があって、メンバーの腰が引けている状態なことがおおいです。まあ、「わっかっちゃいるけどね〜」状態。こういう状態に陥ると、いくら議論しても、ほぼ無駄です。相手は理屈的には説得されているので、納得する理由をさらに提示しても、絶対..

嫌なことは、「もし気分がよかったら」で切り替える

ストレスに対処する方法として「ポジティブシンキング」が挙げられますが、考え方というのは、そうそう簡単には変わりません。別のアプローチで受ける印象を変える方法を紹介します。思考を変えずに状態を変えるそこで一つの方法として「もし、自分がもっと心地よい状態にあったとしたら、どう感じるだろうか」と考えてみます。ポジティブ・シンキングをするのではなく、「過去に自分が心地よい状態であ..

評価されるコツ

どんな職場にも、周囲から絶対的な信頼を集める「エース」的な人がいる半面、誰からも期待されず、お荷物のように扱われてしまう人もいます。入社当初から、「エース」だったわけでも「お荷物」だったわけでもありません。長い時間をかけて、ゆっくりと「エース」や「お荷物」になってしまったのです。これは一体なぜなのか?本日ご紹介する『「辞められると困る! 」と言われる社員がやっている 評価されるコツ』からその原因を一部紹介します。..

通勤どこでも仕事術:毎日5分だけ勉強確保できる確実な方法

何かを初めて勉強しようと思ったら、まとめて時間を取らないとなかなか難しいですが、ある程度基礎勉強が済んで継続的に知識を深くしていくのであれば、毎日少しづつ勉強することが適しています。毎日5分だけ勉強しようところが、この「毎日少しの時間だけ××に当てる」というルーチンはなかなか成立しません。短時間というハードルの低さと、少しづつという成果の見えにくさから、つい「後でいいや」になってしまって、その「後で」が最後まで来な..




posted by 管理人 at 08:15 | Comment(1) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上司を刺し殺す。
それによって抑止力が発生する。
Posted by at 2017年11月02日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: