あなたの上司は大した人間じゃない



上司は、部下の前で虚勢を張ることがままあります。

過去の実績や経験を誇示したり、話を膨らましたり、嘘をついて語ったり。
エリートとは言い難いのに、抜群に優秀な人材であるかのように振る舞う人もいるでしょう。

ある程度のトシになるとそれがわかるので、真に受けることもだんだん減っていくと思いますが、それでもやっぱり上司の上司とかそのまた上司とかが出てきて、「ちょっと話をさせてくれ」とか言われると萎縮し、腰が引けてしまうばあいもあります。




これは大損です。

■会社には突出した社員はいない


所詮、上司だろうが役員だろうがサラリーマンです。

一般的に言えば、会社という組織の中で突出した社員というのは生まれません。
たとえば、ビジネス誌から「インタビューさせてください」などと言われるようなサラリーマンは超少数なのです。

理由は簡単で、会社は同じような価値観やミッション、考え方を持つ人を欲しがります。世間から注目されるようなぶっ飛んだ思考をする人は組織にはなじまないんです。もし入社時にそういう人がいたとしても、組織人として活動できるように洗脳教育(言い方が悪いですが)がされていくので、じきに丸くなります。

こういう組織にいる以上、突出した人財などという人は、その組織にいられなくなるか、態度を改めざるをえないわけです。




■せいぜい、そこそこ優秀な人


つまり、どんなにその会社で職位が高かろうが、それは過去、たまたま時流が良くて昇進できた普通の人にすぎないわけです。
もちろん、能力は必要です。会社を動かしていく以上、会社としては、間違いが多い人や役に立たない人を昇進させることはありませんので。ただし、あくまでもばらつき範囲の中でのはなし。緯度の中のカエルでちょっと体が大きい方、くらいの違いでしかありません。

そんな人に、恐縮・萎縮して言うがままになる必要はないわけ。

■なめてはいけないが、萎縮する必要はない


上司は部下になめられたくないと思ってます。上司に限らず大抵の人は他人になめられることを嫌います。とくに、自分が目下だと思っている相手には

なので、ことさら過去の実績を持ち出したり、自分がより多くの情報・知識をもっているかのように振る舞うわけです。

部下はそれを真に受ければ、「この人はすごい人なんだ」なんて正直に思ってしまう場合もありますが、単にその人のレベルをはかる基準や判断する情報がないだけです。

なにを知ったかぶりしてんだ、ボケ」と思うくらいがちょうどいいかもしれません。
もちろん、口に出していったり、相手にわかるような態度に出してはいけませんが、萎縮してしまって自分が言うべきことや、相手の間違いをスルーして失敗することがわかっているプロジェクトをやらされる、などということがないようにしたいですね。




◆このテーマのおすすめ図書



役員になる人は知っておきたい出世する課長の仕事

研修では教えてくれない!医師のためのノンテク仕事術〜人を動かす、組織を動かす!リーダーシップ、チーム形成、人材育成、業務改善、マネジメント、問題解決の原理原則

「仕事を通じた学び方」を学ぶ本

音大生のための就職徹底ガイド~こんなにある、音楽の知識と経験が生かせる仕事~

プロジェクトマネジメント成功するための仕事術―プロジェクトをリードする精鋭たちの経験とナレッジを集大成

たった2分で、自信を手に入れる本。:君の不安を勇気に変える63の言葉



■同じテーマの記事

会社で生きることを決めた君へ_1

久しぶりにビジネス書のご紹介。『会社で生きることを決めた君へ』結構有名になった本なのでご存じの方も多いかと。相変わらず長文のコメントなので、また複数回に分けてご紹介します。本日は概要と目次です。特に目次には本書で著者が言いたいことがぎゅっと凝縮されていますので、じっくり意味を考えながら、読んでみていただきたいです。読書術を勉強したことがある方なら、きっと当然のお話でしょうが…。概要低すぎる評価、動かない部下、現場軽視の経営陣..

リーダーシップとマネジメントを平易な言葉で言ってみる

「リーダーシップ」「マネジメント」は自分の評価を上げるための2大キーワードです。ただ、これ、英語そのままで使われているので、「じゃあもっと分かるように説明してみて」と言われると案外できないひとが多いです。普段の上司と部下の会話で、こういうちょっと理屈っぽいことを話す機会はほとんどありませんが、昇進・昇格面接などだと、時々聞きます。「リーダーシップ」ってどういうことですか?と聞くと、結構長々と説明してくれます。傾向としてよくあり..

上司の評価は部下が決めている

あなたの上司の評価って、どう決まっているかご存じですか?過去記事で自分の評価を上げるコツについては色々書いてきましたが、自分を評価してくれる人、すなわちあなたの上司の評価が低いと、会社全体としては、相対的にあなたの評価は低くなります。単純な話、あなたの会社の利益がマイナスなら、あなたがどれほどがんばっても、どれほど利益をあげていたとしても、給料やボーナスが上がるわけではないんです。一般的に行って、上司の評価というのは、その組織の評価でもあります。たとえば、あなたの評価..

カスな部下の扱い方

仕事のできない部下「上司と親は選べない」というセリフを過去記事で何度か使いました。まぁ要するに、サラリーマンである以上、どんな嫌な上司であっても、「上司を変えてくれ」という要求は受け入れられることは絶対にありません。一方、上司から見て部下はというと、ある程度なら選ぶことはできます。そのために人事権を持っているわけです。人事権と言っても、所詮中間管理職ですので、クビにできるわけではありません。もちろん、自主退職に追い込むというのな..




posted by 管理人 at 18:50 | Comment(0) | 交渉・会議・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: