すべてのスキルを育てる技術



スキルをすごくバッサリ分類すると

 テクニカルスキル
 ポータブルスキル

に分類できるそうです。

なんとなくイメージだと、この2つに別れることは納得できます。

じゃあ、どうやってこれらのスキルを育てていくのがいいのか、というのはいろいろな本を読んでも、著者により十人十色っていう感じです。ここでは例として『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意』から引用しながら考えてみたいと思います。




■テクニカルスキル


まず、本書『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意』にはポータブルスキルについてこんなふうに書かれています。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

テクニカルスキルは‘業務を行なううえで必要不可欠な基本的なスキルのことです。

たとえば、 SE (システムエンジニア)なら、ソフトウェアを開発する時の要件定義や見積もり、設計、システム作り、保守運用など、それぞれの業務を遂行するための具体的な知識や技術になります。財務担当なら、財務諸表の読み方から、資産、負債、損益、キヤッシュフローの管理、資金調達やその運用といったスキルが求められます。
 :
 :(中略)
 :
盗めるものは、貪欲に何でも盗めばいいのですが、同じ学ぶものでも学びやすい順序というものがあります。

学びやすいのは、

 テクニカルスキル → ポータブルスキルの順序

です。

テクニカルスキルは、仕事に不可欠なものですし、教える立場から考えても、段階的に伝えやすいものです。あまりに一気に詰め込み過ぎると、キャパオーバーになってしまいますから、まずテクニカルスキルを完壁にやれるように意識することです。

基本的には、目の前の仕事に一生懸命に取り組んでいると、テクニカルスキルが身に付き、そのスキルの一部を核にしながら次々と新しい仕事に挑戦していけば、仕事の幅が広がり、質も高まります。

同時にポータブルスキルも、おのずと鍛えられていきます。

テクニカルスキルという大きな製を育てながら、それを支える添え木のような形でのポータブルスキルがあるとイメージしてもらえるといいと思います。

田中和彦(著) 『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
―――――――――――――――――――――★


たしかに、テクニカルスキルというのは、ゴールが明確だし、定義もそこそこ標準化されています。また、どのように考えてどのように問題をとけばいいのかがちゃんと言語にされてます。いわゆる「習う」という段階です。
「習う」ということに関しては、学生時代と大差ない学び方でスタートできます。

ただし、簡単なのは最初だけで、高度化してくると、「習う」ではなく「自らにフィードバックしていく」ような学び方になるので、それが上手な人と下手な人ですごく差がつき始めます。




■ポータブルスキル


ポータブルスキルについては、本書では「テクニカルスキルを学ぶ中で自ずと…」のように書かれていますが、本書が書かれた時代(2014年)以前はそうだったのかもしれませんが、最近はテクニカルスキルと同様に「習う」ことができるようになりました。

レンガ積みを分解したら、レンガ職人でなくとも(それ以上の効率で)レンガ積みができるようにしたフレデリック・テイラーと同様に、「人間性」みたいなものも学べるようになってきていると考えています。

たとえば、以前からあった「人と接するときには、相手をちゃんと見て、頷きなさい」とか「体を乗り出すように」「それで?」などのテクニックがかなりのビジネスマンに浸透し、それでうまくいくことが証明されてきているのではないでしょうか。

つまるところ、「仕事」という場面ではちゃんとそれを使うけど、自宅・実家など「地が出る」ところでは、鼻くそをほじりながら横を向いてオナラをするのが本来のその人姿だったりするということは、テクニックとしてのポータブルスキルを持っているということなのではないかと思います。

意識している、していないにかかわらず。

■ポータブルスキルを意識して学ぶ


ただ、ポータブルスキルというのは、明確な定義があるわけではなく、いろいろな分類方法や、いろいろな場面によって異なるものだったり、まだ明確にスキルとして定義化(「科学的管理法」ができていないという意味)されていないものも少なくありません。

これは全くできていないという意味ではなく、人によって定義が違うというだけです。

もちろん、まだ良くわからないこともあるとは思いますが、多くのことは学べるようになってきています。

とりあえず、そうしたことを教えてくれるセミナーや本を読んでみて、それらから得られるものをちょっとづつ身につけていくと、ポータブルスキルも学べるようになるのではないかと思います。






■参考図書 『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意





立ち読みできます立ち読み可
2万人を面接した人材のプロが贈る、ボスをマネジメントの教科書
上司の8機能+1を徹底活用すして、プレゼン、会議、人事、時間管理、人脈…これであなたの仕事が劇的に好転する!





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
著者 :田中和彦

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
検索 :最安値検索

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 トラブルを上司に報告する前にするべきこと
 希望の部署に移動する方法
 上司の情報を活用する
 すべてのスキルを育てる技術
 失敗に対して上司がもっとも腹が立つこと
 人脈をスタートさせる方法
 ピンチヒッターを作る
 アホな上司は反面教師にはならない
 部下・後輩の指導は計測するから始める
 人事評価の目的を理解すると評価を利用できる

●このテーマの関連図書


部下こそ上司にリーダーシップをとれ





■同じテーマの記事

不快な状況を受け入れない

交渉事には心理操作はかならず必要になります。活用して有利な交渉を進められるに越したことはないですが、それを知っているだけでも、不利な交渉を避けることができるようになります。過去記事でも交渉術や心理操作について書いてきましたが、単なる知識だけでもいいので持っておくと、自分が不利な状況に持っていかれることはないでしょう。交渉を有利に進めるために準備すべきこと交渉を有利に進めるためには、環境整備が必須です。その第一歩は、..

すべてのスキルを育てる技術

スキルをすごくバッサリ分類するとテクニカルスキルポータブルスキルに分類できるそうです。なんとなくイメージだと、この2つに別れることは納得できます。じゃあ、どうやってこれらのスキルを育てていくのがいいのか、というのはいろいろな本を読んでも、著者により十人十色っていう感じです。ここでは例として『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意』から引用しながら考えてみたいと思います。テクニカルスキルまず、本書『できる..

部下・後輩の指導は計測するから始める

管理職になると部下を評価して上司や人事に報告をしないといけなくなります。評価した結果に基づいて、部下を指導しないといけなくなります。そのときに、役に立つ考え方がフレデリック・テイラーという人が考えた「科学的管理法」という方法です。科学的管理法「科学的管理法」とは科学的管理法(かがくてきかんりほう;Scientific Management)とは、フレデリック・テイラーが20世紀初頭に提唱し、ガント、ギ..

「覚えられない」は本当は必要としていない

「仕事に役立つと思っているのになかなか覚えられなくて…」たとえば、以前の私なら経営上の用語や略語、ROI, ROE, キャピタル・ゲイン, 401k, 経常利益, 純利益,利益率, ROA みたいな用語はすごく不得意でした。何度聞いても、やっぱり、「経常利益が〜」と言われると、「え〜っと、経常利益って、営業利益と営業外損益の合計で…」とか考えないと理解できない。いまでも得意とは言えませんが、それなりに意味は覚えましたし..

勉強好きはどのように昇進・昇格に影響する

社員の評価をするときに、「いろいろなことを勉強している人」と言うのはどのように評価されるでしょうか。『社長は君のどこを見て評価を決めているのか?』という本に、「経営者は勉強好きの社員をこう見ている」という一文がありました。経営者は勉強好きの社員をこう見ている経営者は勉強好きの社員を「積極的でいい」と評価します。ただし、仕事の成果に直接関係のない勉強に励んでいる社員を評価しない経..

ソフトスキルを定義する

強み、弱みを定義しなさいよく自己啓発書などでは、自分の持っている強み、弱みを定義しなさいなどと書いてありますが、あなたはこれをかけますか?私は以前まで全くかけませんでした。自分の強みや弱みが理解できていなかったわけではなく、認識はできてました。しかしながら、それをいざ書きだそうとすると、・構想を作ってそれを関係者に説得するのは割と得意だなぁ・やりたいことに対して、実際的な効果をあるように見せることもできるなぁ・でもどちらかと言うと、「ベタ」な作戦..




posted by 管理人 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック