プロジェクトの課題管理の方法2:課題は5つの状態に分類できる



前回の記事で課題管理とは課題の集合体の状況のコントロールであると書きました。私は「状況」を5つに分類しています。

 1.不明確・不正確な状況
 2.関係者が「課題である」と合意できている状況
 3.課題対応の具体的タスクが検討されている状況
 4.課題に対してアクションが起こされている状況
 5.課題が解決済である状況

です。このうち1の状況を3・4と誤解してしまうと、課題の解決はできないけど、それがうまく判断できていない人がいる、という事例として、「ドキュメントの作成が遅れて、実装の時間が取れない」という例を挙げました。これは課題ではなく「問題」だからです。




■問題を課題として扱ってはいけない


問題の解決策としては、「時間が足りなければ増やせばいい」という結論になってしまいます。

増やす方法としては、納期を延ばしてもらうか、仕事時間(残業時間)を増やすくらいしか方法はありません。

よく見かけるのが、「計画が遅延した」→「スケジュール見直し」っていう対策が書かれた進捗報告書です。

進捗にすらなっていないし、「見直しって何をすることなの?」とついツッコミたくなります。

同じような例だと

 「品質が悪かった」→「ちゃんとやる」
 「できない」→「頑張る」
 「失敗した」→「気をつける」

みたいな事例もあります。
※さすがにここまでひどいことはないのですが、言い方はちがうにしろ、結局一言でいえば「次からちゃんとやります」とかになっちゃうような対策が堂々とプレゼン資料に書かれていると、ため息が出ます…。

この根本的な問題は、問題を課題として扱っているということです。

問題は課題に変換しないと解決しません。

そのためにはまず、発生している事象である「問題」と、解決に向けた行動を促す「課題」は別物であるという認識をもたないとできないわけです。




■課題管理表には課題を書く、問題点管理表には問題を書く


すごく当たり前のことですが、

 課題管理表には課題を書く
 問題点管理表には問題を書く

これだけで上記のような問題は解決します。

どちらに書けばいいか迷うということは、この2つの区別がついていないか、「課題になっていない」上記の1の状態だからです。

つまり、1の状況にあるものは課題管理の対象にはしてはいけないということです。

では、どうしたら2以降の状態になっているか判断できるかというと、

 関係者が「じゃあこれ、あんたの担当ね」と言われたときに「はい。これから取り掛かります」といえる状態になっているか

です。GTDなどにおける Next Action のリストが出来上がっていて、何をすればいいのか、どうなればいいのかが理解できている状態を指します。もちろんやる人の技術力によって、作業時間はかかりますが、何をしたらいいかを迷うことはない、という状態です。
あるいは、そのやる人を指導する人が、「できた?」→「できました」→「ん。OK。じゃあつぎこれやって」とドンドン、タイムラグなしに具体的な作業を指示できるようになっていることです。

で、そのやることのリストが、課題管理表なんです。

ね。簡単でしょ。

そう考えると、

 残業時間を増やす
 ちゃんとやる
 頑張る

は課題でも何でもない、と思えたりしませんか?

■これじゃあ「タスクリスト」じゃん


ここまで読んでいただいた方は、気が付かれたかもしれません。

 「課題管理表はタスクリストかよ!?」

いいえ、違います。
構造が同じでも扱うものが違うのです。

………ということで、また長くなったので次回に続く……



◆このテーマのおすすめ図書



AKB48の木アゆりあ&加藤玲奈と学ぶお仕事ルール50

仕事の問題地図~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方

ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック3Webディレクション第3版

最高のリーダーは、チームの仕事をシンプルにする

10代のための仕事図鑑

プロの課題設定力



■同じテーマの記事

プロジェクトを変える12の知恵

あらゆる仕事は「プロジェクト」だといえますが、特に複数の人と同時並行に業務を進めていかないと行けない場合や、定型業務でない業務をうまくこなしていけると、組織内で目立った成果を得られるようになります。まあ、それが直接昇進昇格に繋がらなくとも、当人の評価はたかくなるでしょう。プロジェクトの成功率一般に、こうした「プロジェクト」がほんとうの意味で「成功だった」といえるのは、3割に満たないとか言われます。本当かどうか知りませんが。これはもともと持っていた目標が曖昧で..

メモを復習する

せっかくメモを取ったのに、そのメモを「書いただけ」にしておいてはもったいない。書いたものは見直さないと頭には入りません。いわゆる出したり入れたりすることで、脳内に記憶として定着します。記憶として定着したものだけが、必要なときに取り出せる状態になります。メモは書き写し、書き写したノートを復習する別記事で書きましたが、毎日就業前の30分は振り返りの時間にしています。私は「毎日、日次レビューをする」ことをルールにしてます..

気をつけなくていい方法を考える

「大変申し訳ありませんでした。以後気をつけますのでご容赦ください」まあ、ビジネスマンの常套句ですね。私は週に1回は言ったり、書いたり、聞いたりしているような気が…気をつけられるのか?他人のことは言えませんが、こういう場合って、たいてい再発します。「気をつけている」ときはいいのでしょうけど、気をつけなくなった途端に、やらかすのですよ。なので、もしこのセリフを自分が言われたときには、「気をつけなくていいから、もう2度と起きない方法を言ってくれ」といいます。..

マッキンゼー式世界最強の仕事術:ブレーンストーミングで最大の効果を引き出すテクニック

「ブレーンストーミング」という方法は過去記事でも何度か紹介していますし、知らないビジネスパーソンのほうが少ないんじゃないかとおもいますが、以前セミナーで一緒に聴講していた人の言葉がちょっと印象的でした。「ブレーンストーミングの正しいやり方に驚きました」たしかに、ブレーンストーミングって、「みんなが集まってアイディアを出し合う会」で、「人の意見を否定しない」くらいしか認識がない場合が少なくないのかもしれません。ブレ..

Google式!究極のスピード仕事術「SPLINT」のキーポイント

Googleの仕事術といえば、「20%ルール」など有名なものが多数あります。私の知っている中で一部紹介しますと、・20%ルール・メールはモバイルで送る・会議の前にチャットする・カフェスペースを歩き回る・「引きこもり」をするなどなど。Google の仕事のルール上記に書いたもの、単語だけではわからないと思いますので、ちょっと説明を追加。・20%ルール本来の仕事とは別に仕事時間の20%をなにかおもしろいもの..




posted by 管理人 at 06:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック