少し高いところを狙って弓を引く



巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。

本日の巨人 : ニッコロ・マキャヴェッリ
本日のお言葉: 弓矢の達人は、標的が遠く、矢が届きそうもない場合、少し高いところを狙って弓を引く。
お言葉の出典: 『「君主論」55の教え




■君主論での目標とする人物


仕事をしていると、「ちゃんと目標を定めなさい」「スケジュールを書きなさい」といろいろ言われます。とくに目標の設定の仕方によって、モチベーションが上がったり下ったりします。同時に、モチベーションが高かったりすると目標の設定の仕方が変わります。

モチベーションが高いときに目標を作ると、結構難易度の高い目標が出来上がって、あとになって「あんな目標、課長に言うんじゃなかった…」などと反省することがしばしば…

一方で、目標を低くしてしまうと、モチベーションが出ずに「なんか面倒いので、あとでまとめてやっちゃえ」になって、実は期限ギリギリになって、「やばい、あの時やっておけば…」と反省することに。

結局、うまくやれずに反省ばかりしているような気がしたりします…。

で、どういうふうに目標を立てるとよいのかというと、君主論では、こう書かれているそうです。




★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

弓矢の達人は、標的が遠く、矢が届きそうもない場合、少し高いところを狙って弓を引くという。

つまり、高めに狙いを定めることによって、やっと本来の標的に届くということがわかっているのである。

リーダーも同じである。たとえ自らの実力の限界を把握していたとしても、より高い目標を狙い、精進するべきなのである。

ここで言う「高い目標」とは、偉大なる先人のことである

より傑出した人物を範とし、彼らの足跡をたどってみるのだ。「自分の実力ではとうてい及ばないだろう」とわかっていたとしても、である。

ニッコロ・マキアヴェリ(渡部昇一(訳))(著) 『「君主論」55の教え
―――――――――――――――――――――★


傑出した先人を目標にしなさい」というのは、1国の国王に向けた言葉で、その他大勢のサラリーマンには到底無理ではありますが、「最初からムリ」と考えてしまえば、確実に届きません。

なので、できたら、その一部だけでも目標にすることができれば、先人の域に到達できなくとも、自己ベストにはなりうるかもしれません。

■目標の設定の仕方


ただし、できそうもないことを上司と約束してしまうのは、年度末に「目標未達」と評価されてしまいかねません。

そこで、私はスケジュールが弓矢のように最後は失速することを加味した上で、途中の目標をちょっと高めを狙って、最初だけはそれに向かって全力で取り組みます。

もしうまくいけば、勢いで高い目標が達成できますし、できなくとも当初の目標はなんとかギリギリセーフ、になるようにするようにしています。

このやり方で、目標達成率はかなり高い状態がキープできています。




■参考図書 『「君主論」55の教え





立ち読みできます立ち読み可
ビジネスリーダー必携! 経営者から政治家まで、世界中のリーダーに愛読されてきた不朽の古典名著が、読みやすい「超訳」で甦る。

ニッコロ・マキアヴェリ(Niccolo Machiavelli)
1469年生まれ、1527年没。イタリア、ルネサンス期の政治思想家。
29歳で、フィレンツェ共和国の官僚となり、およそ15年もの間、外交交渉、軍事などの分野で活躍。
その豊かな経験をもとに、『君主論』を執筆した。
性悪説にもとづいた冷徹とも言える内容に、発表当時は賛否が分かれたが、
現実的な歴史把握と、卓越した人間認識によって、政治の鉄則を打ち立てた古典名著として再評価。
現代では世界中のビジネスリーダー、政治家らに、必読書として愛読されている。

目次
第1章 「頭のいいリーダー」が、いつも心がけていること
第2章 成功するリーダーは、こんな「資質」を持っている!
第3章 偉大な先人から、「マネジメントの極意」を学べ
第4章 もっとチームを強くする、「人を動かす」原理原則
第5章 プロフェッショナルなら知っておきたいこのスキル
第6章 「本物リーダー」へと、今まさに進化しているあなたへ





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

「君主論」55の教え
著者 :ニッコロ・マキアヴェリ(渡部昇一(訳))
楽天では見つかりませんでした
「君主論」55の教え
検索 :商品検索する



●このテーマの関連図書


マキアヴェッリ語録(新潮文庫)

社長のためのマキアヴェリ入門(中公文庫)

非情な人ほど成果を上げる―マキャベリ式最強の仕事術(日文PLUS)





■同じテーマの記事

マッキンゼー式世界最強の仕事術:ブレーンストーミングで最大の効果を引き出すテクニック

「ブレーンストーミング」という方法は過去記事でも何度か紹介していますし、知らないビジネスパーソンのほうが少ないんじゃないかとおもいますが、以前セミナーで一緒に聴講していた人の言葉がちょっと印象的でした。「ブレーンストーミングの正しいやり方に驚きました」たしかに、ブレーンストーミングって、「みんなが集まってアイディアを出し合う会」で、「人の意見を否定しない」くらいしか認識がない場合が少なくないのかもしれません。ブレ..

好きな曲を聞いて集中力を強化する

通勤時にヘッドホンを付けている人を結構見ます。というか、私もそのひとりで、Bluetooth のヘッドセットで好きな音楽を流してます。「聞いてます」ではないのは、ほとんど聞いていないから。目的は、周囲の雑音を好きな音楽で打ち消したいだけ。朝の出勤時には、電車がすいていれば、新聞を広げてガサガサさせている人がいますし、帰りにはおしゃべりをしている人が結構います。そういうのって聞くともなしに聞こえますし、ガサガサ・ゴソゴソだと気になり始めると苦になります。好き..

Google式!究極のスピード仕事術「SPLINT」のキーポイント

Googleの仕事術といえば、「20%ルール」など有名なものが多数あります。私の知っている中で一部紹介しますと、・20%ルール・メールはモバイルで送る・会議の前にチャットする・カフェスペースを歩き回る・「引きこもり」をするなどなど。Google の仕事のルール上記に書いたもの、単語だけではわからないと思いますので、ちょっと説明を追加。・20%ルール本来の仕事とは別に仕事時間の20%をなにかおもしろいもの..

素早くメモが取れる「パームレストふせん」

普段、メモをとるのには小型の付箋をメモ帳の台紙に貼り付けて使っています。メモ帳の台紙は結構固くて、立ってメモを書くのにも使えるのと、書く面にカバーが付くので、紙が擦れてツルツルになったり、汚れて書きにくくなったりしないからです。ただ、どうしても取り出すのには数秒の時間が必要なので、机などの固定された場所には、付箋を机自体に貼り付けて書けるようにしています(「デスクトップふせん」と呼んでます)。パームレストに付箋を貼る会議などで机から離れるときには、この「..

必ず手帳をチェックする時間を決めておく

今日、このあと退社するまでのスケジュールって言えますか?××時にさんと打ち合わせ××時にチーム進捗会議××時に退社タスクはとと…これがスラスラ出てくるようなら、このネタはあまり役に立たないかも。私はたいていスラスラは出てきません。ちょっと考えると出てくるときが多いですが、「え〜っと」と言いながら、おもむろにパソコンを開こうとします。手帳をチェックする時間『手帳300%活用術』という本にこんなこと..

今日学んだことを3つ上げなさい

以前の記事5項日誌(1)で、「今日発見したこと」を日誌に書くということを続けている、と書きました。始めてからかれこれ3年くらいかな。結構続いてます。ちょっと前に読んだ本ですが、マッキンゼーのコンサルタントもやっている、と書かれていたのでちょっと共有。今日学んだ最も大事な三つのことはなんだろう?マッキンゼーって、本当に三つが大好きですね。何でもかんでも三つ。という皮肉はおいておいて、まずは以下を読んでみてください。P..




posted by 管理人 at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巨人たちの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック