出世コースを外れても定年まで生き残る方法



通常、会社は社員に、一定の年齢になったら一定の職位につくことを期待しています。ただし、職位の数は無限ではありませんし、職位を上げれば給料も上がるので、当然給料に見合った(会社から見て)働きをしない人の職位は上げられません。
※「働き」が良いかどうかは、本人がどれほど「よく働いている」と思っても、会社としては、「ダメ」な場合があります。ここでは、会社視点での「働き」です。




もはや「職位は上がらない」という状況になったときに、なんとか「肩たたき」をされないように、社内における自分のポジションを築いておく戦略目標について、いろいろな書籍やコンサルタントに聞いたりして調べた選択肢について共有したいと思います。

■職位は上がり続けない


まあ、いずれにしても昇進をかさねていけば、最後は役員か社長です。殆どの人はその前にふるい落とされます。

こうして昇進していく人と、昇進が止まってしまう人とに別れます。さらに、昇進が止まってしまった人の中から「いざとなったらリストラ(肩たたき)要員」にふるい分けられます。
もちろん、昇進したからと言って、「いざ」というときにリストラされないとは限りませんが。

どんなに優秀な人でも、結果的にあるところで昇進は頭打ちになるのですが、定年まではなんとかその会社で過ごすようにしないと、路頭に迷います。あまりそういう立場にはなりたくないものです。

このときに、なんとか糊口をしのぐ道は大きく2つあります。

 ・自分で直接稼げるようにする
  いわゆる「独立」ってやつですね。
 ・会社から「もうこなくていい」と言われないようにする
  その会社になんとかしがみつく方法を探すことにします。

ここでは、なんとか会社に残る方法について。




■4つの戦略


会社に残り続けるための戦略は、大きく4つあります。

 ・期待される以上のパフォーマンスを出し続ける
 ・他の人では代替が効かない専門能力を持つ
 ・管理職・役員など特定の有力者に結びつく
 ・社内プロセスのハブになる

◆期待される以上のパフォーマンスを出し続ける


これは結構難しいです。

パフォーマンスが高ければ、会社としてはより大きな成果が出せるように昇進させようとしますし、ピーターの法則に当てはまっちゃいます。

今の職位で十分な成果が出せないから昇進が止まってしまったのであって、それを超える成果を出せるなら、昇進は止まりません。
ただ、イマドキだと専門課長、みたいにある特定の分野の専門性だけでやっていくプロセスをもっている会社も少なからずありますので、「ジェネラリストは難しいが、スペシャリストなら」という選択肢として、第1番目の戦略目標として挙げています。

◆他の人では代替が効かない専門能力を持つ


会社の仕事って、案外部門や課などの組織の中間(どちらに任せてもいいし、どちらにも任せられない仕事)っていうのがあります。こうした仕事は、その上の人から見ると、「これはオマエの課でやれ」といいにくいものがあるのですよ。

問題は課であっても部であっても、はたまた個人であっても同じなのですが、そうした組織分けの中間に位置する仕事です。

こういう仕事を積極的に引き受けてくれる人というのは意外と少ないものです。なにしろ、他の人がやってもいいが「オマエ」と言われると、言われた人は仕事が増えるので、「何でオレが…」と不満に思うことは、上司も経験があるのでわかってます。

そういうちょっとした仕事を頼める人というのは、上司から見ると意外と便利。
そして、得てしてこういう仕事は、色んな人と顔見知りな、古株がうまくやれるものです。

◆管理職・役員など特定の有力者に結びつく


これは説明するまでもありませんね。ただ、その有力者がコケたときには一蓮托生ですが。

◆社内プロセスのハブになる


これも、古株社員にはぴったりな仕事です。色んな人を知っているので、そういう部門同士、個人同士のマッチングをさせて、会社での成果を大きくしてあげる、という活動です。

当然、いろんな交渉事・揉め事にも首を突っ込むことになるので、精神的にはかなりきついですが、重要なポジションを築くことができます。

いまだと、インターネットの世界でも、欲しい人と提供したい人を結びつけるマッチングビジネスが盛んですね。
それだけ需要があるということですし、同じ状況は組織の分化がすすんだ会社だともっと必要性は高くなります。

■組み合わせる


大きく4つの戦略をご紹介しましたが、どれかひとつではなく、それぞれを自分の都合や能力・環境に合わせて比重を変えながら、4つともをやるのがいいと考えます



◆このテーマのおすすめ図書



定年が見えてきた女性たちへ~自由に生きる「リ・スタート力」のヒント~

技術職だからできる定年後の仕事選び―ムリなく・楽しく・好きなことでもきっちり収入確保

国際協力キャリアガイド2016~17―世界を目指す仕事と学びの進路ナビGlobalに生きる

20代に考えるべきこと、すべきことできる人になるための勉強法・仕事術・キャリアデザイン

複雑な仕事をシンプルに解決するための「洞察力」の磨き方~「見えないものを見抜く」仕事術~

年収1000万円以上のNYキャリアが教える仕事も恋愛もキレイもすべてを手に入れる女性のワークルールズ50



■同じテーマの記事

昇進面接:なぜ昇進が課長止まりなのか

毎年、社内の昇進昇格の面接官をやってます。課長止まり多くのサラリーマンは長年務めると、「長」のつく役職にあがるか、その直前くらいまでにはなります。ただ、そこから上に行くためには、かなり厳しい。いわゆる「ピーターの法則」ってやつですね。でも、それだけじゃないんですよ。いろいろな人の面接をしてきて、簡単に合格レベルだと判断できる人は実際ごくわずかで、結構みんな「ん〜。どうしよう」って悩みます。もちろん、ポストの数の問題というのもあります。課長以上のポストというのは簡単に..

「読まない」という読書術

最近、ちょっと新しい分野に挑戦を始めました。「統計学」ってやつ。まずは本で情報収集を始めたのですが、これがさっぱり。なにしろ、確率分布だのベイズ確率だのでてきて、それも文字で表されているのかどうかすら理解できない記号の式が1ページまるごと。読まない読書術まあ、このブログで統計学のことを紹介しても意味が無いので、今さらながら読んでいてよかったと思う本をご紹介します。『難解な本を読む技術』という本です。本書は読書術について書かれて..

完全オフ

この半年くらいをちょっと振り返ってみてください。全く何もしなかったという日はありますか?形だけでも仕事と家庭をオフにすることで、素の自分を解放してやるのである。これは、自宅の個室に閉じこもってできることではない。家族が不在で、同時に非日常的な空問でなければ意味がない。そうしたシーンで、独身に戻った気分になって、思いっきり羽を伸ばす。映..

業務報告書は業務中に書く

出張報告から1年間の実績シートに至るまで、およそ報告書というものは、仕事が切りになってから書く人が多いようです。私の知る範囲では、1年間の実績面談の時に使う実績シート(会社によって名称はいろいろみたいですが、実績面接の時に今年度の成果についてアピールするレポートです)も、面接間近になってから書いている人がほとんど。でも、そういう最後にまとめて書いた資料って、インパクトがないんですよね。書いている本人も、読む人ももう過去の話なので、詳細はすっかり忘れてしまっています。そ..

ベテランに気を配る

まあ若い人から見ると、会社に役職があるわけでもなく20年も30年もいる人は、いろいろ煙たいですよね。出世できたわけでもないのに妙に偉そう鬱陶しく色々指図してくるいちいち「教えてやる」目線その割に、「あんたはナンボのもんなのよ」と言いたくなることも少なからず…私は勝手に(こっそりですが)、こういう勤続年数は長くても一般社員のままな人を「ベテラン」と呼んでます。ベテランは知っている昔はほとんどのことを経験によって学んだので、年上..

計画はゴールから語る

ある程度仕事の経験を積むと仕事のやり方(求められ方)が大きく変わるポイントが有ります。一般職で最初のターニングポイントはプロジェクトを任されるリーダーになるということです。つまり、今まではイチ担当者として、「××を今週中に」とか「を今日中に」とか言う風に、会社・部門としても大きなプロジェクトの一部の明確化した作業を言われていたのが、「を××さんとさんと一緒に完成させて」みたいなすごく曖昧な指示になってきます。それも自分の力だけではなく他人も使って。※こ..




posted by 管理人 at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451729574

この記事へのトラックバック