活力源の仕事、ストレス源の仕事




仕事にはいろいろな問題が付きものです。というか、問題を解決するのが仕事なのかもしれませんが。

で、その同じ仕事でも「楽しい」と感じる場合と、頭から離れなくなってストレスになる場合があります。




ところが、あるレベル以上になった人に時々見かけるのが、「24時間仕事の事を考えている」といって自慢する経営層のかた。
まぁ、その人はそれで問題ないのだから好きにしてくれればいいのですが、問題はそれを部下にも押し付けたりされる場合があります。

 「ビジネスマンたるもの常に仕事の事を考えていて、アイディアを探し続けないといけない」
 「なにか仕事のヒントになるものを見つけたり、頭に浮かんだらすぐにメモをして、次の仕事に生かさないといけない」

そう考えるのは自由ですが、それをサラリーマンに押し付けられるのも「ちょっと…」に感じてしまいます。




■仕事は楽しい


もちろん、仕事なのでやるべきことをやるのですが、その中でも「やりたくないことをやっている」場合と、「やりたくてやっている」場合があります。

たとえば、何かの制約(予算や人員)があるけど、それをなんとかクリアして達成できそうな方法を見つけた時などは結構楽しいですよね。

私の場合は、プロジェクトやプログラムのネタを考えているときが一番楽しいです。

 「こんどはこんなプロジェクトをやってみたらどうだろう?」
 「あの問題はこうやって解決できそうだ」

なんていう時間は結構至福の時だったりします。

おそらくポイントは、

 ・自分の強みが活かせている時
 ・未来に向かって新しいことをやろうとしている時

のような場合です。

■仕事は苦しい


一方で、会社に行きたくなるような場合もあります。

たとえば、バグがあってそれがなかなか治らない。カットオーバーの日にちはだんだん近づいてくるけど一向に前に進んでいるような気がしないとか、関係者と打ち合わせをするけど関係者の積極性が引き出せずに、逆に反発を食らったりしているような時には、会社に行くのが気が重くなります。また、会社の方針で残業はこれ以上できないけど、納期は待ってくれない、みたいな……

最悪、その状態で土日に突入すると、家で別のことをしていても、突然そのことを思い出したり、夜中に目が覚めてしまって眠れなくなったり。

そういう状態になると、「もう仕事なんて…」とか「ウチのビルが倒壊して休業とかしないかな…」とか、おもわずマイナス方向に思考がふれてしまいます。

こちらのポイントは、

 ・義務感が優先している時
 ・関係者との相対関係が悪い時

みたいです。

「楽しい」「苦しい」どちらにも振れるのは、「制約」です。
制約があるからこそいろいろな工夫が生まれるのであって、その工夫を考えるのは楽しいのですが、その制約が負担に思えるときもあります。おそらく負担自体は変わっていないのでしょうけど、その時の気持ちの向きや方向・強さと言ったベクトルが未来に向いているか過去に向いているかで感じ方が変わるみたいですね。

もちろん、「アイディアを出すこと」や「工夫すること」自体が苦痛で、言われたことを淡々とやっているのが好きという人もいるでしょうから、私の感じている「楽しさ」「苦しさ」も人によっては逆転する場合があるのかもしれません。

■活力源の仕事、ストレス源の仕事


人によって、今の仕事や仕事の状態が、「ああ、早く月曜日にならないかな〜」になるのか「月曜日になっちゃう〜」になるのかは変わります。同じ仕事を与えられていても(完全に同じ仕事である場合は世の中殆ど無いでしょうが)、それがストレスになって潰れちゃう人もいれば、「会社へ来るのがが楽しみ」になる人もいるわけです。

ひとつには、自分が楽しいからと言って他人が楽しいと思わないようにしています。

アイディアを考えるのが楽しい人もいれば、「アイディア出せ」と言われてストレスを受ける人もいるわけです。
アイディアを考えるのが楽しい人でも、ある条件下ではそれがストレスにもなります。

もうひとつは、自分がどういう状態だったら「活力源の仕事」を持つことができるのかを考えるようにしています。

自分の気持ちを前向きにさせてくれる仕事というのは、どんな種類の仕事で、それは自分がどう受け取ったら良いのかというパターンを見つけることができれば、そのパターンにハマるように仕事の流れを誘導することができます。
単に上司に言われた仕事をこなすのではなく、積極的に、自分に都合の良い仕事を上司が出してくれるように誘導するわけです。

そうすれば、すこしはストレスフルな会社も、「まぁしゃ〜ないから会社にでも行くか」くらいにはなれるかもしれません。

どんな仕事をしているときに、自分が楽しいと感じたのかを振り返ってみて、その中でパターンを見つけてみませんか。

パターンが見つかれば、今度はそういう状態にするにはどういう戦略を取ったらいいかを考えてみましょう。

そういうことが嫌な人も見えるかもしれませんが、それすらしなかったら流されるだけです。
それが「楽しい」のであれば仕方ありませんが。



■同じテーマの記事

嫌なことは、「もし気分がよかったら」で切り替える

ストレスに対処する方法として「ポジティブシンキング」が挙げられますが、考え方というのは、そうそう簡単には変わりません。別のアプローチで受ける印象を変える方法を紹介します。思考を変えずに状態を変えるそこで一つの方法として「もし、自分がもっと心地よい状態にあったとしたら、どう感じるだろうか」と考えてみます。ポジティブ・シンキングをするのではなく、「過去に自分が心地よい状態であ..

メモを復習する

せっかくメモを取ったのに、そのメモを「書いただけ」にしておいてはもったいない。書いたものは見直さないと頭には入りません。いわゆる出したり入れたりすることで、脳内に記憶として定着します。記憶として定着したものだけが、必要なときに取り出せる状態になります。メモは書き写し、書き写したノートを復習する別記事で書きましたが、毎日就業前の30分は振り返りの時間にしています。私は「毎日、日次レビューをする」ことをルールにしてます..

記憶術:視点を変えて繰り返す

学生時代に復習といえば、勉強したことをもう一度繰り返すことでした。教えられたそのものを記憶していれば、高得点がとれた学生時代と違い、社会人の勉強は、本に書いてあることを完璧に覚えていても意味をなしません。それを使って何かをしてはじめて、「使える知識を持っている」と判断されます。記憶するには視点を変えるでは、暗記から一歩進んで、必要な知識を蓄積するためにはどうすればいいのでしょうか。..

AutoHotKeyでアウトルックの操作を簡単にする

会社の標準のメールソフトはアウトルックです。このアウトルック、個人業務をする上ではオールインワンなので、メールだけでなく、タスクの管理やアドレス帳の管理までシームレスにできるというメリットは有るのですが、どうもキー操作が使いにくい…ショートカットキーを覚えようとしたのですが、コンビネーションキーが多くて面倒くさいです。で、AutoHotKey の練習も兼ねて、シングルキーでアウトルックの操作ができるようにしてみました。AutoHotKey最初に Auto..

マッキンゼー式世界最強の仕事術:ブレーンストーミングで最大の効果を引き出すテクニック

「ブレーンストーミング」という方法は過去記事でも何度か紹介していますし、知らないビジネスパーソンのほうが少ないんじゃないかとおもいますが、以前セミナーで一緒に聴講していた人の言葉がちょっと印象的でした。「ブレーンストーミングの正しいやり方に驚きました」たしかに、ブレーンストーミングって、「みんなが集まってアイディアを出し合う会」で、「人の意見を否定しない」くらいしか認識がない場合が少なくないのかもしれません。ブレ..

必ず手帳をチェックする時間を決めておく

今日、このあと退社するまでのスケジュールって言えますか?××時にさんと打ち合わせ××時にチーム進捗会議××時に退社タスクはとと…これがスラスラ出てくるようなら、このネタはあまり役に立たないかも。私はたいていスラスラは出てきません。ちょっと考えると出てくるときが多いですが、「え〜っと」と言いながら、おもむろにパソコンを開こうとします。手帳をチェックする時間『手帳300%活用術』という本にこんなこと..




posted by 管理人 at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック