活力源の仕事、ストレス源の仕事




仕事にはいろいろな問題が付きものです。というか、問題を解決するのが仕事なのかもしれませんが。

で、その同じ仕事でも「楽しい」と感じる場合と、頭から離れなくなってストレスになる場合があります。




ところが、あるレベル以上になった人に時々見かけるのが、「24時間仕事の事を考えている」といって自慢する経営層のかた。
まぁ、その人はそれで問題ないのだから好きにしてくれればいいのですが、問題はそれを部下にも押し付けたりされる場合があります。

 「ビジネスマンたるもの常に仕事の事を考えていて、アイディアを探し続けないといけない」
 「なにか仕事のヒントになるものを見つけたり、頭に浮かんだらすぐにメモをして、次の仕事に生かさないといけない」

そう考えるのは自由ですが、それをサラリーマンに押し付けられるのも「ちょっと…」に感じてしまいます。




■仕事は楽しい


もちろん、仕事なのでやるべきことをやるのですが、その中でも「やりたくないことをやっている」場合と、「やりたくてやっている」場合があります。

たとえば、何かの制約(予算や人員)があるけど、それをなんとかクリアして達成できそうな方法を見つけた時などは結構楽しいですよね。

私の場合は、プロジェクトやプログラムのネタを考えているときが一番楽しいです。

 「こんどはこんなプロジェクトをやってみたらどうだろう?」
 「あの問題はこうやって解決できそうだ」

なんていう時間は結構至福の時だったりします。

おそらくポイントは、

 ・自分の強みが活かせている時
 ・未来に向かって新しいことをやろうとしている時

のような場合です。

■仕事は苦しい


一方で、会社に行きたくなるような場合もあります。

たとえば、バグがあってそれがなかなか治らない。カットオーバーの日にちはだんだん近づいてくるけど一向に前に進んでいるような気がしないとか、関係者と打ち合わせをするけど関係者の積極性が引き出せずに、逆に反発を食らったりしているような時には、会社に行くのが気が重くなります。また、会社の方針で残業はこれ以上できないけど、納期は待ってくれない、みたいな……

最悪、その状態で土日に突入すると、家で別のことをしていても、突然そのことを思い出したり、夜中に目が覚めてしまって眠れなくなったり。

そういう状態になると、「もう仕事なんて…」とか「ウチのビルが倒壊して休業とかしないかな…」とか、おもわずマイナス方向に思考がふれてしまいます。

こちらのポイントは、

 ・義務感が優先している時
 ・関係者との相対関係が悪い時

みたいです。

「楽しい」「苦しい」どちらにも振れるのは、「制約」です。
制約があるからこそいろいろな工夫が生まれるのであって、その工夫を考えるのは楽しいのですが、その制約が負担に思えるときもあります。おそらく負担自体は変わっていないのでしょうけど、その時の気持ちの向きや方向・強さと言ったベクトルが未来に向いているか過去に向いているかで感じ方が変わるみたいですね。

もちろん、「アイディアを出すこと」や「工夫すること」自体が苦痛で、言われたことを淡々とやっているのが好きという人もいるでしょうから、私の感じている「楽しさ」「苦しさ」も人によっては逆転する場合があるのかもしれません。

■活力源の仕事、ストレス源の仕事


人によって、今の仕事や仕事の状態が、「ああ、早く月曜日にならないかな〜」になるのか「月曜日になっちゃう〜」になるのかは変わります。同じ仕事を与えられていても(完全に同じ仕事である場合は世の中殆ど無いでしょうが)、それがストレスになって潰れちゃう人もいれば、「会社へ来るのがが楽しみ」になる人もいるわけです。

ひとつには、自分が楽しいからと言って他人が楽しいと思わないようにしています。

アイディアを考えるのが楽しい人もいれば、「アイディア出せ」と言われてストレスを受ける人もいるわけです。
アイディアを考えるのが楽しい人でも、ある条件下ではそれがストレスにもなります。

もうひとつは、自分がどういう状態だったら「活力源の仕事」を持つことができるのかを考えるようにしています。

自分の気持ちを前向きにさせてくれる仕事というのは、どんな種類の仕事で、それは自分がどう受け取ったら良いのかというパターンを見つけることができれば、そのパターンにハマるように仕事の流れを誘導することができます。
単に上司に言われた仕事をこなすのではなく、積極的に、自分に都合の良い仕事を上司が出してくれるように誘導するわけです。

そうすれば、すこしはストレスフルな会社も、「まぁしゃ〜ないから会社にでも行くか」くらいにはなれるかもしれません。

どんな仕事をしているときに、自分が楽しいと感じたのかを振り返ってみて、その中でパターンを見つけてみませんか。

パターンが見つかれば、今度はそういう状態にするにはどういう戦略を取ったらいいかを考えてみましょう。

そういうことが嫌な人も見えるかもしれませんが、それすらしなかったら流されるだけです。
それが「楽しい」のであれば仕方ありませんが。



◆このテーマのおすすめ図書



手書きの戦略論「人を動かす」7つのコミュニケーション戦略

仕事のストレスを自分でコントロールする8つの方法―バーンアウト予防ワークブック

心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考

男も女も仕事で使える「話し方」30パターン―「大切なこと」は、いつもシンプル!

キチンとできる!営業の仕事と営業戦略

ダメなパターンから抜け出すためのちいさな工夫



■同じテーマの記事

必ず手帳をチェックする時間を決めておく

今日、このあと退社するまでのスケジュールって言えますか?××時にさんと打ち合わせ××時にチーム進捗会議××時に退社タスクはとと…これがスラスラ出てくるようなら、このネタはあまり役に立たないかも。私はたいていスラスラは出てきません。ちょっと考えると出てくるときが多いですが、「え〜っと」と言いながら、おもむろにパソコンを開こうとします。手帳をチェックする時間『手帳300%活用術』という本にこんなこと..

今日学んだことを3つ上げなさい

以前の記事5項日誌(1)で、「今日発見したこと」を日誌に書くということを続けている、と書きました。始めてからかれこれ3年くらいかな。結構続いてます。ちょっと前に読んだ本ですが、マッキンゼーのコンサルタントもやっている、と書かれていたのでちょっと共有。今日学んだ最も大事な三つのことはなんだろう?マッキンゼーって、本当に三つが大好きですね。何でもかんでも三つ。という皮肉はおいておいて、まずは以下を読んでみてください。P..

記憶術:目をつぶり、暗唱する

「ちゃんと覚えないと」みたいなシーンは、仕事だけじゃなく色んな場面ででてきます。過去記事でも、いろいろなテクニックをご紹介していますが、本日はおそらく多くの人が学生時代からよくやっているような方法。何かを暗記するためには、余分な情報を遮断して、それを繰り返し言う、すなわち暗唱するという方法が単純で効果があります。暗唱するおそらくですが、何かをお記憶しようとするときには、自然に目をつぶって、それを心のなかで繰り返すという..

ペンとメモ用紙を持っている人だけがいい情報にたどり着ける

ちょっとペンとメモ帳を出してみてください。3秒以内に用意できた人、すばらしい!あなたには特別な情報が待っています。多分……人間の脳には3秒以上保存ができない人間の脳にはワーキングメモリというメモリがあって、非常に短時間だけ情報を持つことができるそうです。だいたい7つくらいだと言われています。このワーキングメモリのデータの保存期間はすごく短くて、3〜5秒と言われています。つまり、なにかヒントになることに引っかかったときに..

PC画面の色温度を自動調整する「f.lux」

仕事の種類にもよりけりですが、1日中PCを観ていると結構目が疲れます。このため、私は目薬が欠かせないのですが、やっぱり、定期的に休憩するのが良いみたいですね。1時間に1回くらいは休憩して遠いところを見ると良いそうなので、気分転換がてらちょっと外に行って深呼吸するとかタバコを吸う(こっちが本命)とかしたほうが良いかも。PCモニタの色温度「色温度」っていう単語自体があまりPCや画像処理に縁のない人からすると、意味不明語なのかもしれませんが、まあ、PCの明るさを表..

楽しい仕事と苦しい仕事の違いを考えてみる

仕事にはいろいろな問題が付きものです。というか、問題を解決するのが仕事なのかもしれませんが。で、その同じ仕事でも「楽しい」と感じる場合と、頭から離れなくなってストレスになる場合があります。ところが、あるレベル以上になった人に時々見かけるのが、「24時間仕事の事を考えている」といって自慢する経営層のかた。まぁ、その人はそれで問題ないのだから好きにしてくれればいいのですが、問題はそれを部下にも押し付けたりされる場合があります。「ビジネスマンたるもの常に仕事の事を..




posted by 管理人 at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451617792

この記事へのトラックバック