コールドリーディング入門:要約4:コールドリーディングの武器は観察力


仕事に役立つ本をご紹介しています。

・署名:   『一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門
・著者:   石井裕之



■概要


コールドリーディングとは、占い師や詐欺師がいかにも「あなたの全てを知っている」かのように相手に錯覚させるための技術です。

実際、ある程度のトシになれば、それなりにこれに近いことはできるようになりますし、部長・役員級のひとであれば、「誘導質問」みたいな技術として使っていることもあります。

本日は、本書のポイントのひとつ、「観察力」についてお送りします。

■観察力


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●観察力の本当のところ
私は、セラピストとして、たくさんのクライアントの心の問題にいっしよに取り組んできました。

セラピーの勉強をはじめたころ、私は、先生たちから、

 「石井くん、大切なのは観察だよ

と教わりました。そう言われて、「なるほど!」と感動したものです。

しかし、「何をどう観察すればいいのか?」という疑問に答えてくれる人はいませんでした。

どの本にも、観察力の大切さについては説かれているのに、観察の方法については何も書いてありません。

どうしてだと思いますか?

これは、先ほど触れたことに関連しています。観察力という、もっとも大切なスキルについての方法論が論じられることがほとんどないのは、それが、派手さのない退屈なものだからです。

 それを教えたところで、誰も実践してくれないからです
 それを本に書いたところで、まったく売れないからです

しかし、 『一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門』を締めくくるにあたり、私の良心として、読者ウケがしないと分かっているテーマに、あえて一章を費やすことにしました。

セラピストとして、コールドリーディングの第一人者として、私が経験から掴んできた、観察力の本当のところについてこれからお話ししようと思います。

私は、これを秘伝だと思っています。その意味では、「入門」 にはふさわしくない」とも言えるし、逆に、「入門」だからこそ語らなくてはならないことだ」とも言えます。

「即効性のあるテクニック以外には関心がない」という方は、読み飛ばしていただければ幸いです

石井裕之(著) 『一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門
―――――――――――――――――――――★






もちろん、私はこういうところに興味があります。

どんなスポーツにしろ、仕事にしろ突き詰めていくと、「基本形」に行き着きます。

必殺技「ウルトラ・スーパー・ローリング・クラッシュ・アトミックボム!」よりも、「正拳突き」のほうが強かったりすると思ってますので。

★『』P〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■コールドリーダーの武器は「観察力」


コールドリーディングや、あるいは日常コミュニケーションにおいて、相手を観察するとは、そもそも、どういうことなのでしようか?

・自分の思い込みを排除して、客観的に相手を観ること。
・自分の好き嫌いをまじえず、相手の立場に立って観ること。
・相手の本質を掴もうと思って観ること。
・ひとつひとつの意味を考えながら、相手を丁寧に観ること。

これらの科学的な客観的観察方法は、相手を外から見ることになります。

●客観的観察の落とし穴
ですが、この客観的観察というのが、曲者なのです。

客観的に観察しようと思って相手を観た時点で、私と相手との間に、壁ができてしまいます。観察する私と観察されるあなたというふたつに分離してしまうのです。

もっと簡単に言えば、外から観るという状態になってしまう。科学的な態度としては、それが妥当だと言えます。自分の外に観察対象を置かなくては、観察も研究もできません。

だから、科学的な立場で言うところの観察と、心と心の交流であるところのコミュニケーションにおける観察とを、もともと、同じ次元で捉えてしまっていいはずがないのです。
ところが、科学でも人間関係でも、同じ観察という言葉を使っているものですから、観察の方法も同じでいいような気になってしまうのです。

●内側から観る
科学的な観察の方法は、そのまま心の観察には適用できない。では、心の観察や、コこ、ユニケーションに求められる観察とは、どのようなものなのでしようか?

人間の心が(まして対人関係における心と心の交流が)、科学的に割り切れるものだと本気で思っている人は、もうほとんどいないはずです。

心の荒廃がもたらす現代のさまざまな悲劇を知っている私たちは、科学的な態度だけで心を救うことができるなどと期待するほど無邪気でいられるはずがありません。

だから、科学的な立場で言うところの観察と、心と心の交流であるところのコミュニケーションにおける観察とを、もともと、同じ次元で捉えてしまっていいはずがないのです。ところが、科学でも人間関係でも、同じ観察という言葉を使っているものですから、観察の方法も同じでいいような気になってしまうのです。

やはり共感というよりは観察なのです。ですが、それは、相手の内側から相手を観察するという感じの観察なのです。

●コミュニケーションにおける<観察>のコツ
さて、セラピストとしての体験の中から、私が観察をどのように考えるようになったかというお話をしましたが、同じことは、コールドリーディングや日常コミュニケーションにも当てはまります。

相手と話をしながら、次のように想像してみるのです。

 もし、私の心が、この人の中に入り込んで、この人の心そのものになって、この人の心の内側からこの人自身を感じた見たらどんなことが心に浮かぶだろう?

ー非常に簡単に言ってしまえば、そんな感じなのです。これが、コミュニケーションにおける観察の秘伝です。
―――――――――――――――――――――★






■参考図書 『一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門

本書で紹介する「コールドリーディング」とは、
ニセ占い師、エセ霊能者、詐欺師など
「限られた人たち」にしか知られていなった話術&心理術。

欧米で知られていたコールドリーディングは、
仕事なら「セールス」「接客」「面接」「就職・転職」
「プレゼン」「メール」「クレーム対応」「上司・部下との人間関係」、

プライベートなら「恋愛」「飲み会」「家族関係」「人間関係」
…などに効く!

本書でコールドリーディングをマスターすれば、
間違いなくあなたのコミュニケーション力がアップします!

そう、「仕事」も「プライベート」も思いのまま!




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門
著者 :石井裕之
楽天では見つかりませんでした
一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 コールドリーディング:人に好かれる!信頼される!禁断の話術2
 コールドリーディング:人に好かれる!信頼される!禁断の話術1

●このテーマの関連図書


あるニセ占い師の告白~偉い奴ほど使っている!人を動かす究極の話術&心理…

一瞬で信じこませる話術コールドリーディング

相手の潜在意識から説き伏せる!ビジネス・コールドリーディング

コールドリーディング‾ニセ占い師に学ぶ!信頼させる「話し方」の技術…

なぜ、占い師は信用されるのか?「コールドリーディング」のすべて

カリスマ人を動かす12の方法:コールドリーディングなぜ、あの人は圧…





■関連する記事

コールドリーディング:人に好かれる!信頼される!禁断の話術2

「コールドリーディング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?コールドリーディングとは、占い師や詐欺師がいかにも「あなたの全てを知っている」かのように相手に錯覚させるための技術です。実際、ある程度のトシになれば、それなりにこれに近いことはできるようになりますし、部長・役員級のひとであれば、「誘導質問」みたいな技術として使っていることもあります。前回の記事で要約をご紹介しましたので、本日は本文で気になったところを引用しま..

コールドリーディング:人に好かれる!信頼される!禁断の話術1

「コールドリーディング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?コールドリーディングとは、占い師や詐欺師がいかにも「あなたの全てを知っている」かのように相手に錯覚させるための技術です。実際、ある程度のトシになれば、それなりにこれに近いことはできるようになりますし、部長・役員級のひとであれば、「誘導質問」みたいな技術として使っていることもあります。コールドリーディングがもたらしてくれるもの..



■同じテーマの記事

面接のベストアンサー

私が過去に採用面接や昇級・昇格面接で経験した「これは!」という問答をちょっと紹介します。質問:あなたの職歴・経験について教えてください普通の答え年に××社に入社しまして、部に配属されました。その後、年に部に移籍になりを担当しました。⇒勝手な感想そんなこと履歴書に書いてあるじゃん…グッドアンサーこれまでの職務経験でお伝えしたいことは3つあります(指を折りながら)。一つ目が、年に××社の部で経験したことですが、についてをし..

サインに気をつける(話半分、観察半分)

こちらの意見を言ったり、何かの提案をしている時は、どうしても話すことに集中してしまいがちです。一生懸命説明することは、ある意味重要なのですが、もともと誰かに何かを話すというのは、その内容を相手に納得してもらったり、何かの行動を促すための「コミュニケーション」であったはずが、うまく話すために、話が一方的だったり、相手の存在が希薄になってしまうのは本末転倒ですね。話半分、観察半分わたしも後で反省することが多いですが、なるべくこの言葉「話半分、観察半分」を肝に..

人を動かす:罰則は「前向きさ」を失わせる

いままでスティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣』やドラッカーのいろいろな著書(主に『マネジメント』)について、「巨人たちの言葉」シリーズを書いてきましたが、今回からこれに加えて、ディール・カーネギーの『人を動かす』でも書いていきたいと思います。今回は、『人を動かす』から「第一章:盗人にも五分の理を認める」から。悪人には悪人の「理」があるクローレーが逮捕された..

サインに気をつける

こちらの意見を言ったり、何かの提案をしている時は、どうしても話すことに集中してしまいがちです。一生懸命説明することは、ある意味重要なのですが、もともと誰かに何かを話すというのは、その内容を相手に納得してもらったり、何かの行動を促すための「コミュニケーション」であったはずが、うまく話すために、話が一方的だったり、相手の存在が希薄になってしまうのは本末転倒ですね。話半分、観察半分わたしも後で反省することが多いですが、なるべくこの言..

相手の態度から本音を見抜く方法

相手の態度から「こんな風に考えてるかも…」「こんな人かも…」というのはなんとなくわかりますよね。おそらく子供の頃からの対人経験によって培われてきたものだとは思いますが、きちんと因果関係を説明はしにくいものです(あくまでも経験値なので)。どんな行為がどんな意味を持っているのかは、その場にいる人やその時の雰囲気によって変化するものではありますが、ある程度共通のパターンがあります。それを言葉にすると、もう少し明確にその人の..

疲れてきたら「いつもの」にする

「ちょっとストレスが溜まってきているな〜」と思ったら、考えるのをやめてみると、ちょっと楽になります。ストレス反応と自動行動難しい仕事やボリューの多い仕事を振られて、まいにち一杯一杯の状況が続くと、疲れてきます。私の場合は、過去にそれで会社にいけなくなって、いわゆるウツ病というのでしばらくお休みをしました。そこから反省して、ストレスがたまりかけてきたら、ストレスを抜くということを積極的にやるようになりました。ポイントは我慢しない..

しぐさで会話をコントロールする方法

だれかと話しているときに無意識にやった仕草が実は特定の意味を持って相手に伝わっている事があります。「ノンバーバルコミュニケーション」というのですが、これをうまく使うとこちらの都合を相手に気づかせることが出来ます。時計をちらちら見るよくあるパターンが、「時計をちらちら見る」っていうやつ。何か時間を気にしていて、「はやく話を切り上げろ」というメッセージが伝わりますよね。同じような仕草にはこんなものがあるそうです。..



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック