部下に評価を伝える時には、良い・悪いを同時に言う




誰かを自分の思っている方向に引っ張ろうと思ったら、使う言葉や順序に、相当気を使わないといけません。

絶対いけないのは、思ったことをそのまま口にだすこと。
まあ、子供じゃないんだから、そのくらいのことは当たり前だと思うでしょうが、案外できてない人が多いんですよ。

問題は、どういう言い方が適切かを知らないこと。
知っていても、瞬間的にそれを組み立てる訓練をしていないこと。

…なのかもしれません。




■指摘する→褒める



★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●ほどほどにけなすことでイエスと言わせる
              説得の技法「ほめと親近化効果」

他人をけなしてばかりいる人は、周囲から嫌われて、誰も寄りつかなくなるでしょう。

だからといって、誰にでも愛想よく振る舞い、お世辞やおべんちゃらを言う八方美人が好かれるかといえば、これまた誰からも信用されなかったりします。

他人をけなさず、いつもほめていれば万事うまくいくと思ったら大間違いなのです。

心理学での有名な実験があります。

 A.最初から最後までほめっばなし
 B.最初から最後までけなしっばなし
 C.最初にほめて、最後にけなす
 D.最初にけなして、最後にほめる

被験者が、好感度を感じた相手は、

  D → A → B → C

の順になったのです。

最初にけなされても、最後にほめられる―のが、最も好感度が高かったのです。

最初にほめられても、最後にけなされる―のが、最も好感度が低かったのです。

ここでも、あとよし効果の「親近化効果(P71)」が生じて、最後の記憶が強化されるメカニズムがはたらいていることがうかがえます。

一番、信想性が高くなるのです。

 上司:きみは、そそっかしくてミスも多い。しかし、誰にも負けない粘りと根性がある。その点が高くく評価されて、事務職から営業職に配置変えになるんだよ
 部下:そうだったんですか。じゃ喜ぶべきことなんですね。左遷じゃないんですね?
 上司:もちろんだよ。 3 - 4 年でまた戻ってもらわないと、うちの部も困るからね

このように、相手を丸め込むのに使えます。

気をつけるべきは、最初にけなして、あとからほめると好感度が高く信愚性が増す――といっても、ボロカスにけなしすぎると身もふた蓋もなくなるということです。

あくまで「ほどほどにけなす」程度と心得ましょう。

神岡真司(著) 『思い通りに人をあやつる101の心理テクニック
―――――――――――――――――――――★


本書で言う「あとよし効果」というのは、あとに言ったことのほうが印象に残るので、良いことのように聞こえるという効果で

 アイツはマヌケだけど発想力がある
 アイツは発想力があるけどマヌケだ

は前者が褒めているように聞こえますよね。こういう言い方です。

つまり、相手に悪い印象を与えずに何かを指摘しようとしたら、

 指摘する褒める

の順番が重要。




■褒めるだけでは効果が低い


ただし、「褒めればいい」というものではありません。本書のように、「移動する」という会社としての決定事項は伝えなければいけませんし、決定事項に部下が文句を言ってもダメです。

そこで、伝えるときに、悪い評価も伝えることで、自分の発言に対して、信頼をおいてもらえるようにする必要があるわけです。

 この製品はお値段も安く、壊れない絶対に安心の製品です

なんていわれたら、眉にツバしたくなりますよね。

 この製品はちょっとお値段は張りますが、それだけの価値があります

こっちのほうがまだその先を聞く気になるんではないでしょうか。

つまり、誰かを説得しようとしたら、「悪いところを指摘する」「良いところを褒める」という2点セットが必要で、その褒めたところが今回の説得につながっている、という論理構造を作ると、説得に応じてもらいやすい、ということです。




■参考図書 『思い通りに人をあやつる101の心理テクニック





立ち読みできます立ち読み可
▼どうしたら思うように相手を動かすことができるのか?
本書に関心を寄せていただいた読者の方は
おおむね次のような不満を抱えているのではないでしょうか?

――どうしたら、部下が自分の思うように仕事をしてくれるのか?
――どうしたら、苦手な上司や取引先をラクラク攻略できるのか?
――どうしたら、気になるあの人に振り向いてもらえるのか?
――どうしたら、営業のクロージングでNOをYESに変えられるのか?

などなど・・・

「いったいどうしたら、相手を動かすことができるのか! ?」

人を自由にあやつることができれば、
私やあなたの毎日は楽になることでしょう。
しかし、そう簡単にはいかないのが現実です。

人生の成功者たちは「コミュニケーションの巧拙」が
地位や年収に結びついていることを、体験的に知っています。
人間同士で構成されるのが人間社会です。
人間心理を制するものが人生を制するのです。

▼即効性の高い実践心理テクニックを101本収録!
相手を「動かす」「あやつる」という行為は
けっして相手を「だます」ということではありません。
自分も相手も、狙った方向に気持ちよく向かわせ、誘導する。
そんな魔法のような心理技術が、この世には存在するのです。

そこで本書は冒頭に掲げたような不満を解消する心理技術を
厳選して計101本取り上げました。
心理学で検証・確立された理論をベースにした
きわめて実践的で即効性の高い心理テクニックです。

※決して悪用しないようにしてください。

ぜひ、ご一読いただき、すぐにでも実践すれば
その効果のほどをたちまち実感されることと、保証いたします。

この101のテクニックを駆使しさえすれば
思うようにならないさまざまな人間関係のイライラから解放されます!

↓特設Facebookページへお越しください
http://www.facebook.com/shinri101





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック
著者 :神岡真司

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック
検索 :最安値検索
DMMでは見つかりませんでした



●本書を引用した記事
 サインに気をつける(話半分、観察半分)
 不意打ちでYESと言わせる方法
 一拍おいてから話し始める
 反発心を利用して他人を操る方法
 褒めるのは難しいけど教えてもらうのは簡単
 ランチョン・テクニックで和やかに議論する
 部下の行動を改めさせる恫喝と一罰百戒
 相手からのツッコミをかわす比較効果
 大義名分を振りかざして反論を封じる
 部下に評価を伝える時には、良い・悪いを同時に言う

●このテーマの関連図書


相手を自在に操るブラック心理術(日文新書)

面白いほど雑談が弾む101の会話テクニック(フォレスト2545新書)

他人を支配する黒すぎる心理術

ヤバい心理学(日文新書)

あなたの「影響力」が武器となる101の心理テクニック(フォレスト2545新書)

「しぐさ」を見れば心の9割がわかる!(王様文庫)





■同じテーマの記事

「外ヅラ」をよくする

「7つの習慣」などの自己啓発書読んでいると、まず自分の内面を磨かないとと思えてしまうのですが、正直内面が変わり、実際に人に見える行動が変わるまでにはすごく時間がかかりますし、人間稼業を30年も40年もやっていれば、そうそうその人の本質が変わるものではないです。外ヅラがいい「外ヅラがいい」こんな風に言われたら、普通は褒められたような気がしませんよね。だいたい「外ヅラ」自体があまりいい言葉じゃない。でも実際は「外ヅラがいい」ということは悪いことではなく、むし..

シネクティクス発想法より「なぞかけ」で脳のストレッチ

発送法のひとつに、全く異なるものを結びつけるという方法があります。「シネクティクス」と言われる方法です。有名な事例としては、飛行機の翼のフラップ。鳥の羽根から類推されたのだとか。シネクティクスの進め方シネクティクスの進め方は以下のとおりです。・課題を提示と問題分析・解決の試案を発想する。ブレスト。おもいつくまま・解決目標の明確化問題解決のポイントとなりそうなこと、キーワードとなると思われることをランダムに..

スキーマ読書術

認知心理学の用語で「スキーマ」というものがあります。これは情報を認知するときに使う思考の枠組みのことだそうです。もうすこし砕けた表現を出言うと「スキーマ(schema)とは人の過去の経験から生まれた知識のまとまりのこと」。人は外界からの情報を処理するためにこれを使って予測対応しようとするらしいです。外界から何かの刺激があった時に、次は何が起きるかを過去の経験に基づいて、それを予測しているそうです。たとえば、木の足が4つあり、その上に平らな木が載せてある物をテーブルと認..

仕事で使える心理学4:ポイント抜粋―ストレスに対応する

仕事や日常生活において、だれでも自分は合理的にものごとを判断していると信じています。でも、じつは私たちはそれほど理にかなった生き物ではないようです。たとえば天気の良い日と悪い日でものごとの判断結果が違う。涼しく快適な環境と暑苦しい不快な環境では相手の印象が違う。このように無意識のうちに偶然の要因やまったく関係のない環境要因に影響を受けて判断していることがあるのです。そのことを自覚していないと、思わぬ落とし穴にはまって..

図解とは位置・配置に情報を盛り込むこと

よく「図解」という言葉が使われますが、どうもこの意味を誤解していて、きれいなピクトグラムや挿絵を使って、ひと目で意図がわかるようなものを想像される方が多いようなのですが、こういう定義を「図解」に与えてしまうと、私のようなイメージ貧困なボンクラにはハードルが非常に高くなってしまいます。過去記事でも、「文字とマル、線と矢印だけで十分図解だ」などと書いてましたが、実際、絵を描くことと図解そのものには乖離があります。図解と..

注釈本の使い方

こういう定義があるわけではありませんが、様々なジャンルで、いわゆる「バイブル」「名著」と言われる本があります。私なりに、いろんな書籍や情報をあたってみて、これは「バイブル」「名著」だと考えるリストをビジネス書名著目録(必須図書)にまとめて紹介してます。まだオールジャンルのみで、ジャンルごとに詳細をまとめている最中ですが。K&Rから始まったその昔、C言語を勉強しようとした時に参考書として最初に買った本がプログラミ..




posted by 管理人 at 05:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック