汚れていれば、掃除すればいいじゃない―だれもやりたがらない仕事のネタ


ちょっと物語調ですが、仕事のヒントになるお話。



★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●汚れたトイレを掃除すれば、並ばなくてもすぐできる。

スキーに行って、民宿に泊まった時のことです。その民宿のトイレは、和式でした。

洋式トイレに慣れてしまうと、和式トイレにしゃがむのは、新鮮でした。

私は、子供の頃は、ポットン式の和式のトイレにしゃがんでいたのに、今では、すっかり洋式のトイレに慣れてしまっています。

その民宿のトイレには、個室が 3 つありました。

スキー宿の朝のトイレは、混み合います。行列ができています。ところが、不思議なことに、個室は 3 つあるのに、列は 2 列でした。

真ん中の個室には、人が並んでいません。使用禁止の札がかかっているわけでもありません。

後から来る人はすべて、その個室のドアを開けるなり、「わあっ」と言って出てくるのです。そして、左右の列に並ぶのです。

実は、私も「わあっ」と言って、出てきた一人です。

その個室には、でっかいウンコが、ごろりと転がっていたのです。

便器の中にうまく落とせずに、目標をあやまって、足元に落としてしまったのでしょう。

人間のものとは思えないほどの大物でした。

左右の列に並んでいる人は、一度はそのドアを開け、みんなその大物を目撃しているので、後から来た人が、「わあっ」と言って驚くのを、なかばイタズラのように楽しんで見ていました。

次から次へと、人がドアを開けて、驚いて出てきました。

すると、ある一人が、中に入ったまま、出てきませんでした。「わあっ」と驚いたのは、まわりのほうでした。

そして、その人は、何事もなかったかのように、すっきりと出てきました。

誰かが、そのドアを開けました。そこには、さっきまで転がっていて、入る人をこばんでいた大物の姿がなくなっていました。

さっきの人が、きれいに掃除して、使ったのです。

私の順番が来たので、個室に入ってしゃがみました。

「さすがだな」と、感心しました。

新しいことを始めるというのは、列に並ぶということではないのです。

汚れているトイレを掃除すれば、並ばなくても、すぐすることができるのです。

明日のために:その6:トイレが汚れていたら、掃除をしよう。

中谷彰宏(著) 『会社で教えてくれない50のこと
―――――――――――――――――――――★


このお話で、どのようなヒントを得られるのかは、まあ人それぞれで良いかと思いますが、仕事って、わりとこういう「人がやりたがらないことをやることで利益が得られる」場合が少なくありません。

きっとナマコを初めて食べた人もそうだったのかもしれませんね。

私の専門はIT関連技術なのですが、多くのプロジェクトは「人が面倒くさい、手間だと思っていることをサクッとできるようにする」というところからスタートすることが多いです。いわゆる「業務効率化」ですね。

べつにトイレを掃除して「べっぴんさん」になりたいわけではありませんが、そこに落ちているのは、同じ単語で別の意味の「ウ○」かもしれません。

私は、それで今の会社では結構なポジションをもらえましたので…。








■参考図書 『会社で教えてくれない50のこと

仕事以外のことを学ばなければ、会社なんてつまらない!――同じ時刻の出勤、与えられた仕事、目の前の業務……。ただ何となく働くだけでは、会社では何も身につきません。アンテナの角度を変えてみましょう。会社は「膨大な教科書」へと生まれ変わります。チャンスの活かし方、人間関係の知恵、自分に何ができるのか、どうすれば成功できるのか……ヒントは、会社の中にある!

本書は「友達の間で“メリット”という言葉をやめよう」「“□□バカ”になろう」「効率の悪いことをしよう」「ペンとメモ用紙をポケットに入れておこう」「本屋さんで、友達を作ろう」「“ありがとう”の代わりに“面白かった”と言おう」「自分も他人もフルネームで紹介しよう」など、組織の中で自分の可能性を伸ばすためのヒント集。「教えてくれないことこそ、一番大切なこと」と語る著者が充実“社会人”生活の秘訣を紹介します。仕事もプライベートももっと楽しくなる一冊!




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

会社で教えてくれない50のこと
著者 :中谷彰宏
楽天では見つかりませんでしたDMMでは見つかりませんでした



●このテーマの関連図書


昨日の自分にこだわらない一歩踏み出す5つの考え方

自分を変える超時間術

なぜあの人は2時間早く帰れるのか

出会いに恵まれる女性がしている63のこと

成功体質になる50の方法

50代でしなければならない55のこと





■同じテーマの記事

インバスケットを学ぶ1

先日、部下が昇進のための基礎能力試験を受けてきました。返ってくるなり「全然ダメでした〜」と。「どうダメだったの」と聞くと、「口外するなとは言われたんですけどね」と言いながら、しっかり口外してくれたので、私もちょっとばれない程度に公開しちゃうことにしました。このスタイルの評価方法は、昇進試験グループディスカッションhttp://sarahin.seesaa.net/article/372308423.htmlでも紹介したので、..

問題発見力養成講座:システムシンキングの6つのメリット4

システムシンキングのメリットについて、『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』を引用しつつ、拙いながら、システムシンキングを学んできて感じたことをちょっと書いてみたいと思います。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、システムシンキングのメリットとして、以下の6つを上げています。1.経営上の課題を大局的..

問題発見力養成講座:システムシンキングの6つのメリット3

システムシンキングのメリットについて、『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』を引用しつつ、拙いながら、システムシンキングを学んできて感じたことをちょっと書いてみたいと思います。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、システムシンキングのメリットとして、以下の6つを上げています。1.経営上の課題を大..

問題解決を妨げるもの

問題解決には技術が必要です。その技術については、以前の記事問題解決の7ステップ1問題解決の7ステップ2問題解決の7ステップ3問題認識の手法1問題と課題問題認識の手法2可視化する問題認識の手法3現状分析問題認識の手法4現状分析2問題認識の手法5問題を発見する問題・課題・懸念事項などで書いてますので、よろしければご参照ください。ただ、上記で紹介したような技術を用いても解決できないものがあります。問題や課..

中途採用書類:目立つ応募者になる

応募書類ってみんなおなじに見える応募者はとかくドングリの背比べになりがち転職を希望する方々に、もうひとつ留意してほしいことがあります。それは求人広告で集まる応募者には「そっくりさん」が多いこと。採用選考は、とかくドングリの背比べ状態になりがちです。とくに転職サイトの求人広告の場合は、応募条件が詳細に記されているケースが目立つだけに、そ..

楽しい仕事はない。楽しめる仕事はある

仕事、楽しいですか?私は、「どちらかと言うとそうかな」です。P仕事がつまらないという人にアドバイスするとしたら、僕は次のいずれかをお話しします。「つまらない仕事はない」「楽しい仕事なんてどこにもない」「はじめに」でも述べたように、この 2 つは一見逆のことを言っているようですが、言いたいこととしては同じです。どちらも「仕事が楽しくな..

中途採用:SPI「性格診断」の落とし穴

中途採用というと、やっぱり大きな山は「面接」なのですが、実際じんじんた当社に聞いてみると、SPI試験というものが行われていて・性格・基礎学力をチェックされてまして、意外とウチのようなロートルな会社では、受験者がこれで振り落とされることがあるそうです。大企業に応募してくるようなレベルの人ならそんなことはないのかもしれませんが。性格診断テストの落とし穴よのなか、中途採用においては「積極性をアピールしなさい」とか言われているので..

命令か依頼か―リーダーとしてのメンバーとの付き合い

部下や後輩をどのように呼んでますか?君さん!(敬称なし)ちゃん(愛称、略称)お前、テメーまあ、呼び方は人それぞれですが、私の知るパターンだと、呼び方によってその人のリーダーシップスタイルがだいたいわかります。仕事を頼むときに一番やってはならないことは、命令口調を使うことです。これをやられたほうは気持ちのいいものではありません。「命令」に..

文章のコツ6:同じ言葉を使う

仕事で使える文章のちょっとしたコツをご紹介してます。どうも日本語というのは、母国語で話し慣れているので、あまり意識しなくてもそれなりの文章が話せたり、書けたりします。ところがちゃんと勉強してみると、以外に知らないことが少なくありません。前回は「和語」「漢語」の記事でも書きましたが、同じような意味で2つの単語を使うと混乱を招く場合があります。同じ単語を使う時々見かけますが、同じことを言い表すのに異なる単語を使ってしまう時がありま..



posted by 管理人 at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448829646

この記事へのトラックバック