記憶の距離感をコントロールする




嫌なことがあると、一人になったときだったり、寝ようとしてウトウトし始めたときに、ふいにそれがフラッシュバックして、寝付けなくことがよくありました。

おかげで、ウツなどというありがたくないトラブルをもらいまして会社を長期休みしたのですが…。




■記憶との距離感


「記憶」と「距離感」とは、普段ほとんど一緒に使うことがない単語ですが、

 記憶との距離感

で結構強烈に印象に残ったのが本書。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●「どこに着目するのか」によって記憶との距離感が変わる
過去の出来事を振り返る。そのコツの二つ目は「できていることを拾い上げる」という方法です。やり方はとても簡単。

出来事を思い出す際「自分にできていること」をとにかく拾い上げるだけ。「できていること」であれば、その内容はどんな些細なものでも OK です。
 :
 :(中略)
 :
たとえば、あなたはきちんと立って相手の話を聞けていたはずです。これだけでも 1 ポイントゲットです。加えてあなたは、相手の話を黙って聞いていた。これで 2 ポイントです。

「できていたこと」はこのレべルで十分です。

「自分のミスについて言い訳をしなかった」「神妙な表情ができていた」「しっかり謝ることができた」「他人のせいにしなかった」など、どんな場面でも「できていること」は必ずあるはずです。

それをどんどん拾い上げていってください。

やってみるとすぐに体感できるのですが、この作業をやると意識がどんどん客観的になってきます。

元来、人はネガティブな感情に支配されているときは主観的になりやすく、ポジティブな面に意識が移ると客観的になりやすい

つまりここでは「ネガティブで主観的」な意識から、「ポジティブで客観的」な視点へと切り替えているのです。

この切り替えはじつに有効。感情が大きく揺さぶられ、ストレスをため込んでしまうのは「主観的で、当事者感覚に支配され過ぎているから」です。

辛く、苦しい記憶、不愉快な出来事を思い出すときほど「できていたこと」「よかった点」を意識して拾い上げてください。

そうやって客観的な視点に立ち、自分との距離を置くことが大事なのです。

この方法は自分自身だけでなく「他人のよいところを拾う」という形での応用も可能です。
 :
 :(中略)
 :
記憶との距離を変え、自分への影響を軽減するためにも、あえて意識を「できていたこと」「ポジティブな側面」に向けてください。

当たり前に思える、じつに些細なポジティブ要因だろうが OK 。

その切り替えによって客観的になり、自分を守ることができる。その事実を忘れないでください。

松島直也(著) 『ストレスをためない技術
―――――――――――――――――――――★





■記憶は一歩離れて


記憶を当人として思い出せば、嫌なことがまた蘇ってきます。

それを客観的に思い出すことができれば、単なる事実として、その反省や振り返りができるようになります。

「嫌なことは忘れたい」と思うのですが、実際嫌なことほど思い出します。

そのときに、私は画像として思い出してしまったことを、文章にするようにしています。
文章として、テキストエディタに書き出すんです。

そうすると、主体がイメージの脳(右脳)から論理の脳(左脳)に移動します。
これが案外ストレス軽減になっているようです。

■離れるための「良いとこ探し」と「文章化」


本書にあるように、あるポイントに着目して、そこをフラッシュバックしたものから探そうと意識したり、それを文章にしようとするようになってから、フラッシュバックが軽くなったような気がします。

以前、万善簿という記事を書きましたが、こういう思い出し方をするように意識すると、ちょっとストレスの軽減に役立っているようです。




■参考図書 『ストレスをためない技術





立ち読みできます立ち読み可
ストレスは決してなくならない。大事なのは「ストレスをなくすこと」ではなく、「どうつき合うか」。「よける」「ひねる」「受けとめる」という3つのコツを知れば、不快な気持ちが整理できる。NLPの専門家による、ストレスに適切に対処し心を強くする技術。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

ストレスをためない技術
著者 :松島直也
楽天では見つかりませんでした
ストレスをためない技術
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 振り返りはテレビを見るように枠をはめて思い出す
 嫌なことは、「もし気分がよかったら」で切り替える
 深呼吸をしてストレスを解消する
 ピントを外してストレスから逃げる
 15分散歩してから会社に行く
 車のメンテナンスをするように自分もメンテナンスする
 ストレス経験を思い出して、笑い話にする
 「べき」「ベスト」ではなく「できたらいいな」を探すとストレスが減る
 記憶の距離感をコントロールする
 「しなければならない」と思ったらピンチ

●このテーマの関連図書


「やめた!」がなくなる続けるスイッチの作り方(アスカビジネス)

NLPのことがよくわかり使える本(アスカビジネス)

NLP速読術~1冊10分で本が読める!時間がなくてもスキルアップ&試験合格~

(文庫)脳からストレスを消す技術(サンマーク文庫)

キラーストレス心と体をどう守るか(NHK出版新書)

苦手意識は捨てられるNLP脳トレーニング





■同じテーマの記事

Excelで入力ミスを減らして効率化する方法

Excelでデータを入力するというのはよくやる仕事。一つひとつのセルに、細かなデータを大量に入力するのは手間が掛かるしミスも起きます。入力方法をひと工夫すれば、仕事が早く終わること請け合い。本日はそんなちょっとした工夫のご紹介。入力を始めるのではなくフォーマットを作るたいていの人は、Excel でいくつも乗せるにデータを入力するとき、データの打ち込みか始めます。で、数字を入力しようとしたら日本語入力が ON になっていた、日本語入力をしようとしたら直接入..

会議のテーマ

「会議が多すぎて仕事が進まない」古今東西、サラリーマンの悩みのひとつなのかもしれません。今日は効率的に会議に出るためのヒント。スケジュールを2段に分ける手帳に時間ごとに会議の計画やタスクを書き出して見える方も多いと思います。私の場合は、会社ではアウトルックをスケジュール管理システムとして使っているので、朝出勤したら、アウトルックで今日1日の計画を印刷して持ち歩いてます。スケジュール帳でもそうですが大体の場合は右側に時間が30分〜1時間単位で書いてあって..

シグネチャは切り替えて使う

メールを見ていて時々思うのですが、メールの最後に自分のメールアドレスやら会社住所やらを書いているかがた見えますね。「シグネチャ」っていうらしいのですが、あれはいるのかな?と疑問になるときがあります。疑問というか、はっきり言って邪魔。元メールを引用する最近は、元になったメールを自分のメールの下に全文そのままつけて送るのが普通になりました。昔はダイアルアップでネットに繋ぐのが普通だったので1バイトあたりの通信費という概念が結構あって、「引用は最小限に抑える..

エクスプローラファイル一覧を一発でソートする方法

Windows を使っていると避けて通れないのがエクスプローラ。もちろん、ファイラーを導入することで操作性を改善することは可能ですが、フォルダのショートカットをクリックしたときなど、エクスプローラの画面を見ずに済むようにするのは至難です。そうなるとどうしても気になるのがエクスプローラの使い勝手。過去記事でも何度かエクスプローラの改善方法をご紹介しましたが、本日はワンアクションでファイルの一覧をソートする方法についてご紹介します。ソートのキーボード操作エ..

「自分も賛成です」で終わらせない

「この人、できる」と思わせるコツのひとつに、「知識があると思わせる」「鋭い指摘をする」という方法があります。これに使う知識や見識は別記事で時々書いているように、読書や上司の視点で考えるなどのトレーニングで身についていきますが、どんなにトレーニングをしようとそれを使わなければあるかどうかはわからないんですね。使わなければ、「無能だ」と思われてしまいます。社会人になると、学生時代の実力試験のような評価するための確認がなくなるので、「知識がある」とか「知識がない..

使えるフォルダを選択的に表示する方法

エクスプローラで特定のフォルダをすばやく開くには、エクスプローラが最初に開く場所にショートカットを置いておけば、エクスプローラを開くショートカットをクリックするでいけちゃいます。ただし、環境によって開くフォルダを変更するには、人間がその環境を判断して、異なるショートカットを選択してやらないとできません。その都度「え〜っと今は××の環境だから…」と考えるのはストレス。今の環境くらいわかるんだから、そのくらい自動的に処理してほしいものです。いつものフォル..




posted by 管理人 at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック