目的の目的にアタックする


たいていの活動には目的がありますよね。その目的を達成するために手段があります。

では、目的は何によって定義されているでしょうか?



■目的の目的


すごく抽象的な話で恐縮ですが、目的には目的があります。

たとえば、何かを組み立てる時

 ネジを確実に締める

という目的があったとすると、それは手段として

 適正なトルクに設定されたトルクドライバーを使う

という手段が出てきます。

じゃあ、「適正なトルクに設定されたトルクドライバーを使う」には、「適正なトルクに設定する」という手段と、「設定されたトルクドライバーを持つ」という手段が出てきます。

つまり、(ここから一般化するにはちょっと強引ですが)あらゆる行為には目的と手段の対があって、手段をさらに分解しようとすると、手段を目的に置き換えて、それを達成する手段が更に出てくる。

絵にするとこんなふう。

 目的
  ↓
 手段 = 目的
       ↓
      手段 = 目的
            ↓
           手段 = 目的
    :
    :
    :
    :

当選ながら目的を達成する手段はひとつではなくて、同時に複数個の手段を組み合わせないと目的は達成できない場合が多いですが、ここでは、手段をひとつだけまとめて書いてます。

なにがいいたいかというと、

 目的を手段とするより上位の目的がある

ということ。

これを私は、「目的の目的」と呼んでます。




■創造力とはより広い視野で物事を見ること


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

成功した人々を研究してみると、みな一様に問題をその背景全体とともにとらえている。そして、彼らは解決策と、拡大された目的の関係を理解しようとしていた

これは、問題に対する目的の系列化〔目的展開〕をさせたことを意味する。

彼らを研究するうちに、目的〔展開〕が効果的問題解決に欠かせないことがわかってきた。あらゆる問題をさらに広い視野で眺めることを可能にし、創造力を発揮させるきっかけともなるのである。

ジェラルド ナドラー(著) 『新・ブレイクスルー思考―ニュー・コンセプトを創造する7つの原則
―――――――――――――――――――――★


本書では、この「目的の目的」が「さらに広い視野」と書かれています(と、理解しました)。

「ネジを締める」という目的を達成するためには、「適正な締り具合を保証する」必要があり、そのために、「適正に調整されたトルクドライバー」が必要なわけです。

ここで、「適正に調整されたトルクドライバー」に着目してしまえば、「日々点検にトルクの確認作業を追加する」「トルクの測定器を購入する必要がある」という議論になりますが、「目的の目的」に着目すれば、

 「そもそもネジって不要にできないの? はめ込みでいいじゃん」
 「適当に締めてもちゃんと締まるネジを採用しよう」

という発想が出てきます。

イマドキの会社で重宝されるのは、こういう発想をする人ですね。

かつての日本の製造業は「ちょっとだけ改善をする」「小さな改善を積み重ねて全体で大きな改善にする」みたいな考え方が主流でした。

もちろん、こういう考え方が不要になったかというと、そんなことはなく必要です。しかし、一方で、ジャンプアップする発想、すなわち改善ではなく改革をすることも最近は強く求められます。

発想法としてはちょっと違うものですが、根本的には同じです。
違いは、目的や手段に着目するか、目的の目的、目的の目的の目的…に着目するかの違いです。

そこを変えてしまえば、今やっていることなんて、単なる時間の無駄にできちゃうかもしれません。

■ブレイクスルーを起こす7つの法則


ついでながら、本書『新・ブレイクスルー思考―ニュー・コンセプトを創造する7つの原則』に紹介されていた、ブレイクスルーを起こす7つの法則について、ご紹介しておきます。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●7つの成功の原則
・独自性〔ユニーク“差”〕の原則
・目的〔展開〕の原則
・理想システム〔先の先から見たあるべき姿〕の原則
・システムの原則
・必要〔目的“適”〕情報収集の原則
・関係者関与〔参画・巻き込み〕の原則
・変革継続〔継続変革〕の原則

ジェラルド ナドラー(著) 『新・ブレイクスルー思考―ニュー・コンセプトを創造する7つの原則
―――――――――――――――――――――★


ご参考にどうぞ。




■参考図書 『新・ブレイクスルー思考―ニュー・コンセプトを創造する7つの原則

「認識論を変え、問題解決の方式を転換し、思考を変える」新しい思考法として、さまざまな分野で用いられるようになったブレイクスルー思考。その研究と実践を改めて紹介する。91年刊「ブレイクスルー思考」の新版。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

新・ブレイクスルー思考―ニュー・コンセプトを創造する7つの原則
著者 :ジェラルド ナドラー
楽天では見つかりませんでした
新・ブレイクスルー思考―ニュー・コンセプトを創造する7つの原則
検索 :商品検索する



●このテーマの関連図書


飛び抜けたアイデアを出す人がやっているブレイクスルー思考トレーニング

メタ思考トレーニング(PHPビジネス新書)

ロジカル・ディスカッション(Facilitationskills)

ディシジョン・メイキング―賢慮と納得の意思決定術(Facilitationskills)

ザ・会社改造340人からグローバル1万人企業へ

問題解決に効く「行為のデザイン」思考法





■同じテーマの記事

相手の態度から本音を見抜く方法

相手の態度から「こんな風に考えてるかも…」「こんな人かも…」というのはなんとなくわかりますよね。おそらく子供の頃からの対人経験によって培われてきたものだとは思いますが、きちんと因果関係を説明はしにくいものです(あくまでも経験値なので)。どんな行為がどんな意味を持っているのかは、その場にいる人やその時の雰囲気によって変化するものではありますが、ある程度共通のパターンがあります。それを言葉にすると、もう少し明確にその人の..

大勢の前でプレゼンするときはZ目線が有効

大勢の前で何か話そうとするとかなり緊張します。1対1で話すときでも多少は緊張していますが、ちょっと大きな会議で発表をしたり、そこで何かコメントしようとしたりすると、もうドキドキが止まりません。だんだん職位が上がってくると、こういう場面が多くなるのですが、やっぱり苦手っていう感覚は否めません。もちろん、昔と比べると多少は良くなりましたが…。Z目線のテクニックそういうときには、いろいろなテクニックをあれこれ思い出しながら、テクニッ..

しぐさで会話をコントロールする方法

だれかと話しているときに無意識にやった仕草が実は特定の意味を持って相手に伝わっている事があります。「ノンバーバルコミュニケーション」というのですが、これをうまく使うとこちらの都合を相手に気づかせることが出来ます。時計をちらちら見るよくあるパターンが、「時計をちらちら見る」っていうやつ。何か時間を気にしていて、「はやく話を切り上げろ」というメッセージが伝わりますよね。同じような仕草にはこんなものがあるそうです。..

お世辞も言わねばサラリーマンは務まらない

お世辞やゴマすりが人間組織の歴史からなくならないのは、それが効果があるからです。「お世辞で上司に取り入る」というとなんだか聞こえが悪いですが、上司にうまく取り入っていかないとサラリーマンとしては仕事が続けにくいです。上司に嫌われて、仕事がうまく行かなくなったという例は、枚挙にいとまがないですが、上司に好かれて仕事がしにくくなる、というのはたぶんそうそうありません(よほど持っているスキルとかけ離れた仕事を割り当てられない限り)。..

プレゼンの原稿は作っても読んではいけない

会社でよくプレゼンをする機会があります。ウチワのプレゼンなら原稿は用意せずに PowerPoint の資料だけ用意して、そこに書いてあるキーワードや図の説明をしながらプレゼンをします。ちょっと大きなプレゼンだと、事前に原稿をつくり、原稿を読みながら練習をします。が、本番のときには原稿は持っていかないことにしています。プレゼンで原稿を読んではいけない原稿の丸読みは相手にとって退屈なだけ..

TIMTOWTDIメモ3:事前に考える癖をつける

前回、『すごい!メモ術 「ビジネス力」をアップさせる達人たちの手の内を盗め!』の”「中島流」5分間考える段取り術”ができるようになるためのトレーニングステップをご紹介しました。・ステップ1:過去にやったことをメモにする・ステップ2:ルーチンワークをメモにする・ステップ3:メモを振り返って、変形バージョンを検討する・ステップ4:ルーチンワークで事前メモを作ってみるここまで、私の場合は大体2か..

NM法を使う実例

発想法として有名な方法に「NM法」があります。これは「アナロジー発想法」を使いやすくした方法ですので、「アナロジー発想法」を使ってみたいかたには具体的な方法として役に立つかもしれません。アナロジーをより使いやすくした「NM法」NM 法は、これを考案した創造工学研究所所長の中山正和氏のイニシャルにちなんで名づけられた発想フレームワークです。ゴー..

課題は5W2Hで分解する

仕事をしていると、いろんな問題にぶつかったり、上から大変な課題が降りてくることがあります。たとえば、「なかなか営業成績が上がらない」や「上司に認められる提案が出せない」とか。上司として部下にいろんな課題を出すのですが、まったく行動が起きない人がいます。私の仕事で言えば、「ユーザからの要望対応状況がわかるシステム」を要求した時に、1ヶ月してもなんの変化もない人。だいたいこういう人は、言われたことや自分が直面..

ビジネス心理術辞典

すべてのビジネスマンにすぐに役立つ心理学を基本にした行動のガイドをしてくれる一冊です。心理学はわかったようでわからない難解な用語を連発されてすぐにケムにまかれたり、わかったような気になっても具体的に実際にビジネスの場でどう使えばいいかわからないものが多いですが、この本は心理学の背景を説明するのではなく、どうやったらビジネスをもっとうまくやるかの具体事例を教えてくれる本です。最初は気が付きませんでしたが、本書の表題は「心理術」であって「心理学」ではない。つまり、人間の心..

ビジネス心理術辞典

図解 3秒で相手を操る!ビジネス心理術事典【評価】選書理由ビジネスに心理学を用いる際の、具体的な方策を知りたかったから。読みやすさ非常に読みやすい。読書時間40分ほど。オススメすべてのビジネスマンに使える。心理学はわかったようでわからない難解な用語を連発されてすぐにケムにまかれるが、この本はそうではない。心理学には詳しくないがビジネスをうまくやるためのコツを教えてくれる。著者内藤 誼人心理学者。慶應義..



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック