「喫茶喫飯」集中して人の話を聞く





禅の言葉に「喫茶喫飯(きっさきっぱん)」という言葉があるそうな。

これは「お茶を飲むときにはお茶のことに集中して、ごはんを食べるときにはご飯に集中するべし」という意味なのだそうですが、そう言われてみると、コーヒーを飲みながら話をしていると、どんな味のコーヒーだったのかは大して記憶に残りませんよね。

最近はスマホ片手に、あるいは新聞を横に広げながらご飯を食べていたりするのではないでしょうか。




■人の話を聴いてますか?


「きく」という言葉には、「聞く」「聴く」「訊く」の3種類の漢字がある、というのはよく傾聴などのセミナーで言われることです。ここではあえて「聴く」にしてみました。

「喫茶喫飯」をしない私達(「達」は失礼か?)は、部下や同僚が話に来ても、ついチラチラメールを見たり、手元の資料を読んだりと、相手の様子に集中していないことがしばしば。

どうも、いろいろ忙しいと、つい「同時動作をさせたい」みたいにしちゃいますよね。たかが5分の話をする時間を惜しんで…。

人間のコミュニケーション能力の大部分は視覚から入る情報だそうです。
それを、別のことに振り向ければ当然、相手から入る情報量は激減します。その上、脳は2つのことを同時には処理できないので、頻繁な「モード切り替え」をしますから、理解も進まない。

最終的に相手が言いたいことを表面的にしか理解できないので、妙な誤解や誤訳になって、話がネジ曲がっていくという悪循環が生じます。

相手の表情の細かい所、手の振り方の微妙な違いなんて読めるわけはありません。

つまり聴けてない

先日、アメリカのIBMが在宅勤務を廃止した、というニュースが流れてましたが、これも同じことなのかもしれません。仕事を論理的に分解すると、メールと電話さえあれば仕事はできるはず。在宅勤務でも仕事は進むはずなのに、やっぱりフェイス・トゥ・フェイスにはかなわない理由がここにありそうです。




■話を聞くときには話に集中する


顔を突き合わせて仕事をすればいい、と言うものではありませんが、相手の表情やしぐさを読むことがなければ、やっぱり仕事はできないみたいです。

当然の結論ながら、人の話を聴くときには、その話を全力で集中して聞きましょう、ということです。

相手も「ちゃんと聴いてくれている」という安心感がありますし、集中していれば、当然相手の話を理解したり記憶したりすることができるようになります。

集中する」というのは、それ以外のことをしないだけではなく、それ以外のことが頭に浮かんでも、すぐにそれを取り払ってしまう、ということだと考えています。

これをするようになると、結局話し合いが物別れに終わっても、相手からの信頼を得られるようになります。「一言一句聞き逃さないぞ」「表情やしぐさの変化を見逃さないぞ」という意気込みが相手に伝わるようにすれば、「今回は良い結論は出なかったけど、この人は一生懸命聴いてくれる」と相手が思ってくれるようになります。

結局、仕事がうまくまわるかどうかは、相手が自分のことを信用してくれるかどうかが結構大きなウエイトを占めているので、こういう基本的な態度の積み重ねが重要なのかもしれません。



■同じテーマの記事

必ず手帳をチェックする時間を決めておく

今日、このあと退社するまでのスケジュールって言えますか?××時にさんと打ち合わせ××時にチーム進捗会議××時に退社タスクはとと…これがスラスラ出てくるようなら、このネタはあまり役に立たないかも。私はたいていスラスラは出てきません。ちょっと考えると出てくるときが多いですが、「え〜っと」と言いながら、おもむろにパソコンを開こうとします。手帳をチェックする時間『手帳300%活用術』という本にこんなこと..

転職面接:なぜ弊社を希望されましたか?

新卒・転職面接にかかわらず、必ず出る質問に志望理由があります。この答え方に2パターンがありそうです。主語はなにか?主語の2パターンは、「御社は〜」「私は〜」です。ただ、主語が「御社は〜」の場合、印象に残ることがほとんどないです。あまり記憶に残ってません。これの理由をつらつら考えるに、「ありきたりのことしか言ってない」のではないかと。たとえば、「御社の将来性…云々」と言われても、面接官は10年も20年も会社にいるわけなので、応募者よりもその会社のことは..

スピード段取り術3

先週紹介しました「スピード段取り術」の要約のつづきです。書いてある事自体は、「すごい!」というネタではありませんが、なにか問題にぶつかっていて、どうやって自分の時間を確保しようとか、どういう習慣作りをしたらいいだろう、と悩んでいる時に、「あ、な〜るほど」と思えるヒントが満載の本です。是非時々読み返して見るために、手元においておきたい本の1冊です。これは、紹介したい内容がいっぱいあって、色々書いていたら、恐ろしくたくさん書きだしてしまいました。あまりにも長いので、ちょっ..

SE-ScreenSaversデスクトップ時計のスクリーンセーバー

過去記事時計のスクリーンセーバで≪時計スクリーンセーバー≫をご紹介しましたが、どうも更新が止まっちゃっているみたいで、今年の分がありません。仕方がないので、新しい時計を表示できるスクリーンセーバーを探してみましたので、ちょっと共有。SE-ScreenSaversSaversとなっているように、単体のスクリーンセーバーではなく、い..

スキーマ読書術

認知心理学の用語で「スキーマ」というものがあります。これは情報を認知するときに使う思考の枠組みのことだそうです。もうすこし砕けた表現を出言うと「スキーマ(schema)とは人の過去の経験から生まれた知識のまとまりのこと」。人は外界からの情報を処理するためにこれを使って予測対応しようとするらしいです。外界から何かの刺激があった時に、次は何が起きるかを過去の経験に基づいて、それを予測しているそうです。たとえば、木の足が4つあり、その上に平らな木が載せてある物をテーブルと認..

一息吸ってくる

私のアイディアではありませんが、ちょっと本に書いてあったアンチ・ストレス技術をご紹介。逆に言うと、場所を変えればそれだけブレイクしやすくなります。物理的な距離を取ることで客観的かっ冷静になれますし、深呼吸をして状態を整えれば、「上司に怒られた」「仕事で失敗した」という外部要因に対して、ネガティブな反応が出にくくなります。「一服してくる」ならぬ「一息吸ってく..




posted by 管理人 at 05:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック