リスクマネジメント:4つのリスクに備える



仕事をする上で、予定通り物事が進んだためしがありません。
かならず何かの問題があります。

これを事前に、可能な限り検討しておくことを「リスクマネジメント」と呼びます。

ところが、結構このリスクを考えられない人がいます。

私が勝手に「猪突型」と呼んでいる人たち。
なるべくならこういう人と一緒に仕事をしたくないんですけどね。

猪突型の人は、自分がやろうとしたことがうまくいくことしか考えてません。




40年も前の高度経済成長期だったら、頑張れば何かしらの結果がでたので、それでも良かったのですが、今の時代は「うまく頑張る」ようにしないと結果が出ません。

 ・何をするのか
 ・その投資対効果はどの程度なのか
 ・選択肢はどの程度あるか
 ・自由度はどのくらいか
 ・リスクファクターと発生率はどのくらいか
 ・それぞれのリスクの対応策と効果はどの程度か

せめてこのくらいのことは考えてから突撃しないと…

■リスクは4つの分野で考える


ドラッカーは、『創造する経営者(ラッカー名著集6)』のなかでこんなふうに述べています。




★P274〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

リスクもまた分類しなければならない。リスクの大小は大きさだけで判断するべきではなく、その性格によって判断するべきである。

P.F.ドラッカー(著) 『創造する経営者(ラッカー名著集6)
―――――――――――――――――――――★


私は本書からリスクを大きく4つに分類しています。

 ・負うべきリスク
 ・負えるリスク
 ・負えないリスク
 ・負わないことによるリスク

この分類に従って、検討されていないリスクがないかを探し出すようにしています。

■負うべきリスク


会社としての活動であれば、自社が何をしようとしているかは他社にとってのリスクです。
逆に、他社がどのようなことをしようとしているのかは自社にと手のリスクです。

組織を維持するること、仕事をすること、生活をすること、全てが他からの影響を受けます。
影響とはすなわちリスクです。自分がやろうとしていることは自分以外の全ての活動から影響を受けるからです。

自分が何かしようとしている事自体が、負うべきリスクです。
何かしようとすることで、発生するリスクを考えておく必要があります。

■負えるリスク


何をするにしても、うまくいく場合とだめになってしまう場合があります。

過去記事

 リスク・リワード・レシオ

で書いたように、ダメになったときに、どの程度問題が起きるのかを考えておくことです。

「ビジネスは積極的なチャレンジをしなさい」と言われることがありますが、成功して得られるものと失敗して失うものの差(正確には比率)が負えるリスクであることが必要です。

また、成功したとしてもその過程で失うものもあります。これも全てを足し算したときに、もっとも得られるものが大きかった場合と最大の失敗をした時の考慮が必要です。

■負えないリスク


負えるリスク」の反対です。

「負えるリスク」は得られるものとの比でしたが、こちらは失敗したときのその絶対値。

たとえば、イチ社員が会社の試算をすべて失うようなチャレンジをすることは、たとえそれが成功したときに、会社の売上が 100 倍になるとしても、負えないリスクですね。

■負わないことによるリスク


よくリスクの検討で抜け落ちるのがこのリスク。

行動することによって変化が起きます。しかし、その変化を恐れてしまって何もしなかったときに、環境が今の状態であり続けているならリスクはありません。

通常はそんなことはなくて、環境は変わります。そのときに適応できなかったリスクを考慮に入れて行動をするかしないかを決めないといけません。行動しなかったときにどのようなリスクがあるのか。
そのリスクを負わないためには、行動を選択せざるを得ない状況もあります。




■参考図書 『創造する経営者(ラッカー名著集6)





立ち読みできます立ち読み可
事業戦略が「発明」された歴史的著作。「今日の事業の成果」「潜在的な機会の発見」「明日のための新たな事業の開拓」を解く。さらには、「社会的存在としての企業とは何か」「プロフィットは外にある」等、経営の本質を説き、『経営者の条件』と並び、経営実践の書として経営者に長らく支持されてきたバイブル。ドラッカー名著集第6弾。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

創造する経営者(ラッカー名著集6)
著者 :P.F.ドラッカー

創造する経営者(ラッカー名著集6)
検索 :最安値検索

創造する経営者(ラッカー名著集6)
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 面接質問「どんな貢献ができますか?」
 昇進面接質問のブレークダウン
 意思決定をする
 リスクマネジメント:4つのリスクに備える
 成果を上げる5つの条件
 時間を創造する
 知識とは「何かを変えるもの」
 ドラッカー:人は、自らがもつものでしか仕事はできない
 勉強好きはどのように昇進・昇格に影響する
 意思決定をする

●このテーマの関連図書


ドラッカー名著集3現代の経営[下]

イノベーションと企業家精神(ドラッカー名著集)

ドラッカー名著集2現代の経営[上]

ドラッカー名著集11企業とは何か

ドラッカー名著集7断絶の時代

ドラッカー名著集8ポスト資本主義社会






■参考図書 『経営者の条件





立ち読みできます立ち読み可
ドラッカー・エターナル・コレクション第一弾。
絶大な人気を誇る不朽の名著。成果をあげるためにいかなる行動をとるべきか。己の強みを知り、時間を知り、なすべきこととなさざるべきことを知る。すべての知識労働者に必須の書。






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

経営者の条件
著者 :ピーター・ファーディナンド・ドラッカー

経営者の条件
検索 :最安値検索

経営者の条件
検索 :商品検索する



●関連 Web
 ビジネスリーダー講座-日経ビジネス
 3分間ドラッカー―ダイヤモンド・オンライン
 経営者のバイブル ドラッカーを学べ―WizBiz
 ピーター・ドラッカー - Wikipedia
 3分間でわかるドラッカー−「経営学の巨人」の名言・至言

●本書を引用した記事
 マイナス言葉を言い換える
 ドラッカー:リーダーシップ力診断
 時間を測定する
 目的に立ち返る
 常駐タスクをチェックする
 確証のワナ
 段取りがよくなる段取りシート
 メールはプルシステム3
 メールはプルシステム2
 ManicTime

●このテーマの関連図書


ドラッカー名著集3現代の経営[下]

ドラッカー名著集2現代の経営[上]

小説でわかる名著『
経営者の条件』人生を変えるドラッカー―――自分をマ…

創造する経営者(ドラッカー名著集6)

イノベーションと企業家精神(ドラッカー名著集)

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか(はじめて読むド…





■関連する記事

人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい

部下や後輩が話しかけてきた時に何かをしていると、ついそれをやりながら、「ん。了解。」とやってしまうことがあります。あるいは、会議の時に、発言者の方を見ずにひたすら PC に何かを打ち込んでいるとか。これが "いかん" とはわかっているつもりなのですけどね。「あなたを愛しています」のメッセージ人の話をよく聞くことは、ビジネスの世界だけでなく、家庭生活でも同じようにたいせつ..

常駐タスクをチェックする

PCって使っている期間が長いほど、性能が悪くなるみたいですね(経験則)。そのひとつの原因として、常駐アプリがあります。パフォーマンスの改善一度、CTRL+SHFT+ESC って押してみてください。タスクマネージャーが立ち上がりますよね。ここの「プロセス」(Windows10の場合)を見ると、どのくらいのアプリが立ち上がっているかわかると思います。「パフォーマンス」タブを見ると、メモリをどのくらい消費しているかわかります。私が勝手に決めている目安ですが、普段使っている..

リスクは上げるより見直す2:リスクマネジメントは「良い加減」に

プロジェクトマネジメントにはリスク管理はつきものです。ところが、ウチの会社では、「今回のプロジェクトにおけるリスクは何ですか?」と聞くと、「現場と意見が合わない」「シミュレーション環境が構築できない」とか、過去に起きた問題をリスク視する情報はあまり上がってきません。P仕事の段取りを考える上で必ず意識したいことは、先をイメージして、想定の範囲を広げるということです。ここ..

リスクは上げるより見直す1:リスクは上げるより見直す

プロジェクトマネジメントにはリスク管理はつきものです。ところが、ウチの会社では、「今回のプロジェクトにおけるリスクは何ですか?」と聞くと、「現場と意見が合わない」「シミュレーション環境が構築できない」とか、過去に起きた問題をリスク視する情報はあまり上がってきません。P仕事の段取りを考える上で必ず意識したいことは、先をイメージして、想定の範囲を広げるということです。ここまでご紹..

定型業務をカイゼンしなさい

業務を効率化するにあたり、ときどき「なにか勘違いしているなあ」と思える場面に出くわします。効率化とは、結果を変えずに投入工数を下げることです。決して単純に投入工数を下げることではありません。ま、そこは本題ではありませんが、この前提は強調しておきます。比較対象は「以前の工数」で、本題ですが、「投入工数を下げること」とはどうやって確認できるでしょうか?投入工数が下がったかどうかは、以前の投入工数以後の投入工数の2つ..

やることリストとやらないことリスト

いろいろな作業を経て完成する仕事(GTDではプロジェクトと読んでますね)があった時に、よく「作りなさい」問われるのが、計画化と「やることリスト」です。これはベースになっているのは、「やることリスト」であって、それを時系列に並べたものが計画です。みなさんはやるべき作業をどのようにまとめていますか?上司の指示、クライアントとの打ち合わせでできた宿題、自分自身で解決..



■同じテーマの記事

問題は過ちであると認める

他責は自分のためにならない以下の事例2つを読み比べてみてください。事例1判告書 A本年度の予想外の収益の減少は、主に昨年に下されたいくっかの戦略的判断によるものである。直接的には、新たな企業買収と、新薬数種を国際市場へ投入するといっ決定が、短期的な収益減少を招いた。また、経営陣は、国内外で生じた厳しい状況に対する備えが不十分だった。..




posted by 管理人 at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロセスマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック