インパクトのある情報の出し方―認知的不協和を利用する


いろいろな資料を見ていると、「おっ!?」と目にとまる資料があります。
どんな良い提案をしようと、その提案を聞いてもらわなければ、意味がありません。

見た人が多くの提案書やメールの中で、その提案書を読んでみようと思えるためには、インパクトのある表題やメッセージが必要です。



■夫のち○○が…


最近ちょっと有名になった本で

 『夫のち○○がはいらない
※  実際は伏せ字ではありません。ずばり書いてあります。なにが伏せ字になっているかはリンク先でご確認を。

という本ですが、結構インパクトがありますよね。まあ、それだけでアマゾンベストセラーになったりはしないでしょうけど、タイトルの効果も否定はできませんね。

■インパクトを出すには認知的不協和


ただ、仕事の提案書などにさすがにこういうタイトルは使えないのですし、コピーライター的な能力が必要です。上記の本も、そういう意味で結構考えられた表題でしょう。

普通のサラリーマンには難しいかもしれません。

が、実は、わりとだれでもできる簡単な方法があります。

 「認知的不協和

というやり方。

これは、一般的に「あたりまえ」と思われていることを、ズバッと否定してしまうのです。




★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●「アレレ?」と思わせてイエスと言わせる説得の
    説得の技法「認知的不協和」

自分にふさわしくないと思ったり、矛盾を感じることがあると納得がいかなくなります。
「なんで?」と混乱し、真意を知りたくなります。
 :
 :(中略)
 :
人は、何かの出来事に遭遇し、それが自分の考えていたことと違っていると、「何で?」と不快になります。

これを心理学では「認知的不協和」と呼んでいます。

この不快感を解消するためには、出来事への対処の仕方を変えるか、認識や考え方を改めるよりありません。

この上司は、部下の認知的不協和を利用して説得を図ったのです。

矛盾を解消してやるには、本人がなるほど――と腑にに落ちる何か別のロジックを用いてやればよいのです。

「会社は、仕事をするところじゃないぞ!」などと常識を覆すような、逆説的なことを上司が言えば、部下たちは一斉に「え?何それ?なんで?」などと注目してきます。

あとから、「会社はなあ、社会的貢献を模索する場なんだ」などと言えば、納得します。

近頃では「顧客の要望なんか聞くな!」といった過激な書籍タイトルなどに使われています。「なんで?」と認知的不協和状態を作られると、思わず注目が高まるからなのです。

神岡真司(著) 『思い通りに人をあやつる101の心理テクニック
―――――――――――――――――――――★


コピーライターが書くような、印象に残る言葉を作るためには、センスや相当の訓練が必要ですが、常識の否定、つまり「あたりまえ」と思っていることを否定するのであれば、その「あたりまえ」に気がつけば可能です。わりあい簡単につくれます。

たとえば、本書にあるように「会社は、仕事をするところじゃないぞ!」でもそうでしょうし、「工数低減をするな」でも同じです。みんな「工数低減はいいことだ」と思っているところにこういうことを言えば、ちょっと注目します。

これで「イエス」を引き出せるかどうかは、その後の論理の組立て方次第でしょうから、そこまでは保証できるものではありませんが、提案などは聞いてもらえなければ賛成もしてもらえないですから、まずは話を聞いてもらえるようにすることも必要ですね。

提案にインパクトをもたせたい、自分の話を聞いてもらいたいと思ったら、「常識の否定」を作るところから始めてみると良いかもしれません。





■参考図書 『思い通りに人をあやつる101の心理テクニック

▼どうしたら思うように相手を動かすことができるのか?
本書に関心を寄せていただいた読者の方は
おおむね次のような不満を抱えているのではないでしょうか?

――どうしたら、部下が自分の思うように仕事をしてくれるのか?
――どうしたら、苦手な上司や取引先をラクラク攻略できるのか?
――どうしたら、気になるあの人に振り向いてもらえるのか?
――どうしたら、営業のクロージングでNOをYESに変えられるのか?

などなど・・・

「いったいどうしたら、相手を動かすことができるのか! ?」

人を自由にあやつることができれば、
私やあなたの毎日は楽になることでしょう。
しかし、そう簡単にはいかないのが現実です。

人生の成功者たちは「コミュニケーションの巧拙」が
地位や年収に結びついていることを、体験的に知っています。
人間同士で構成されるのが人間社会です。
人間心理を制するものが人生を制するのです。

▼即効性の高い実践心理テクニックを101本収録!
相手を「動かす」「あやつる」という行為は
けっして相手を「だます」ということではありません。
自分も相手も、狙った方向に気持ちよく向かわせ、誘導する。
そんな魔法のような心理技術が、この世には存在するのです。

そこで本書は冒頭に掲げたような不満を解消する心理技術を
厳選して計101本取り上げました。
心理学で検証・確立された理論をベースにした
きわめて実践的で即効性の高い心理テクニックです。

※決して悪用しないようにしてください。

ぜひ、ご一読いただき、すぐにでも実践すれば
その効果のほどをたちまち実感されることと、保証いたします。

この101のテクニックを駆使しさえすれば
思うようにならないさまざまな人間関係のイライラから解放されます!

↓特設Facebookページへお越しください
http://www.facebook.com/shinri101




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック
著者 :神岡真司

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック
検索 :最安値検索

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 不意打ちでYESと言わせる方法
 一拍おいてから話し始める
 反発心を利用して他人を操る方法
 褒めるのは難しいけど教えてもらうのは簡単
 ランチョン・テクニックで和やかに議論する
 部下の行動を改めさせる恫喝と一罰百戒
 部下に評価を伝える時には、良い・悪いを同時に言う
 限定と希少価値の心理法則
 インパクトのある情報の出し方―認知的不協和を利用する
 決定権限者の趣味・嗜好を検討する
 他人に操られないためのルール
 一貫性を持たないように意識する
 他者と違う行動を恐れてはいけないが慎重にやりなさい
 行動原理を知ると人の行動が読める
 ボディランゲージを聞く
 サインに気をつける
 感情的になる相手に対応する方法
 思い通りに人をあやつる101の心理テクニック
 人間がつくウソの種類
 苦手な人にスムーズにアプローチする方法
 思い通りに人をあやつる101の心理テクニック

●このテーマの関連図書


相手を自在に操るブラック心理術(日文新書)

面白いほど雑談が弾む101の会話テクニック(フォレスト2545新書)

使える!悪用禁止の心理テクニック(宝島社文庫)

他人を支配する黒すぎる心理術

あなたの「影響力」が武器となる101の心理テクニック(フォレスト2545新書)

人の心を操る技術―マインドリーディングと話し方で交渉もコミュニケーションも上手くいく





■同じテーマの記事

人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい

部下や後輩が話しかけてきた時に何かをしていると、ついそれをやりながら、「ん。了解。」とやってしまうことがあります。あるいは、会議の時に、発言者の方を見ずにひたすら PC に何かを打ち込んでいるとか。これが "いかん" とはわかっているつもりなのですけどね。「あなたを愛しています」のメッセージ人の話をよく聞くことは、ビジネスの世界だけでなく、家庭生活でも同じようにたいせつ..

上司のための心理学

本日は、部下を持った人、あるいは部下を持つ直前の人に読んでほしいビジネス書の紹介をします。まだまだ若い人で、部下を持つなんてまだだいぶ先のことだと思っている人も、本書にあげてある程度の言葉は、その概要と実際にどのように応用するのかについて、一つづつ勉強して置くとすごくいいです。というのは、本書に書いてある事柄がすごく網羅的で、それぞれの1節ごとに本が何冊かかけてしまえるくらいのボリュームを持ってます。なので、この本を読んだだけでは、初めての言葉は消化不..

部下に評価を伝える時には、良い・悪いを同時に言う

誰かを自分の思っている方向に引っ張ろうと思ったら、使う言葉や順序に、相当気を使わないといけません。絶対いけないのは、思ったことをそのまま口にだすこと。まあ、子供じゃないんだから、そのくらいのことは当たり前だと思うでしょうが、案外できてない人が多いんですよ。問題は、どういう言い方が適切かを知らないこと。知っていても、瞬間的にそれを組み立てる訓練をしていないこと。…なのかもしれません。指摘する→褒める..

人を動かす:人を説得する原則3:自分の誤りをただちにこころよく認める

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。・本日の巨人:デール・カーネギー・本日のお言葉:自分の誤りをただちにこころよく認める・お言葉の出典:『人動かす』失敗は誰にでもあります。失敗したことを、大きな損失であると捉えるか否かは、その失敗と対策を判断する人の感情に任されています。ということは、失敗をしたら、相手の感情を別の所に誘導してやれば、「失敗から信頼がうまれる」みたいなことが起きるわけです。こういうストーリーで..

人を動かす:人を説得する原則3:相手が即座に「イエス」と答える問題を選ぶ

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:デール・カーネギー本日のお言葉:相手が即座に「イエス」と答える問題を選ぶお言葉の出典:『人を動かす』心理術の本などを読むと、「小さなイエスを重ねて、大きなイエスを引き出す」ような事が書いてあります。その心理術のテーマを端的に表しているのが、本日ご紹介する『人を動かす』に書いてある原則。人類の思想に大変革をもたらしたアテネの哲人ソ..

限定と希少価値の心理法則

人に物を頼むときに、「××やっといて!」で済めばお手軽でいいですが、実際世の中そこまで自分に都合よく動いてくれません。頼みごとは後回しにして希少価値効果を高める方法をとると良い結果が得られます。商売のコツインターネットの EC サイトにかぎらず、実際の場面でも「限定××個!」とか「今日限り!」「他の人には言わないでくださいね!」とか言う売り文句を見かけますよね。これが購買をあおる心理テクニックとわかっていても、つい「買おうか…..

人を動かす:「イエス」と答えられる問題を選ぶ

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:デール・カーネギー本日のお言葉:「イエス」と答えられる問題を選ぶお言葉の出典:『人を動かす』他の人に何かの依頼をする時や、何かで合意を取り付けたいような時、どうしても自分の都合で話を進めようとして、相手から反感を買ってしまい、結局合意が取れなかった、なんて経験は実際たくさんあります。あとで冷静になって議事録やメモを読み返してみると「そりゃ、オレがこの人の立場なら拒否す..

インパクトのある情報の出し方―認知的不協和を利用する

いろいろな資料を見ていると、「おっ!?」と目にとまる資料があります。どんな良い提案をしようと、その提案を聞いてもらわなければ、意味がありません。見た人が多くの提案書やメールの中で、その提案書を読んでみようと思えるためには、インパクトのある表題やメッセージが必要です。夫のちが…最近ちょっと有名になった本で『夫のちがはいらない』※実際は伏せ字ではありません。ずばり書いてあります。なにが伏せ字になっているかはリンク先で..

人を動かす:人を説得する原則1:議論に勝つ唯一の方法として議論を避ける

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:デール・カーネギー本日のお言葉:議論に勝つ唯一の方法として議論を避けるお言葉の出典:『人を動かす』第一次大戦直後のこと、わたしはある夜、ロンドンで貴重な教訓を得た。当時わたしは、ロス・スミス卿のマネジャーをしていた。ロス・スミス卿は、大戦中パレスティナの空中戦に輝かしい武勲を立てたオーストラリアの空の勇士で、終戦直後、三十日間で..

一貫性を持たないように意識する

過去記事で、「一貫性の原理」や「認知的不協和」を利用した説得術などをご紹介しましたが、これはわかっていても引っかかる場合があります。人と何かを議論しているときに、「ちょっと前に××って言ったよな〜」と瞬間的に頭のなかで考えてしまって、自分のポジショニングや次の発言を決めている場合があるんですね。自分の主張を変えてもいいときには自分の持論や主張を変える勇気も必要そのほか、自分の..



posted by 管理人 at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447672870

この記事へのトラックバック