人脈をスタートさせる方法




昇進・昇格面接において、こんな質問をすることがあります。

 「プロジェクトや仕事で困ったときに誰に相談しますか?」

多くの人は、「上司」と答えます。

実は「上司」は期待する答えではありません。困ったときに上司に相談するのは当たり前です。


知りたいのは、それ以外にどんな人とつながっているかです。いわゆる人脈というやつですね。

仕方がないので、追加で質問します。

 「では、部門外の人なら誰に相談しますか?」
 「社外の人なら誰に相談しますか?」

結構、答えに詰まる人が多いですが、早く昇進する人はこれに簡単に答えを出します。

 「それがもし経営に関わるような問題であれば、○○さん。技術的なことなら、○○さん…」

みたいに結構な人の名前があがります。

■人脈とは


よく、簡単に「人脈を作る」といいますが、「名刺をもらった人」がたくさんいることを指して「人脈が多い」とは言いません。では具体的に人脈を考えてみると、本にはこんなことが書いてあります。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

あなたは、人脈をどのようなものだと考えていますか?

よく異業種交流会などに積極的に参加して、人脈を広げようとしている人がいますが、名刺を交換して、立ち話程度の会話をしたくらいでは、人脈ができたとは言えません。

それは人脈のきっかけにはなりますが、一方的に「あの人なら知っている」程度の関係は、相手から認識してもらえていないことも多く、真の意味での人脈ではないのです。

私なりに人脈の定義を考えると「その本人に直接連絡が取れて、お願い事のできる関係」とでも言ったらいいでしようか。

田中和彦(著) 『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
―――――――――――――――――――――★


人脈の定義は別として、これなら「人脈がある」といえるように感じます。

つまり、「困ったときに相談できる人」という関係ですね。

■人脈を太くする


なにか困りごとが起きて、それを上司に相談します。上司では答えが出せないので、「○○さんに聞いてみなさい」と紹介してもらったとします。

これで、その「○○さん」と繋がりができます。

ただ、上司の紹介だから「○○さん」は答えてくれますが、再びその人に相談するようなことが起きたときに、次は上司を介さずに相談に行けるかというと、なかなかそうは行きません。

これは単に「仕事で接点があった人」というレベルだからです。

そこからは自分で、接点を太くしていく必要があるわけですね。それがある一定の太さを超えたときに初めて、「自分の人脈」といえるわけですね。

一番いいのは、その人と一緒に仕事をすることですが、その人にだって本来の仕事はあるだろうし、初めて会った人に仕事をいきなり頼まれても困るだけでしょう。ましてや1時間位相談に乗る程度ならいいかもしれませんが、自分のプロジェクトに巻き込んでしまうようなことをすれば、次から「アイツは余計な仕事を持ってくるやつ」と避けられても仕方ありません。

関係を作る方法として、私がよくやるのは、一緒に話しているときに、私が持っている知識や技術をわざと見せて、その人の反応を見る、ということをやります。

もし、ちょっとでも反応するようなら、「実はこんなこともできるんですよ」てな具合で、その人が必要としているものを積極的に提供するようにしています。

たとえば、EXCEL でいろんなグラフを書きますよね。おおくのの仕事はそのレベルではみんな必要です。そのときに、EXCEL ではなく、Web に入れると自動計算してくれるツールを持っているので、それをわざわざ使ってみせるわけです。

反応アリ!」なら、「もしよかったら、○○さんのやっているデータも、これで表示できるようにしましょうか?」みたいに、「相手の仕事を助けてあげられるよ」をアピールするわけです。

相手の仕事がわかると、それを楽にできるような手伝いをどんどんしていきます。
手伝いと言っても、自分の持っているスキルをちょっと使う程度のレベルです。大した仕事ではありません。

これで、紹介してもらった「○○さん」との接点が増えれば、結果的に自分が何か頼もうとしたときにも、「いままでいろいろ助けてもらっているし…」と引き受けて貰える確率は格段に上がります。

さらに、自分のスキルや専門が、相手にわかってもらえれば、その○○さんが別の人から受けた相談でも、「ちょっとこういう人がいるんだけど」と連絡がもらえるようになります。


■Give And Give で


要は、GiveAndTake ではなく、Give するネタをまず探し、Give し続ける。
最初に紹介してもらったときには、当然 Take を先にするわけですが、その中で Give するネタさがしをすることで、そこからどんどん Give のネタを探して行くわけです。




■参考図書 『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意

2万人を面接した人材のプロが贈る、ボスをマネジメントの教科書
上司の8機能+1を徹底活用すして、プレゼン、会議、人事、時間管理、人脈…これであなたの仕事が劇的に好転する!




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
著者 :田中和彦

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
検索 :最安値検索

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 トラブルを上司に報告する前にするべきこと
 希望の部署に移動する方法
 上司の情報を活用する
 人脈をスタートさせる方法
 ピンチヒッターを作る
 アホな上司は反面教師にはならない
 目標は自分だけが管理できる
 ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる
 人事評価の目的を理解すると評価を利用できる
 できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
 人を動かす:罰則は「前向きさ」を失わせる
 「上司」というコンサルタントを雇う
 目標は部門目標に合わせる
 関係者を巻き込む
 到達基準点を最高にする
 部門目標と個人目標
 複数の選択肢を得る

●このテーマの関連図書


どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術

部下こそ上司にリーダーシップをとれ

「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方

「上司に話が通じない」と思ったときに読む本

「バカ上司」その傾向と対策(集英社新書436B)

できる人は上司に“モテ”る仕事は上司との関係が9割!





■同じテーマの記事

トラブルを上司に報告する前にするべきこと

よく、「問題が起きたらすぐに上司に報告しなさい」っていうビジネス書やネットの記事を信じて、速攻で報告に来る人がいたり、「自分でなんとかしよう」と頑張り続けている人がいたり、まあいろいろなのですが、どちらも上司からすると期待するものではありません。というか、「報告の仕方がなってない」っていらないところで減点をくらいます。上司の力を利用するトラブル解決の方法何か問題が起きたらとりあえず上司に報告するのがいいのですが、いきなり「トラ..

希望の部署に移動する方法

「今の部署から別の部署にい移動したい」サラリーマンなので、大抵の場合はかなわぬ望みです。確実な方法はありませんが、全くできないこともありません。上司を利用するあなたが他部署への異動を希望していると仮定しましよう。異動希望の自己申告を人事部宛に出しても、直属の上司が優秀なあなたを手放したくなくて、人事部の意向も聞かつぶず、その希望を握り潰すことはよくあることです。一度や二度、異動..

上司の情報を活用する

何かの課題を与えられた時、最近の私の場合は、とりあえずネットと書籍で情報を集めます。次に底に書いてあったキーワードで社内情報を整理するようにしています。というのは、ある程度の職位になってしまえば、上司の機能として利用できなくなるものがあるからです。その機能とは…上司のサーチエンジン機能サーチエンジン機能「自力でやれば必ずできるはず」と..

カードは1枚づつ切りなさい

私自身が「下手だなあ」と時々思い返して、暗くなるのは、交渉事をして失敗した時(断られた、相手の言い分を飲まされた)ようなときです。特に、思い返してがっかりするのは、こちらの手の内を見せる順番を間違えて都合よく進まなかった時や、相手にカードを無効にされてしまって、効果がなかった時など。もっとうまい出し方を考えていたのに、相手のペースに乗せられて、自分自身が失言をするとか。そんな時はだいてい「しゃべりすぎ」です。..

ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す1

とっても気になるタイトルだったので、ちょっと読んでみたのが本書。これからのソーシャルメディア航海術やっぱり読んでみてよかったなぁ、ということでちょっとご紹介。一番感じ入ったのは、「ファクトとオピニオンのバランスを 8:2 にする」というところ。実は知人から私のブログを見ての感想で、「あんたの意見が多いよね」「自分の意見を全面に出し過ぎると良くないよ」とコメントを受けてました。※でも、ちっとも変わらないので、きっとその知人は諦めたのだと…。所詮は趣味の落書き…。やっぱ..

会社で生きることを決めた君へ_4

久しぶりにビジネス書のご紹介。会社で生きることを決めた君へ (PHPビジネス新書)結構有名になった本なのでご存じの方も多いかと。相変わらず長文のコメントなので、また複数回に分けてご紹介します。本日は、要約(というには長文ですが)をお送りします。::と書いてみましたが、長すぎるので、要約を3回にわたって分割してお送りします。本日はその第3回目。要約の最後の部分をお送りします。言葉を磨く私たちは言葉を用いて、..

会社で生きることを決めた君へ_1

久しぶりにビジネス書のご紹介。『会社で生きることを決めた君へ』結構有名になった本なのでご存じの方も多いかと。相変わらず長文のコメントなので、また複数回に分けてご紹介します。本日は概要と目次です。特に目次には本書で著者が言いたいことがぎゅっと凝縮されていますので、じっくり意味を考えながら、読んでみていただきたいです。読書術を勉強したことがある方なら、きっと当然のお話でしょうが…。概要低すぎる評価、動かない部下、現場軽視の経営陣..

面倒くさがり屋の55の法則

本日は、私がやる気がでない時に、「ちょっとだけやってみよう」と思えるようにするために、繰り返し読み返している本のご紹介。読み返していると言っても、ほとんど目次だけなのですが、ひとつひとつはすごく薀蓄のふかいお話で、1つづつで本記事なら2〜3回はかけちゃうようなイメージ。すべてをやることはできないですが、今すぐ何かひとつやってみようとすると、ちょっと行動ができるようになります。もし、「あ〜、こんな作業かったるいな」と思ってしまったら、気分転換にこの本..

役職がついたら生き方を変える

この記事を呼んでくださっているあなたは今なん歳でしょうか?20歳代、30歳代でしょうか。40歳になってるかたは少ないかもしれませんね。私が役付き(管理職)になったのは、30歳中盤でした。私はソフト技術者だったので、巷でよく言われた「ソフト屋定年35歳説」というのに反発して、「じゃあオレは定年まで第一線のソフト屋でいてやる!」などと思ってました。自分がソフトについては会社の中で誰よりも詳しかったですし、能力も高かったと自負していました。そこへ..

バカな上司の下でも成長できる仕事術2

本日は、「バカな上司の下でも成長できる仕事術」の続きです。第2回めの本日は、キーポイントだと思ったところの抜き書きをお送りします。「バカな上司」とは、たぶん自分の実力にある程度自信がある人なら、だれでも考えたことがある言葉ではないでしょうか。「親と上司は選べない」とはよく言ったもので、まったくその通りで、話していると頭痛がしてくるような上司に何度も出会いました(「頭痛がする」という表現に抑えておきます…)。サラリーマンですので、人事から、「この人の下で仕事をするように..

味方を作る

会社で大切な人脈って何でしょうか。上司?上司の上司?まぁ、当然そうですが、意外と見落とされているのが、事務をやってくれている人たち。この人たちは、自分の業績における評価をするわけではありませんが、自分が業績を上げるために必要な情報やパワーを持っています。この人たちに見限られるとめちゃくちゃ大変。ウォートン流 人生のすべてにおいてもっとトクをする新しい交渉術にすごく実感のあることが書いてありましたので、ご紹介します。..



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック