ピンチヒッターを作る




あなたがもし、いまインフルエンザにかかっていることが判明して、会社に1週間位出社できなくなったとしたら、どうしますか?

 ・いまやっているプロジェクトは一時停止ですか
 ・明日までに出さないといけない報告書は1週間待ってもらえますか?
 ・明後日の打ち合わせは延期ですか?

いろいろ心配事が起きますね。

まあ、そもそも、「明日の活動が明確に生っていない」なんて場合もあるかもしれませんね。
私の場合は、結構そういう仕事も抱えてたりしますので、それはそれで「問題だよな〜」とは思いますが。

本日のテーマは、「やることが決まっていて、もし自分がやれなくなったときにどう対応するか?」です。

■ピンチヒッター

野球用語で、「ピンチヒッター」というのがあります。レギュラー選手でなく控えの選手を打者に出すことですね。
※ちょっと疑問なのは、「ピンチ」ではなく、「チャンス」だから出すんじゃないの?
※とは思います。
※それに普段は「バッター」と呼んでいて、このときだけ「ヒッター」とはどういうこと?
※みたいなのも疑問なのですが…

※余談ですが

やるべきタスクが明確なもので、期限を1週間伸ばせないようなときに、その仕事を誰かに「ピンチヒッター」として頼めますか?

もし、それができないとしたら、あなたの仕事は、報連相が十分できていないのかもしれません。もちろん、あなたのスキルや能力がなければできないこともあるでしょうけど、1週間だけだったら、不十分とは言えそれがやれないと、仕事の継続性としては問題がありますよね。

これは、管理職としても常に考慮が必要なことです。
つまり、もし、部下が1週間連絡できない状態になっても、その課としての業務を止めないのは必須です。それを常に考慮しているのかは、管理職の仕事のひとつです。

 部下の○○さんがインフルエンザのため、××の業務はできません

では組織として業務をしていることにはならないんですね。

■ピンチヒッターを用意しておく

ただ、最近は業務が細かく分割されていて、相当に専門的なスキルが必要なものも少なくありません。なので、同じチームの同僚であっても、仕事のフォローができない場合もあります。

ただ、そういうときであっても、少なくとも上司だけは、部下の不在期間中のフォローができる状態にしておかないと、本当にチーム(課・部門)としてのマネジメント機能が機能していない、と判断されかねません。

管理職がそれを強く意識することも重要ですが、部下としてもそれを意識して上司に、情報を流しておく必要があります。

ただし、部下の情報が全部上司に流れ込んできたら、上司はパンクします。
そこで、上司が必要になったときに、常に上司に最新情報が提供できる仕組みを準備しておくことが必要なわけです。

そのヒントがこちら。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

いざという時に備え、上司の「ピンチヒッター機能」(いざという時や困った時などに、仕事を手助けしてくれる協力者)を有効なものにするために、仕事を終えて帰る時には、必ず「明日、自分が会社に来ることができなかったら……」と仮定し、仕事を案件ごとにフアイリングして、机の中にきれいに収納することです。

私の場合は、案件ごとに違う色のクリアファイルを使い、付築に大きく案件名を書いては、ファイルの真ん中に貼り付けていました。

社外から電話をかけて、誰かに書類などを捜してもらう時には、一目でわかるので非常に役立ちました。ぜひ参考にしていただければと思います。

田中和彦(著) 『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
―――――――――――――――――――――★


いまだと紙の書類は少ないので、殆どの情報は自分の PC でしょうかね。
PC のローカルドライブに保存しておけば、PC を共有している場合を除き、もうだれも見ることができません。

なので、サーバに常に最新の情報が入るように設定しています。
※自動でローカルフォルダと同期させるだけですが。

メールも、過去ログをサーバにおいています。
毎日、終業時刻に仕事関係のメールは、オフラインファイルに出力するように設定してありまして、PC をシャットダウンするときにはこのオフラインファイルがサーバにコピーされます。

このオフラインファイルは他の人でも開けるので、いざ見ようとすれば、そのファイルを自分の PC のメールクライアントにインポートすることで、見られるようになります。
※もちろん、機密情報については上司でしかアクセス出来ないようにはしてあります。

で、情報のありかを、共有の進捗状況ファイルに書き込んでおけば、もし明日私がいなくなっても、上司がフォローできるようにはしてあります。

もちろん、長期的には、スキルや情報ではなく、その人自身のコンピテンシーが必要なものもありますので、ちょっと難しいですが、ワンポイントならそれで十分トラブルを回避できます。

最近、災害などの対策として BCP(事業継続計画(Business continuity planning) を作る会社も少ないですが、個人やチームとしても、こういう手段を考えておいたほうが良いかもしれません。





■参考図書 『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意

2万人を面接した人材のプロが贈る、ボスをマネジメントの教科書
上司の8機能+1を徹底活用すして、プレゼン、会議、人事、時間管理、人脈…これであなたの仕事が劇的に好転する!




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
著者 :田中和彦

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
検索 :最安値検索

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 トラブルを上司に報告する前にするべきこと
 希望の部署に移動する方法
 上司の情報を活用する
 アホな上司は反面教師にはならない
 目標は自分だけが管理できる
 ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる
 人事評価の目的を理解すると評価を利用できる
 できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
 人を動かす:罰則は「前向きさ」を失わせる
 「上司」というコンサルタントを雇う
 目標は部門目標に合わせる
 関係者を巻き込む
 到達基準点を最高にする
 部門目標と個人目標
 複数の選択肢を得る

●このテーマの関連図書


どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術

部下こそ上司にリーダーシップをとれ

「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方

「上司に話が通じない」と思ったときに読む本

「バカ上司」その傾向と対策(集英社新書436B)

できる人は上司に“モテ”る仕事は上司との関係が9割!





■同じテーマの記事

添付ファイルのパスワードをメールに書いてはいけない

メールに添付ファイルを付けるとき、パスワードで保護してますか?まあ、送信先を間違えて、相手にそれを見られたとしても困らないようなファイルはかまいませんが、イマドキ、インサイダー情報になりそうなものや個人情報に関するデータは、何らかの保護をしているというポーズも必要みたいですね。ポーズだけ?大抵「これってポーズだけ?」と思える原因が、パスワードは別メールにてと書いておいて、自分のメールに全員返信をつかってパスワードを送付してく..

かっこいいグラフを作れるテンプレートChartChooser

コンサルタントが作る資料って、かっこいいですよね。もちろん、それで生計を立てているプロなんだから、シロートと比べられたら、コンサルタントは怒るでしょうけど。グラフの種類は多くないでも、結構多くのコンサルタントの方とお付き合いした経験からして、実際に使っているチャートはそれほど多くはないようです。つまり、あるテンプレートがあって、それにデータを食べさせればいいように作ってあるみたいです。まあ、そのくらいでないと効率的には作業でき..

考えるときにはペンを持つ

私は、「考える」という作業をするときには、ノートを広げて3色ボールペンで何かを書きつけることが多いです。もちろん、手が止まっていることはよくありますが、ボールペンを離すのは、考えることをやめた時。天井に相談してました特許の出願件数が社内でトップを取ったことがあって、その表彰のときに、「君は特許を考えるときはどんなことをしているね?」と聞かれたことがあります。そのときには、「天井と相談してます」と答えた記憶があります。その頃は、ひとりで何か考えるときは、体は全く使っ..

分割報告法:報連相の頻度を上げる

仕事をしていて一番困るのが、その仕事の目標や方針の変更です。それが仕事の仕上げ段階になってやってくるともう目も当てられません。資料を窓から投げ捨てたくなりますね。これを避ける方法があります。急な方針変更を避ける方法経営上の問題や部門の方針、クライアントの意向などいろいろな理由で方針変更は発生します。方針変更自体を避ける方法はありません。しかし、急に変更になるのは避ける事ができます。抽象化した言い方をするとコミュニケーションを密にすることです。あたり前の結論ですね。で..

上司が部下の相談に乗ってくれないのはなぜ?

部下が困っていることに対しては、アドバイスしたり解決の手助けをしてあげるのが上司の仕事のひとつです。ただ、実際には「相談に乗ってくれない」「ありきたりな指示しかされない」「余計な仕事が増える」など、否定的な経験のほうがおおいのではないでしょうか。なぜ上司は部下の困り事に親身になってくれないのか私は 28 歳のとき、新規事業部門の部長職を拝命しました。全国に、30 名以上の部下がいま..

事前に上司に電話をしてもらう

他の部署の自分より職位が上の人、というのは結構説得が厄介です。当然、職位が上という意識の違いもあるのですが、説得する相手にとっては、自分の判断は自分の部下に影響をおよぼすため、「仕事が増える」「手間が増える」というような部下の負担が増加するようなことや、自分にリスクがあるようなことというのは、受け入れにくいからです。一方で説得する自分からすると、自分の部下には影響がないので、わりと軽い気持ちで話ができます。もちろん、そのプロジェ..

報告書のコツ:追加資料は生情報へのショートカットにする

報告資料やプレゼン資料を作るときに、「非表示スライド」や「別添資料」を作った経験は、おそらく誰にでもあるかと思います。しかし、こういった資料って、まず日の目を見ることはないですね。作る労力は表示する資料と同じだけかかっているのに、誰にも見てもらえない資料。可哀想に…。上司が何を聴きたいかを推測するプレゼンであれば、意思決定者やプレゼンの出席者、報告書であれば上司、提出先によって、いろいろな質問が飛んで来..

報告の仕方を使い分ける

以前の記事で何度か上司への報告の仕方は、途中状態で報告して軌道修正をしながら作成したほうがいいというような記事を書きました。報連相のタイミングしかし、途中経過の報告で、上司どのような指摘を受けるかが、実際上司によって違います。上司の視点は大きく2つあります。・目標(報告の全体イメージ)に合致しているか・書いてほしいと思っている項目が盛り込まれているかの2パターン。目標と一致しているかこちらは、どのようなことを書くのか、その報告を上司がどう使いたいのかという目的..

部下力のみがき方2:要約

結構久しぶりですが、ビジネス書をご紹介します。図書名称:上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方著者:新名史典いかにもサラリーマンに向けの本なので、読んだことがある方も見えるかも。私のブログでも時々引用させて頂いています。とくにポイントだと思うのは上司が仕事のボトルネックという点。仕事の効率を挙げるためには、上司をうまく巻き込んで行くことが重要。その点を「上司を上手に使う」と著者は表現しています。..



posted by 管理人 at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック