アホな上司は反面教師にはならない


よくネットなどでも「ウチの上司はほんとに使えね〜」みたいなネタを見ますし、本にもそういうときに、「反面教師にしなさい」みたいな書き方がしてあるものがあります。

ちょっと記憶にあった「ダメ上司」ネタを探してみました。



★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●ネガティブエグザンプル機能で、ダメ上司からも学べ
ここまで、部下が活用できる上司の 8 つの機能を説明してきました。

いかに上司が使い倒すべき対象かということが、あなたにも理解できたと思います。

この章の最後には、もうひとつだけ、番外編として上司の機能をお伝えしたいと思います。

それは、ネガティブエグザンブル機能です。

ネガティブエグザンプルとは、コンピュータ用語で、日本語訳は「負の例」となります。
わかりやすく言えば、反面教師という意味です。

ここまでの 8 つの機能は、それなりに仕事のデキる上司を前提に話を進めてきました。

しかし、現実的には、すべての上司が優秀とは限りません。

なかには、どうしようもない上司もいたりします。ただ、だからと言って、

 「この上司からは、学ぶことなど全くない」

と切って捨てるようなことだけはしないことです。

どんな上司にせよ、よくよく見ていれば、、学ぶことはあります。

そもそも長所と短所は、裏表の関係だつたりします。

 「うちの上司は、ブレブレで困ったものだ」

と、一貫性のなさを嘆く部下がいますが、それは別の面からみると、ものごとに対して臨機応変だということを意味したりするものです。

一貫性のなさに不満を抱いて、何も学ばないのではなく、臨機応変というプラスの部分に光を当てて、吸収できる部分だけを吸収すればいいことなのです。

そして、どうしてもマイナス面が気になってしまうのであれば、

 「もし自分が上司になった時には、こういうふうには絶対にならないぞ」

という部分を意識しておいて、それこそ反面教師的によく覚えておくことです。
いずれきっとあなたの役に立つ時が来るはずです。

田中和彦(著) 『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
―――――――――――――――――――――★



本書の引用した内容を簡単にまとめると

 ・上司の悪いところを別の面から評価しなさい
 ・良いところが全くなければ反面教師にしなさい

の2点だと思います。




■上司は会社から評価されて上司になっている


過去記事にも書きましたが、社員の昇進は会社からの評価できまります。会社にとって評価が低い人を昇進させることはありません。特に今の時代は。

自分が部下であって、相手が上司であるということは、現時点の評価は、上司の方が高いということです。それを「自分より劣っている」「学ぶことなどない」なんて言うのは、会社としての視点と自分の視点がずれていることを物語ってます。

もちろん、人間ですので全方位・あらゆる点で素晴らしい人間なんていません。ある面は小学生以下かもしれませんし、ある面では過去の偉人より優れているかもしれません。まあ、そういうものではないでしょうか。

つまり、「上司から学ぶべきことがない」から反面教師にする、のではなく、学ぶべきことがないと思える程度の視野の広さしか持っていないことに思い至るほうが自分の成長につながるかもしれません。

もちろん、反面教師として自分の指針を作っていくことも大切だとは思いますが。




■参考図書 『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意





立ち読みできます立ち読み可
2万人を面接した人材のプロが贈る、ボスをマネジメントの教科書
上司の8機能+1を徹底活用すして、プレゼン、会議、人事、時間管理、人脈…これであなたの仕事が劇的に好転する!





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
著者 :田中和彦

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
検索 :最安値検索

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 トラブルを上司に報告する前にするべきこと
 希望の部署に移動する方法
 上司の情報を活用する
 失敗に対して上司がもっとも腹が立つこと
 人脈をスタートさせる方法
 ピンチヒッターを作る
 アホな上司は反面教師にはならない
 目標は自分だけが管理できる
 ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる
 人事評価の目的を理解すると評価を利用できる
 できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
 「上司」というコンサルタントを雇う
 目標は部門目標に合わせる
 関係者を巻き込む
 到達基準点を最高にする
 部門目標と個人目標
 複数の選択肢を得る

●このテーマの関連図書


部下こそ上司にリーダーシップをとれ

どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術

ザ・フォロワーシップ―上司を動かす賢い部下の教科書

上司取扱説明書―MBA流ボスマネの極意

あなたが上司から求められているシンプルな50のこと

「バカ上司」その傾向と対策(集英社新書436B)





■同じテーマの記事

人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい

部下や後輩が話しかけてきた時に何かをしていると、ついそれをやりながら、「ん。了解。」とやってしまうことがあります。あるいは、会議の時に、発言者の方を見ずにひたすら PC に何かを打ち込んでいるとか。これが "いかん" とはわかっているつもりなのですけどね。「あなたを愛しています」のメッセージ人の話をよく聞くことは、ビジネスの世界だけでなく、家庭生活でも同じようにたいせつ..

簡単にできたことこそ大切にする

困難にぶつかって、苦労して、紆余曲折しながらやり遂げたことというのは記憶に残ります。記憶に残るので、そこでやったことというのをもう一度やろうとします。で、たいていは失敗します。なんでかというと、困難にぶつかったということは、初動で失敗していたということだからです。エピソードに残るもの先輩:昔さあ、商談をしていたお客様が他社に契約しちゃったことがあってね私:競合負けですか?先輩..

バカな上司の下でも成長できる仕事術2

本日は、「バカな上司の下でも成長できる仕事術」の続きです。第2回めの本日は、キーポイントだと思ったところの抜き書きをお送りします。「バカな上司」とは、たぶん自分の実力にある程度自信がある人なら、だれでも考えたことがある言葉ではないでしょうか。「親と上司は選べない」とはよく言ったもので、まったくその通りで、話していると頭痛がしてくるような上司に何度も出会いました(「頭痛がする」という表現に抑えておきます…)。サラリーマンですので、人事から、「この人の下で仕事をするように..

セミナーに行ってはいけない

世の中にはいろんなセミナーが開催されています。内容的にも、お値段もピンキリみたいですが。管理人の私も1年に1〜2回セミナーに行くことがありますが(自腹や会社費用)、行って効果があるのは、あまりセミナーの講師や内容には関係ないみたいです(講師の方に失礼かもしれませんが)。以前に、過去の日誌をぼんやり読み返していて、セミナーで「いい話が聞けた」「いいことを思いついた」などと好印象を持った時と、「しょうもなかった」「時間の無駄だった」などとがっかりしたものを..

人を動かす:人を説得する原則6:しゃべらせる

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ディール・カーネギー本日のお言葉:人を説得する原則:相手にしゃべらせるお言葉の出典:『人を動かす』本日のお言葉は、もう何回目でしょう…『人を動かす』から人を説得する原則6:相手にしゃべらせるです。説得したかったらしゃべってはいけない私のようなレベルでは、結構ハードルが高いのですが、本当の説得術というのは、相手に相手自身を説得させることを最高の手段にしている..

命をかけるに値するかを考えて議論に持ち込む

以前に失敗のケーススタディ:本来の望みという記事で、議論に勝つことが、自分の目標に対してどのような影響をあたえるのかを考えよう、というお話をご紹介しました。相手と意見が異なると、ついそこについて議論になってしまい、思わずヒートアップして、最後の結論は自分で顔をしかめたくなるような極論に行き着いた、なんていう経験もあったりします。あとで思い出すと、「オレって、なんてバカなんだろう」と嘆きたくなるのですが、そのときには我を忘れる状態で..

人を動かす:人を説得する原則3:自分の誤りをただちにこころよく認める

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。・本日の巨人:デール・カーネギー・本日のお言葉:自分の誤りをただちにこころよく認める・お言葉の出典:『人動かす』失敗は誰にでもあります。失敗したことを、大きな損失であると捉えるか否かは、その失敗と対策を判断する人の感情に任されています。ということは、失敗をしたら、相手の感情を別の所に誘導してやれば、「失敗から信頼がうまれる」みたいなことが起きるわけです。こういうストーリーで..

失敗に対して上司がもっとも腹が立つこと

上司をやっていると部下から失敗やトラブルの報告を聞くことが増えます。ただ、そういう失敗やトラブルは、過去に自分が通ってきた道。問題の対象は時代とともに変わりますが、仕事が大きく変わっていなければ、プロセス的には過去に上司も痛い思いをしたことがあるものがほとんどでしょう。どんな上司だって、スーパーサラリーマンでも過去から現在まで完璧な人間だったわけではないでしょうし、仕事に馴れないうちはいろんな失敗をしたはずです。まあ、都..

人を動かす:人を説得する原則3:相手が即座に「イエス」と答える問題を選ぶ

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:デール・カーネギー本日のお言葉:相手が即座に「イエス」と答える問題を選ぶお言葉の出典:『人を動かす』心理術の本などを読むと、「小さなイエスを重ねて、大きなイエスを引き出す」ような事が書いてあります。その心理術のテーマを端的に表しているのが、本日ご紹介する『人を動かす』に書いてある原則。人類の思想に大変革をもたらしたアテネの哲人ソ..

リスクマネジメント:4つのリスクに備える

仕事をする上で、予定通り物事が進んだためしがありません。かならず何かの問題があります。これを事前に、可能な限り検討しておくことを「リスクマネジメント」と呼びます。ところが、結構このリスクを考えられない人がいます。私が勝手に「猪突型」と呼んでいる人たち。なるべくならこういう人と一緒に仕事をしたくないんですけどね。猪突型の人は、自分がやろうとしたことがうまくいくことしか考えてません。40年も前の高度経済成長期だったら、頑張れば何かし..



posted by 管理人 at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック