変化を起こすための3つのコスト



組織でも個人でも、いろいろな変化が必要です。

 「変化はリスクに満ち、楽ではない。悪戦苦闘を強いられる。だが、変化の先頭に立たないかぎり、生き残ることはできない。急激な構造変化の時代を生き残れるのは、チェンジ・リーダーとなる者だけである」(P.F.ドラッカー)

もちろん、ドラッカーの言うように、チェンジ・リーダーに慣れる人ばかりではありませんが。




★P27〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●自己再生―知識労働者は自らの成長と配置に責任を持つ
今日の社会と組織では、ますます多くの人が、技能ではなく知識によづて働く。

知識と技能には基本的な違いがある。

技能はあまり変化しない。知識は変化する。自らを陳腐化させる。しかも急速に陳腐化させる。

三、四年ごとに学校に戻らなければ時代遅れになる。

これは、若いころ習得した知識、技能、経験では不十分になるということである。

人は変化していかなければならない。新しい欲求、能力、世界観をもたなければならない。自らを再生させていかなければならない。

ここでは、活性化ではなく、あえて再生という言葉を使いたい。

50 年も働くことが当たり前のこととなったからには、自らを再生することが不可欠となる。

たんに活力を得ることを超え、新しい自分をつくらなければならない。(創生の時)

上田惇生(著) 『ドラッカー365の金言
―――――――――――――――――――――★





■変化を起こすための3つのコスト


何かを変えるときには、3つのコストがかかります。

 ・経済的コスト
 ・時間的コスト
 ・精神的コスト

です。

◆経済的コスト


どのように変わりたいのか、どうやったら変われるのかを知るためには、お金が必要です。
情報はただで得られるものではありません。

たとえば会社であれば、コンサルタントを雇うとか、従業員に変化を起こすための工数を割かせるなど。個人であれば、良い状態というのは何かを知るためにセミナーにでかけたり、本を買ったりするコストです。

◆時間的コスト


当然、時間もかかります。

あることに習熟するためには、トレーニングに費やす時間が必要です。

◆精神的コスト


人はなれたやり方をするのは負荷がありません。一方でなれないやり方というのはストレスになります。

■相補的関係


また、これらは相補的な関係がある程度あるようです。

つまり、ネットで無料で手に入る情報だけでやろうとすると、時間がかかったり紆余曲折したりします。
一方で、その道のプロやコンサルタントを雇えば、変化させるのは手短にできるようになりますが、お金がかかります。

それぞれのコストをどのくらい支払うのがいいのかは、その変化をいつまでに達成したいのかの判断に夜と思います。ただ、あまりに急激に変えようとすると、精神的コストが高すぎて反発を招いたり、リバウンドがありますので、これらのコストと得られるメリット(時間的、経済的)を勘案しないといけません。




■参考図書 『ドラッカー365の金言





立ち読みできます立ち読み可
ドラッカーのすごさは、簡潔な文章をもって複雑な世界をずばりと切り裂き、真理を明らかにするところにある。禅師のごとく普通の真理を数言をもって示す。読むたびにこちらの理解が深まっていく。本書『ドラッカー365の金言』は、それら至言のいわば宝石箱である。読者は一万ページを読むことなく真髄を得ることができる。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

ドラッカー365の金言
著者 :上田惇生

ドラッカー365の金言
検索 :最安値検索

ドラッカー365の金言
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 トラブルを上司に報告する前にするべきこと
 新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる
 人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい
 上司が部下の相談に乗ってくれないのはなぜ?
 海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい
 希望の部署に移動する方法
 事前に上司に電話をしてもらう
 人を理解するなら修飾語に注目する
 リスクは上げるより見直す1:リスクは上げるより見直す
 定型業務をカイゼンしなさい

●このテーマの関連図書


松下幸之助成功の金言365

[英和対訳]決定版ドラッカー名言集

経営の哲学(ドラッカー名言集)

TheDailyDrucker:366DaysofInsightandMotivationforGetting…

TheDailyDrucker

実践する経営者―成果をあげる知恵と行動





■関連する記事

ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:能力以上の成果を出す目標の建て方

「能力以上の成果」を引き出す「目標の立て方」「よい目標」を設定するというのは、簡単なことではない。「よい目標」とは、やる気を起こさせると同時に、その行動の方向づけをしてくれる。そういう目標を設定するためには、次のような条件が守られなければならない。自分自身の目標であること。自分のために設定した目標なら、やり遂げる可能性は大きい。上司や友人、仕事仲間から押しつけられた目標ではダ..

習慣を改める習慣をつける

多くの仕事は考えなしに突撃すると失敗します。一方で、ある行動は習慣化して、考えずに行動することで、迅速にやれるようになります。習慣の力過去記事でも何度かふれてますが、習慣の力は自動車の運転を考えてみればわかります。教習所に通っていた頃、あるいは免許を取りたての頃は、ミラーを確認してシートベルトを締めてエンジンをかけて::(中略):後方確認をしてブレーキを緩めてアクセルをふかしながらゆっくりクラッ..

優先順位を正確に意識する

優先順位って簡単な言葉で説明できますか? 仕事をする上で、たったひとつのタスクしかない状態はありません。たいていは、アレもしなきゃ、これもしなきゃ、状態で、「から手を付けよう」と決めてかかりますよね。上司からも「を優先してやってくれ」と言われたことも多いと思いますが、本当に優先してますか?優先事項があるときは他の仕事をしてはいけない単純に言えば、優先順位をつけるというのは、その第1番目のことが終わらなければ、それ以下の..

時間を測定する

過去記事でも紹介してますが、ドラッカーや様々な時間術の紹介でかならず必須と言われるのが、自分の時間の使い方を記録することです。ところが、これをやってみると、つけ忘れたり、適当に記入したりして、本当に精度は上がりません。昨日、レポートを書くのに、何時間かかったかなんて正確に覚えてはいませんし、見積もりに合わせたいという意志も働くので、多すぎるか少なくすぎるかのどちらかです。割り込みがはいって一時中断しようものなら、もはや記録した時..

人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい

部下や後輩が話しかけてきた時に何かをしていると、ついそれをやりながら、「ん。了解。」とやってしまうことがあります。あるいは、会議の時に、発言者の方を見ずにひたすら PC に何かを打ち込んでいるとか。これが "いかん" とはわかっているつもりなのですけどね。「あなたを愛しています」のメッセージ人の話をよく聞くことは、ビジネスの世界だけでなく、家庭生活でも同じようにたいせつ..

部下力のみがき方3:キーメッセージ

結構久しぶりですが、ビジネス書をご紹介します。図書名称:上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方著者:新名史典いかにもサラリーマンに向けの本なので、読んだことがある方も見えるかも。私のブログでも時々引用させて頂いています。とくにポイントだと思うのは上司が仕事のボトルネックという点。仕事の効率を挙げるためには、上司をうまく巻き込んで行くことが重要。その点を「上司を上手に使う」と著者は表現しています。..



■同じテーマの記事

変化を起こすための3つのコスト

組織でも個人でも、いろいろな変化が必要です。「変化はリスクに満ち、楽ではない。悪戦苦闘を強いられる。だが、変化の先頭に立たないかぎり、生き残ることはできない。急激な構造変化の時代を生き残れるのは、チェンジ・リーダーとなる者だけである」(P.F.ドラッカー)もちろん、ドラッカーの言うように、チェンジ・リーダーに慣れる人ばかりではありませんが。自己再生知識労働者は自らの成長と配置..




posted by 管理人 at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロセスマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック