リーダーに向かない人のパターン




あたりまえだけどなかなかできない組織のルール』という本に、「リーダーに向かない人の共通点」という記載がありましたのでちょっと共有。




★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●リーダーに向かない人をリーダーにしよう
リーダーに向かない人には次の共通点があります。

 ・元気がない
 ・声が小さい
 ・自信がなさそうにぼそぼそ話す
 ・人の話を聞いていない
 ・質問されても正確に答えられない
 ・話がゆっくり過ぎてとろい
 ・話がす心脱線する
 ・言葉と言葉が開き過ぎて、話がシド口モド口
 ・論理的に筋道立てて話せない
 ・わからなくなるとすぐに黙り込む
 ・「あのー」「えーと」など間抜けな言葉を頻繁に使う
 ・落ち着かずじっとしていない
 ・人の目を見て話せない
 ・話したり、聞いたりしている時、貧乏ゆすりやボールペンで遊ぶ
 ・組織や会議に遅れてくるなど時間にルーズ
 ・プレゼンやスビーチをする時、必要な資料を準備し夕イムリーに配れない
 ・議事録などつくらせると、基本的な関連事項や大事なボイントを外している
 ・頼まれたことを、できる限りす心にやらない
 ・書類などつくった後、ダブルチェックしていない
 ・上司に見せる書類も、きちっと自分なりにリサーチして完壁にして出していない
 ・新聞や本もほとんど読まずに、世間のことを知らなさ過ぎる
 ・何事も途中で投げ出し中途半端なことばかり
 ・一つのことを始めても、他のことに手を出すので結局すべてにおいて成果がない

私も昔そうでした。でも、一つ一つ変えていったら、リーダーになっていました。

浜口直太(著) 『あたりまえだけどなかなかできない組織のルール
―――――――――――――――――――――★


それとリーダーとして活動できるかは別問題かも、と思えるような記述もありますが、リーダーを選任する人から見ると、「イラッ」とくるような行動ではあります。

この前の節に具体事例として、こんな会話が挙げられていました。




★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 「あの〜、今月の結果ですが〜。えーと、お配りした資料にありますように〜、あの〜、色々行いましたが〜、え〜と…」
 「こら、鈴木!言っていることがまったくわからないよ!。ポイントをついて結論だけ言ってくれ!」
 「はっはい〜。え〜と、色々プロモーション行いましたが、今月も○○○○円の赤字となりました。あの〜、来月はよくなるよう頑張りま〜す…」
 「鈴木君は本プロジェクトの責任者だろ?色々プロモーションをしたと言うが、具体的にこの一ケ月間で何をどのくらいやったんだ?とてもプロジェクト・リーダーとしての発言とは思えない無責任かついい加減な報告だよね!責任者なんだからしっかりしてくれよ!」
 「…………」
 「黙ってないで、返事くらいしろよ!」

こんな会話、組織でよく聞きませんか?私のまわりでは日常茶飯時です。

組織のリーダーに向く人、向かない人がいます。ここに登場してきた鈴木君は、明らかにリーダーには向かない人です。

浜口直太(著) 『あたりまえだけどなかなかできない組織のルール
―――――――――――――――――――――★


まあ、ここで登場した「鈴木」氏も問題がありそうな気がしますが、いきなり圧迫するような発言をする上司も「ちょっと」な気がしますよね。

■リーダーのスタイルはいろいろ


おそらくですが、リーダーが組織をマネジメントしたり、上司にレポートしたりするやり方というのは百人百様でいいのではないかと思っています。結局やれる方法でしかやれないのだから。

本書の事例のように、「無責任かついい加減だ!」と言われて、うまく受け答えができる人もいれば、受け答えできなくて黙り込むしかない人もいるでしょう。少なくとも私は後者のタイプかと。
だからといって、リーダーができないかというと、まあそれなりにこなしているわけで、「有能だ」とまでは自惚れてませんが、自分を無能とも思ってません。

ただし、同じことは上司にも言えて、上司がリーダーをマネジメントするスタイルもいろいろあります。サラリーマンである以上、上司のマネジメントスタイル(部下がこうあって欲しいと思うイメージ)に合うように行動しなければ、評価はしてもらえないのは明らかです。

■記録し、分析するとわかるパターン


もし、本書のようなパターンが多い上司だったら、「どう受け答えしたら上司が認めてくれるのか」という受け答えの方法を探ります。具体的には、他の部下に上司が発言は意見をした時に、どう受け答えして、それを上司が認めたかどうかを記録していくことです。

他の記事にも書きましたが、人は自分の気持のいいパターンややりやすいパターンがあります。そのパターンを見つけるためには、たくさんの事例を分析してみないとわからないんですよ。





■参考図書 『あたりまえだけどなかなかできない組織のルール




組織とはどういうものか、意外とわかっていない・守られていない「組織のルール」を、実例を通して具体的に解説します。






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

あたりまえだけどなかなかできない組織のルール
著者 :浜口直太
楽天では見つかりませんでした
あたりまえだけどなかなかできない組織のルール
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 リーダーに向かない人のパターン
 批判しない、建議し行動せよ、さもなくば忘れよ
 腐ったミカン理論を自分の組織に適用できますか?
 攻めたほうが勝つ
 ルールに触れるには覚悟が必要

●このテーマの関連図書


縺ゅ◆繧翫∪縺医□縺代←縺ェ縺九↑縺九〒縺阪↑縺��サ穂コ九��繝ォ繝シ繝ォ(繧「繧ケ繧ォ繝薙ず繝阪せ)

縺ゅ◆繧翫∪縺医□縺代←縺ェ縺九↑縺九▽縺上l縺ェ縺��メ繝シ繝�縺ョ繝ォ繝シ繝ォ(繧「繧ケ繧ォ繝薙ず繝阪せ)

縺ゅ◆繧翫∪縺医□縺代←縺ェ縺九↑縺九〒縺阪↑縺��蕗縺域婿縺ョ繝ォ繝シ繝ォ(繧「繧ケ繧ォ繝薙ず繝阪せ)

縺ゅ◆繧翫∪縺医□縺代←縺ェ縺九↑縺九〒縺阪↑縺��ゥア縺玲婿縺ョ繝ォ繝シ繝ォ(繧「繧ケ繧ォ繝薙ず繝阪せ)

縺ゅ◆繧翫∪縺医□縺代←縺ェ縺九↑縺九〒縺阪↑縺��尅隲�の繝ォ繝シ繝ォ(繧「繧ケ繧ォ繝薙ず繝阪せ)

縺ゅ◆繧翫∪縺医□縺代←縺ェ縺九↑縺九〒縺阪↑縺��ェイ髟キ縺ョ繝ォ繝シ繝ォ(繧「繧ケ繧ォ繝薙ず繝阪せ)





■同じテーマの記事

厳しい交渉ごとは役員応接室でやりなさい

あなたの会社には役員専用の応接室がありますか?ウチの会社にはあります。基本的には、一般社員は使えないのですが、どうしても他の会議室などが使えない時に、ここが空いていれば使わせてもらえます。厳しい交渉には役員応接室を使う私はときどきここを使わせてもらってます。上司の役員にお願いして「この時間しかないので使わせてもらっていいですか?」と聞けば、「空いていればいいよ」とたいていは言ってもらえます。聞かれた役員にしても、た..

数値評価のワナ

日本でMBO(Management by objectives;目標による管理)が導入されてからずいぶんになります。でも、その結果日本の企業の業績が良くなったかというと、どうもそうではないように見えます。まぁ、イチサラリーマンが、MBOの仕組みについてどうこう言うつもりはありませんが。数値評価にはワナがあるあるとき私はクライアントの依頼で、急に膨れ上がっ..

プロの知的生産術

この本のコンセプトを一言で言えば、情報は整理するものではなくて、活用するものであるという感じでしょうか。本書は、様々な情報術の本に対して差別化を意識していて、本書以外が情報をどう扱うかという基本的な作業方法を中心に説明されれいるのに対して、ゴール(情報を活用して成果を出すこと)からみて、情報をどの様に取り扱うべきかを論じています。情報の整理術その中でちょっと異色なのは、「メモはとる必要がない」と明言していること。他にも同様の論旨を展開している本はある..

本とともに暮らす

個人的には、最近は紙の本を持ち歩くことは少なくなりましたが、やっぱりこういうことも必要かと思いますので、ご紹介。(81)また、本を自分のものにしたいとき、その本を一定期間持ち歩くというのも使える技術です。どんな本でもいいのですが、たとえば、 『論語』 を自分のものにしようと思ったら、それを月単位で鞄に入れておくのです。そして暇を見ては取り出し、三色ボールペ..

会社で生きることを決めた君へ_4

久しぶりにビジネス書のご紹介。『会社で生きることを決めた君へ』結構有名になった本なのでご存じの方も多いかと。相変わらず長文のコメントなので、また複数回に分けてご紹介します。本日は、要約(というには長文ですが)をお送りします。::と書いてみましたが、長すぎるので、要約を3回にわたって分割してお送りします。本日はその第3回目。要約の最後の部分をお送りします。言葉を磨く私たちは言葉を用いて、日々思考している。コミュ..

部下力のみがき方1:部下力のみがき方

結構久しぶりですが、ビジネス書をご紹介します。図書名称:上司を上手に使って仕事を効率化する『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方』著者:新名史典いかにもサラリーマンに向けの本なので、読んだことがある方も見えるかも。私のブログでも時々引用させて頂いています。とくにポイントだと思うのは上司が仕事のボトルネックという点。仕事の効率を挙げるためには、上司をうまく巻き込んで行くことが重要。その点を「上司..




posted by 管理人 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック