「演じる」を知る





筒井康隆の本に『48億の妄想』があります。

読んだことがない人のためにちょっとだけ概要を。

★――――――――――――――――――――――――――
平和な家庭の中心はテレビ。画面に映し出される東南アジアの戦争の捕虜が拷問されるのを見て、家族は平然と、いかにもっと効果的に拷問を見せるか、死ぬ瞬間も短く唐突でつまらないから投書しよう、などとと話す。

政治も、国会の乱闘だけにとどまらず、選挙の予想と勝敗が、競馬なみにスポーツ化され、党首会談はショー化された。裁判さえショー化された。

そしてすべての人は、他の人からウケるリアクションをしようと苦心しながら日常を過ごしている。ウケるリアクションをすれば、テレビで放映され、有名になれる。すべての日常は演技になってしまう。
――――――――――――――――――――――――――★


非常に面白いのですが、ちょっと怖い小説でもあります。

■テレビに映るのは演出

よくテレビなどで「やらせ」が問題になる時があります。

その放送で伝えたかったテーマをより強調するために、有りもしない事実をでっち上げたり、極端なことをさせたりします。

個人的には、どんなマスコミも大なり小なりこういうところがあると思っているのですが、これが問題になるのはどこまでなんでしょうね?
放送倫理委員会(?)みたいなのがあって、そこで管理しているそうなのですが、どういう基準でやっているのか、詳しく知りたいな〜と思う時があります。

■全ては演出なのかも

要は、「演出」と「やらせ」には線引がないのではないかと思っていて、同じものをちょっと言葉を変えただけ。

会社でもそういうのを感じたことはありませんか?

たとえば、オフィスに社長が来るってことで突然一斉清掃が始まったり、社長との座談会で、だれがどういう順番で社長に何を話すか全部シナリオが配布されたりしませんか?

たとえば、デザインレビューの場では、品質保証部の人は、「その製造方法で品質が担保できますか?」というのを聞かないといけないわけです。たとえ、その人が、「そんなもん、壊れたら取り替えればいいじゃん」と思っていても。

それをどんどん極端にしていくと、テレビで「○○のせいだ〜〜!!(涙)」なんてやるようになるわけです。

多くのサラリーマンは、その役職を演じているだけなのかもしれません。

■伝説のスピーチに感動した?

たとえば、スティーブ・ジョブズの卒業式のスピーチなど、「伝説のスピーチ」を見て、「感動した」とか「素晴らしい」とかいう評価がありますが、正直言っちゃうと何が感動なのかわかりません。

 バカには見えない布があるのか?

とも思うのですが、「ステマ」なんじゃね?とも思ったりします。

もちろん、その話術やプレゼンの仕方とかには「ここのやり方は××に書いてあったのと同じだ」「こうやるといいんだ!」とか思ったりはしますが、それは「感動」とは違いますよね。

■演出には目的がある

昔と比べると、こうした演出の技術は、専門家が誕生したことでますます高度化してきたような気がします。一般人にしても、そういう技術解説本がいっぱいあることで、基本的にうまく演じる能力が高くなっているように感じます。

しかし、そうした演出をするためには、知識やノウハウが必要ですし、それがなければ専門家を雇ってコンサルティングしてもらう必要があります。当然、それには相応のお金が必要です。

もちろん、純粋な気持ちも必要でしょうから、全てを否定する気はありませんが、そういう背景も考えないといけない、ということもあるとおもいます。

単純に言えば演じる目的があるということですね。

どういう目的でその人が、そのように演じているのかを知ることで、その行為や発言の意味を知ることができるようにになるかもしれません。



◆このテーマのおすすめ図書



ザ・スタッフ舞台監督の仕事

企画を大ヒットさせる「演出の魔術」入門―あなたの仕事が大変化する本

舞台監督の仕事―舞台づくりの基本から仕掛けのテクニックまで)

声優のお仕事―折笠愛&高田由美・密着レポート

映画美術とは何か―美術監督・西岡善信と巨匠たちとの仕事

スーパー管理者の仕事の演出テクニック―上司を動かす部下を育てる



■同じテーマの記事

「どうしようもない」上司への対処方法

「いきなり無理難題を押し付けてくる」「説明がないまま、やることだけを指示する」「困っていても知らんぷりする」「いちいちやることにケチをつける」「突然、言っていたことが変わる」上司に対する不平不満は、まあサラリーマンなら少なからずあるでしょう。上司はマネジメントのプロであるべき個人的には、部下を持った時点で「上司はマネジメントのプロであるべき」だとは思っています。世界的に注目されるようなレベルである必要はありませんが、..

声の大きさや音程を使い分ける

街で人に絡まれたこと、ありますか?まあ、映画でもいいのですが、そういうところに出てくる悪漢の声の出し方をちょっと研究してみると、相手を心理的に圧迫したり、誘導したりする技術に使えるみたいです。またしてもアニメネタですみませんが、ワンピースに「ピーカ」という悪役(?)が出てきますよね。彼が気にしているのが、「やたら声が高いこと」で、それを笑った部下をぶっ飛ばすというシーンがありました。客観的に見れば、「..

体を動かすと影響力が増す

会議では、座ったまま・パソコンの画面の見ながら話をしますか?立って発言したり、あちこちを見ながら発言したりしますか?実はこれによって会議における影響力が変わってきます。オーバーアクションは相手より優位に立つ方法テニスの選手は、試合の流れを自分のほうに持っていくために、得点をとるたびにオーバーなガッツポーズをする。バレーの選手は、ポイント..

やる気が出る11のヒント

『「手帳ブログ」のススメ』という本に、日々のの仕事を楽しくする 11 のコツ」という記事がありましたので、ちょっとご紹介します。元は多分こちら11 Tips to Surviving a Day Job with Your Creativity Intacthttp://www.creativity-portal.com/cca/articles/jori.keyser/day.job.html..

忙しくないけど時間はない

いきなりですが質問です。あなたは「忙しそうに走り回っている人」に何か頼めますか?あなたは「暇そうにしている人」を信頼して仕事を任せますか?いかがでしょう?サラリーマンをしていると、「暇そうにしている」のは結構バツが悪いので、仕事がいっぱいあって忙しそうにしている方が仕事をしているような気になります。ところが、これを他人に「忙しくてかなわんよ」なんて話してしまう人が結構多いです。ガラガラのラーメン屋と行列の..

ビジネス心理術辞典

すべてのビジネスマンにすぐに役立つ心理学を基本にした行動のガイドをしてくれる一冊です。図解 3秒で相手を操る!ビジネス心理術事典 (East Press Business)図解3秒で相手を操る!ビジネス心理術事典著者:内藤誼人価格:1,260円(税込、送料込)楽天ブックスで詳細を見る心理学はわかったようでわからない難解な用語を連発されてすぐにケムにまかれたり、わかったような気になっても具体的に実際にビジネスの場でどう使えばいいか..

ザ・プレゼンテーション

今日は、すごいプレゼンテーションの技術の本。プレゼンの小手先のテクニックを書いたビジネス書はたくさんありますが、これはプレゼンの本質に迫る素晴らしい本です。一つ一つの身振り手振りや、目立つようなアニメーションの技術はさておき、プレゼンにおいて、どのように人を感動させ、どのようにプレゼンターの望む行動を起こさせるか、それが過去の素晴らしいプレゼンテーションを例に解説がしてあります。2007年のMacworldで、90分のうちに80..

ビジネス心理術辞典

図解 3秒で相手を操る!ビジネス心理術事典【評価】選書理由ビジネスに心理学を用いる際の、具体的な方策を知りたかったから。読みやすさ非常に読みやすい。読書時間40分ほど。オススメすべてのビジネスマンに使える。心理学はわかったようでわからない難解な用語を連発されてすぐにケムにまかれるが、この本はそうではない。心理学には詳しくないがビジネスをうまくやるためのコツを教えてくれる。著者内藤 誼人心理学者。慶應義..

下から目線で読む孫子

内容を紹介した記事すべてが揃わなくとも始める孫子の兵法『軍無輸重則亡、無糧食則亡、無委積則亡。』は準備万端にしろと言っているわけではありませんが、「先立つものを用意しないと戦いには負ける」と言ってます。もしあなたが評価されるナイスなアイディアがあり、それを上司に提案するかどうか迷っているなら、この言葉を「ブレーキ」ととるか「アクセル」ととるかで大違いですね。…続きを読む…見勝不過衆人之所知、非善之善者也あなたが用意周到に仕事をする人でもたまには..

アクセスポイント履歴を削除する

いろいろなところで、無料の WiFi アクセスが提供されるようになりました。過去にどのくらいのアクセスポイントに接続したことがあるでしょうか?勝手に接続される私は基本的に無料の WiFi は使わないようにしています。だれがどんなウイルスに侵されているかわからないところに、自分のデバイスがつながって、2次感染をするのを避けるためです。特に海外に行ったときの空港はフリーWiFiがありますが、ここは結構恐ろしいです。ただ、どうしても必要な場合もありますので、全く使わないと..



posted by 管理人 at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック