転職理由として「不満」はアリか?



よく「現在への不満」を転職理由として言っていいかどうか、という質問をネットで見かけます。
多くの人が、それについて述べているので、いまさら私がどうこう言わなくてもネット検索をすれば良い答えは見つかります。

ただ、私が過去に見た Q&A ではあまり触れられていないことが本書『転職面接必勝法』に書いてあって、これは確かにそうだよなと思えたのでご紹介。




★P62〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

どんな企業の面接を受ける場合でも、事前に用意すべきなのは、「転職理由」「志望理由」「自己 PR」です。
これらは、面接の「三種の神器」と呼んでいいほど大切なものです。
 :
 :(中略)
 :
あなたは何をかなえるために転職しようとしているのか。原点に立ち戻って、それをすべての柱に据えるようにしましょう

この柱を見失うと、「転職理由」と「志望理由」を別々に考えようとします。一章でも例を挙げましたが、「いまの会社に不安がある」ということを隠し、「キャリアアップをしたい」という志望理由を述べると、

 「いまの会社ではキャリアアップできないのですか」

と矛盾をつかれたら収拾がつかなくなります。、

いつしか目的を見失い、手段が目的化してしまうことは、日本企業の仕事の進め方ではよくあることです。

最初に手段を決めると、どうしてもそれに固執してしまうのです。

たえず目的を意識し、必要に応じて時には大胆に方法論を軌道修正するというような、いまビジネスの現場で求められている柔軟性を転職活動でも持ちましょう。

目的を維持する一貫性と、方法論を見直す柔軟性が必要なのです。

目的に一貫性を持たせれば、「転職理由」と「志望理由」をバラバラに考えることの不自然さに気づくでしょう

大切なのは、その両方を貫く「転職ストーリー」を作ること。原点となるのは、「あなたがかなえたい望みは何か」ということです。

細井智彦(著) 『転職面接必勝法
―――――――――――――――――――――★


本書に書かれている通り、「転職理由」「志望理由」「自己 PR」の三つは、面接の際に必ず出る質問です。

これらは、ひとつづつ丁寧に考える必要がありますが、その三つのあらすじが一致していないと、面接官には「なんか変だな?」になって感じられます。




■面接官が確認していること


面接官はなにを確認しようとして、いろいろな質問を投げているかというと、

 ・コンピテンシーを見極める
 ・意思と行動の一致を見極める

ということが主なものです。

「意思」みたいに抽象的なものはなんとでも言いようがあります。一方で「行動」みたいな具体的なことは、あまり融通がききません。
つまり、「行動」からどのような意思があったのかをうかがい知ることができ、それとその人が発言した意思との矛盾があるときに、「この人、ちょっと変だぞ?」と思うわけです。

★P69〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ある会社の社長は、面接中にプラッとやってきて、

 「転職先を選ぶ際にこだわることを三つあげてください」

と聞きます。そして、「なぜ、そこにこだわるのですか」と確かめた上で、「それって、いまの会社ではどうしても実現できないことなのですか」 「当社のどんなところを見て、望みがかなうと思ったのですか」と掘り下げて聞いていきます。

狙いはもちろん、一貫性の確認です。

別の会社では、「入社してやりたいこと」を聞いて応募者の勤めている会社でも実現できそうなことを語ろうものなら、「転職しないほうがいいんじゃないか」と圧迫しています。

それに対してきちんとした理由が話せないと、「転職する目的が認識できておらず、筋が通っていない。またすぐ辞めそう」というコメントとともに不採用にされてしまいます。

転職理由をきちんと固めておかないと、こういった一貫性の欠如に気がつきません。

本番で突っ込まれ、その時点ですべてが終わってしまいます。

先ほど挙げた事例でも、評価が納得できないことが理由で転職までしようと思うなら、次の会社を探す時には当然、どんな評価制度なのかは調べておくべきです。

だから志望理由に「なにより評価制度がきちんとしていると判断したので応募した」と答えれば筋が通り、一貫性が生まれるのですが、そうじゃないとチグハグになるわけです。

細井智彦(著) 『転職面接必勝法
―――――――――――――――――――――★


こうして、「意思」を聞いておいてから、どんどん掘り下げられると、矛盾したことを言ったり、やってないこと露呈してしまうひともいます(少ないですが)。

逆にこういうのをきちんと答えられる人なら、「考えて行動してまた考える」というサイクルを回せる人だと判断できます。

■転職理由として不満は言ってもいいか?


ここまで読んでいただければ、冒頭の

 「転職理由として不満はアリか?」

はたぶんわかると思いますが、どのような理由であろうと、三点セット(本書では「三種の神器」)が首尾一貫していれば、それは問題ないということだと考えます。面接官としても、今の会社に不満があるから転職を決意したということは理解してます。

つまり、不満を隠して転職理由述べる必要はありません

一方で、不満を持つということは、理想があるということです。その理想を語らないとほんとうの意味での「理由」はわかりません。これは、「××がやりたくない」では、××以外の何ならいいのかわからないんです。

 「○○がやりたいし、その力はある」

と述べないと相手には理解してもらえません。本書にあるように、志望理由と転職理由、自己PRはワンセットなのですから。





■参考図書 『転職面接必勝法




セミナー受講者10万人! 著者の指導で6000人が面接突破!
日本一面接を成功させる男のベストセラー。

著者の細井氏はカリスマエージェントとして有名。

転職が新卒とちがうところは、文字通り「転ずる」ところにあります。仕事を変えようとする「動機」があり、それによって「意識」が芽生え、「行動」に移します。この一連の流れをきちんと自己分析し、ストーリーに変えて面接官に語ることが重要。書き込むだけで転職理由、志望理由、自己PRなどを面接官にうまくアピールできるストーリーボードや、失敗しない話し方10のコツなど、どんな圧迫面接でも動揺しない自信が身に付きます。

何度チャレンジしても不採用になる方。
逆転の発想を持ちましょう!
 ・素直な自然体をやめてみよう
 ・自分に足りないところを話そう
 ・企業研究する前に応募してみよう
 ・覚えてきたことをそのまま言おう
 ・成功体験を主張するのをやめよう

心構えや基本ノウハウがメインだった本書を受けて、求人応募までの準備、面接当日までの準備、面接当日の対応法など、転職面接の流れに沿って具体的アクションを書いた転職面接必勝法 実践編と合わせて読むと、面接までにどういうことをやっておくかについて理解がしやすい。






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

転職面接必勝法
著者 :細井智彦

転職面接必勝法
検索 :最安値検索

転職面接必勝法
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 転職面接の質問にはこう答える!のヒント集
 転職面接:「御社の製品が好きです」は言うだけムダ
 昇進面接:なぜ昇進が課長止まりなのか
 初手、王手飛車取り!
 面接技術:試してみたことが将来性を示す
 面接で「やる気」を示す方法
 面接の神様は細部に宿る
 中途採用の問い合わせメールの最低限のマナー
 中途面接の印象を良くするコツ:癖を見つける
 中途面接の印象を良くするコツ:面接官の名前を覚えなさい

●このテーマの関連図書


転職面接必勝法実践編(講談社BIZ)

転職面接突破法―10万人が受講した究極メソッド

カリスマエージェント直伝!履歴書・職務経歴書の書き方

"src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51TdJpUnqIL._AC_UL320_SR228

採用される転職者のための面接トーク術―モデル応答例付き

質問の「建前と本音」が読めれば転職面接は突破できる!・20代~34才の若手…





■同じテーマの記事

期末面談の自己申告を請求書にしてみる

毎年、1年間の業務成果を上司に報告して、上司から業務評価をもらいますよね。いわゆる期末面談。私としてはサラリーマンの最大のイベントだと思っているのですが、どうもぞんざいに扱う人が多いような印象を持ってます。「今やっている仕事が忙しいから」と、当日になって、「エイッ」って書き込んで、誤字脱字のまま提出してくる人もいたりする…。今やっているプロジェクトや仕事は当然大切なのですが、その結果自身で給料が決まっているわけではなく、期末面談で書かれた上司の評価で給料が決まっている..

転職面接の質問にはこう答える!のヒント集

書類審査は通るけど、面接審査で落とされる、という話はチマタには多いようですし、ウチの会社も合格率はあまり高くないように思います。自分の実力がない?見当違いの会社を受けている?相手がイジワルな面接官だった?どれも少しずつ当てはまるかもしれません。しかし、筆者のこれまでの経験をべースだと、面接で失敗する理由は面接のポイント(面接官の意図)がわかっていないために、面接官の質問に対して「期待ハズレの答えと反応」をしているのだそうです。..

文章校正のためのセルフチェックリスト

私は、頭のなかで考えるのが不得手なので、いろいろなチェックリストを作って Excel に書き出していて、色んな場面でこのチェックリストを見ながら、抜け漏れがないかをチェックしています。メールなどでも、報告書を出すときにでも、読みやすい文章を書くために、普段から文章は一度書いてから推敲する時間をとるようにしています。そんなときに役に立つのもチェックリストです。これがあると、ちょっとした枝葉末節の部分にとらわれずに、効率的に..

転職面接:なぜ弊社を希望されましたか?

新卒・転職面接にかかわらず、必ず出る質問に志望理由があります。この答え方に2パターンがありそうです。主語はなにか?主語の2パターンは、「御社は〜」「私は〜」です。ただ、主語が「御社は〜」の場合、印象に残ることがほとんどないです。あまり記憶に残ってません。これの理由をつらつら考えるに、「ありきたりのことしか言ってない」のではないかと。たとえば、「御社の将来性…云々」と言われても、面接官は10年も20年も会社にいるわけなので、応募者よりもその会社のことは..

転職面接:「御社の製品が好きです」は言うだけムダ

中途採用の面接で、ほぼ 100% 聞かれることに「応募理由」があります。「なぜ弊社の中途採用に応募しようと思いましたか?」というやつ。応募理由は採用理由にはなりえない過去の経験で言うと、ここで、「御社の製品が好きで…」「御社のブランドには以前から関係がありまして…」みたいな言い方でスタートする方が結構見えます。これ自体は悪いものではないのですが、これが面接合格の決め手になるかというと、ほとんどなりません。これは会社の募集要項を見ればわかります。「我が..

情報が聞きたければ話してはいけない

情報収集が上手い人がいます。私の場合は、つい話しすぎて、あとで「あちゃ〜」と思う場合がよくあるのですが、とくにコンサルタントを名乗るような人は大抵、核心部分の質問にうまく持ってかれます。ここには実はいろいろなテクニックがあるようです。コンサルタントの話題を引っ張る技術コンサルタントは、自分の仮説を証明する事実をラインスタッフから聞き出そうとします。ただ、大抵の場合、社外の人間に対しての発言は、結構気を使いますので、本音..




posted by 管理人 at 08:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交渉・会議・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック