英語を学ぶより本を読んだほうがいい




■英語は使えるに越したことはない

いまどき仕事をしていれば、「英語」というのは気になるテーマのひとつではあります。

ちなみに私の仕事はというと、一時期はマレーシアや中国にいた期間もあり、そのときは殆どが英語や中国語の時間だったりしましたが、いまは随分減ってきている感じで、英語と中国語を扱っている時間がそれぞれ 1〜5% くらい。

会話ではなく、殆どがメールですが。のこりは日本語の時間。

ただ、昨今の風潮、会社として TOEIC を推奨してたり、昇進の条件にしたりしている会社も少なくありません。
私が昇進したのはそういうのが全くない時代でしたので、今の人は大変だなぁ、と思ったりして(完全に他人ごと)

現実のビジネスの世界で、本当に TOEIC で勉強したことや英会話が必要な人ってどのくらいいるんでしょうね?
何かの Web で見たときには、「数%」 と書いてあったような。

もちろん、この 数% の人達は TOEIC は 600点 どころか、800点以上、ビジネス会話はペラペラ。必要なら通訳だってしまっせ、ていうレベルでしょうけど。

ひるがえって、自分のような仕事、すなわち、仕事相手は原則日本人、ときどき外国人だったりするような立場のときには、英語というのは「できればいいなぁ」ていどのシロモノです。ましてや仕事相手が 100% 日本人なら、実際に必要になるシチュエーションは殆ど無いでしょう。

もちろん、「ときどき外国人」なので、話せるに越したことはないのですが、その時の話に応じて

 ・現場で現物を見ながら話をする
 ・絵を書きながら話をする

みたいなことをすれば、高校を卒業するまでに 6 年も勉強した英語で十分伝わります。
どうしても伝わらないとか、複雑な話をしたいみたいなときにだけ、通訳できる人を頼めばいいわけです。

私はこのパターンで英語と中国語を乗り切ってきました。

■相手にとって好ましいのはどのタイプ?

海外で働いたり、外国人と仕事をすることになったら、まず心配するのは言葉です。
現地の言葉ができなければ困るのでは、と不安に思うのは当然。

ちょっと事例として考えてみましょう。日本でこんな3タイプの外国人の採用をすると考えてみてください。

 ・口八丁
  日本語はほとんど日本人並でペラペラ。また何か頼むと調子よく引き受けるが、手抜きも多く、文句を言うと言い訳。

 ・手八丁
  日本語はたどたどしく、説明するのにも苦労するが、ひとたび理解すれば素晴らしい結果を出してくれる。
  しかし、気に入らない仕事は真剣にやってくれない事もある。

 ・愚直
  やはり日本語はたどたどしく、職務経験も少ないので、通訳を介して仕事を教えなければならず、手間がかかる。
  しかし仕事はえり好みせず、頼んだことは何でも一生懸命やってくれる。

おおかたの人の選択は、

 愚直 > 手八丁 > 口八丁

の順となるのではないでしょうか。

愚直に一生懸命やってくれる人なら、仕事も日本語も時間が経てば着実に上達していくだろう。

まあ、事例が誘導的ですが、本記事で言いたいことはもうわかっちゃいましたかね?

■一に人柄、二に能力、三、四がなくて、五に語学

上記で仕事のパートナーを選ぶ基準を考えてみましたが、いまの大概の仕事は自分だけでクローズすることは、まずありません。

つまり、仕事は人からに人に手渡されるものです。
こういうときに、仕事のバトンリレーのチームとしてもっとも重要なのは、全体のパフォーマンス。

コミュニケーションはそのパフォーマンスを支える一つの柱ではありますが、もっとも重要なのは、「ちゃんと成果の出る仕事をすること」です。ドラッカー風に言えば「貢献できることをなす能力」です。

その能力の基本になるのは、「真面目に取り組むこと」であって言語は取り組む課題を明示する方法の一つに過ぎません。

ましてや、コミュニケーションのための英語能力を磨いたとしても、それ以前に、

 ・人の話をちゃんと聞く事
 ・自分が理解したことを相手にフィードバックすること
 ・相手が必要としているものをちゃんと理解すること

ができなければ、何ら意味を成さないわけです。

ようは、英語や中国語などというものは、非常に基本的な伝達手段にすぎないわけです。それも、現在ならいろんな方法で代替が可能です。

■コストメリット比較

たとえば、TOEIC 800 点を取るための勉強時間はどのくらいかというと

 ・〜600点 → 400〜600時間
 ・〜800点 → 800〜1200時間
 ・900点  → 1500〜2000時間

なのだそうです。

800点をとるのに使った時間を読書時間にすれば、本の読書時間が1冊2時間として 600冊 の本が読めます。
それだけ読めば、よっぽど人生に違いが出るのではないでしょうかね?

投資対効果という意味では、本を読んだほうが圧倒的に有利です。

ということで、やっと結論にたどり着きました。

 英語の勉強をするくらいなら本を読んだほうがいい

もちろん、全くわからないではダメですが、中学生なみの文章と単語がわかっていれば、そこそこ意思疎通は可能です。

私は「ないと困るけど、そこに注力するほどのものではない」くらいにしか考えてません。

多少でも英語がわかるなら、英語を使うことが主な仕事にならない限り、それ以上の勉強は必要ないと思ってます。

そういう意味で、私は中国語はちょっとだけ勉強しました。
完全に独学+実践だけです。本を一冊買って基礎的な文章と単語をいくつか覚えただけ。あとは中国語ネイティブの人に覚えたての中国語で話しかけてみる。単語を知らなければ、「ゼンマシュオ?」(なんていうの?)でいうだけ。

無論「早口英語で冗談をいいあう」ことを否定するつもりもありませんし、そんなことができたら「羨ましいなぁ」とはおもいますが、そこに時間を使うくらいなら、1冊でも本を読んだほうがコストメリットは大きいように思います。

■同じテーマの記事

ピントを外してストレスから逃げる

たとえば、誰かから理不尽な叱責を受けているとかの状態を想像してみてください。たぶん、相手を凝視していることでしょう。あるいは、何か起こって暴れまわっている人いて、自分にも危害が及びそうな状態。ぼんやり周りを見回していることはありませんよね。もちろん、危険を回避する上では重要な反応なのですが、それが長時間継続するとそのストレスでやられてしまうことが往々にしてあります。長時間労働もウツの原因になりますが、問題や自分を攻撃してくる人と..

日記を書く理由、日誌を書いたほうがいい理由

私はほぼ毎日、日誌をつけてます。日記ではなく日誌。ここには結構こだわりがあったりします。辞書で調べてみると、「日記」の項には「毎日の出来事や感想などを書いた記録。日誌。と書かれていて、日誌と日記はほぼ同じようなものみたいなのですが、たとえば、「航海日誌」は「航海日記」とはいいませんよね。違いは、事実を書くか、感想(印象)を書くかの違いではないかと考えてます。確かに、私は日誌に「あのヤロー、気に入らね〜」みたいに感想(?)を書くことも少なくありませんが、基本的には、あ..

メモ帳の消費量を測定する

1ヶ月にどのくらいメモ帳を消費してますか?私は最近はメモ帳ではなく付箋紙を使っていますが、よく百均で買うので、この半年で購入したメモ帳用付箋紙の数を数えてみました(お小遣い帳で…)。結果は、11冊。1冊200枚なので、1ヶ月平均で約360枚、1日平均で約12枚のメモを書いたことになります。実は昔はもっと多かったです。これは最近デジタルのメモ帳(Google Keepです)を使うようになったためでした。ヒラメキはとにかく書く私は大抵ポケットにメモとノートを入れてます。..

紙の辞書を使う

いまどき英語にしても科学的な単語にしても、知らないことはネットで検索すればたいていはなんとかなります。私も Google くんにはかなりお世話になってます。1日たりとも何かを探さない日はありません。とくに知らない単語を探すのにはこれが非常に便利。一方で、不都合があります。あまりにも合理的にできているため、セレンディピティ(偶然に有益なことを見つけること)がないんですよ。紙の辞書や辞典には余計な発見がある逆に、紙の辞書や辞典を使うと、探すのが結構手間です。単語が発音順..

疲れてきたら「いつもの」にする

「ちょっとストレスが溜まってきているな〜」と思ったら、考えるのをやめてみると、ちょっと楽になります。ストレス反応と自動行動難しい仕事やボリューの多い仕事を振られて、まいにち一杯一杯の状況が続くと、疲れてきます。私の場合は、過去にそれで会社にいけなくなって、いわゆるウツ病というのでしばらくお休みをしました。そこから反省して、ストレスがたまりかけてきたら、ストレスを抜くということを積極的にやるようになりました。ポイントは我慢しない..

できるかどうか試してみる

このサラヒン〜サラリーマンの仕事のヒントを始めてから早いもので5年が経ちました。途中、若干の紆余曲折がありましたが、かれこれ1200超の記事を書きました。やってみれば大したことはない最初は、ブログにしてもメルマガにしても、「まあ1ヶ月も続かないだろ」と思ってました。それほど、仕事のコツなんてたくさん思いついたわけでもなかったですし。ところが書き始めてみると、仕事を早くするのコツみたいなものにいろいろ気が付きました。記事にするという目標もあって、かなりの本を読めました..

プレゼンの発表資料は英語で原案を作る

プレゼンをするときに、同僚相手なら、わりと普段使っている言い回しで話が通じますが、社長に「いまの技術的課題を説明しろ」とか言われると困り果てます。その技術に詳しい人が社長ならいいですが、営業出身の社長に、ソフトの技術的課題を説明しても通じません。「オープンソースのソフトフレームワークである Hadoop について、同期ノードの……」って言っても、たぶん意味は通じないでしょう。どうしても自分でわかる言葉で説明したくなっちゃうので..

いま調べなさい、あなたの時間は無限ではない

会議などで、「ちょっと確認して、後ほど報告します」「じゃ、宿題ということで…」なんていう会話がよくあります。ちょっとで済むことをあとでやるの?でも、よく考えてみれば、「確認すること」自体に時間がかかるわけではありません。たとえば、「さんに電話をして聞く」とか「××ファイルに書かれたスケジュールをチェックする」みたいな作業が意外と多いんですよ。もし、その作業を5分で終われると思ったら「あとで」と言わずに「5分お待ち下さい」と言ってしまったほうが簡単に済みま..

ドラッカー:リーダーシップ力診断

本日は、『まんがと図解でわかるドラッカー リーダーシップ論』から、ドラッカー流リーダー力診断をご紹介します。以下のリストにある項目に、そう思うなら「はい」、そうでないと思うなら「いいえ」で答え、「はい」の数を数えてみてください。・リーダーは、自分の得意分野に優秀な人材を集めることで組織に「強み」を作るべきである・リーダーは意思決定を下したら、あとは全て現場に任せること。役割分担が大事..

添付ファイルのパスワードをメールに書いてはいけない

メールに添付ファイルを付けるとき、パスワードで保護してますか?まあ、送信先を間違えて、相手にそれを見られたとしても困らないようなファイルはかまいませんが、イマドキ、インサイダー情報になりそうなものや個人情報に関するデータは、何らかの保護をしているというポーズも必要みたいですね。ポーズだけ?大抵「これってポーズだけ?」と思える原因が、パスワードは別メールにてと書いておいて、自分のメールに全員返信をつかってパスワードを送付してく..

記憶術:意味付けをする

私は学生時代、英単語を覚えるのが超苦手でした。とにかく日本語と英語の対を覚えようとして、lamentable:ラーメン食べる悲しい受験生determine:出たみんなで決定するこういうのを語呂合わせで一生懸命覚えるわけです。ところが、試験になると、その記憶が単発で覚えているので、「ラーメン」まででてくればまだ可能性はあったのですが、それすら出てこなくて、「ラメンタブル」「ラメンタブル」と繰り返し唱えても、結局意味不明のまま。..



posted by 管理人 at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック