会話の階層構造を理解する


「会話」「対話」。まあ、同じ言語を喋ることができれば、大抵の人には可能な技術です。

しかし、一方で、それによって利を得られる人とそうでない人もいます。
※「そうでない」程度にしておきますが、もっと派手に失敗する人も…



■会話の階層構造


誰かと話をすること、会話は実はいくつかの階層に分かれています。

 階層1:音
 階層2:言語
 階層3:意味
 階層4:意思
 階層5:意図

高層ビルのように、階がはっきり別れていればいいのですが、これらの階層が渾然一体になっているので、明確にはしにくいですが、上記のような階層を意識してます。

ある人が何かを発言しようとすると、階層5から階層1に向かって情報が構築され、音となって外部に出されます。

それを聞いた人は、音から階層5に向かって再構築していき、相手の意思を汲み取るわけです。

本日紹介する『フェルドマン式知的生産術』では、この「階層3:意味」のところを更に3階層に分けています。




★P〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●ム工話の底流をつかむ
会話は、見かけよりもずっと複雑なやりとりです。

一つの会話の中で、同時に三つのレべルでやりとりが行われています。

第一のレべルは、事実についてのやりとりです。これは、「何が起きたのか」についての確認の会話です。

一件単純なやりとりですが、それだけに「あなたはこう言った]「いや言ってない」といった対立が簡単に起こる可能性があります。

第二は、起きた事実に対する自分の思いと相手の思いです。

「こういうことがあった」という事実認識は同じでも、それが相手にとっては不愉快なことで、自分にとっては歓迎すべきことである場合もあります。

このような相反する思いが同じ事実に別の解釈を生じさせ、対立の原因になります。

第三は、品位や自分のアイデンティティに関わる問題です。相手の言葉で自分の存在価値を否定されたと感じたり、人格攻撃されたように慮じることで、感情的な行き違いが生まれます。

ロバート・アラン・フェルドマン(著) 『フェルドマン式知的生産術
―――――――――――――――――――――★


会話の失敗で、よく思い出すのは、

 「なんでそんなことをしたの?」

という質問。発した当人は原因を聞きたかっただけなのに、聞いた相手は自分の失敗をなじられているように感じるようなものです。途中の階層で別の変換が入っちゃってるんですね。

おそらく、音のレベルであれば誤解はありません。
しかしそこから上位のレベルに行くと、聞いた人の中で変換作業がされているために、発した本人の変換作業とはことなる変換がされる場合があります。

その誤変換を避けるためにも、「言い方を変える」「より詳しく説明をする」などの追加作業を発した側がしないと、相手には正確には伝わらないんですね。

音を届けるだけならそれほど難しくありませんが、意思を伝えるためには、音から意思への変換作業を補助してあげるパーツを、もういとど音のレベルにまで展開して届けないといけないわけですね。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

このようににひとつの会話の中には何段階ものレべルがあり、その複雑なやりとりの中で望むような結果を出すのは、簡単なことではありません。

事実について話している最中に、次第に雰囲気がおかしくなって、感情的に対立し、話が噛み合わなくなっていくのは、この三つのレべルが混同されてしまうからです。

会話を行う際は、そうした現象を理解したうえで不要な対立を避けなければいけません。

ロバート・アラン・フェルドマン(著) 『フェルドマン式知的生産術
―――――――――――――――――――――★





■参考図書 『フェルドマン式知的生産術




本質を無駄なく、シンプルに人に伝える。言葉の壁、時間の壁、文化の壁を乗り越える。
そんな、アナリストのスキルが、いま、どんな仕事にも必要とされています。
WBSコメンテイター、モルガン・スタンレーMUFG証券チーフ・エコノミストによる、思考法 仕事術の教科書。
ロングセラー『一流アナリストの「7つ道具」』をケースススタディを中心に大幅増補し、新たに「結合力」の章を加えました。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

フェルドマン式知的生産術
著者 :ロバート・アラン・フェルドマン

フェルドマン式知的生産術
検索 :最安値検索

フェルドマン式知的生産術
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 プレゼンの発表資料は英語で原案を作る
 信頼方程式T=(E+R+I)/S
 BATNAを用意してから交渉に臨む
 時計を目の前に置く
 「あなたがた」ではなく「私たちは」と言いなさい
 主張を通すには主張を一言で言い表す
 ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す1
 ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す2
 意見が対立する3つの条件
 サラリーマンの人生設計の3つのコアプロセス
 面倒くさいけどワクワクすること
 会話の階層構造を理解する
 人生をより良くするためのリストを作る
 言葉を変えて説明する
 分析スタイルの4分類
 フェルドマン式知的生産術

●このテーマの関連図書


フェルドマン博士の日本経済最新講義

悩みどころと逃げどころ(小学館新書ち3-1)

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの…

昭和史戦後篇1945-1989(平凡社ライブラリー)

人生を「半分」降りる―哲学的生き方のすすめ(ちくま文庫)

「一生食べていける力」がつく大前家の子育て(PHP文庫)





■同じテーマの記事

会話の階層構造を理解する

「会話」「対話」。まあ、同じ言語を喋ることができれば、大抵の人には可能な技術です。しかし、一方で、それによって利を得られる人とそうでない人もいます。※「そうでない」程度にしておきますが、もっと派手に失敗する人も…会話の階層構造誰かと話をすること、会話は実はいくつかの階層に分かれています。階層1:音階層2:言語階層3:意味階層4:意思階層5:意図高層ビルのように、階がはっきり別れていればいいのですが、これらの階層が渾然..

「べき」は「こしたことはない」と言い換える

「こうあるべき」と考える事自体は良いことです。あるべき姿を描き、それに向かって進めていくのは、あらゆるところで勧められる方法です。いわく、・管理職は部下の手本たるべし・与えられた仕事はきちんと成果を出すこと・問題があれば、上司に報告をし、解決策を検討・実施する・指示や指摘は明確で誤解がないようにするべき・一度決めたこと、コミットメントしたことは守るのが当然などなど、本ブログでもそういうことをいっぱい書いてますし..

図解のコツ2:単語を抜き出す

前回の記事で、「図解のはカタマリを作ること」と書きました。図解の最初のステップはカタマリを作ること図解とは、「位置/配置」に情報を盛り込むこと例えば、有名な情報整理術に、「KJ 法」というものがあります。考案者である文化人類学者・川喜田二郎氏のイニシャルをとってこう呼ばれています。ここでは詳しくは説明しませんが、キーワードを書いたカード、新聞や雑誌の切り抜きといったもの..

図解のコツ1:カタマリを作る

ホワイトボードに説明を書いてもらったときや、パワーポイントなどにまとめたときなどに「説明が上手いなあ」と思う人と、なにを書いているのかさっぱりわからない人がいます。文章を書くにしても図解をするにしても、こういうのがうまくできるようなコツがあります。過去記事でも何度か触れてますので、ちょっとご参考までに。過去に紹介した図解のコツ3つの習慣part1A4で議論する図解活用のメリットコミュニケーションよりコンバージョ..




posted by 管理人 at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交渉・会議・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック