社会的ジレンマ


考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。
自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。

本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。
そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノートをを見なおしてください。



 Practice Makes Pefect!!



■本日のテーマとお題「社会的ジレンマ」



本日はちょっと手抜きをして、書籍『マネージャーのための交渉の認知心理学―戦略的思考の処方箋』に書いてあった設問をそのまま「お題」にしました。
まあ、私ごときが考えるより遥かに難問です。チャレンジしてみてください。

ただし、設問に対して「自分ならこうする」と答えるだけではダメです。頭のなかで考えるだけでもダメです。

なぜそれが適切なのかを、理路整然と説明できるようにノートに書いてくださいね。

ノートに書くと、論理的に正しいかどうかは、ニュートラルな気持ちで見れば確実にわかります。




★P223〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●三者以上の関係:社会的ジレンマ
この二者間交渉のためのアドバイスの考え方は、三者以上がからんでくるジレンマにも応用できる。

価格戦争、広告戦争、また軍事競争のどれにも上述の考え方をうまく使えるはずである。以下のシナリオを考えていただきたい。

・予算のジレンマ
 あなたの組織が会計年度末を迎えているとする。今年度予算の約 20% が未消化のまま残っている。
 大多数の組織がそうであるように、次年度の予算は今年度の予算消化に基づいて立てられる。したがって、今あなたの部署がこの資源を使えば使うほど、次期の予算がより多く配分される可能性が高まる。

 さて、あなたはどうするか?

 浪費に走り、今年度の割当を全額(もしくは少々オーバーするくらい)使いきるか、あるいは無駄使いせぬまま予算を残してこの会計年度を終了するか?

・南力リフォルニアの水不足あなたは
 南カリフォルニアの海岸線にあるサンタ・バーバラ、過去五年間干ばつが続いている町に住んでいる。
 今年の降雨予測も水不足は緩和されない見込みだと言っている。

 市民には自主的な水量節約条例が出されている。

 この条例によって、芝や庭への散水、洗車、その他緊急性の薄い水利用は強く抑制されている。

 あなたの家の中庭は外の通りからは見えない配置になっている。この庭はあなたがこの家を購入した主な理由のひとつであり、これまで多数の高価な植物を庭に植え育ててきた。

 あなたがこの庭に水をまいても、誰も気づかないはずだ。
 あなたならどうする?

 自分の庭に水をまくか、それとも自主的な水量規制のガイドラインに従うか。

・公営テレビ放送
 公営のテレビ放送を視聴し、楽しんでいるとき、この番組放送を支えるための寄付を求められたとしよう。実際のところ、求められている金額は、観ている番組に感じている価値に比べれば安い。寄付金を払っても経済的には十分見合う。

 しかし、あなたひとりが寄付したところで、番組の放映続行が決定的になるわけではない。

 放映継続を決めるのは、実は他の大勢の人たちからの寄付なのである。

 あなたが寄付しても、しなくても決まるときは決まり、そうなればただで番組を観ることができるので、経済的にはそちらの方が良いことになる。

 さて、この公営テレビに寄付金を払うか?

・昼食の注文
 あなたは六人の仕事仲間と昼食をとっている。

 注文をとっているウエイ夕ーがこのレストランでは勘定はテーブルごとにまとめて出してもらうことになっているのだ、と言う。

 あなたは値段の安いサラダでもずっと高いステーキでも注文できる。

 何を注文すべきか?

 あなたが決断する際に、どんな要因を考えるか?

マックス H・ベイザーマン(著) 『マネージャーのための交渉の認知心理学―戦略的思考の処方箋
――――――――――――――――――――――――――――★


■その他の参考図書


これらの本が参考になります

 『社会的ジレンマ―「環境破壊」から「いじめ」まで
 『社会的ジレンマの処方箋―都市・交通・環境問題のための心理学
 『人と社会の相克―社会的ジレンマ・アプローチの可能性
 『職場学習の探究 企業人の成長を考える実証研究




■参考図書 『マネージャーのための交渉の認知心理学―戦略的思考の処方箋

優れた交渉力はビジネスの成功には必須のスキルである。
認知心理学は交渉におけるネゴシエーションの基本となる学問であり、その現実への応用方法を紹介する。
例:1.アンカーリング(係留効果)
  2.Foot in the door
  3.Door in the face
  4.フレーミング
  5.トレードオフ戦略
  6.勝者の呪縛
本書では交渉におけるシチュエーションとして、1対1の交渉だけでなく、現実に起こりうる多数の利害が絡む交渉についても、認知心理学に基づいた戦略を提示する。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

マネージャーのための交渉の認知心理学―戦略的思考の処方箋
著者 :マックス H・ベイザーマン

マネージャーのための交渉の認知心理学―戦略的思考の処方箋
検索 :最安値検索

マネージャーのための交渉の認知心理学―戦略的思考の処方箋
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 合理的に交渉する仕組みを作るためのチェックリスト
 よくあるミスをさける質問のチェックリスト
 マイレージプログラムで航空会社は利益を得るのか?
 結果の成否を検討せずにコミットメントしてはいけない
 20ドル札オークション(埋没費用と競争の原理)
 社会的ジレンマ

●このテーマの関連図書


ハーバード×MIT流世界最強の交渉術---信頼関係を壊さずに最大の成果を得る6原則

「話し合い」の技術―交渉と紛争解決のデザイン

サプライ・チェインの設計と管理―コンセプト・戦略・事例

マーケティング(NewLiberalArtsSelection)

戦略評価の経営学―戦略の実行を支える業績評価と会計システム

サービス・イノベーション--価値共創と新技術導入





■同じテーマの記事

年下の上司には最敬礼で接する

まあ、年上の部下の使い方もひとつの難しいテーマですが、ここでは年下の上司のへの接し方に絞って、私なりの対応方法についてご紹介します。実際、子供の頃は年上の人には無条件に敬意を持って接するようにしつけられることが多いです。たとえば、学校などでは、上級生というだけで、下級生に対しては多少ぞんざいな言葉遣いをしても許されました。その逆はたいていは「おまえ生意気」などときつく咎められます。そういう雰囲気で育ちながら、会社に入ると、年齢に..

希望の部署に移動する方法

「今の部署から別の部署にい移動したい」サラリーマンなので、大抵の場合はかなわぬ望みです。確実な方法はありませんが、全くできないこともありません。上司を利用するあなたが他部署への異動を希望していると仮定しましよう。異動希望の自己申告を人事部宛に出しても、直属の上司が優秀なあなたを手放したくなくて、人事部の意向も聞かつぶず、その希望を握り潰すことはよくあることです。一度や二度、異動..

メールはプルシステム3

以前の記事にも書きましたが、1日に約300〜500件のメールが来ます。このためかつてはメールをチェックするだけで多い時で1日に3〜4時間かかってました。これじゃあ、会社にメールを見に来ているのか仕事をしに来ているのかわからない状態になってしまってました。メールの処理時間を効率化するメールというのは、そこに書かれている内容を読んで理解し、それに対してアクションを起こして、今持っている業務を前進させることが目的なのですが、自分が何かしなければならないメールは実際上はそれ..

メールはプルシステム2

以前の記事にも書きましたが、1日に約300〜500件のメールが来ます。このためかつてはメールをチェックするだけで多い時で1日に3〜4時間かかってました。これじゃあ、会社にメールを見に来ているのか仕事をしに来ているのかわからない状態になってしまってました。メールの処理時間を効率化するメールというのは、そこに書かれている内容を読んで理解し、それに対してアクションを起こして、今持っている業務を前進させることが目的なのですが、自分が何かしなければならないメールは実際上はそれ..

メールはプルシステム1

以前の記事にも書きましたが、1日に約300〜500件のメールが来ます。このためかつてはメールをチェックするだけで多い時で1日に3〜4時間かかってました。これじゃあ、会社にメールを見に来ているのか仕事をしに来ているのかわからない状態になってしまってました。メールの処理時間を効率化するメールというのは、そこに書かれている内容を読んで理解し、それに対してアクションを起こして、今持っている業務を前進させることが目的なのですが、自分が何かしなければならないメールは実際上はそれ..

自分を変える教室4

本日はビジネス書のご紹介。有名な本なのですでに読んだ方も多いのではないでしょうか。本書は「ちょっとモチベーションが下がっている」と感じた時に目次を眺めて、気になる所読んでみたりしてます。そうすると「うん、そうだよな」と思ってちょっとだけやる気が復活してきます。つまり、1回だけ読んで「ふ〜ん。ちょっとお勉強になった」と満足に浸るような種類のビジネス書ではなく、時々読み返してみて、「今自分がぶつかっている問題はこういうことなんだ」とちょっと視界を開いて..

成果を出す能力

本日はかなり抽象的な内容ですが、成果を出す能力についてちょっとまとめてみたいと思います。これは、以下の本に書いてあったことを参考にしています。フューチャーセンターをつくろう 対話をイノベーションにつなげる仕組み本書に、以下の様な記述がありました。知的資本は、人的資本・構造的資本・関係性資本の三つからなるといわれています。未来の人的資本は「人の成長」であり、未来の..

上司のための心理学

本日は、部下を持った人、あるいは部下を持つ直前の人に読んでほしいビジネス書の紹介をします。まだまだ若い人で、部下を持つなんてまだだいぶ先のことだと思っている人も、本書にあげてある程度の言葉は、その概要と実際にどのように応用するのかについて、一つづつ勉強して置くとすごくいいです。というのは、本書に書いてある事柄がすごく網羅的で、それぞれの1節ごとに本が何冊かかけてしまえるくらいのボリュームを持ってます。なので、この本を読んだだけでは、初めての言葉は消化不..

タスクの名前

タスクリストの制約事項タスクリスト(ToDoリストと呼ぶ場合も)を何らかのソフトを使って管理されている方も多いと思います。まぁ、どんなソフトをつかっても、上から下にやるべき仕事がずら〜っと並ぶことになります。これで結構不満なのが、タスクが2次元以上の管理ができないこと。つまり、企画書を提出するというタスクをするために、企画案を可能な限り考える企画案に沿ったデータを集める企画案のプレゼン資料を作るとい..

仕事のムダを削る技術

過去において紹介したいろいろな仕事術のヒントを与えてくれた本を紹介します。終わらない仕事に悩まされている方であれば、一度は読んで見ることをおすすめします。一生懸命働くことは大切ですが、それはすなわち長時間働くということを意味しているわけではありません。逆に、短時間で大きな成果を上げることこそ、仕事に求められる技術です。そうは言え、現実には次から次へと仕事は降ってくるし、空き時間などあれば更に仕事を詰め込まれる。定時に帰ろうなどと思えば、同僚からは冷たい目で見られるし、..



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック