面接質問:あなたの能力を示してください



あなたがもし今の部門から別の部門に移りたいと考えているなら、この話は参考になるかもしれません。



■社内公募制度


ウチの会社には、社内の移動を本人と移動先部門が合意すれば移動できるという「社内公募制度」があります。「FA制度」なんていう呼び方もあるそうですが。

要するに、「こういう業務で人材がほしいけど、だれかやりたい人!」と声をかけて(社内Webで公開)して、そこに応募してきた人をプロジェクトや部門のリーダーが審査、採用するする制度です。

これに合格すると、現在の部門の状況がどのようなものであれ、現行の上司の人事権は剥奪。強制的に移籍がきまります。

その部門のエース級が突然別部門に移動する、みたいなことが起きるわけです。

もちろん、決定から数ヶ月の猶予期間はあります。でも現在の所属部門に拒否権はない。
なので、部門長や課長はこの制度には戦々恐々です。

逆に、自分たちの業務が魅力的であれば、社内からエースを無理やり引っ張ってくることも可能です。
※あまり強烈にやると、社内に軋轢が生まれるので、人数制限・募集制限などいろいろ制限はありますが。




■面接は中途採用と同じ


応募者との面接は中途採用と同じプロセスで行われます。

人気部門がガンガン公募をすれば、社内の人材にかたよりが生じるので、いちど公募を出したら採用の有り無しにかかわらず、数年間は公募は出来ません。部員が増えたからといって部門費の増加も認められません。

なので、採用面接はする方もされる方も結構真剣勝負。

中途採用とおなじですね。
中途採用でも、一度採用してしまったら、その人がハズレであろうがなかろうが、同じ社員として継続していかないといけません。
失敗はできないんですよ。

■どんな貢献をしてくれますか?


ただ、中途採用と違うのは、応募者が社内の人なので、過去の実績は本人に聞かなくても簡単にわかることです。

ですので、面接では「過去の実績は?」なんて聞きません。

ずばり、「あなたは、具体的にどんな貢献をしてくれますか?」です。

応募者も当然、その業務について下調べはしてきているので、「この業務のこういう所にこういう貢献をします」という回答をします。
……というか、採用側はそれを期待してます。

ところが、こう言える人が少ないんですよ。

別の部門でエース級で活躍している人でも、「言われたことをちゃんと成果にしてみせます」的な内容。
それでも公募に応募してくるというのは、自分の環境を変えようと言う前向きな気持ちがある人なんですけどね。

■実力を示せ


もし、あなたが他の部門に移動したいと思うなら、移動先の部門の長に根回しは必須です
公募制度がなくても、一本釣りは可能ですから。

根回しのためには、この質問にズバリ答えられる準備が必要です。

 「あなたは、具体的にどんな貢献をしてくれますか?

たとえば、商品企画部に移動したいなら、「自分はこういう商品を考えてます」と3つや4つのアイディアが披露できれば、そのアイディア自体が実際は過去に検討してボツったものでも、採用側はかなり期待できると考えるでしょう。

その業務を過去にやってきたわけではないんだから、ブラッシュアップされてなくて当然です。しかし、業務に対するタネを持っていない人では、業務に習熟した人(つまりは今の部員)のほうがいいに決まってます。

業務をするスキルは、後付でも可能ですが、そういうタネがないことには、その人をわざわざ部門間の軋轢を作ってまで、無理筋をを通して引っこ抜きたいとは思わないですよ。

外から人を入れたいのは、今の業務に対して部門長が何かの変革をしたいと考えているわけですね。




■関連する記事

図解とは位置・配置に情報を盛り込むこと

よく「図解」という言葉が使われますが、どうもこの意味を誤解していて、きれいなピクトグラムや挿絵を使って、ひと目で意図がわかるようなものを想像される方が多いようなのですが、こういう定義を「図解」に与えてしまうと、私のようなイメージ貧困なボンクラにはハードルが非常に高くなってしまいます。過去記事でも、「文字とマル、線と矢印だけで十分図解だ」などと書いてましたが、実際、絵を描くことと図解そのものには乖離があります。図..

部下からの不平不満は上司の勲章

『課長のルール』という書籍から。部下に嫌われることを恐れるな誰だって人から嫌われたくはありません。部下とも末長く仲良くやっていきたいものなのですが、最近の若い世代は少々事情が許さなくなってきているようです。::(中略):おそらく部下に気を遣って気が引ける場面も多いことでしよう。しかし、部下に遠慮するのは絶対に禁物です(変に高圧的になってもだめですが)。さらにちよ..

社内研修の講師になる

別の記事でも書いてますが、人に教えるというのは最高の勉強方法です。ただし、隣の後輩に「あ〜君、ドラッカーのマネジメントについて教えてあげるよ」と言ったらなにが起きるか、まぁ想像がつきますよね。社内研修たぶん社内研修ってあるでしょう。社員だけを集めていろんなことを教える研修です。その講師は、内容によっては社外から招くこともあるとは思いますが、会社の実務に沿ってというとやっぱり社員を講師にするということも多いかと思います。その講師..

年上の部下は信用しても信頼してはいけない?

過去記事でも、「年上の部下」「年下の上司」について色々書きましたが、ちょっとおもしろい考え方が『課長のルール』という本に書いてありましたので共有。できる上司は部下を信頼しない「年上の部下」というのは、上司本人から見ても扱いにくいものではあります。だからといって、それがマネジメントできなければ、上司としての評価が落ちてしまいますので、なんとかしないといけないです。とくに昔のように年功序列がはっきりしていれば、そういうシチ..

時間を測定する

過去記事でも紹介してますが、ドラッカーや様々な時間術の紹介でかならず必須と言われるのが、自分の時間の使い方を記録することです。ところが、これをやってみると、つけ忘れたり、適当に記入したりして、本当に精度は上がりません。昨日、レポートを書くのに、何時間かかったかなんて正確に覚えてはいませんし、見積もりに合わせたいという意志も働くので、多すぎるか少なくすぎるかのどちらかです。割り込みがはいって一時中断しようものなら、もはや記録した時..

初手、王手飛車取り!

本日は、具体的なスキルの話ではなく、心構えのお話。心構え、基礎学習なにをするにしても、かならず「心構え」が必要と言われます仕事というのは、社会に真摯に貢献するという気持ちで向かいなさい社会人としての自覚と責任をもって臨みなさい感謝の気持ちを持つことが大切自分のやったことに誇りを持ちなさいまた、何かを学ぼうというときには、まず基礎的な理論をしっかり身につけて、応用はそれからみたいなことも。それ自体は理解できますし、私自..

一番簡単にできる成果の増やしかた

年末になると、今年度の業務目標と現時点の実績との差が気になり始めます。たいていは、まだ未達状態(未完了)のものが多くて、「あと3ヶ月で年度始めに立てた目標が達成できるか?」と心配になるものがあります。一番簡単にできる成果を出す方法一般社員なら、年間の業務目標は4〜10個というところでしょうか。管理職なら、部下の業務目標数だけあるはずなのですが、ある程度集約もされるので、20個くらいというところでしょうか。私は第4クオーターになると、こうした個人的に持っている目標、管..

ミスを連発してしまったときの対処方法

仕事をしていれば、何かしらのミスは起きます。一番落ち込むのは、同じようなミスを連発してしまったときですね。「あ〜、もう!オレのバカ!」ってがっくり来ます。たとえば、メールの宛先を「杉山さん」に送るつもりが、「杉本さん」に送ってしまった。「やばい!」と思って送り直したら、今度は「杉木さん」に送ってしまったとか。こういうのがあると、本当に「イラッ」とします。キーボードに八つ当たりしたくなる(実際、してたりしますが)。..

年下の上司には最敬礼で接する

まあ、年上の部下の使い方もひとつの難しいテーマですが、ここでは年下の上司のへの接し方に絞って、私なりの対応方法についてご紹介します。実際、子供の頃は年上の人には無条件に敬意を持って接するようにしつけられることが多いです。たとえば、学校などでは、上級生というだけで、下級生に対しては多少ぞんざいな言葉遣いをしても許されました。その逆はたいていは「おまえ生意気」などときつく咎められます。そういう雰囲気で育ちながら、会社に入ると、年齢に..

ファシリテーションを勉強する

会議で、みんなの意見を取りまとめたり、会議の進行をうまくやる技術を「ファシリテーション」といいます。これは、私が過去にいろんなセミナーで学んだ技術のうちでも、かなり役に立っとと思える技術のひとつ。さらに会議を行う際にとても重要なことがあります。それは「事前準備」です。「事前準備」をきっちり行うことで会議の時間そのものを短縮しつつ、質の良いアウトプットを生み出しやすくします。ここでい..



■同じテーマの記事

プレゼンの発表資料は英語で原案を作る

プレゼンをするときに、同僚相手なら、わりと普段使っている言い回しで話が通じますが、社長に「いまの技術的課題を説明しろ」とか言われると困り果てます。その技術に詳しい人が社長ならいいですが、営業出身の社長に、ソフトの技術的課題を説明しても通じません。「オープンソースのソフトフレームワークである Hadoop について、同期ノードの……」って言っても、たぶん意味は通じないでしょう。どうしても自分でわかる言葉で説明したくなっちゃうので..



posted by 管理人 at 08:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交渉・会議・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック