唯一絶対の方法はないという唯一絶対のルール





私は歴史モノ、とくに戦争ものの本が好きでよく読みます。

戦争自体は好きではありませんが、そこに展開される将兵や指導者の思考のプロセス、その結果としての戦略や戦術の展開を見ていくのが好きです。




■最強の戦闘方法は変遷する


かつて、カルタゴの強さを支えた方法のひとつに「戦象」という方法があります。象を戦闘に参加させることで圧倒的な大きさと力で相手を混乱に陥れて勝利するという方法です。

しかしこれはローマによって撃破され、やがてカルタゴは滅亡。ローマの密集戦闘が最強になりましたが、それも騎馬の機動力により最強が移り変わりました。

日本でも戦国最強を誇った武田軍団が鉄砲という武器によって崩壊し、巨城を構えても大砲という武器によって大阪城は陥落しました。
戦闘の専門家、武士は明治維新で農民兵に駆逐されました。

大艦巨砲による戦術展開は、航空機で無効にされました。

もちろん、戦闘方法だけが唯一の理由ではありませんし、時代や環境にも依存はしていますので、これほど単純化しても意味が無いかもしれませんが。

しかし、ある時まで絶対無敵と考えられていた方法が、やがて別の方法によって上書きされていくということは、現在最適という方法を知っていても、やがてはそれ自体が成果をうまなくなり、新しいやり方に変えていかなければならないということを考えさせてくれます。

「永遠に通用するやり方はない」ということですね。

同じように、ビジネスの世界でもキーワードは変わり続けてます。




■仕事術を上書きする


このブログを始めたころにやっていた仕事術もいろいろ変わってまして、古いやり方はやらなくなっているものも少なくありません。

たとえばメモの方法などは、ペンとメモ帳によるものから、スマホなどに変わってますし、最近はちょくちょくメモを書くのではなく録音するようなこともしています。ノートも OneNote や EverNote みたいに電子データ+クラウドになりました。

情報の分析も、Excel から Tableau というツールに変わりつつあります。

もちろん、過去のものが全て否定されるわけではなく、それを土台としてより効率のいい方法が提案され、それをつかうことでより大きな成果が出せるようになってきている、という感じですが。

 「これをやればうまくいく

という方法は、ある一瞬では存在しますが、それは普遍ではなく一瞬のこと。

仕事のやり方だけでなく、仕事そのものも、数年前とまったく様変わりしたという人も多いのではないでしょうか。
そういう時に、過去にやっていた成功体験が邪魔をしたりしてませんか?

過去には正解であったものが、現在では全く通用しないことも多いと認識して、新しいやり方を模索し続けるということが必要なのかもしれませんね。

新しい仕事のやり方を仕入れ続ける、というのはこの辺鄙なブログにたどりついた方には、釈迦に説法かもしれませんが。




■同じテーマの記事

時間の浪費を見つける方法

どう頑張っても1日は24時間しかありません。生産性という意味で時間あたりの生産性を変えることはできますが、物理的な時間を伸ばすことはできません。時間あたりの生産性を改善するために、過去記事でもいろいろなハックをご紹介しましたが、トータルでみると、生産性改善よりもムダに捨てている時間を有効な時間に使うほうが効果があります。単純に言えば、睡眠の時間を削って仕事ややりたいことに当てれば、1日の生産量は向上します。ただし、長続きしないで..

繰り返しタスクは目標見直し期限を設ける

習慣として繰り返し実行するタスクというのはどのくらいあるでしょうか。自分の環境で言うと、仕事の半分近くがこの繰り返し実行するタスクで占められているようです。仕事だけでなく、勉強についても「毎月10冊はビジネス書を読む」とかいうものもあると思います。極端な話、たとえば「毎食後歯を磨く」みたいなものもありますね。これをどのくらい「タスク」として登録していますか?実は、タスクとして実行するようになると、きちんと達成するとい..

寝るときに部屋は明るすぎず、暗すぎず

私の経験的には、仕事が忙しくなって睡眠時間が取れなくなって、寝るギリギリまでメールをチェックしている時期がありました。当然そういう仕事の仕方は長続きしないわけで、ウツというイベントに落ち込んで、やめざるを得なくなりました。もしあの時期、睡眠時間だけはしっかり取れていたら、どんなに仕事が忙しくても、ストレスフルな状態でも、相応に対応できていたのではないかと思うくらい、仕事に最も悪影響を与えるのは、睡眠なのではないかと考えてます。..

期限はローリングで解釈する

よく「今週中にやります」とか言ってません?私は過去にこれでよく失敗しました。今週中はあと何日?多分、今日が金曜日なら、きっと「今週中に…」とかは言わないでしょう。金曜日の午後5時は、今週中が終わるまでにあと1時間しかありませんから。ただ、水曜日や木曜日だと、意外と軽く「今週中…」と言っちゃうかもしれません。木曜日で「今週中」と言っちゃうと、「明日中に」と言っているのと同じなのですが、言い換えると結構「やばい…」と思..

良い「ながら作業」、悪い「ながら作業」

2つの作業を同時におこなうことを、「ながら作業」といいますね。うまくやれば、時間効率を飛躍的に高めることができます。ただし、うまくやれないと、どっち付かずになって、結果的に時間効率を悪化させることもあります。「ながら作業」に適しているものにはポイントがあります。ボケ同士では漫才は成立しないかなり特殊な例を除いて、二人漫才は、ボケとツッコミで成立しています。「ながら作業」の2つも同じ関係と捉えています。つまり、同じ性格の作業はながら作業にとっては悪い組み合..

「組織は戦略に従う」が「技術は戦略をくつがえす」

ちょっとビジネス書といえるかどうか微妙ですが、個人的にとっても面白かった本をご紹介します。アルフレッド・D・チャンドラーが『組織は戦略に従う』を発表したのは今から半世紀近く前ですが、これは未だに真理として使われることが多いようです。このほか、「戦略は組織に従う」とかいろいろな派生バージョンがあるようで、この本も「ビジネス書」の分類で、マネジメントの一種としての技術開発についてだと思って読んだら、意外や意外。こ難しい理屈抜きに楽し..




posted by 管理人 at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック